Oracle Expressでは1つのデータベースしか作成できないので、キャラクタセットを変更するには既存のデータベースを再作成する必要があります。 Oracle Express以外の場合はDBCAなどで新規のデータベースを作成する際にキャラクタセットを指定してください。 SQL> drop database; SQL> quit SQL> @/usr/lib/oracle/xe/app/oracle/product/10.2.0/server/rdbms/admin/catblock.sql; [oracle@localhost ~]$ cd /usr/lib/oracle/xe/app/oracle/admin/ORCL/pfile[oracle@localhost ~]$ vi createdb.sql.  なお,SJISのデータベースを作成する手順となっているが,UTF8のデータベースを作成する時も手順としては同じである., データベースを削除するにはファイルを削除する権限が必要なので,管理者権限でコマンドプロンプトを起動して実行する., Windowsロゴを右クリックしてメニューから[コマンド プロンプト(管理者)]を選択する., データベースを削除するために,CleanUp.batが用意されている. ファイルの中身を確認する., リスナーとデータベースを停止して,SIDを削除している.SIDなどはWindowsの場合レジストリに登録されているので,それを削除している.(ハズ) LOGFILE GROUP 1 ('/usr/lib/oracle/xe/oradata/ORCL/redo01.log') SIZE 100M, 'FROM dual"), let connection = await oracledb.getConnection( {, connectString :"localhost:1521/XEPDB1" // [ホスト名]:[ポート]/[DBサービス名]. let result = await connection.execute( "SELECT 'Hello World! 気になったものを書き残すブログです。 気まぐれ更新 … 以前、Oracle Linux に Oracle Database Express Edition 18c をインストールする記事を書いた。今回はWindowsでやってみようと思う。結論から言うと、わざわざ書く必要が無いほど簡単ではあるのだ SMALLFILE DEFAULT TEMPORARY TABLESPACE TEMP TEMPFILE '/usr/lib/oracle/xe/oradata/ORCL/temp01.dbf' SIZE 20M REUSE AUTOEXTEND ON NEXT 640K MAXSIZE UNLIMITED ALTER DATABASE DEFAULT TABLESPACE "USERS"; db_recovery_file_dest = '/usr/lib/oracle/xe/app/oracle/flash_recovery_area' [oracle@localhost ~]$ mkdir -p /usr/lib/oracle/xe/app/oracle/admin/ORCL/adump Ameba新規登録(無料) ログイン. EXTENT MANAGEMENT LOCAL [oracle@localhost ~]$ mkdir -p /usr/lib/oracle/xe/app/oracle/flash_recovery_area ----------------------------------------------------------------------------------------, ---------------------------------------------------------------------------------------- Oracle Database Express Edition 18c(Oracle Database XE)は、自由に開発、導入および配布できるOracle Database 18cコード・ベースに基づくエントリ・レベルの省メモリRDBMSであり、迅速にダウンロードでき、管理も簡単です。 SQL> @/usr/lib/oracle/xe/app/oracle/product/10.2.0/server/rdbms/admin/catproc.sql; dispatchers = '(PROTOCOL=TCP) (SERVICE=ORCLXDB)' export PATH それぞれの文字に割り当てられたコード・ポイント. [oracle@localhost ~]$ cd /usr/lib/oracle/xe/app/oracle/admin/ORCL/pfile[oracle@localhost ~]$ vi init.ora, db_domain = '' export NLS_LANG SMALLFILE UNDO TABLESPACE "UNDOTBS1" DATAFILE '/usr/lib/oracle/xe/oradata/ORCL/undotbs01.dbf' SIZE 200M REUSE AUTOEXTEND ON NEXT 5120K MAXSIZE UNLIMITED ホーム ピグ アメブロ. PreparedStatement stmt = conn.prepareStatement("SELECT 'Hello World! undo_management = 'AUTO' LD_LIBRARY_PATH=$ORACLE_HOME/lib:$LD_LIBRARY_PATH export ORACLE_HOME then [oracle@localhost ~]$ rm -rf /usr/lib/oracle/xe/app/oracle/admin/XE Follow @htjpblog core_dump_dest = '/usr/lib/oracle/xe/app/oracle/admin/ORCL/cdump' [oracle@localhost ~]$ mkdir -p /usr/lib/oracle/xe/app/oracle/admin/ORCL/cdump SQL> conn SYSTEM/oracle PATH=$ORACLE_HOME/bin:$PATH [oracle@localhost ~]$ cd /usr/lib/oracle/xe/app/oracle/product/10.2.0/server/bin/, ORACLE_HOME=/usr/lib/oracle/xe/app/oracle/product/10.2.0/server SQL> @/usr/lib/oracle/xe/app/oracle/product/10.2.0/server/rdbms/admin/owminst.plb; GROUP 3 ('/usr/lib/oracle/xe/oradata/ORCL/redo03.log') SIZE 100M; CREATE SMALLFILE TABLESPACE "USERS" LOGGING DATAFILE '/usr/lib/oracle/xe/oradata/ORCL/users01.dbf' SIZE 512M REUSE AUTOEXTEND ON NEXT 1024M MAXSIZE UNLIMITED EXTENT MANAGEMENT LOCAL SEGMENT SPACE MANAGEMENT AUTO; ORACLE_SID=ORCL fi 'FROM dual"); // "[ユーザー名]/[パスワード]@//[ホスト名]:[ポート]/[DBサービス名]", con = OCI8.new("system/GetStarted18c@//localhost:1521/XEPDB1"), statement = "SELECT 'Hello World!  実行する., データベースを論理削除してもファイルが残っているので,不要となったデータベースを削除する., dbsディレクトリにはインスタンスに関わる管理ファイルが設置されている.まずはディレクトリに何が入っているか確認する., Windows版のOracleでは,CreateDB.batを使って初期データベースを作成する.まずは,シェルを確認する., CreateDB.batを実行するためにはORACLE_HOMEが必要なので,実行する., CreateDB.batを実行する.この時,コマンドプロンプトは管理者権限で実行されていることを確認しておく.CreateDB.batを実行する際に,SJISとしてデータベースを作成するため,dbcharにJA16SJISというパラメータをつける., しばらく待つ.どれくらいしばらくかというとコンピュータのスペックによる.色々と表示されるが,最後は次のように表示される., データベースを消しているので,systemユーザのパスワードが設定されていない.インストーラを使うと途中でsystemのパスワードを設定する画面も表示されるが,手動なので設定されていない.もしかして?とおもってchange_on_installを試してみたがそれもダメだった. (03) 管理者パスワード変更 ... 文字コードの設定です。設定したい文字コードを指定します。 [13] 接続モードの選択です。クライアントの接続が少ない場合は上側の専用サーバーモードにします。 ... CentOS 7 : Oracle 18c ----------------------------------------------------------------------------------------, ---------------------------------------------------------------------------------------- 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'); var a8='a13031382400_25L2TC_5FAE56_249K_BUB81';var rankParam='cq47CL.8yjhD3HgNCL4fTFh0XFiG.KUNPM42CT.DRFgCRHTGu2agu2TES2TB.g.DPMBNuq4MaFgwPFk6NF_yuYALIYAEbY_g0';var trackingParam='R7-t8Jjf2nm7tDUF8u.F8DmD2P4Xq0lBjSkEhSBxx';var bannerType='1';var bannerKind='item.variable.kind1';var vertical='5';var horizontal='1';var alignment='0';var frame='1';var ranking='1';var category='Kindleストア'; Copyright© Oracle Database 10g Express Edition Release 10.2.0.1.0 - Production Windowsの再起動時にプラガブル・データベースが自動的に開かれるようにする方法については、Oracle Database 18c XE Windowsインストール・ガイド. export ORACLE_SID !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? Oracle XEをインストールする際に文字コードなどを指定する部分がないので,Unicode(UTF-8)でインストールされてしまう.これをSJISに変更したい場合,データベースの作り直しが必要となる.このドキュメントでは,現在の文字コ ソフトウェアのインストール経験がある場合は、以下の手順に従ってください。 詳細および詳しい手順については、LinuxまたはWindowsのインストール・ガイドをご覧ください。, Linux Dockerイメージは、https://github.com/oracle/docker-imagesで提供されているDockerfileを使用して作成できます, Linux VirtualBox VMは、https://github.com/oracle/vagrant-boxesで提供されているVagrantスクリプトを使用して構築できます。WIndowsのバージョンがサポートされていれば、Windows VirtualBox VMにインストールすることもできます。Oracle Database 18c XE Windowsインストール・ガイドを参照してください。, 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。, “yum -y localinstall oracle-database*18c*”を実行します, “/etc/init.d/oracle-xe-18c configure”を実行します, “curl -o oracle-database-preinstall-18c-1.0-1.el7.x86_64.rpm https://yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL7/latest/x86_64/getPackage/oracle-database-preinstall-18c-1.0-1.el7.x86_64.rpm”を実行します, zipファイルをローカルの一時ディレクトリに解凍し、setup.exeを実行します。, 入力を求めるメッセージが表示されたら、インストール場所とデータベース・パスワードを指定し、インストールを開始します。, -- 接続文字列の形式:[ユーザー名]/[パスワード]@//[ホスト名]:[ポート]/[DBサービス名] [AS SYSDBA], sqlplus sys/GetStarted18c@//localhost:1521/XE as sysdba, sqlplus sys/GetStarted18c@//localhost:1521/XEPDB1 as sysdba.