strconcat COMMAND ':22 /ssh /2 /auth=password /user=' 【iPhone入力】入力を制する者はiPhoneを制す:音声入力をはじめ3つの切り札を使って厄介な入力作業を克服しよう!, 【iPhone音声入力】iPhoneでメモ・LINE・メール・Safariの入力に音声入力を使うととても便利です!, 【医学部受験】普通のサラリーマン家庭が2人の子どもを国立大学医学部に現役合格させた話, 【iPhone共有メニュー】iPhoneで表示される「共有メニュー」の編集・カスタマイズ(追加、削除、並び替え)を解説, 【iPhoneキーボード入力】よく使う絵文字、顔文字、マーク・記号・矢印等をまとめて登録する方法とその出し方, コピペ(コピー&ペースト)をはじめ、共有(コピペやLINE・メール・SNSへの送信などが一発でできます)、調べる(Safariを立ち上げて検索する必要がなくなります)、ユーザ辞書(登録が一発でできます)などが簡単にできるようになります。, カーソルをタップすると「選択」「すべてを選択」を含む吹き出しメニューが出るということを覚えておきましょう。. こんにちは、へんりーです。「Tera term」の操作でつまづいたのでメモしときます。貼り付けショートカットキー(Ctrl+V)が効かない!IT業界に身を置く人ならもはや説明の必要すらない、一般的なターミナルエミュレータ「Tera term 存在すれば1、存在しなければ0を返します。, ④ if result = 0 then foldercreateはLOGSDIRというフォルダを作成します。, ⑥ endif Teraterm「鍵は?」と聞いてきてます。 ⑥ strconcat COMMAND KEYFILE 入れ替えて.ttlで保存してログインしてみてください。, 接続先機器の情報と接続オプションだけ記載してログインするだけ。 COMMANDにHOSTADDRを代入します。, ★ここから結構重要(かもしれない) ② strconcat LOGSDIR '\InonLOGS\' 1. 働き方改革への取り組みが進む中で、仕事の効率アップは今まで以上に求められている。Excelでテキパキと作業をこなす秘訣は、頻繁に使用する基本操作をいかに効率的に実行するかにある。, 本連載では頻繁に利用するExcelの機能を取り上げて、操作をより効率化するテクニックや意外な裏技を紹介する。第1回は「選択」にまつわるテクニックについて解説したい。, ExcelシートのA2セルからA8セルを選択する。この場合、A2を選択してそのあとA8までドラッグするのが一般的だろう。しかし小さな表ならばいざしらず、50行や100行といった大きな表だと、ずるずるドラッグするのはあまりにも非効率だ。キーボードで範囲を選択する技を覚えておこう。, まずA2セルを選択したら、[Ctrl]キーと[Shift]キーを押しながら「↓」キーを押す。するとA2から、データの入力されているA8までを一発で選択できる。, ちなみにA2を選択したあと[Shift]キーを押しながら「↓」を押していくと、A2からA3に向かって1セルずつ選択範囲を拡大できる。また、[Ctrl]キーを押しながら「↓」を押すと、A列でデータの入力されている最終行のセルに移動できる。, それでは、A1を選択して[Shift]キーと[Ctrl]キーを押しながら「↓」キーを押したあと、さらに「→」を押してみよう。するとA2から、データの入力されているD8まで、つまり表全体を選択できた。表全体の選択は、表内のいずれかのセルを選択した状態で[Ctrl]+[A]キーを押すことでも可能だ。, 次に先の表で、見出し行にあたるA2:D2をコピーして、10行目にペーストする場合について考えてみよう。この場合、A2:D2をマウスでドラッグしてコピーし、A10を選択してペーストするのが一般的だろう。もちろん間違いではないのだが、同様の作業をもっと素早くこなす方法がある。, まず、2行目の行見出しに相当する「2」をクリックする。すると2行目全体が選択状態になる。そうしたらコピーを実行し、A10を選択してペーストすればよい。特に列の数の多い表の場合、マウスでずるずるドラッグするよりも断然速い。, 列の場合も同様だ。列見出しの「A」をクリックすると、A列全体を選択できる。さらにA列全体を選択したら、そのままマウスを列ラベル沿いにドラッグしてみよう。すると複数列の選択が可能だ。複数行の選択も、同様の操作でできる。, シート全体も、クリック1つで選択できる。行見出しと列見出しが交差する場所に右下を向いた三角マークがあるので、ここをクリックするだけだ。データが入力されていないセルを選択して[Ctrl]+[A]キーを押すことでも同じことができる。, この記事は会員登録で続きをご覧いただけます。次ページでログインまたはお申し込みください。 LOGNAME後ろの0 0は特に気にせず0 0で問題ないです。が、一応... 取り敢えずこの2つを覚えておけば問題ないです。 2. 0の場合は⑤のコマンドを実行します。1の場合は何もしません。ガン無視します。 ⑭ strconcat COMMAND PASSWORD ⑦ strconcat strconcatと認証方法さえ覚えておけば問題ないです。 Windows7にしてからの症状です。マウスの左ボタンを押してドラッグして選択範囲をするとき、ボタンから手を放しても選択範囲がはずれずにマウスと動かすと広がってしまいます。解除したいのですが。よろしくお願いいたします。コ イメージとしては 1,2のマクロと比べると一気に難しくなってしまった気がしますが、丁寧に説明するつもりなので makepathはその名の通りパスを作成します。 Inon「"KEYFILE"です。」と答えています。, ただし、これだけでは仕事では何も役に立ちません。 文字列を上記にしています。大体プロンプト'$'ですよね。, ⑮ sendln 'date; uname -n;' ★ここまで結構重要でした。覚えてね。, ⑮ connect COMMAND Inon「"USERNAME(=Inon)"です。」と答えてます。, ⑬ strconcat COMMAND ' /passwd=' 業務でTeratermを利用している人にとってはもはや説明不要かもしれないが、Teratermには操作ログ取得機能が存在してい … ●●に××を代入します。●●は何でもいいです。(先頭数字はダメとか制約あったかも?) 接続先のユーザ名となります。, ⑤ PASSWORD = 'InonPASS' 3 範囲を指定してキャプチャする方法(クリップボード) 3.1 画面全体をキャプチャする方法 「PrtScn 」 3.2 必要なWindowのみを選択してキャプチャする方法 「PrtScn + Alt 」 3.3 範囲指定してキャプチャする方法 「Windowsボタン + Shift + S」 DIRに格納されるパスは'D:\Inon'になるよ!, ② KEY = 'Inon_KEY' if文終了のお知らせ。 1 まずはfoldersearchの結果をresultへ格納し、 [Teratermを保存したディレクトリ] -> [ttpmacro.exe]を選択 ※特に変更等していなければ下記パスにインストールしているはずです。 'C:\Program Files (x86)\teraterm' ①と②を行うことでTeratermマクロを使用することができます。 惑メールのみ削除したり、特定のメールをフォルダへ移動させたりします。, またデータのバックアップを行う時も使用します。, 例えば、このフォルダ4つを右のウィンドウ(USBメモリ)にドラッグしてコピーする場合です。, フォルダをひとつづつドラッグではなく、Ctrlキーなどでまとめて複数選択した後 ドラッグします。, MicrosoftのExcelでも、範囲選択と複数選択は使用します。, Excelでは、このひとつひとつの区画を セルといいます。ひとつめのセルを選択。, Shiftキーを押しながら、終点のセルをクリックすると範囲選択されます。, Ctrlキーを使うと 複数選択されます。指定されたセルのみ選択して合計の値を算出したり、色と付けたりすることができます。, このようにキーボードのCtrlキーやShiftキーを使うと、データの数や範囲を指定して選択することができます。. ⑧ strconcat LOGNAME LOGSDIR 使用する前に以下の作業を行います。 今回は私同様存在を知らない方を対象にある程度わかりやすく記事を書こうと思います。 ここでは書いていませんが、他にも使い方が沢山ありますので、そのうち記事を書こうかなと思います。 Teraterm「パスワードは?」と聞いてきてます。 1つ目が0の時は特殊文字を表示しない、1の時はすべて出力する。 例えばTeratermマクロを'D:\Inon\Inon.ttl'と配置していたとすると What is going on with this article? 分かりやすく言うと、';'←これより後の文字列はガン無視するよ!, ② ●● = '××' すべて選択する操作は、マウスを使ってドラッグして行うこともできますが、選択したい範囲が広ければ広いほど、ドラッグ操作は大変です。, 今回学習するショートカットキーは、「Ctrl」キー+「A」キーです。「Ctrl」キーは、キーボードの左下・右下にありますが、今回組み合わせるキーは左側にある「A」キーなので、「Ctrl」キーも左下にあるものを利用すると良いでしょう。, ちなみに、「Ctrl」キーは左手の小指、「A」キーは薬指や中指で押す方が多いようです。, それでは実際に、ショートカットキーを利用して、フォルダー内のファイルをすべて選択してみましょう。, ショーカットキーを押しても選択できない場合は、フォルダーの何もないところを一度クリックして、フォルダー自体を選択した後に、もう一度お試しください。, 「Ctrl」キーを押しながら、「A」キーを押すと、フォルダー内のすべてのファイルを選択することができますが、場合によっては「このファイルとこのファイルは除いて、それ以外をすべて選択したい」ということもあると思います。, 「Ctrl」キーを押しながらクリックする方法は、間違って選択を解除してしまったファイルをもう一度選択したい場合や、複数のファイルを選択したいときにも、使うことができます。, 今回はWordのファイルを例にしましたが、メールの作成画面などでも、同様にすべて選択することができます。, すべて選択のショートカットキー「Ctrl」キー+「A」キーの「A」は、「すべて」を意味する英単語「All(オール)」の「A」で覚えましょう。, すべて選択した後、それらすべてを削除したい場合は「Delete」キーを押せばすぐに完了しますし、ファイルや文章などのすべてをコピー・切り取りして、別の場所に移したいときも、まずは「すべて選択」をする必要があるので、今回ご紹介したショートカットキーは重宝します。, コピーや切り取り、貼り付けのショートカットキーについては、以下のページで詳しくご説明しています。あわせてご確認ください。, * ここでは、「砂漠.jpg」と「クラゲ.jpg」をクリックして、選択を解除しています。.