で【乗算】で重ねる方法を紹介していますが、今回はそれにレイヤーを重ねていき光、影をなどを追加し合成して … 乗算・・・下の画像の色に上のレイヤーの 色が掛け合わさって暗くなる 。 焼き込みカラー・・・色相はそのままで、 重ねた色を暗くしてコントラストが強くする 。 焼き込み(リニア)・・・焼き込みカラーよりも、 明るさ全体を落とします 。 透過pngで書きだしたい画像に乗算やオーバーレイや焼きこみカラー...などなど、描画モードが「通常」以外のものが使われていること、ありますよね?, 書きだしてから (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 脱初心者を目指すためのレタッチ学習動画です。一つずつでも真似て作っていくうちに必ずスキルはアップしていきます。, 富山県出身で現在東京都在住。A型の30代。レタッチ/合成・動画作成と猫ライフをおくる兼業ブロガー。「わかりやすさ」を意識してコツコツ書いてます。チュートリアル動画もアップ中。少しでも「役に立った」と言われるとめっちゃ嬉しい。その他、多数のウェブサイト運営中。月間トータル70000PV達成。RYUJIの, 【YouTube】HAAWK for a 3rd Partyから「著作権侵害の申し立て」が来たときに行ったこと, 【Photoshop】TikTokのロゴなどでも使用。数分でできる3Dアナグリフ効果の作成方法。. さすがにこのパターンだとどうしようもないので、デザインを変えてもらうか、背景を大きめの1枚画像にして対応するか... 描画モードを絶対変えちゃだめ。 Copyright © 2010 - 2020 psgips All rights reserved. 富山県出身で現在東京都在住。A型の30代。レタッチ/合成・動画作成と猫ライフをおくる兼業ブロガー。「わかりやすさ」を意識してコツコツ書いてます。チュートリアル動画もアップ中。少しでも「役に立った」と言われるとめっちゃ嬉しい。その他、多数のウェブサイト運営中。月間トータル70000PV達成。RYUJIのプロフィール「過去・現在・未来」, ボトルの名前はわかりやすいものに変更してあります。省略してますがレイヤーはレイヤーパネル内から右クリックし【スマートオブジェクトに変換】してあります。, 囲ったら【ペンツール】を選択したままで右クリックから【ベクトルマスクを作成】を選択します。, このままではマスクの境界線がくっきりし過ぎているのでぼかして背景になじませていきます。, 【属性】パネルが開くので赤枠の【ベクトルマスク】を選択し【ぼかし】を0.4に調整。, 「オリジナルボトル」を選択、【Alt】+ドラッグでコピーしグループ内の一番上に配置。, 「オリジナルボトルのコピー」を選択し【Alt】+ドラッグでグループ内の一番上に配置。, 「オリジナルボトルのコピー」を【Alt】を押しながらドラッグしグループ内の一番上にコピーし配置。, 「オリジナルボトルのコピーの4」のレイヤーマスクサムネイルを選択し【Ctrl】+Iで反転させます。, レイヤパネルから、【描画モード】を【覆い焼カラー】に変更し、オレンジ枠内をダブルクリック。, パネルが開いたら【レイヤー効果】内にある【透明シェイプレイヤー】のチェックを外します。, 【描画モード】を【覆い焼カラー】【不透明】を65%に変更しオレンジ枠内をダブルクリック。, オレンジ枠ベクトルマスクサムネイルを【Ctrl】+クリックで選択範囲を読み込みます。, 「レイヤー3」を【Ctrl】+Jで複製し、「レイヤー3のコピー」を選択しオレンジ枠のサムネイルを【Ctrl】+クリック。, 先ほど作成した反射同様に「レイヤー5」をダブルクリックし【レイヤースタイル】パネルを開きます。, 【レイヤースタイル】パネルを開き【レイヤー効果】内にある【透明シェイプレイヤー】のチェックを外します。, 【Shift】+【Ctrl】+【Alt】+Eを押し表示レイヤーを結合させた画像を作成します。, 「レイヤー8」を選択し【塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成】アイコンから【トーンカーブ】を選択。, 【Photoshop】バックカラーが白いグラスを他画像背景に透過(透明にし表示)させる方法, で【乗算】で重ねる方法を紹介していますが、今回はそれにレイヤーを重ねていき光、影をなどを追加し合成してきました。, それぞれの感覚で設定した数値は微調整してください。また、使用する背景やボトルの画像によっても設定や方法も変わってきますので色々試してみてください。, 今回は「【Photoshop】ガラスボトルを透過させ光や影をつけリアルな合成を作成」でした。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. フリーのグラフィックデザイナーです。カタログ、ポスター、パッケージなど様々な分野に携わってきました。. Adobe Photoshop CCのぐっときた機能; 透過PNGにした画像は乗算や焼き込みカラーが反映されないのですよ; 携帯(ガラケー)コーディングでインデントはNG; スマートフォンのサイトを横に回転させた時に画面のサイズに合わせて拡大させるには 【Photoshop】バックカラーが白いグラスを他画像背景に透過(透明にし表示)させる方法. 「あれ...なんかデザインと違う...まさか...。あーやっぱり乗算だったー(泣」, 自分でちょちょいと修正できるときはいいんですけど、どう考えても無理な時とか、あまりに色々なところに乗算などを使われていると、, と言いたい。 【Photoshop基本操作】画像にワイングラスを合成するには、不透明度で「半調」にしてはダメです。これじゃ幽霊みたいになってします (笑)。ガラスのくっきりした質感は、エッジの濃い部分と、光沢や映り込みの明るい部分を残しながら、背景が透けて見えるように調整しなければなりません。 【Photoshop基本操作】画像にワイングラスを合成するには、不透明度で「半調」にしてはダメです。これじゃ幽霊みたいになってします (笑)。ガラスのくっきりした質感は、エッジの濃い部分と、光沢や映り込みの明るい部分を残しながら、背景が透けて見えるように調整しなければなりません。描画モードの [乗算] と [スクリーン] を活用してみましょう。, ブレンド条件とは、階調レベルで不透明度を調整する機能です。合成結果に反映させない境目 (隠す領域) が調整できます。言ってみれば、この機能だけで合成することも可能です。しかし、対象画像により、階調数が減ってしまうので「全能」ではありません。作例では、最終調整で不透明部分を削る目的に使用します。, これから行う操作は、無背景で撮影したワイングラスを切り抜き、別の画像に合成する方法です。背景が透けて見える合成方法がテーマなので、素材画像のワイングラスには、, 素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1276 pixel]、[高さ : 1920 pixel]、 [解像度 : 300 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。, 素材に用いるワイングラスは、白色ホリゾント (背景の壁や布・紙など) で撮影されていることが原則です。背景があるものや黒っぽいホリゾントは NG です。, 描画モードの [乗算] と [スクリーン] を活用する方法では、いちばん暗い部分と明るい部分がそれぞれ抽出できなくてはなりません。そのためには、中間調を起点とした明るめの背景に、透明なオブジェクトを置いた素材が適しています。, [パス 1] レイヤーサムネールを [command (Ctrl)] キーを押しながらクリックします。, [イメージ] メニューから、[切り抜き] を選択します。すると、選択範囲の領域でトリミングされ、カンバスサイズが最小限の大きさになります。, [背景] サムネールを [option (Alt)] キーを押しながらダブルクリックします。すると、背景からレイヤーに変換されます。, レイヤーマスクで切り抜きを行う場合、合成する別の画像にコピー&ペーストしてから、そのドキュメントで作業する方がイメージしやすいかも知れません。, しかし、切り抜きの対象が小さかったり、レイヤーが複数で構成されているときは、無駄や混乱の原因にもなりかねません。作例では、切り抜きマスクをパーツの段階で作成しておくことで、後の作業の効率化を図ります。, 背景が透けるグラスの合成では、描画モードが異なる2枚の合成用レイヤーが必要です。スマートオブジェクトを複製することで、再編集した場合も、その結果が連動するレイヤーを作成することができます。, [レイヤー] メニューから、[スマートオブジェクト] → [スマートオブジェクトに変換] を選択して適用します。, [スマートオブジェクトに変換] を適用すると、[背景] やレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、, [レイヤー] パネルで、[レイヤー 0] を [新規レイヤーを作成] にドラッグします。, それぞれのレイヤー名を上から [グラス : スクリーン]、[グラス : 乗算] に変更します。, 同じドキュメント内で、スマートオブジェクトを複製すると、それぞれのコンテンツはリンクされます。たとえば、元のスマートオブジェクトで行なったレイヤーマスクの編集は、複製したスマートオブジェクトにも反映されます。まったく同じ編集内容が共有されるワケです。, ワイングラスの開口部を斜め上から見ると、後方が1枚、前方が2枚重なっています。不透明度は、1枚より2枚の方が高くなるので、その違いを設定する必要があります。, [レイヤー] パネルを表示して、[command (Ctrl)] + [V] キーを押してペーストします。, グラスの開口部に設けたベクトルマスクは、後の操作で不透明度を調整するために用います。この部分は、グラスの中でもいちばん背景が透ける部分です。しかし、撮影時による白色ホリゾントの影響も大きく、暗い背景に合成する場合は、その明るさを大幅に抑えなければ、他の部分との整合性が取れません。, 2枚のレイヤーをひとつにまとめるグループを作成します。グループの作成は、対象レイヤーを選択してから行うと、フォルダーに入れる操作が省略できます。, [shift] キーを押しながら、[グラス : 乗算] をクリックして、[グラス : スクリーン] と2枚同時に選択します。, 作例のように、切り抜き用レイヤーが複数で構成されている場合、グループフォルダーに入れておくと、移動や変形などの適用が、.