他にも多数のカスタムが行われていてハイスペックな仕上がりです。 v6 3.5l twin turbo & 10at‐力強いツインターボエンジンとリズミカルな10速at。ls500h / ls500 V型6気筒3.5Lハイブリッド エンジン出力:295ps/36.3kgm モーター出力:200ps/28.0kgm 【GS350】 V型6気筒3.5Lガソリン 出力:318ps/38.7kgm 【GS300h】 直列4気筒2.5Lハイブリッド エンジン出力:178ps/22.5kgm モーター出力:143ps/30.6kgm 【GS300】 直列4気筒2Lターボ 出力:245ps/35.7kgm 一体どんな加速をするのか気になりますね。, 今回の中古車はアンダーテイクデモカー!レクサスGS顔 カスタムカーイベント&カー雑誌等の活躍にて車両の存在を 現行gsのラインナップは下記のようになる。ガソリンエンジン車が、3.5リッターv6の「gs350」(656万278円〜)と2リッター4気筒ターボの「gs300」(588万8056円〜)。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。, 【レクサス新型GS】最終モデル「Eternal Touring」2020年6月1日発売!最新情報、燃費、価格、発売日は?, 【レクサス新型IS】「大胆変更!」2020年11月5日ビッグマイチェン日本発売!最新情報、燃費、サイ…, 【レクサス新型NX】「改良&特別仕様車2台!」2020年7月16日日本発売!最新情報、NX300h/…, 【レクサス新型UX】2020年4月2日「UX250h Brown Edition」日本発売!最新情報…, 【レクサス新型IS最新情報】2022年フルモデルチェンジ!IS F/IS350/IS300h/IS3…, 【レクサス新型LS最新情報】2019年10月3日マイナーチェンジ日本発売!LS500/LS500h/…, 【トヨタ新型カローラクロス】2021年8月「カローラSUV!」日本発売!最新情報、燃費、価格は?, 【メルセデス新型SLロードスター】2021年フルモデルチェンジ!最新情報、燃費、サイズ、価格、発売日は?, 【レクサス新型LBX】「新コンパクトSUV!」2021年発表!最新情報、サイズ、燃費、価格は?, 【新型2シリーズアクティブツアラー】2020年末フルモデルチェンジ発表!最新情報、スペック、燃費、価格、発売日は?, 【フェラーリ新型SF90ストラダーレ】PHEVオープン!「スパイダー」発表!最新情報、価格やスペックは?, 【ルノー新型カングー】「新世代!」2021年型フルモデルチェンジ発表!最新情報、サイズ、燃費、発売日、価格は?, 【新型エスカレード】「新世代最上級!」2020年11月13日フルモデルチェンジ日本発売!最新情報、価格、サイズ、燃費は?, 【スバル新型WRX STI/S4】「プロト走行開始!」2021年10月フルモデルチェンジ発表!最新情報、発売日や価格、スペックは?, GS350“Eternal Touring”:FR 8,000,000円、4WD 8,000,000円, “F SPORT”専用スピンドルグリル(特別仕様車専用グロスブラック)/フレーム(特別仕様車専用漆黒メッキ), オート電動格納式ドアミラー(広角・自動防眩・鏡面リバース連動ラストメモリー付チルトダウン・メモリー・ヒーター付/特別仕様車専用ブラック塗装), フロント235/40R19+リヤ265/35R19タイヤ&“F SPORT”専用アルミホイール(特別仕様車専用ブラック塗装+ブラックナット), “F SPORT”専用オレンジブレーキキャリパー(フロント・リヤ/フロントLEXUSロゴ), 三眼フルLEDヘッドランプ(ロー・ハイビーム)&LEDフロントターンシグナルランプ, “F SPORT”専用ディンプル本革ステアリング(パドルシフト付/特別仕様車専用ブラック×フレアレッド・レッドステッチ)&“F SPORT”専用ディンプル本革シフトノブ(特別仕様車専用ブラック・レッドステッチ), メーターフード/インストルメントパネル上部/センターコンソール/パームレスト/ドアトリム(特別仕様車専用アルカンターラ表皮・レッドステッチ), “F SPORT”専用本革シート(運転席・助手席ベンチレーション機能・ヒーター付/特別仕様車専用ブラック・レッドステッチ). フロントグリルが大型化され、さらに好みの分かれるデザインに。 T&E製レクサスGS350フェイスキットにてGSフェイスに変更された 当初は他の「GS」同様、かなり硬い乗り味が特徴でした。 そんな中、2013年10月17日、ATが6速から8速へ進化。 アルトをターボ化するっていう事に意義とロマンがあるんですよ(ない) 長文ですので、 暇な方、 マネしたい猛者の方、 ha36アルトのターボ化に興味のある変態の方、 人の苦労は蜜の味 … 有終の美を飾るレクサスGSについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。, レクサスが上級セダン「GS」の最終特別仕様車となる、「GS Eternal Touring(エターナルツーリング)」の発売を発表しました。, レクサスGSは、フラッグシップセダン「LS」に次ぐFR上級セダンとして初代が1993年に登場。日本では2005年のレクサスブランド導入の第1弾モデルから販売されてきました。, しかし、同じく上級セダンとして設定される「ES」が2018年に新世代モデルになって以降販売が低迷していたことから、今回「GS」の生産終了が決定。, 最終モデルとなる特別仕様車「GSエターナルツーリング」は、現行車で設定される全パワートレイン「GS300」「GS300h」「GS350」「GS450h」のスポーティモデル「F SPORT」グレードをベースとし、ハイパフォーマンスカー「GS F」をイメージする装備を採用。, エクステリアはスピンドルグリルやアルミホイール、ドアミラーやリヤスポイラーなどにブラックの配色を施し、GS450hとGS350 2WDの“Eternal Touring”にはオレンジブレーキキャリパーを採用するなど、力強い走りを想起させる精悍なスタイリングに。, インテリアは「GS F」で好評のアルカンターラ表皮やカーボンオーナメントパネルを採用したほか、ドアトリムやメーターフードなどにはブラックの内装色に映えるレッドステッチを施し、さらにドアトリムとステアリングの一部にもフレアレッドの表皮を配したしたことで、上質さとスポーティさがアップされています。, 「GSエターナルツーリング」は、2020年4月23日に発表され、発売日は6月1日に設定。, 【レクサス新型ES最新情報】価格やスペック、サイズ、ES300hハイブリッドの燃費は?, レクサス新型GSには、3.5Lと2.5Lのハイブリッド、3.5Lと2Lターボのガソリンエンジンが設定されています。, 駆動システムは、新世代モデルが登場した「レクサスES」とは違い後輪駆動ベースとなっており、上級サルーンとしての心地よい乗り心地を追求。, 3.5Lガソリンエンジンを搭載する「GS350」では、4WDも選択できるようになっています。, レクサス新型GSの燃費は、ハイブリッドモデルを設定することでプレミアム上級セダンながら最高23.2km/Lの低燃費となっています。, ガソリン車でも燃費の低下が抑えられ、上位の3.5Lガソリンエンジンでも10km/L以上が確保されています。, レクサス新型GSのボディサイズは、新世代モデルが登場した上級セダン「ES」より一回りコンパクトになっています。, レクサス新型GSの安全装備には、「Lexus Safety System +」が搭載されています。, システムは、「プリクラッシュセーフティ」「レーンキーピングアシスト」「オートマチックハイビーム」「アダプティブハイビームシステム」の4つの予防安全システムをパッケージ化。, 事故低減効果の高い4つの予防安全機能 (歩行者[昼]検知機能付衝突回避支援、車線逸脱防止 支援、夜間視界支援、車間距離維持走行支援) を組み合わせることで、重大な事故の低減が図られています。, 最終限定モデルとなる「エターナルツーリング」は、各パワートレインの「F SPORT」グレードをベースとし、特別装備を採用することで価格が40万円ほどアップしています。, レクサスGSの最終特別仕様車となる「GSエターナルツーリング」は、2020年4月23日に発表され、発売日は6月1日に設定されました。, ベースモデルもあわせレクサスGSの受注は2020年6月までとなり、8月の生産終了によりラインナップから外れ、レクサスブランドの上級セダンは「ES」に一本化されることになります。, 新型レクサスGSについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!, 当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 アンダーテイク様デモカー2代目アリスト(16型)の車両です。 乗り心地にも変化が齎されます。, ボディ剛性が高まったことは「GS250/200t=300」のご紹介で述べたとおりですが、‘しなやかさ’を手に入れたのは【フロントパフォーマンスダンパー】の採用(2WDのみ)が一役買っているでしょう。, このヤマハ製【フロントパフォーマンスダンパー】は、日本風にいうと、分かりやすいです。, フロントタイヤの両端をつなぐ形で接地されたダンパーは車体の変形エネルギーを吸収し、熱エネルギーとして放出するそうです。, 今も昔も「YAMAHA=ヤマハ」は凄い!の一言です。 2GR-FSE型から、直噴機構「D-4S」とアトキンソンサイクルを採用したV6の2GR-FKS型に変更になり、パワーと低燃費(JC08モードで10.8km/L)を獲得。, 6,400回転で最大318馬力を記録する旧エンジンに対し、6,600回転で達する新エンジンという違いはあるものの、基本パワーに関しては同値。, それだけ吹き上がりがいいのでしょう。 生産中止が決まったレクサスのミドルクラスセダン「GS」の魅力とは? 小川フミオが考えた。, 新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、各自動車メーカーの新車発表計画にも狂いが生じているようだ。そんななか、”だったらもうすこし作り続けてもいいんじゃない”と、言いたくなったのは、レクサス「GS」の生産中止が発表されたときだ。, 【記事を読む】生産中止が決まったレクサスのミドルクラスセダン「GS」の魅力とは? 小川フミオが考えた。, まだまだ現役でいてもよかったのに……と、思うのは、このクルマの全方位的な出来のよさゆえだ。「LS」に対するGSは、メルセデス・ベンツの「Sクラス」に対する「Eクラス」、BMWの「7シリーズ」に対する「5シリーズ」、そしてアウディの「A8」に対する「A6」とおなじ関係。いいクルマが多いカテゴリーだ。大きすぎないボディで、適度に広いサイズが欲しい、ぜいたくなのがいい、走りも楽しみたい……といったユーザーの”わがまま”に応じるために鍛えあげられてきたせいだろう。, 【主要諸元(GS450h“version L”)】全長×全幅×全高:4880×1840×1455mm、ホイールベース2850mm、車両重量1860kg、乗車定員5名、エンジン3456ccV型6気筒ガソリン(295ps/6000rpm、356Nm/4500rpm)+モーター(147kW/275Nm)、トランスミッション電気式無段変速機、駆動方式RWD、タイヤサイズ235/40R19、価格860万2407円(OP含まず)。, それでも、このところ、GSの売り上げが落ちてきていたそうだ。装備が足りないということなのかもしれない。2012年に登場した現行型は、今日の基準をもってすれば、とりわけ最新の安全装備などの面で物足りない、と見られているのだろう。, また、年を追うごとに、世界の市場では、車体の衝突安全基準が厳しくなっている。自動車メーカーはこれに対応するのに四苦八苦していて、モデルチェンジごとに、車体が大きくなっているのは、基準をクリアするためという理由も大きい。, ということではあるけれど、“クルマは楽しくてなんぼ”という好き者には、いまだってGSを勧めたい。生産中止こそ発表されたものの、まだ購入可能だし、記念の限定モデルもあるからだ。, ボディサイズは全長4880mmと余裕があるいっぽう、車重は1.7t未満に抑えられている。最新の衝突安全性能などを盛り込むと、車体はますます大型化するだろう。ちなみに、Eクラスは4930mm、5シリーズは4945mmだから現行GSは若干コンパクトである。, モデル・レンジは大別すると、ガソリンエンジン仕様とハイブリッド仕様にわかれる。ベーシックなラインは「GS300」という2リッター・ターボモデルだ。このエンジン、ごく低回転域から実用的なトルクが出るので扱いやすい。3.5リッターV6も選べるが、GS300でも十分力強い。個人的なオススメはハイブリッドの「GS450h」だ。4.5リッターV8並みの力強い加速が味わえるうえ、低燃費だ。, GSの魅力は、速度域によらず高い操縦安定性を保つ点だ。たとえばクーペの「RC」較べると、ステアリングの切れなどは、やや”おっとり”であると感じられるが、かなりの速度でも安定しているので、クルマへの信頼感が増していく。すばらしい長所だ。, GS450hのパワートレインは3456ccV型6気筒ガソリン(295ps/6000rpm、356Nm/4500rpm)+モーター(147kW/275Nm)。, スタイルも、レクサス車のアイデンティティをよく消化している。スピンドルグリルを含むフロントの立体的な造型によって、スポーティなイメージを強調している。GSの性格を的確に表現している。, 2005年にトヨタ「アリスト」の後継モデルとして日本市場に登場したGSは、日本におけるレクサス・ブランドの皮切りだった。私は、このスポーティセダンのGSこそ、レクサスの向かう方向性を指し示すモデルなんだろうなぁと考えていたのが懐かしい。, メーターはオーソドックスなデザイン。ヘッドアップディスプレイは8万8000円のオプション。, 2020年6月に”一足お先に”というかんじで受注を締め切った、5.0リッターV型8気筒ガソリン・エンジン搭載のスポーツモデル「GS F」も、なくなってしまうとは惜しい。大きなエンジンをぶら下げてはいるが、足まわりの設定もよく、すなおなコーナリングと、加速力と、反応にすぐれたステアリングなど、印象に残る要素がたくさんあるモデルであるからだ。, これからは乗用車の電動化がますます加速し、シャシーも従来のようにICE(内燃機関)中心でなく、大きなモーターやインバーター、あるいは前後モーターを搭載したものがスタンダードになるのではないだろうか。, したがって、GSのようなクルマは希有な存在になりそうだ。ガソリン・エンジンを搭載した後輪駆動のスポーティセダンは、ひょっとしたら、2000万円超のセグメントでしか買えなくなってしまうかもしれない、なんて思ったりする。, しかも、GSはいまどき珍しい自然吸気V6エンジンも選べるのがクルマ好きにとって嬉しい。メルセデスやBMWにはない魅力だ。, リアシートのセンターアームレストには、空調やオーディオなどのコントロール・スウィッチが付いている。, 現行GSのラインナップは下記のようになる。ガソリンエンジン車が、3.5リッターV6の「GS350」(656万278円〜)と2リッター4気筒ターボの「GS300」(588万8056円〜)。ハイブリッドが、3.5リッターV6を使う「GS450h」(757万6759円〜)と、2.5リッター4気筒の「GS300h」(627万8148円〜)だ。GS350のみAWD(全輪駆動)の設定がある。, 選ぶパワープラントによって、テイストがけっこう異なる。乗り較べて自分の好みを見つけるのもまた、豊富なバリエーションを持つGSの楽しみだろう。その楽しみのためには、あとわずかな時間しか残されていないけれど。, ※2014年3月31日以前更新記事内の掲載商品価格は、消費税5%時の税込価格、2014年4月1日更新記事内の掲載商品価格は、消費税抜きの本体価格となります. GS(ジーエス、Lexus GS )は、トヨタ自動車が展開する高級車ブランド「レクサス」が販売した4ドアセダンである。, レクサスのラインアップにおいて最上級車種である「LS」に次ぐ上位に位置する後輪駆動ベースの4ドアセダンである。初代と2代目においては日本国内で「トヨタ・アリスト」の名称で販売されていた。「GS」としての日本市場への投入は通算3代目からである。, 1991年に登場したトヨタ「アリスト(初代)」のレクサスブランド版として、1993年2月22日からトヨタ自動車田原工場にて生産を開始した。アリストにはターボエンジンの設定があったが、一方でGSには3.0L直列6気筒自然吸気エンジンのみの設定で、あくまで車名の由来であるグランドツーリングに主眼を置いたモデルであり、両者で性格や位置付けが異なる。, 1997年にアリストがモデルチェンジした翌年、GSもモデルチェンジした。エンジンは直列6気筒エンジン(2JZ-GE)とV8エンジン(1UZ-FE)の2本立て。アメリカの雑誌『モータトレンド』が選定する1998年のインポートカー・オブ・ザ・イヤーに輝いている。また、同じくアメリカの雑誌『カーアンドドライバー』が選定するテン・ベストカーに、1998年から2000年まで3年連続で選定された。, 2000年マイナーチェンジ。「GS400」に搭載されていた4.0L V8エンジン(1UZ-FE)が、LS(3代目)にも搭載される4.3L(3UZ-FE)に変更され、モデル名も「GS430」へ変更。, 4代目は、今後のレクサスの方向性を象徴するクルマとして、「一目でレクサスとわかる先進かつ洗練されたデザイン」、「エモーショナルな走り」、「ハイブリッドを軸とした先進・環境技術」の3点に重点を置いて開発された[1]。, 「GS」の車名は「Grand touring Sedan」の頭文字より命名[29]。, ボディカラーに「グラファイトブラックガラスフレーク」を選択した場合、ドアミラーはボディカラー同色となる。, レクサス「レクサスGS カタログ」2012年2月発行/LE0611-1202(55ページ), レクサス「レクサスGS カタログ」2012年2月発行/LE0611-1202(15ページ), レクサス「レクサスGS カタログ」2012年2月発行/LE0611-1202(29ページ), レクサス「レクサスGS カタログ」2018年8月発行/LE1310-1808(24ページ/56ページなど), http://www2.toyota.co.jp/jp/news/feature/20120126.html, https://lexus.jp/pressrelease/news/20151125_2.html, https://lexus.jp/pressrelease/news/20160921.html, https://lexus.jp/pressrelease/news/20170831.html, “LEXUS、第44回東京モーターショー2015に、日本初公開の高性能スポーツセダン「GS F」などを出展”, https://lexus.jp/pressrelease/news/20151009.html, http://www2.toyota.co.jp/jp/news/feature/20110413.html, http://www2.toyota.co.jp/jp/news/feature/20110819.html, http://www2.toyota.co.jp/jp/news/feature/20110913.html, “LEXUS、米国SEMAショーに次期GS350のスポーティバージョン“F SPORT”を出展”, http://www2.toyota.co.jp/jp/news/feature/20111026.html, “LEXUS、東京モーターショーに次期「GS」シリーズ、LFA Nürburgring Package を出展”, http://www2.toyota.co.jp/jp/news/feature/20111116.html, http://www2.toyota.co.jp/jp/news/feature/20111121.html, https://lexus.jp/pressrelease/news/20131017.html, https://lexus.jp/pressrelease/news/20140821.html, “LEXUS、LS・GS・IS・CTに、日本開業10周年記念特別仕様車“F SPORT X Line”を設定 -同時に、CT200hを一部改良-”, http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/4662580, “LEXUS、GS、IS、CT、LX、RX、NXに国内累計販売台数50万台達成記念特別仕様車“Black Sequence”を設定”, https://lexus.jp/pressrelease/news/20180823.html, https://global.toyota/jp/newsroom/lexus/32231442.html, https://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/1838529/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=レクサス・GS&oldid=80210797. おまけにツインターボ化! 1991年に登場したトヨタ「アリスト(初代)」のレクサスブランド版として、1993年 2月22日からトヨタ自動車田原工場にて生産を開始した。 アリストにはターボエンジンの設定があったが、一方でgsには3.0l直列6 … JZS161 アリスト GS顔 デモカー 欧米仕様の新レクサスgs。エコカー減税も考慮すると、日本で買うならどのグレードがベスト?気になるスペックや評価を中古車屋目線で見る新車購入術。車好きも唸る!日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員大岡智彦氏による徹底新車ニュース批評。 V36型スカイラインでお馴染みのVR35HR型エンジンを搭載。 少しだけ無理をして買ってしまうのは僕も富裕層も同じなのかも知れません。, ちなみに、この「GS350」、自動車税も年間、58,000円とやや割高な上にハイオク指定でカタログ燃費ですら10.8km/L~。, しかし、走り出してしまえば、2,000ccターボとは違う落ち着きがそこにはあります。, 主に高速巡航時の燃費向上のための多段化と言えましょう。 現行gsのラインナップは下記のようになる。ガソリンエンジン車が、3.5リッターv6の「gs350」(656万278円〜)と2リッター4気筒ターボの「gs300」(588万8056円〜)。 日常域~80km/h 内で、より積極的にシフトチェンジしてくれるわけではありません。, 大きな転機が訪れたのは、2015年11月25日のマイナーチェンジ。 元の16型アリストの画像(参考用), 今回のアンダーテイクデモカー16型アリストの車両 GS350もIS350も試乗しましたが、ギクシャク感は全く同じでした。 ... 一方でこのあたりの対応というか姿勢がレクサスブランドのサービスの差別化にもなると思っていますので、ディーラー・セールスの真摯且つスピーディーな対応に期待したいところです 6速MT化!2代目アリスト(16型)の紹介です。 2018年12月13日にスズキの軽自動車、アルトの一部仕様変更が行われた。緊急自動ブレーキの性能が向上するなど、変更内容は歓迎できるものなのだが、最新のラインナップをよ~く見ると、現行アルトの登場から約4か月後に追加された「ターボRS」がひっそりと姿を消しているではないか!, アルト ターボRSは、2014年発売の現行型に設定されたホットモデル。基準車の登場から約3か月遅れで登場。当初はアルト唯一のスポーツモデルだったが、後にさらにスポーツ性の高い「アルトワークス」が発売されたという経緯がある。なぜ、アルト ターボRSは消滅してしまったのか? スズキ広報部に聞いた。そのほか2018年にひっそりと消えたモデルも合わせて紹介したい。, アルト ターボRS。発売時点ではアルト唯一のターボエンジン搭載モデルで、AGS(MTをベースにクラッチ操作を自動化した2ペダルAT)をスズキの乗用車として初搭載した, 現行アルトは最軽量モデルで車重610kgと超軽量だったこともあり、登場当初からスポーツモデルの追加が期待されていた。, その声に「待ってました!」と呼応するようにスズキは、発売直後の2015年の東京オートサロンにターボエンジンを搭載したスポーツモデル「ターボRS コンセプト」を出展。, その後、市販化が確実となり、組み合わされるトランスミッションが2ペダルのみとなるのは比較的早く明らかとなった。そして、結局5速AGS(オートギアシフト)のみの設定で2015年3月11日に正式発売された。, 市販化されたアルト ターボRSは、今にして思うと“ライトなスポーツモデル”というコンセプトで開発され、ターボエンジンの搭載に加え、ボディ剛性の強化、専用サスペンションやスポーツモデルらしいパッションを感じる内外装を備えていた。なお価格はFF車で129万3840円(ここは重要なポイント)だった。, 当時、大いに期待しながらアルトターボRSに乗ってみると、車重が軽いだけに加速は軽自動車離れしていたが、それ以外はAGSのシフトアップが遅く、ハンドリングもホットハッチなら備えてほしいシャープさに欠けるなど、期待が大き過ぎたこともあり、全体的にスポーツモデルらしさに欠ける期待外れの仕上がりであった。, 2014年12月に発売されたアルトワークス。2018年12月の一部改良では、基準車とともに自動ブレーキを、単眼カメラとレーザーレーダーを用いた「デュアルセンサーブレーキサポート」へ昇格させるなど改良(MT車とバンは除く), アルトターボRSの登場後スズキは前述した声に即座に応え開発したのか、それとも予定通りだったのか定かではないが、2015年12月24日にクルマ好きへのクリスマスプレゼントとばかりに5速AGSに加え、待望の5速MTも設定する「アルトワークス」を追加した。, といった違いを持つ。「今度こそは」と期待してアルトワークスの5速MT車に乗ってみると、動力性能はギア比がクロスレシオとなることもあり、ホットハッチらしいパンチがあり、シフトフィールも良好。, ターボRSから一転、シャープさを得たハンドリングとちょっとコツコツした感じのある乗り心地も軽のホットハッチと考えれば絶妙のバランスだった。, さらに実用燃費も20km/L近く、トドメに価格はターボRSとそう変わらない150万9840円と激安で、振り返ると筆者も何度も「買ってもいいかな」と思ったほどだった。, ひっそりと消えてしまったアルト ターボRS。ワークスとの棲み分けが上手くいかなかったことも消滅の遠因?, では、なぜアルト ターボRSはなくなってしまったのか? 消滅した理由をスズキ広報部に聞いてみたところ、, 「アルトのラインナップにおいて、ターボRSは実用的なライトスポーツモデル、ワークスはオーソドックスなスポーツモデルという棲み分けをしていましたが、今回の一部仕様変更で行ったグレード体系の見直しで総合的に判断し、残念ではありますが絶版となりました」という、ちょっと煮え切られない回答であった。, ワークスがある以上、趣味性が強く需要が多いわけではないスポーツモデルのアルトを買う際に「ターボRSとワークスのどちらにするか」となったら、ワークスを選ぶ人がほとんどと考えると、需要が減ったターボRSの消滅はやむなしか。消滅した率直な理由もそんなところだろう。, ただ、アルトターボRSは、中古車検索サイトを見ると現在数は10台程度と少ないながら、登録済未使用車が110万円程度から流通しているので、安全装備を妥協できるなら「普通のアルトの上級グレードを買うつもりで」という買い方ならアリだと思う。, 2013年に発売された6代目(写真)が最後となったクラウンマジェスタは、新型クラウンの登場とともに廃止, 全長4385mmと同4900mmの5ドア「ロング」より大幅にコンパクトなパジェロショート。日本では消滅したが海外向けは生産が継続されている, 2018年にアルト ターボRS同様ひっそりと消えたモデル(グレード・バリエーション)を振り返ると以下のとおり。車種そのものは現存しつつも消滅したバリエーションは意外に多い。, 1991年の登場以来、クラウンの上級モデルとしてV8エンジン搭載車から、3.5L・V6ハイブリッド搭載車へと姿を変えたマジェスタ。クラウンが2018年のフルモデルチェンジで大変革したこともあり、ひっそりと消滅。今後マジェスタのポジションは現行クラウンの3.5ハイブリッド“Gエグゼクティブ”(718万7400円)が引き継ぐと思われる。, 車いす対応車では遅れていたホンダが「使いやすい車いす仕様車を作りたい。でもトータルで売れなければ赤字となり撤退を余儀なくされ、最終的にお客様を裏切ることになるから、ベース車は車中泊などに使ってもらえるクルマとして数を稼いで存続させる」というコンセプトで開発されたN-BOX+は2018年3月に消滅。, しかし、車いす仕様は、電動ウインチを装備するなどさらに改良されたN-BOXの車いす仕様車が、車中泊ユースやバイクのトランスポーターはN-VANが、しっかり引き継いでおり、今頃N-BOX+はどこかで喜んでいるに違いない。, 2018年2月に日本向けは消滅したパジェロの3ドアは、価格が安い上にスペシャリティカーのようなファッショナブルな魅力もあっただけに、ぜひ復活を期待したい。, 「ATは怖いからMTしか乗れない」という主に高齢者向けにラインナップされていたミラ&ミラバンは2018年3月で消滅。, 実用軽自動車のMTは安全のためにも必要な存在でスズキはアルトとワゴンRにMTを残しており、ダイハツもミライースとムーブあたりにMTを1グレードでいいから設定するべきだ。, 高速道路SA・PAのEV用急速充電器はなぜ増えない? 背に腹はかえられない切ない事情, ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤….