cpu交換. NEC ノートパソコン VersaproのCPUをCore i5からCore i7へ交換・換装 前回のブログでHaswell世代のcore iシリーズの動作比較をしましたが、今回Haswell世代のクアッドコアcore i7 CPUを入手しました。 nec vシリーズは、日本電気(nec、現在はルネサス エレクトロニクスに分離)が製造したマイクロプロセッサ・マイクロコントローラのシリーズである。. Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 現在、NEC MATE MY22L/E-6Pentium Dual Core E2200 2.2GHzWinXP DDR3-PC8500 1GBを、Win7にして、まだ使えるようにCPUを、当時の上位機種 MY30A/E-6のCore 2 Duo E8400 3.0GHz に差し替えたいです。ソケットは同じだと思います。ただ A13761JJ1V2UM00), 80186互換のINM/OUTM(INSB/INSW/OUTSB/OUTSWに相当)とV30の特徴のINS/EXTの4種の命令, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=NEC_Vシリーズ&oldid=78127062, この項目では、マイクロプロセッサについて説明しています。Windows PCについては「, 8MHzまでは、原発振を2分周するクロックジェネレータμPD71011のほかに、3分周のμPD71084も使用できる, その他、ファミリLSIがある。オリジナルがNMOS品(例 i8255A)でもバイポーラ品(例 i8284A)でもCMOS化されている。型番はi8251A→μPD71051、i8255A→μPD71055など、8080・8086ファミリLSIに倣ったものとなっている。. CPU交換でパソコンをUPグレード中古PC、スマートフォン、自作PC用パーツの購入なら【ぱそこん倶楽部】!中古PCからレガシー環境対応製品まで幅広く取り扱っております。 パソコン通販のぱそこん倶楽部中古パソコンからPCパーツ PC98、中古Mac、中古PDAまで豊富な品揃え! … –³’f“]Ú‹ÖŽ~, http://www.iodata.jp/support/service/hd/index.htm, http://www.ati.com/jp/products/mobilityradeon9100igp/features.html, http://www.geocities.jp/pinopi2001/CPU.htm, http://kakaku.com/prdsearch/detail.asp?PrdKey=05360410257, ƒTƒ‰ƒ_‚ª‚²‚¿‚»‚¤‚ɁI uŒƒƒEƒ}v‚Ƙb‘è‚̃hƒŒƒbƒVƒ“ƒO‚ðH‚̃vƒ‚ª”äŠr, PS5‚Ì”š‘¬ƒ[ƒh•”ü—íƒOƒ‰ƒtƒBƒbƒN‚ðŒ©‚æI PS4 Pro‚Æ”äŠrƒeƒXƒg, y“®‰æz‚ǂꂾ‚¯¬‚³‚¢H‚ǂꂾ‚¯‘å‚«‚¢H uiPhone 12 minivuiPhone 12 Pro Maxv, MousePro-NB410H Core i5/8GBƒƒ‚ƒŠ/256GB SSD/14Œ^ƒtƒ‹HD‰t»“‹Úƒ‚ƒfƒ‹. 今使っているpcがパワー不足なので新しいpcを買おうか迷ったのですが、cpu交換をすればまだまだ現役続行できそうなので、5年ぶりにデスクトップパソコンのcpuを交換しました。せっかくなので次のために備忘録としてcpuの交換方法を詳しくメモしておきたいと思います。 クチコミ投稿数:17件. 2005/12/25 22:45(1年以上前) ノートパソコン > nec > lavie l ll750/ad. スレッドの最後へ. IC-6660FおよびμPD70108データシート ドキュメントNo. X10679EJHV0SG00(17th wdition)), V30MZユーザーズ・マニュアル(暫定) (ドキュメントNo. ただのゴミに8000円も出すなんて、万年金欠病の私には死活問題なのですよ、、、^^; i7 4700MQに適応しているマザーボードなので大丈夫だとは思うのですが、物理的に交換出来てもきちんとBIOSが認識してくれるかどうかが問題です!, 今現在NECのパソコンはLenovo製とほぼ同等ですし、ThinkPadにもLavieシリーズにも同じcore i7 4700MQ搭載モデルがありますので、恐らくBIOSも対応しているだろうと思い試してみます!, 交換方法については裏蓋を外してヒートシンクを外して付け替えるだけなので、今回は割愛します。, それでは早速CPUを付け替えて、電源を入れてBIOSを確認してみましょう。スイッチオ~ン!!, ここまで来たらもう一安心ですが、きちんとターボブーストなどの機能も問題なく働くでしょうか?, ライセンス認証も外れていませんでしたし、タスクマネージャーで確認すると最大3.4Ghzで動いていますので、ターボブーストも問題なく効いているみたいです。, 結果は8269とこちらも2倍までは行きませんでしたが、約1.8倍位のスコアになりました。, これらの結果を見ると、現行モデルの低電圧版core i7 8550Uとほぼ同じ数値になりましたね~(5年前のCPUだからとバカには出来ません!), やはりクアッドコアのcore i7はデュアルコアなi5とはスペックが段違いですね〜!, それでは今度はグラフィック性能を調べてみたいと思いますが、こちらはCPU内蔵グラフィック Intel HD Graphics4600同士なのでそんなに違いはないとは思いますが、、、, 正直グラフィック性能については大した期待はしていませんでしたが、こちらもなかなかの結果ですよね~?, そして気になるのがTDPが上がった事による発熱ですが、ドラクエベンチを実行中の温度はこんな感じでした。, 大体78℃から80℃程度まで温度が上がっていましたが、これはi5の時と同じくらいでした。, これもi5の時とほぼ同じですが、i7にすると2℃位CPU温度が高くなった感じです。, ちなみに私のパソコンですが、アイドル時はCPU温度が47℃位に下がるとファンが止まり、55℃位まで上昇するとファンが回り始めます。, i7にしてから55℃に到達する時間が早くなりましたのでファンが止まっている時間が少し短くはなりましたが、気にしていた様なファンがずっと回り続ける事にならなかったのは心底ホッとしました。(^^), クアッドコアのi7にCPU換装すると発熱がヤバくなる!って散々色んな所で言われていたので発熱についてとにかく心配でしたが、結果はそこまで発熱も大きくならなくて良かったです♪, Webページなどの画像読み込みが早くなりましたし、Youtubeなどの動画視聴においても、サムネイルの読み込みなどかなり速くなりました。, 今まで少しもっさりと感じていた部分が、よりサクサク感じるようになったのが一番実感できたポイントだと思います。, とは言えi5 4210Mでも充分にサクサクでしたよ。ただ一度i7を体験すると前には戻れなくなりました。(^_^;), それとしばらく使ってみて分かった事なのですが、Youtube視聴ではCPUファンの動きが以前よりも穏やかになりました。, これはおそらく今までよりもCPUへの負荷が減った分、動作に余裕が出来た為に発熱量も減ってCPUファンがあまり回らなくなったと思われます。, つまり基本的な部分では発熱量が増えるかもしれませんが、ある程度の負荷が掛かる場面ではCPU負荷が減って逆に発熱量が抑えられる結果になったのではないかと思われます。, という訳で今回は、VersaproのCPUをcore i5からcore i7に換装してカスタマイズしてみた結果を紹介しました。, 今までグリスはMX-4を使っていましたが、偽物の存在が明らかになりましたのでMX-4はお勧めできません!!. IC-1827B・IC-6659D。この記述はμPD70108H/μPD70116Hデータシート ドキュメントNo. IC-3552Aからは削除されている。, NECのアセンブラ「インターツール」(RA70116-I)などの他、PC-88VAのOS「PC-Engine」内蔵のデバッガがVシリーズのニーモニックだった, 一応、V30と80286の時点では、おのおのの拡張命令のコードはかち合わないようになっていたが、, PC-9800シリーズ用V33アクセラレータはあった(拡張スロットに挿入するボード型のエム・エス・アイ製MIG98およびM3), 16ビット Vシリーズ ユーザーズ・マニュアル 命令編 (ドキュメントNo. U11301JJ5V1UMJ1) 1ページおよび図 1-1, SEMICONDUCTOR SELECTIONGUIDE April 1999 (ドキュメントNo. 数字が小さい方は、16ビットの8086互換のシリーズである。 数字が大きい方(v60以上)は、独自仕様の32ビットプロセッサのシリーズである。 NEC Vシリーズは、日本電気(NEC、現在はルネサス エレクトロニクスに分離)が製造したマイクロプロセッサ・マイクロコントローラのシリーズである。, 数字が小さい方は、16ビットの8086互換のシリーズである。数字が大きい方(V60以上)は、独自仕様の32ビットプロセッサのシリーズである。なお、VR3000などのMIPSプロセッサやV850などのV810系列のプロセッサの名称もVから始まるが直接のつながりは無い。名称のVはVLSIの頭文字を取ったもので、Victoryの意味も込められている[1]。, 日本電気(NEC)は、NEAC、続いてACOSと、大型コンピュータを開発してきたメーカであり、またトランジスタ、続いて集積回路を開発・製造してきた半導体メーカでもあった。NECのマイクロプロセッサは半導体部門から始まっているが、NECは世界で最初期にマイクロプロセッサを開発した企業のひとつである。世界最初のマイクロプロセッサのひとつであるμPD707・708に続き、NECは1970年代にはμCOMシリーズを開発・展開した。μCOMシリーズには、オリジナル仕様のもの、インテル系を主とした(ザイログのZ80も含む)の互換製品や類似仕様のもの、などがあった。, 1980年代に入ると、NECはVシリーズを開発・展開した。まず、1980年代前半より開発・販売していた8088・8086互換モデルをCMOS化するとともに、内部バスの本数を増やして能力を向上させたV20・V30を開発した[2]。また、これらのCPUをコアとして周辺回路を集積したV40・V50や、より高性能化を図ったV33等へと展開した。しかし、V30は提訴により、充分な商機を得ることができなかった。海外では、8088コンパチでIBM PC互換機・PC/XT互換機に採用されたV20の方が、V30よりもメジャーである。, 一方で、より高性能を目指した、独自仕様の32ビットCPU、V60・V70・V80を開発した。また、Vシリーズ以外にマイクロコントローラの78Kシリーズを展開している。, V10は欠番となっている。これは当初CMOS版Z80コード互換CPUであるμPD70008にV10の呼称を与えて販売を計画したものの、訴訟問題への影響を考えて、Vシリーズから除外する方針としたため、結局用いられなかったためである[1]。μPD70008の元となったμPD780にはμCOM-82と命名して販売したが、ザイログとセカンドソース契約をしていなかったため訴えられている(後に和解)。, 1990年代にNECが開発した独自仕様のRISCがV810である。V805、V820、V821、V830、V850ファミリと展開した。, V30 (μPD70116) は、NECが製造した、インテル8086の(正確にはNECのμPD8086(μCOM-86)の)上位互換マイクロプロセッサである。外部バス8ビットのV20 (μPD70108) がある。V30はPC-9800シリーズの他、同社の輸出向けノートPCのen:UltraLiteにも(V20ではなくV30が)採用された。V20はワープロ専用機文豪ミニ5の一部機種や、一部のPC/XT互換機などに採用された。またV30・V20のセカンドソース製品には、ソニーCXQ70116・CXQ70108、シャープLH70116・LH70108、ザイログZ70116・Z70108 がある。, ハードウェア面では、オリジナルの8086に対してピン配置が互換である。信号のタイミングは、8086のクロックのデューティ比が1:2なのに対し、V30は1:1と多少異なっており、これに付随して他のタイミングの定義も異なる。ただし、実際にはそのまま差し替えても問題なく動くことが多かった。, ソフトウェア面では、バイナリコードレベルで80186上位互換であり、オリジナルの8086に対しても上位互換である。, また、8086・80186に無いいくつかの命令が追加されていた。V30専用のアセンブリニーモニックは、8080からの流れを汲んだ8086のニーモニックとは異なっており、V30のニーモニックに対応したアセンブラはほとんど存在しなかった[4]。また、80286とは異なる拡張をした命令群は80286以後のインテル系CPUではサポートされないため積極的に用いられず、市場では主に「高速な8086」と見なされて利用されていた。一方で、一部のソフトウェアはV30固有の拡張命令を使用していたため、PC-9801ではソフトウェア資産継承の視点から、しばらくの間はV30とインテル系CPUを両方実装し、切り替えて使用する方式をとった。EPSON PCシリーズでは、V30を搭載したのはPC-286Uや初期のPC-286NOTEなどPC-286シリーズのごく一部の機種のみで、それ以外の機種では、このようなソフトウェアの中には正常に動作しないものもあった。1990年のPC-9801DA/DS/DX以降の機種ではPC-98GSなど一部を除きPC-9800シリーズでもV30を省略したため同様の問題を抱えることになったが、そのころにはそのようなソフトが少なくなっていたため、あまり表面化しなかった。なお、NEC自身はV30固有命令の使用を推奨しない旨を案内していた[5]。, CPU内部のバスを増強してデータ転送効率を上げるとともに、所要クロック数の多い乗算・除算命令をハードワイヤード化し、命令実行に要するクロック数を削減したため、多くの命令を8086の約2/3のクロック数で実行可能となり、単純にCPUを差し替えただけで、同一の動作クロックで数%から数10%高速で演算処理を行うことができた。, マイクロコードの著作権がセカンドソース契約で問題となり、NECは先手を打って1984年、Vシリーズがインテルの著作権を侵害していないことを確認する訴訟(債務不存在確認訴訟)を起こした。これに対してインテルが反訴したため裁判は長引いたが、5年後の1989年にV30はi8086の著作権を侵害していないとの判決を得た。ただし、その直接の理由は、8086に著作権表示がなく、当該製品に対して著作権が認められないからである。一方で、マイクロコードにも著作権があることが判示され、互換プロセッサの製造が困難となった。86系のマイクロコードの著作権への抵触を回避するために、完全にハードワイヤード化されたV33系へ移行した。, V30はμPD8080AF(μCOM-80F)を元にした、8080エミュレーション機能を実装していたのも特徴の一つである。, V30は、80186とはバイナリ上位互換が保たれていたが、V30独自命令[6]を80286で実行すると無効オペコード例外が発生し、80386以降ではインテルが別の命令を割り当てているため誤動作する。, V30がマイクロコード著作権で訴えられたことを受けて、内部論理のハードワイヤー化を行い、マイクロコードの違法使用をしていないことを明確にするとともに、マイクロコード実行にかかるオーバーヘッドを削減して、実行処理速度の向上・アドレス空間の拡張を図ったものである。68pin-PLCCおよびPGA・74pin-QFPによる製品が提供され、40pin-DIPパッケージの8086と直接差し替えて高速化を図ることはできなかった[7]。後に、V50のCPUコアをこのコアに置き換えたV53も開発されている。, V20・V30をコアに、8086用周辺チップを集積したマイクロコントローラ。既存の8086応用機器にて、複数のチップをまとめて置き換える用途向け。PC-98LTやPC-98HAで使用されている。内蔵されている周辺回路は以下の通り。, なおV40・V50をベースとしたカスタムCPUもいくつか存在しており、PC-88VAに搭載されたμPD9002(V50にZ80エミュレーション機能を追加したもの)などが代表的な存在である。, 独自仕様の32ビットマイクロプロセッサとして開発された。32ビットレジスタを32本持ち、全く独自の命令セットであり、非常に豊富なアドレッシングモードを持った直交性の高いアーキテクチャが特徴である。また、複数のCPUを並列接続して相互に監視することで、フォールトトレラントシステムを構成することができた。初めて浮動小数点演算ユニットを1チップに内蔵した。内部32ビット構成、外部16ビットバスのV60と、内部構成・外部バスともに32ビット構成のV70・V80がある。高信頼性システムを構成できる利点を活かしてNTTの交換機に使用された。一部、業務用ゲーム基板(例 セガ・システム32)のCPUとしても採用されていたが、その採用理由は「市場にほとんど出回っていないCPUのため、逆アセンブルや違法コピーの対策になる」という、いささか後ろ向きなものだった。またV60・V70にはV30エミュレーションモードがあり、旧来のソフトウェア資産も継承可能となっている。, 1990年代に入って、V810 (μPD70732) がリリースされた。型番上はVが付いているが、直接のつながりはない全く別のアーキテクチャに基づくRISCである。Hennessy-Patterson本に見られるような典型的な5段パイプライン構成を取る。, 既存組み込み用CPUシリーズの代替あるいは後継機種として組み込み用途に使用されている。また、V810は日本電気ホームエレクトロニクス製の家庭用ゲーム機PC-FX、任天堂製のバーチャルボーイ、BrainPad TiPOにも用いられている。, V850シリーズはルネサスエレクトロニクス製半導体製品のうち、例えば記録型DVD/HD DVD/BDドライブ向けチップセットであるSCOMBOシリーズのCPU、あるいはSCOMBOシリーズに属するワンチップコントローラの内蔵CPUコアとして提供されており、これらはソニーオプティアークやパイオニアといったメーカーによる光学ドライブ各種に採用され大量に使用されている。ほかにも家電やFA機器のサーボモーター、乗用車用の内燃機関や各種駆動用モーター制御、その他の各種多様なオペレーションに人知れず大量採用されている。, 一部アセンブラの書式がV60 - V80に似せてあり、従来V60 - V80向けソフトウェアを開発していたプログラマが学習しやすいように配慮されていた。, 月刊アスキー別冊 蘇るPC-9801伝説 永久保存版 第2弾 2007年4月9日初版 「NEC V30開発秘話」 (, μPD70116データシート ドキュメントNo. ピノッピ~さん. https://ameblo.jp/magic-shooter/entry-12581527143.html, NEC ノートパソコン VersaproのCPUをCore i5からCore i7へ交換・換装 | ジャンクPCやガジェットの話など…, 前回のブログでHaswell世代のcore iシリーズの動作比較をしましたが、今回Haswell世代のクアッドコアcore i7 CPUを入手しました。, 私がメインで使っているVersaproにそのCPUを換装しましたので、またまたベンチマークテストの結果をブログに残しておきたいと思います。, 現在のCPUは2コア4スレッドのcore i5 4210Mなのですが、それを4コア8スレッドのクアッドコアのcore i7に換装出来るでしょうか?, ThinkPadなどでは交換事例の参考になるブログなどが沢山ありますが、私の使っているVersaproについては全くと言っていいほど情報がないのです、、、, 仕方ないので自分自身が人柱になるしかありません!ヒトバシラーとして行きますよ~!!, ちなみに今回載せ替えるCPUは、4コア8スレッドのクアッドコアcore i7 4700MQです。. このcpu群の中から交換に用いるcpuを選ぶ、あるいは交換しようとして持っているcpuが、この一覧にあるかどうか確認します。 biosのバージョン. CPUを交換するには同じソケットのCPUを探さなくてはいけません。基本的には同じIntel製のCPUでも同世代の物でないとソケットの形状が違うためCPU交換はできません。 『CPUの名称+ソケット』で下調べ 『i5 520M ソケット』というワードで検索をかけてみます。 Intelの公式でi5 520Mの技術仕様が公 … NEC ノートパソコン VersaproのCPUをCore i5からCore i7へ交換・換装, https://ameblo.jp/magic-shooter/entry-12433949403.html. ‚¬?uƒGƒ”ƒ@VŒ€ê”ŁF”jvƒeƒXƒg—pƒX[ƒc—§‘̉», ƒm[ƒgƒpƒ\ƒRƒ“iÅ‹ß1”NˆÈ“à‚Ì”­”„E“o˜^j, TUF Gaming A15 FA506IU Ryzen 7 4800HE16GBƒƒ‚ƒŠE512GB SSDEGTX1660TiE15.6Œ^FHD‰t»“‹Úƒ‚ƒfƒ‹ FA506IU-R7G1660T, ROG Zephyrus G14 GA401IU Ryzen 7 4800HSE16GBƒƒ‚ƒŠ E512GB SSDEGTX1660TiE14Œ^FHD‰t»“‹Úƒ‚ƒfƒ‹, 4ˆÊMousePro-NB410H Core i5/8GBƒƒ‚ƒŠ/256GB SSD/14Œ^ƒtƒ‹HD‰t»“‹Úƒ‚ƒfƒ‹, ƒpƒ\ƒRƒ“ > ƒm[ƒgƒpƒ\ƒRƒ“ > ƒm[ƒgƒpƒ\ƒRƒ“ NEC > LaVie L LL750/AD >, © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved.