これは、色々なサイトでオンラインショッピングを楽しむ方に限らず、ほとんどの方がオンにしておくべき設定です。, この項目を有効にしないと、Webブラウザで実行されるスクリプト内からのモーションデータの取得ができなくなるというものです。 2019年に入ってからもiOSの脆弱性を悪用し、訪問するだけでマルウェアをダウンロードさせてiPhoneに感染させてしまうWebサイトなども見つかっています。, このような脆弱性が見つかるとOSがアップデートされて脆弱性は解消されますが、今後いつ新たな脆弱性が見つかるかわかりません。このような脆弱性の悪用を回避するためにもOSを最新バージョンにしておく必要があります。iOSのアップデートの通知が届いたらできるだけ早く適用し、iPhoneを最新の状態に保ちましょう。, また、ご利用中のアプリにも同じことがいえます。脆弱性が発見されると、マルウェアの感染により遠隔操作されたり、情報漏洩させたりされてしまいますのでアプリも新バージョンがリリースされたら速やかに適用できるよう自動更新を有効にしておきましょう。, 「AppStore」ではApple社による安全性の厳しい審査を通過したアプリだけがで公開され、審査基準に満たないアプリは掲載されません。 iPhoneやiPadの「メール」アプリにゼロデイ脆弱性が発覚したと報道があり、話題になっています。, 今回の脆弱性はiOS 6以降の全ての端末に存在し、iOS 12では手動でメールを開封した際に攻撃されますが、iOS 13ではバックグラウンドでメールを受け取っただけでも攻撃にさらされるとの事。 ※攻撃者がメールサーバをコントロールしている場合、iOS 12でもクリックすることなく攻撃が可能。, そして今回の脆弱性が厄介な点として、メール全体がダウンロードされる前に攻撃が発動する可能性があるため、メールの内容がデバイス上に残るとは限らないという点が指摘されています。攻撃が成功した後、攻撃者が残ったメールを削除した可能性もありますが、検証した端末では、メールサーバで受信され、保存されているはずの対応するメールが見つからなかったとも報じられています。, この件を報じたアメリカのセキュリティ企業「ZecOps」によれば、日本の携帯電話キャリア幹部も標的になっていたようです。, なお、現時点でAppleは公式に声明を出していませんが、現在β版である「iOS13.4.5」では脆弱性が修正されている模様。一刻も早い正式リリースが待たれます。一部のメディアでは今回の脆弱性の再現が出来なかったと懐疑的な見方もありますが、一応皆さんもご注意ください。, 暫定的な対処方法としては、Appleの「メール」アプリを使わず、それ以外のサードパーティー製メールアプリ(GmailやOutlook)を使用することが推奨されています。もちろん、可能であればβ版の「iOS13.4.5」をインストールすることでも対処可能です。, 最後にFAQが用意されており、その中で「なぜAppleの修正パッチ公開前に脆弱性を公開したのか?」との質問がありました。これに対する「ZecOps」の答えは以下の通り。, これらのバグだけではiOSユーザーに害を及ぼすことはできません – 攻撃者は標的となるデバイスを完全に制御するために、追加のinfoleakバグとその後のカーネルバグを必要とするからです。 どちらのバグも、一般公開されたベータアップデートの間にすでに公開されています。攻撃者はすでにMobileMail/maildを利用する絶好のチャンスがほぼ終わったことを認識しており、パッチが利用可能になるまでの時間を利用して可能な限り多くのデバイスを攻撃するでしょう。 非常に限られたデータではありますが、少なくとも6つの組織がこの脆弱性の影響を受けていることがわかりました。このような問題に対しては、早急に公開トリガーを用いたパッチが提供されなければならないと確信しています。, 興味のある人がベータパッチを適用することで自分の身を守ることができるように、これらの問題を公開することは、一般の人々、私たちの顧客、パートナー、そして世界中のiOSユーザーに対する私たちの義務であり、また、「メール」アプリの使用を止めて、一時的にこれらのバグに脆弱性のない代替のものに切り替えることもできます。, 私たちは、この情報を公開することで、より迅速なパッチ適用を促進する一助となることを願っています。. これを「オン」にすると、Apple社やその子会社・代理業者があなたの情報の一部を収集したり送信したりすることに同意したことになります。, iPhoneのセキュリティ対策を行うためのアプリはどのように選べば良いのでしょうか。 など、重要な情報は安易に入力しない習慣をつけてください。. ▷Android用セキュリティアプリの選び方と主要4アプリ比較 ▷iPhone用セキュリティアプリの選び方と主要4アプリ比較 そのためApple IDなどのアカウントの不正利用を防ぐ必要があります。その最も効果的な方法は、二段階認証(二要素認証)です。, Apple IDの利用にあたっては二段階認証(二要素認証)を必ず有効にしましょう。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); iPhoneは「ウイルスに感染しない」、それはもう過去の話です。iOSをターゲットにしたウイルスや、端末内に保存されている個人情報を盗み取る、悪質なアプリも登場してきています。, この記事では、iPhoneがウイルスに感染しているかチェックする方法と対策を解説します。, iPhoneはAndroidと比較して、ウイルス感染しにくいといわれます。そのため、iPhoneユーザーの方でセキュリティ対策をしているという方はあまり多くないのではないでしょうか。, スマホがウイルスに感染してるかチェックするには、やはりウイルス対策ソフトを使うのが一番です。, スマホのウイルススキャンでは、ウイルス感染しているものがあると検出され、駆除できます。※ただし、検出できない新種のウイルスもあるので、100%安心はできません。, メーカーは、信頼性のある大手セキュリティソフトメーカーのものを利用するのが良いでしょう。, ウイルス感染しにくいといわれるiPhoneですが、これまでの事例から判明している感染経路について見ていきましょう。脱獄していなければ感染リスクは低いですが、念のため注意したい部分です。, 2015年9月、中国の公式App StoreにXcodeGhost(OSX.Codgost)というウイルスが混入した「正規アプリ」が見つかりました。Appleの審査は厳しいですが、それをかいくぐってしまったようです。, この原因は、非正規の開発環境を使用したことだったようですが、App Storeのアプリは安心だと思っていた人々に衝撃を与える出来事でした。, 2014年11月に発見されたWirelurker(OSX.Wirelurker / Trojan.Wirelurker)というトロイの木馬は、Windows・Macのパソコンを介して感染する新型ウイルスでした。このウイルスに感染したパソコンへiPhoneを接続してしまうと、ウイルス感染したアプリに置き換えられてしまいます。, 感染したアプリを実行すると、iPhoneに記録されたシリアル番号・電話番号や連絡先などの個人情報を盗み取られる可能性があるのです。この動作は目立たないものなので、感染に気づかないケースが多いとされています。, インターネットを見ているとき、「ウイルスを検出しました!今すぐスキャンしてください」とか「ウイルスに感染した可能性があります」などとポップアップが表示されることがあります。, しかし、このような表示は多くの場合がウソです。不安を煽って不正なサイトや、アプリのインストールページに誘導するのが目的なので、無視して構いません。詳しくは以下の記事で解説しています。, iPhoneのセキュリティ対策をしていなかったことで、ウイルス感染しているかわからない・・・そんなときにこんな症状が出たら感染を疑いましょう。, なにも触っていないのに、勝手に電源がオン・オフする、アプリが起動する・・・といった動作は、故障かウイルス感染のどちらかになるでしょう。動作がおかしいときは、まずiPhone修理ショップに持って行くことをおすすめします。, ウイルスがインストールされ、バックグラウンド活動すると当然動作が重くなってしまいます。それに伴い、電池の減りも早くなるでしょう。, ただし、アプリを複数起動していて重い場合もありえるので、一概に「重い=ウイルス感染している」とはいえません。iPhoneが重いと思ったときはまず、バックグラウンドで実行中のアプリを消してみてください。, パソコンのウイルスと同様に、何度もポップアップが表示されたら、単なるアドウェアかウイルス感染のどちらかでしょう。, 「ウイルス感染していると見せかけるケース」の場合が多いので、ポップアップが出たらホームボタンを2連打してSafariの画面を上にスワイプし、強制終了しましょう。, iPhoneのウイルス感染が疑わしいとき、対処する方法をご紹介します。ポップアップの表示が止まらないときは、前項の方法をためしてみてください。, iOSでのウイルス感染事例が発見されてから、iPhone用のセキュリティ対策ソフトが登場しました。心配という方は、これらを活用してみてもよいのではないでしょうか。, セキュリティアプリで駆除しても症状が改善しない場合、初期化が必要な可能性があります。なお、バックアップするとウイルスのデータも引き継がれるので、データごと削除しなくてはなりません。, セキュリティアプリを使っても、初期化しても不審な症状が改善しなかったときは、未知のウイルスか故障の可能性が考えられます。買い替えを検討するのもよいかもしれません。, ウイルス感染しにくいiPhoneですが、なにも対策しなくてよいというわけではありません。次の対策をおこなって、より感染しにくい状態にしましょう。, iOSは定期的に最新バージョンが公開されます。起動時に「お使いのiPhoneでiOS◯を利用できるようになりました。」という表示を見たことがある方もいらっしゃるでしょう。, この更新には新機能の追加のほか、脆弱性(セキュリティの弱点)修正が含まれます。古いバージョンを使い続けると弱点を放置することになるので、できればアップデートしましょう。, 前述のように脱獄はウイルス感染のリスクが高くなります。これまでウイルス感染した事例の多くは、脱獄したiPhoneでした。自由度で魅力を感じても、セキュリティ面で危険なので、避けるべきです。, セキュリティアプリを入れておくと、ウイルス感染した際にわかりますし、駆除もできます。事前に入れておくと安心です。, スマホはできるだけ肌身離さず持っていたほうがよいですが、席を離れたときや紛失・盗難時にウイルスや遠隔操作アプリを仕込まれる可能性もゼロではありません。, iPhoneのセキュリティ脅威は、ウイルスだけではありません。設定に問題があったり、特定のアプリが入れられたりすると、遠隔操作されるなどの危険があります。, フランスの研究者が「無線送信機を使用すると、Google NowやSiriで遠隔操作できる」と発表しています。, 研究者の説明によれば、iPhoneに接続されたイヤホンが送信機の発した電波を受信する役割を果たしているとのこと。この電波をユーザーからの命令と見なしてしまい、離れた位置からでも遠隔操作できてしまうのです。, 実際、この攻撃がおこなわれるかは分かりません。しかし、「Siriの機能をオフにする」か「使用しないときはイヤホンを外す」ことで対策できるので、仕事などで使用する電話であれば、対処しておくとよいでしょう。, Wi-Fiを自動接続する設定にしていると、悪意ある第三者が用意したセキュリティの甘いWi-Fiに接続され、ハッキングされる可能性があります。, プロが実演したところ1分半で侵入に成功、個人情報まで抜くことができました。Wi-Fiは接続するときだけONにするのがおすすめです。, 上記の方法を使わなくても、あるアプリを入れればiPhoneを遠隔操作できます。インストールするには脱獄する必要がありますが、iPhoneの置き忘れや紛失時に入れられてしまう可能性があります。, この遠隔操作アプリには「不可視化」機能があり、入っているかどうか目視で確認できません。さらに、一度入れられてしまうとカンタンには削除できない仕様です。, iPhoneの挙動がおかしいとか、見慣れない表示が出たとき「ウイルス感染した!?」と不安になる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、つぎの症状はウイルスではないことが多いのでご安心ください。, サイトを見ていてシャッター音が鳴り、「あなたの顔を撮影しました」などの表示とともに、金銭を請求する詐欺もあります。しかし、これは単に音だけでカメラは作動していませんし、撮影もされていません。, 最近の悪質なワンクリック詐欺の手口のひとつなので、無視して大丈夫です。スマホのワンクリック詐欺については以下で解説しています。, これは、単純にメールソフトのエラーの場合が多いです。ウイルス感染して文字化けすることはないのでご安心ください。, また英文だけのメールが来た場合、単純にメールの送信失敗を伝えるものか迷惑メールなので、無視して構いません。, 故障や水没によってパネルが反応しなくなることがあります。ウイルス感染でタッチパネルが動かなくなる事例は報告されていないので、修理店で見てもらったほうがよいでしょう。, 差出人に心当たりがないメールだったのに、ついクセで開いてしまった・・・ということもあるでしょう。しかし、iPhoneは脱獄していなければメールでのウイルス感染はほとんどないと思われます。, 不安なようなら、念のためセキュリティアプリでスキャンしてみて、あとはメールを削除して放っておけば問題ないでしょう。, 現時点で、脱獄していないiPhoneがサイトの閲覧・メールの添付ファイルを開いて感染という事例は報告がありません。, しかし、攻撃者はつねに「どこをどう攻撃するか」考えて、脆弱性を探ったりウイルス・ツールを開発したりします。. 特に普段カメラやマイクを使わない方、音声入力などの機能を使わない方は「オフ」にしておく方が良いでしょう, こちらは、訪れたサイトにApple Payの有無の確認を許可するかの設定です。 本日Appleが「iOS 13.2.3」と「iPadOS 13.2.3」の配信を開始しました。 今回のアップデートではシステムの検索と“メール”、“ファイル”、および“メモ”内の検索が動作しない場合がある問題、アプリがバックグラウンドでコ... コンパクトで安価なiPhoneを求める方々の希望の星、iPhone SE 2(iPhone 9)ですが、ついにAppleが3月31日にスペシャルイベントを開催し、その中で発表、4月3日に発売するとの情報が入ってきました。 これはドイツのA... 2020年9月17日午前4時ごろから、ついに最新の【iOS 14】の配信が開始となりました! 今回のiOS 14では良くも悪くもAndroid風の機能が追加されたのが大きなトピック。ついにiOSでもウィジェットがホーム画面上に配置可能にな... 現在Mac/iOS向けのRSSリーダー神アプリ「Reeder 4 for Mac」「Reeder 4 for iOS」が共に無料セール中となっています。 個人的にiPhoneで一番利用頻度が高く、Androidでも代替できるアプリが見付か... まだ2019年ですが、早くも2020年の新型iPhone 12(仮)だけでなく、根強く噂の残るコンパクトなiPhone SE 2の噂や、さらには2021年の新型iPhoneに関する噂も出てきています。 まだまだあくまでも“噂”の段階なので... 9月16日、Appleが新製品発表イベント“Time Flies”をオンラインで開催しました。 今回のイベントでは、当初の予想通りiPhoneに関する発表はなく、「Apple Watch Series 6」 「Apple Watch SE... Windows 10 1903/1909向けにオプション更新プログラム「KB4550945」が配信開始に。不具合修正がメインなので必要に応じてインストールを。, 【終了】MUSONの完全ワイヤレスイヤホン「Move」がクーポン利用で52%オフ!, 【11/13~】クーポンで最大50%オフ!AUKEY特価セール情報まとめ!急速充電器やワイヤレス充電対応モバイルバッテリー、ドラレコなどがお得に購入可能!, iPhone 12 Pro MaxとiPhone 12 miniが本日発売!管理人がauオンラインショップで注文したiPhone 12 Pro Maxも本日届きそう!, Google フォトの容量無制限無料バックアップが2021年5月末で終了。概要とデータのバックアップ方法をご紹介。代替はプライム会員なら「Amazon Photos」、PCユーザーはNASなど検討を。, 【Windows Update】マイクロソフトが2020年11月の月例パッチをリリース。ゼロデイ脆弱性の修正があるので早急にアップデートの適用を。現時点で大きな不具合報告はなし。, Apple Silicon「M1」搭載のMacBook Air、MacBook Pro、Mac mini発表。macOS Big Surは11月13日にリリース予定。, Fire TV Stickとは?できること、使い方、初回セットアップ、テレビとの接続方法解説!, Windows 10でiPhoneの写真をインポートする際に「このデバイスに到達できません」「システムに接続されたデバイスが機能していません」のエラーが出て失敗する場合の原因と対処方法, SIMフリーのiPhone 11にドコモのシムカードを入れて設定し使用する手順解説, 「Fire TV Stick」の基本的な使い方、電源オン/オフ、スリープの仕方解説, iOS 14が配信開始!新機能/不具合情報/未対応アプリ/アップデート方法まとめ!, Apple TV+ レビュー:コンテンツの質は高いがボリュームの少なさが致命的。有料契約はトライアルでよく確認を。解約方法など解説。. ▶︎詳細はこちら 30日無料体験版あり, このアプリはセキュリティ対応のブラウザです。 iPhoneやiPadの「メール」アプリにゼロデイ脆弱性が発覚したと報道があり、話題になっています。情報によれば、届いたメールを受信するだけで攻撃される場合があるようです。皆さん十分ご注意ください。 if (d.getElementById(id)) return; iPhoneの乗っ取り被害を聞いたことがありますか?今回はiPhoeが乗っ取られているかを確認する方法と乗っ取り被害を防止する為のセキュリティ強化方法について解説します。 iPhoneに身に覚えのないカレンダーの通知が表示される。(図7) iPhoneのカレンダーに身に覚えのないカレンダーやイベントが登録されている。(図8) イベントのタイトルには「iPhoneが保護されていない可能性があります! iPhoneのOSであるiOSでは、これまでに多くの脆弱性が発見されており、端末にインストール済みの正規アプリを不正アプリに置き換えられてしまう脆弱性等も存在しました。 これにより、Webブラウザ上で動作するVR/ARコンテンツで問題が発生する可能性があります。 ▶︎詳細はこちら iPhone 2016.2.25 iPhoneで迷惑メール拒否をするには?設定と対策方法まとめ iPhone 2016.8.9 【iPhone】アプリのキャッシュを削除する方法 iPhone 2017.8.4 パスワード管理アプリのおすすめ【iPhone … iPhoneセキュリティ対策の具体的な方法 OSやアプリを最新バージョンに保つ. Safariなどのアプリを使って、インターネット上でいろいろなサイトを見ているときに、悪意のあるサイトがあり不正に「カメラ」「マイク」が動作してしまうことなどを防ぐことが可能になります。 その情報をトラッキングされたくない場合は、この部分を「オン」にしておけば、トラッキングデータは定期的に削除してくれます。, Cookie(クッキー)とは、WEBサーバが接続してきたWEBブラウザに情報を一時保存するしくみのことで、この機能を使うと、IPアドレスなどログイン時の情報を記録して次回のログインを自動化するといったことが可能になります。その便利さからほとんどのWEBブラウザがサポートしています。 js = d.createElement(s); js.id = id; ▷セキュリティソフトの選び方と主要5ソフト比較 ウイルスバスターは日本で一番選ばれているセキュリティソフトです。ネット詐欺や危険なWi-Fiへの接続から守ってくれます。30日間無料の体験版があるので、試してみてはいかがでしょうか。, ノートンは世界最大規模のセキュリティ専門家チームを有するセキュリティ会社です。世界シェアNo.1の売上を獲得、防御力に関する第三者機関の調査で最高評価の「AAA」を18回連続で獲得しています。, ESETは、ユーザー調査において総合満足度4年連続No.1を得ており、アンチウイルス業界で最も権威のある研究機関 Virus Buleetin による「ウイルス検出率100% AWARD」を最多受賞しています。, iPhoneが重いと思ったときはまず、バックグラウンドで実行中のアプリを消してみてください。, iPhoneは脱獄していなければメールでのウイルス感染はほとんどないと思われます。, あなたのWebサイトのセキュリティ対策は万全でしょうか?このページではWebサイトのセキュリティに関する情報を掲載しています。有効に活用して頂けると幸いです。. ▶︎ウィルスバスターモバイルの詳細はこちら, 総務省の「平成30年度版情報通信白書」でもスマートフォンの普及率が60%を超えていることが示されましたが、これに呼応するかのようにスマホを狙うウィルス等が増え、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)からも注意喚起やセキュリティ対策の指南が出されています。, よくスマートフォンのセキュリティ対策といえばAndroidの話でiPhoneは関係ないと思われているケースがありますが、それは完全な誤りです。iPhoneを狙うXcodeGhostのようなウィルスの例もあります。決してiPhoneも安全ではないのです。, 攻撃されてから慌てるのではなく、“日頃のセキュリティ対策”を真剣に考えてみてはいかがでしょうか。, [参考:端末別のセキュリティソフト・アプリの選び方] この設定がオフになっていた場合、たとえばiPhoneの動きに応じて表示を変更するようなコンテンツがそのままでは動作しなくなる可能性がありますが、デフォルトで「オフ」となっているため、特に特別んサイトにアクセスしない人は、ひとまず「オフ」にしておくことが良いでしょう。, WEBブラウザーやそのほかのアプリが「カメラ」「マイク」の機能にアクセスするかどうかを設定する部分になります。 30日無料体験版あり, セキュリティベンダー大手のトレンドマイクロ社によるアプリです。 js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.6"; 見た目は携帯電話ですがインターネットを閲覧し、さまざまなアプリを使うスマートフォンは、従来の携帯電話とはまったく違ったセキュリティ対策が必要になります。, メールなどのやりとりをスマートフォン上で行う方の割合は年々増えてきており、マルウェアなどへの感染の危険性が高まっているのです。, 今回はiPhoneに着目し、セキュリティ対策の具体的な方法から、アプリの選び方まで徹底解説いたします。, iPhoneのOSであるiOSでは、これまでに多くの脆弱性が発見されており、端末にインストール済みの正規アプリを不正アプリに置き換えられてしまう脆弱性等も存在しました。 © Copyright 2020 セキュリティソフト性能選び方徹底比較サイト. All rights reserved. またすべてのCookieをブロックすると、会員機能を持ったWEBサービスなどの利便性がとても悪くなってしまうので、この項目については「オフ」にしておくことをお勧めします。, これにチェックを入れておくと、Safariでフィッシングサイトの可能性があるサイトに接続したとき、警告を表示してくれます。 30日無料体験版あり, これら4種を改めて見てみると、iPhone向けのセキュリティ対策アプリについては、現状は盗難や紛失への対策など特定の機能に特化しているものがほとんどであることがわかります。, ここで紹介したものについても総合的なセキュリティ対策アプリと言えるのは「ウィルスバスターモバイル」だけです。, したがって、アプリの使い方としては「ウィルスバスターモバイル」がオススメと言えるでしょう。このアプリを使うことで、iPhoneをセキュリティ上の脅威から効率よく確実に守ることが出来るのではないでしょうか。 var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0]; fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs); iPhone 2016.2.25 iPhoneで迷惑メール拒否をするには?設定と対策方法まとめ iPhone 2016.8.9 【iPhone】アプリのキャッシュを削除する方法 iPhone 2016.2.18 iPhoneがウイルスに感染しているかチェックする方法と対策 iPhone 2016.7.15 iPhoneのデータをバックアップする方法! Cookieをブロックしてしまうことはセキュリティ上は少し有効なことがあるかもしれませんが、悪質なサイトなどの閲覧に関しては特に関係のない機能となっています。 ョンサーヴィス。, iPhoneなどの旧モデルに「修正不能」な脆弱性、それがセキュリティ研究者にとっては“福音”となる, 再び可能になったiOSの“脱獄”から、アップルが抱えるセキュリティ面での課題が見えてきた, アップルが“ハッカー”たちに「特別なiPhone」を供与する真意, アップルが未対策の「macOSの脆弱性」を、いまもハッカーは狙っている. 「スマートフォンは小さなパソコン」と言われているのは、今ではかなり多くのユーザに認識されています。 今回のコードは、アップルのプロセッサに搭載されている「ブートROM」に依存したものだ。ブートROMとは、デヴァイスの電源を投入した際に最初に実行される基本コードを格納したチップである。axi0mXは、アップルがiOS 12ベータ用に2018年の夏にリリースしたパッチについて、リヴァースエンジニアリングや調査を行うことで、このブートROMの脆弱性を発見した。 ブートROMはシステムの基盤となる。このため悪用すれば、iOSの特定のヴァージョンにある脆弱性に依存しない、極めて強力なジ… ▷iPad用セキュリティアプリの選び方と主要4ソフト比較. ただし、AppStoreにも不正アプリが紛れ込む可能性がゼロではないため、よさそうなアプリを見つけたとしても、アプリを入れる前に必ずアプリ名や開発元を検索し、評判などを確認するのが無難でしょう。 一部のサイトでは、ユーザの行動に合わせた広告を出すために、購入履歴やWEBサイトの閲覧履歴などがトラッキングされています。 ▷Mac用セキュリティソフトの選び方と主要5ソフト比較 ▶︎詳細はこちら iPhoneのスマホセキュリティ対策!その感染経路と具体的な対策・アプリ(ソフト)を徹底解説, iPhone版ではウィルススキャン機能等はなく、あくまで紛失・盗難にあった際のサポートのみ, あくまで紛失、盗難時に向けた機能に特化しており、セキュリティ対策機能としては弱い。. 不正なマルウェア等に感染してしまうリスクが高まります。, よくサイバー攻撃として利用されるメールへの標的型攻撃には注意が必要です。何らかの理由をつけてURLリンクを開かせようとするメールやSMSは、あなたを不正サイトへ誘導するために送りつけられたものかもしれません。たとえ実在する企業、更には実際に取引がある企業名だとしても注意が必要です。, 最近ではSNS内のURLリンクやWeb上の広告も不正サイトの誘導口になっていることがありますので、不用意にURLなどをクリックしてしまうことは避けましょう。, iPhoneでは、Apple IDと連動してサービスを受けられるものが多いのですが、そのApple IDへの不正アクセスの被害が多くあります。