googletag.pubads().enableSingleRequest(); pbjs.setConfig({bidderTimeout:2000}); 【PHP】指定時間前や指定時間後の日時を求める - Java、PHP、javascriptなどのプログラミング&Wordpress、HTML、CSSなどのWeb情報ブログ(最近は雑記や仮想通貨のことなど幅広く) http://php.net/manual/ja/function.date.php, formatメソッドの詳しい使い方については、以下の記事でも詳しく解説しています! 更新日 : 2018年5月15日, DateTimeImmutableクラスは、基本的にDateTimeクラスと同じメソッドを持ちます。DateTimeクラスの異なる点はDateTimeImmutableは、自身は変更せずに新しいオブジェクトを返します。PHP5.5以上が使えるのなら、DateTimeImmutableの方がおすすめです。, PHPの日付(date)のメソッドの使い方や、Array(配列)文法・メソッドの使い方については、以下の記事で詳しく解説しています! 網羅的に解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね!, 10分で丸わかり!PHPの配列(array)の基礎から応用まで解説 googletag.enableServices(); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_fixed02_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565198391774-0').addService(googletag.pubads()); © Copyright 2020 flatFlag. googletag.pubads().collapseEmptyDivs(); A. その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。 更新日 : 2019年8月7日, などについて解説しました。DateTimeクラスは日付を扱う上でよく使用しますので、この機会によく覚えておきましょう! もし、DateTimeクラスの使い方を忘れてしまったら、この記事を思い出してくださいね!, 当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。 (1431270000 - 1427554800) / (60 * 60 * 24). var googletag = googletag || {}; googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_overlay_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1583302554779-0').addService(googletag.pubads()); }); などの応用的な方法についても解説していきます。よく忘れるPHPの時間(datetime)処理を行うメソッドやその使い方についてまとめていますので、ぜひご覧になってください。, 日付や時間を扱った計算や操作を行うには、DateTimeクラスを使用します。DateTimeクラスはPHP5.2.0以降であれば使用可能です。DateTimeクラスは以下のように記述します。, DateTimeクラスで日時のフォーマットを指定するにはformatメソッドを使用します。, formatメソッドは第一引数にフォーマット文字列を指定します。サポートされているフォーマット文字列については、以下のページに記載されています。 '日'; googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_ctc02_adsence', [300, 250], 'div-gpt-ad-1566564559478-0').addService(googletag.pubads()); 日付の差を計算(2015年7月21日 - 2010年3月10日 = 5年4ヶ月11日) srttotime()がメジャーですが2038年問題など問題もあるため、日付の計算はDateTimeクラスを使うよう推奨されています。 とりあえず、両方のパターンをご紹介します。 PHP で現在の日付や時間を得るには、date()関数 や DateTimeクラス を利用します。 date() は、指定した「日付や時刻のフォーマット文字列」から日時の文字列を返します。オプションでUNIXタイムスタンプを指定すると指定したタイムスタンプに合わせた日時を返します。 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_overlay', [728, 90], 'div-gpt-ad-1584694002281-0').addService(googletag.pubads()); このページでは、 DateTimeImmutable, DateTime, date_create(), date_create_immutable(), そして strtotime() のパーサーが理解する、 さまざまな時刻フォーマットを説明します。 pbjs.que=pbjs.que||[]; googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_fixed01', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1559710191960-0').addService(googletag.pubads()); $day2 = new DateTime('2015-05-11'); DateInterval::formatと言われるもので、間隔をフォーマットします。よく分かりませんね。, %に続けて任意のフォーマット文字を繋げて使うことで、日にちや時間など、任意のフォーマットを返してくれます。, diffを使った日付の差だと、aを指定することで実際の日付の差をフォーマットしてくれます。, DateTimeクラスを使いこなし、日付や時間の比較も自由自在に使いこなしましょう。. 【PHP/Laravel】便利なBladeテンプレートでforeachを書いてみよう. googletag.defineSlot('/21812778492/blog_468x60_common_eyecatch02_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1567575393317-0').addService(googletag.pubads()); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_eyecatch01_adsence', [728, 90], 'div-gpt-ad-1566564252373-0').addService(googletag.pubads()); jQueryで要素を追加するいくつかの方法〜append,prepend,before,after,wrapなど, 日付の差を計算(2015年7月21日 - 2010年3月10日 = 5年4ヶ月11日). googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_ctc01_adsence', [300, 250], 'div-gpt-ad-1566564396953-0').addService(googletag.pubads()); googletag.cmd = googletag.cmd || []; 時刻の書式. googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x600_common_sidemiddle01_adsense', [300, 600], 'div-gpt-ad-1571293897778-0').addService(googletag.pubads()); googletag.pubads().setTargeting('blog_type', 'Tech'); 2015-05-11をstrtotime関数でUNIXタイムスタンプに変換→「1431270000」 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_sidetop01_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565330658303-0').addService(googletag.pubads()); srttotime()がメジャーですが2038年問題など問題もあるため、日付の計算はDateTimeクラスを使うよう推奨されています。, 英文形式の日時をUNIXタイムスタンプに変換してくれます。 phpで時間を取得、表示する方法まとめ ... 時間を秒数、つまり数値として表すことで、「何分経過したか?」などを計算式で求めることができるというわけです。ちなみに、上記は2016年7月28日 10時58分10秒時点のものです。 ... 24時間単位の時。 3715200 ÷ 86400 = 43(日), しかし、strtotime()は環境によっては2038年問題があったり何かと問題を引き起こすため、日付の計算はDateTimeクラスを使うようマニュアルでも推奨されています。, PHP 5.3 以降なら DateTime::add() や DateTime::sub() を、そして PHP 5.2 なら DateTime::modify() を使いましょう。, PHP5.2以降よりDateTimeクラスがサポートされていますので、そちらを使うようにしましょう。, PHP5.1以前の古いバージョンでなければ、DateTimeクラスを使うようにしましょう。, 日付の差が出ましたが、diffやformat('%a')など見慣れない記号も出てきました。. googletag.cmd.push(function() { All rights reserved. var pbjs=pbjs||{}; $day1 = new DateTime('2015-09-24'); 24時間以上を表す文字列とは、"28:00"とか"32:12"などの文字列のことです。 これをDate型に変換するためにCDate関数を使って CDate("28:00") とするとエラーになります。(実行時エラー'13':型が一致しません。) 念のため、IsDate関数でDate型に変換できるかどうか調べてみる。 侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。, 「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。, http://php.net/manual/ja/function.date.php. 何のことかピンと来ませんが、日付の差分を計算したり、1週間後の日付を取得したりと日付の計算の時によく使われますね。, 2015-03-29をstrtotime関数でUNIXタイムスタンプに変換→「1427554800」 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_fixed01_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565194485392-0').addService(googletag.pubads()); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_sidemiddle01_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565198726712-0').addService(googletag.pubads()); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_sidemiddle02_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565198822157-0').addService(googletag.pubads()); →UNIXタイムスタンプの差を引き算で計算し、その結果に60(秒)*60(分)*24(時間)を掛けた数で割ることで、日数の差が出る。 PHPで「時間」を取り扱う時に知っておきたい知識を、勉強がてら、まとめてみました。, PHPに限らず、プログラミングにおいて時間に関するデータを取り扱う場合、利用するのは、この「UNIX TIMESTAMP」です。「UNIX時間」などとも言われます。, 次のような時間データをよく見かけますよね。これがUNIX TIMESTAMPです。, これは何かというと、「協定世界時(UTC)を基準にした1970年1月1日の0時0分0秒からの経過秒数」を示しています。時間を秒数、つまり数値として表すことで、「何分経過したか?」などを計算式で求めることができるというわけです。ちなみに、上記は2016年7月28日 10時58分10秒時点のものです。, 例えば、次は2014年1月2日 00時00分00秒時点のUNIX TIMESTAMPです。, 続いて、次が2014年1月3日 00時00分00秒時点のUNIX TIMESTAMPです。, このように、2つの時点のUNIX TIMESTAMPを求めて、その差がどれくらいあるかで経過時間を判断し、処理を条件分けすることができるというわけです。, 関数のtime()を利用すると、現在(プログラムを起動した時点)のUNIX TIMESTAMPを取得することができます。, 処理を要する関数ではなく、既にデータになっている$_SERVER['REQUEST_TIME']を利用することで、time()と同じ結果を得られます。こちらの方が処理が速いと言われていますが、そこまで劇的な影響はないでしょう。, UNIX TIMESTAMPの取得方法が分かったら、今度は日時を出力してみましょう。date()の使い方を紹介します。, 日時を出力するには、date()という関数を利用します。第1引数にパラメータを指定すると、それらが日時形式に変換されます。「いつの日時を出力するか?」というと、第2引数に指定した、UNIX TIMESTAMPが基準になります。第2引数を省略すると、現在時刻time()が基準になります。, 第1引数に指定できるパラメータ(変換文字)を紹介します。例は「2016年7月28日 10時58分10秒」時点の値です。, 現在ではなく、指定した日時のUNIX TIMESTAMPを取得するにはどうすればいいか?この章ではstrtotime()の使い方を紹介します。, strtotime()は、指定した日時のUNIX TIMESTAMPを取得するための関数です。第1引数には、取得したい日時を指定します。第2引数には、主に相対日時で取得したい場合に基準日をUNIX TIMESTAMPで指定します。, strtotime()は、「絶対日時」と「相対日時」で日時を指定できます。まずは絶対日時で取得してみましょう。例えば、2014年1月1日 10時20分30秒のUNIX TIMESTAMPを取得したい場合は、次のように指定して下さい。, 続いて、相対日時を指定してみましょう。「〜日後」「〜ヶ月後」などの日時を取得したい場合に利用します。数字と、単位の組み合わせで指定します。数字は、未来の場合は「正」で、過去の場合は「負」で指定します。, 出力結果は次の通りです。2016年7月28日 10時58分10秒から、4日後のUNIX TIMESTAMPになっています。, 第2引数には「基準日時」をUNIX TIMESTAMPで指定することができます。例えば、今日の0時0分から4日後だったら、次のように指定します。, 出力結果は次の通りです。2016年7月28日(記事の更新時)の0時から4日後のUNIX TIMESTAMPです。, 英語ではなく、日本語で曜日を出力するには、date('w')で取得した曜日番号に合わせて出力できるよう、あらかじめ、配列を用意しておきます。, 出力結果は次の通りです。2016年7月28日(記事の更新時)の曜日が、日本語で出力されていますね。, ある月の最終日を求めたい場合は、月の合計日数を取得するdate('t')を使います。合計日数は、すなわち、最終日の日数ですよね。, 出力結果は次の通りです。2016年7月28日(記事の更新時)の月末の日時が出力されていますね。, SyncerシンカーはSync(同期)とer(する者)で「知識や感動を同期するブログ」という意味の造語です。みなさんと共に進化(しんか)していきたいという思いも込めてます。また来たくなったら、Syncerで検索してね!, Copyright © 2014-2016SYNCER All Rights Reserved.https://syncer.jp/. // fixed01のWORKSが不定期なため共通処理とする 【PHP】DateTimeでの日時取得とフォーマット方法まとめ PHPでは日付や時刻を扱うにはDateTimeクラスを使用します。 この記事では、 DateTimeクラスとは DateTimeクラスの基本的な使い方 フォーマットを指定する方法(formatメソッド) などの基本的な解説から、 日付を比較する方法 日付を計算する方法(add) タイムゾーンの取得と設定