Vue Routerとは. 前 Vue.js入門 #06 3章 コンポーネントの基礎(コンポーネント間の通信/スロットコンテンツ/ログインフォーム) More than 1 year has passed since last update. By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. →, Watch a free video course about Vue Router on Vue School. 引数は文字列のパス、もしくは、location を記述するオブジェクトが使えます。例: 注意: path が渡された場合は params は無視されます(query は上の例の通り無視されません)。代わりに name でルート名を渡すか、path にすべてのパラメータを含める必要があります: 同じルールが、router-link コンポーネントの to プロパティに対して適用されます。, 2.2.0 以降では、必要に応じて、第 2 引数と第 3 引数として router.push または router.replace に onComplete と onAbort コールバックを指定します。これらのコールバックは、ナビゲーションが正常に完了したとき(すべての非同期フックが解決された後)に呼び出されるか、またはそれぞれ中止されます(現在のナビゲーションが終了する前に同じルートまたは別のルートにナビゲートされた), 注意: ルートの行き先が現在のルートと同じで、かつパラメータのみが変更されている場合(例: /users/1 -> /users/2 のようにあるプロファイルから他へ)、変更(例: ユーザー情報の取得など)に反応するためにbeforeRouteUpdate を使用しなければなりません。, これは router.push のように動作しますが、異なる点は新しい history エントリを追加しないで遷移することです。この名前から推定されるように、現在のエントリを置換します。, このメソッドは、history スタックの中でどのくらいステップを進めるか、もしくは戻るのか、を表す 1 つの integer をパラメーターとして受け取ります。window.history.go(n) と類似しています。, もしかすると router.push、router.replace、router.go は window.history.pushState、window.history.replaceState、window.history.go と対応することにお気づきかもしれません。これらは window.history API を模倣しています。, したがって、もしあなたが既に Browser History APIs について詳しい場合は、vue-router による History 操作はとても簡単です。, vue-router のナビゲーションメソッド (push、replace、go) は全てのモード (history、hash、abstract) で一貫して動作することは特筆すべき点です。, ←
ユーザーIDは {{ $route.params.userid }}
, "{ name: 'user', params: { userId: 123 }}",
ユーザーIDは {{ $route.params.userId }}です。
, // /users?redirect=true でアクセスされた時だけにtopにリダイレクトするフック関数を追加, // this.$route.params.userId に現在のURL上のパラメーターに対応したuserIdが格納される, // /users/newの前にこのルートを定義するとパターンマッチにより/users/newが動作しなくなるので注意, // コンポーネントはVue.extend() によって作られたコンポーネントコンストラクタでも, Vue.js入門 #06 3章 コンポーネントの基礎(コンポーネント間の通信/スロットコンテンツ/ログインフォーム), シングルページアプリケーション(SPA)とは、はじめにHTMLをロードして、以後はAjaxで情報を取得し動的にページを更新するWebアプリケーションのこと。, SPAではページ遷移をクライアントサイドで行う。その際にAjaxを使用して、必要なデータを取得してViewの表示を行う。, Vue Routerは、Vue.jsの公式のプラグインとして提供されているSPA構築のためのルーティングライブラリ。, HTML5 History APIとURL Hashによる履歴管理(IE9での自動的なフォールバック), Vue Routerにおけるルートとは、Vue.jsのコンポーネントを特定のURLにマッピングしたオブジェクト。これをルーターコンストラクタを用いたルーター初期化時のroutesオプションに設定する。, VueRouterインスタンス引数にpathとcomponentがセットの配列を渡す。, path上のURLにコロン付きのパターンで指定することで、URLからパラメータを取得できる。, router.beforeEachに関数をセットすると、ページ遷移が起こる直前にその関数が実行される。, 引数のfrom、toには遷移しようとしているルーティングの遷移元・遷移先ルートの情報が入っている。, 全ての遷移ではなく、ルート単位でフックを追加するには、Vue Route初期化時のルート定義の時に個別に指定する。, ルート定義にbeforeEnterを記述することで、ルーティング前のフックを追加する。, SPAでは、ページ遷移をした際に、APIを通じて取得したデータをUIに表示することが頻繁にある。, Vue Routerでは、非同期通信によるデータ取得を行う場合は、createdとwatchを使って実装するのが一般的。, you can read useful information later efficiently. Help us understand the problem. More than 1 year has passed since last update. What is going on with this article? 前回の質問で貰ったアドバイスを参考にして、router-viewを描画するだけのApp.vueの設計にしてやってみましたが、またまた遷移がうまくいかなかったので再び質問します。 問題点 App.vueのrouter-linkの"count"と"about"をクリックすると遷移するはずが出来ない。 このリンクをクリックすることでpage2へ遷移します。遷移といっても実際は index.htmlのがpage2.vueのHTML(