© 2020 sora base All rights reserved. Copyright© ぱーくん plus idea , DaVinci ResolveでAVCHD動画の編集をトライしてみましたが・・・ 2019年1月22日 2019年12月16日 グラフィックボードを導入してPCでの動画編集が現実的になったので、以前ビデオカメラで撮ったビデオの編集をやってみました。, 筆者の持っているビデオカメラは、新しいものでも10年くらい前のSONYのHDR-XR500VというHandycamで、フルHDの1920×1080/60iのAVCHD動画が撮れ、120GBハードディスクが内蔵されているモデルです。, 携帯性が悪いので、今となってはイベントなどで三脚立てて撮る時くらいしか使わなくなりました。また筆者のPCではAVCHDのデータは重くて扱えなかったので、撮ったビデオはDVDに焼いたりする程度で、ほぼ無管理状態になっています。, 当時は高画質への意識が薄かったので、解像度も1440×1080/60iのHQというモードで撮っていました。これでも地デジと同じなので、テレビで見る限りは十分キレイでした。, 今回、ほったらかし状態だった過去のAVCHD動画をPCで見てみたところ、再生には全く問題なくきれいに見ることができました。, そこでこのAVCHDデータをDaVinci Resolveで読み込んでみたのですが、残念ながらインターレースが解除できず、しましまノイズの目立つ酷い動画になってしまいました。, DaVinci Resolveというソフト自体はインターレースに対応しているのですが、インターレース解除機能は有償のDaVinci Resolve Studioに制限されているのですね。, 無償版でインターレース解除を使うと、画面全体にDaVinci Resolve Studioのロゴが表示されてしまい、動作確認はできますが、実用にはなりません。, DaVinci Resolveは無償版でほとんどの機能が使えるので、筆者に有償版は必要ないと思っていたのですが、思わぬところで有償版の必要性を認識しました。, もちろん、インターレースが解除できるソフトはフリーでも色々あるので、一旦変換してから編集すればいいのですが、手間と時間が掛かるため面倒です。, ただ、現状ではインターレースの動画を扱うことはあまりなさそうなので、3万円ちょっとのDaVinci Resolve Studioを購入するほどの理由にはならないかな・・・, ちなみに今回扱ったデータは1440×1080の解像度で16:9のアスペクト比の映像だったので、DaVinci Resolveで扱うときはクリップ属性のピクセルアスペクト比を「Square」から「DVCPRO HD」に変更してやる必要があります。, 長年、社内システムやIT内部監査の仕事に携わり、退職後もパソコンやデジタル・ガジェットいじりとプログラミング、そしてものを書くことが大好きな、自称デジタルシニアです。このサイトの他にもサイト(sora's blog、シニアのお金)を運営していますので、良かったらお立ち寄り下さい。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. DaVinci Resolveを使っていて、再生するとカクついてしまう、思うようにパフォーマンスが出ない、ということがあります。マシンの買い替えを検討する前に、いくつか試してほしいことがあります。 うまくいけば、これが. DaVinci Resolveを使っていて、再生するとカクついてしまう、思うようにパフォーマンスが出ない、ということがあります。マシンの買い替えを検討する前に、いくつか試してほしいことがあります。, 高いお金を払って新しいマシンを買うよりも、今持っているマシンでちゃんとパフォーマンスが出た方が嬉しいですよね。, 使用しているGPU(グラフィック)のドライバは最新でしょうか。最新ではない場合にはアップデートしてみてください。, 環境設定の再生設定をご覧ください。上部の2項目にチェックが入っているか、パフォーマンスモードが「自動」になっているかをご確認ください。, プルダウンメニューの再生→パフォーマンスモードの項目にチェックが入っているかもチェックしてください。, プロジェクト設定のマスター設定でタイムライン解像度をチェックしてください。ここの解像度を下げることでパフォーマンスが上がる場合があります。, ここの解像度を下げても、あくまで作業中の解像度が下がるだけで、デリバーページでの最終的なレンダリングの際にはちゃんとオリジナルの解像度からレンダリングされます。ダウンコン→アップコンという変換による品質の劣化は生じませんのでご安心ください。, プルダウンメニューの再生→プロキシモードという項目で、Half ResolutionやQuarter Resolutionを選択すると、タイムライン解像度がさらに1/4の解像度に落とされます。あくまで作業中の解像度なので、最終的な書き出しには影響しませんのでご安心ください。, プロジェクト設定でイメージスケーリングの項目を開いてください。上部のサイズ変更フィルタを「シャープ」から「スムース」にしてみてください。, RAWを使っている場合にはデコード品質を下げてみましょう。編集だけなら最高画質でデコードする必要はないので、編集だけ1/4解像度、カラーやFusionではフル解像度というのもありです。, オリジナルファイルの代わりとなる最適化メディアを作成するのも一つの方法です。DaVinci Resolveで4KやRAWをサクサク編集 〜最適化メディアによるワークフロー〜という記事をご参照ください。, 最適化メディアの場合、ソースファイルを別ファイルにレンダリングすることになりますが、キャッシュの場合には、エフェクトをつけた結果をレンダリングすることになります。最初から再生が重い状況というよりは、トランジションをかけたら重くなったとか、ノイズリダクションを適用したら重くなったなと感じた場合にオススメです。選択肢は2通りあります。「スマート」ならRAWファイル、トランジション、Fusionコンポジション、ノイズリダクションなど、DaVinci Resolveがレンダリングを必要と考えた箇所を自動的にレンダリングします。「ユーザー」なら自分で指定したクリップをレンダリングできます。とりあえず選ぶとしたら「スマート」がオススメです。, 「ユーザー」の場合、自分で以下の画像のように指定しないとレンダリングはされません。, いずれの場合にも、レンダリングされていない箇所は赤、レンダリングが完了した箇所は青で表示されます。, GPUをたくさん挿しているのに思ったより機能が発揮できないといことはありませんか? その場合にはプロジェクト設定のコンフィギュレーションにて、GPUの構成を確認してみてください。むやみにいろんなGPUを載っけてもパフォーマンスの向上は期待できません。あなたは大丈夫? 〜DaVinci Resolveのマシン環境をめぐるよくある勘違い12選〜という記事を参考にしてみてください。, 少しでもパフォーマンスの改善に役立てば嬉しいです。どうやってもだめなら新しいマシンを購入するしかないかもれません。おすすめはマウスコンピューターさんの推奨PCです。. Notify me of follow-up comments by email. マウスコンピューターから発売されているノートパソコン「DAIV... 『細雪』の舞台・谷崎潤一郎旧邸「倚松庵」を見学しよう!夏には納涼夕涼みでライトアップ, 音声ノイズを除去してくれるNVIDIA RTX Voiceが便利でおすすめ!設定方法や使い方を解説, DaVinci Resolveで適切にキャッシュファイルを設定して快適に編集しよう, DaVinci Resolveで動画を高速で書き出す方法とグラフィックスのおすすめ, カメラ・家電の保証書と説明書をファイルにまとめて整理!キングジムのスキットマンが便利でおすすめ, DaVinci Resolveの使い方を勉強するのに便利なサイトや書籍・チュートリアル動画まとめ, マシンスペックが足りないと悩む前にDaVinci Resolveの再生パフォーマンスを上げるために試してみたい10のこと | Vook(ヴック), マウスコンピューターDAIVとコラボモデルを発売!わたしの理想のパソコンを作ってもらいました, DAIVデスクトップパソコンレビュー!マウスのクリエイターPCの特徴とラインナップ, 地元神戸っ子のおすすめチーズケーキまとめ!この絶品神戸スイーツを知らなければ人生損してるかも, 神戸のおすすめフォトスポット!カメラを持って出かけたい観光・レジャースポットまとめ. Thankfully there are some clever tools built in to make sure you can still get the job done when Resolve starts to slow down. 2020 All Rights Reserved. 動画編集をはじめる前に最初に決めておかなくてはいけないのが編集する動画の規格を決めることです。 基本的には編集する動画素材の規格にあわせるのが一般的です。 例えば 1920×1080 30p 1080/60p 3840×2160 24p 2160/30p などが動画の規格を表す値です。 (※2020/1/15 追記:Intel 環境でも症状が出ているようです。AMD 環境のせいとは限らない、という前提でお読みください。コメントありがとうございました。) 先日、AMD の第3世代 Ryzen「Ryzen 7 3700X」で PC パーツを刷新しました。 こうなります。 タイムライン解像度がフルHDのタイムラインでレンダーキャッシュを取った後にタイムライン解像度を下げるとレンダーキャッシュの再生成が始まります。これは解像度に応じたレンダーキャッシュを生成しているということなのでしょうか? 副業で『資産サイトを作る方法』と『情報発信で稼ぐ仕組みを作る方法』についてお伝えしています。, 無料ソフトなのにプロ並みの動画編集ができるということで、Davinci Resolveを使っている人も多いと思います。, 私もそのひとりですが、通常の編集の時にはあまり気にならないものの、凝ったトランジションを使ったりusionなどの合成を行ったりすると、動きがモサっとして、プレビューが確認しづらくなったりすることがあります。, 基本的には、スペックの良いパソコンを使えばいいのでしょうが、なかなかそうもいかないですよね。, そこで今回は、比較的スペックの低いパソコンでも、なるべく快適に使えるように設定を工夫した点を共有します。, 「カット」ページや「エディット」ページなど、タイムラインの編集や字幕(キャプション)の挿入を行う場合は、4KやRAWなどのオリジナルのメディアを使用すると、重たくてプレビューが見れないなどの問題があることがあります。, そのため、メディアを右クリックして「最適化メディアを生成」を選択すると、編集用に、軽いメディアを生成することができます。編集にはそれを使用し、カラーグレーディングやフュージョン、書き出し時などにはオリジナルのメディアを使うとサクサク動きやすいです。, 「Fairlight」ページも音の編集なので、最適化メディアを使っても問題ないですね。, 「最適化メディアを生成」で生成まで行った後は、タブごとに、編集時にその最適化メディアを使用するかどうかを指定します。, メニューの「再生」で「最適化メディアがある場合は使用」にチェックがあれば、「最適化メディア」が存在すればそれが使用されます。, 書き出しのための「レンダー設定」の「詳細設定」の部分の「最適化メディアを使用」にチェックがあるかで決まります。, どれくらい軽い最適化メディアを生成するかは、「プロジェクト設定」⇒「最適化メディアの解像度」で指定します。1/4や1/8などを選ぶと、オリジナルよりかなり軽いメディアファイルを生成します。, 生成される場所は、「作業フォルダー」⇒「キャッシュファイルの場所」になるので、ディスクを圧迫する場合は、ここのファイルを削除すると良いです。, 最適化メディアの生成では、作業する元のファイルを軽いものにして、負荷を減らすことができましたが、さらにプロキシを使用することで、特に字幕やトランジションなどの描画処理をスムーズに行うことができるようになります。, 字幕用のテキストを動かしたり、画面間の移り変わりのエフェクトを描画するには、当然のことながらマシンスペックが要求されるのですが、再生映像を粗くすることで、描画の負荷を減らすことができます。, これは、比較的重いエフェクトの処理を、演算してファイルに書き出してキャッシュします。, リアルタイムで再生するのではなく、結果をいったん出力するので、プレビュー時には、それを再生するだけなので、スムーズに動くというわけですね。, その原理から、プロキシとは併用できませんが、重いエフェクトでカクカクする時は試しても良いです。, なお、各種設定やレンダーキャッシュの使い方について、動画でもステップ・バイ・ステップで解説しているので、細かいところは、ぜひ見てみてください。, 特に、ノートパソコンなど、あまりグラフィックボードを積んでいないPCの場合、メモリが足りなくなるなどしてアプリがクラッシュし、ブルククリーンになって再起動を余儀なくされることがあります。, メニューの「Davinci Resolve」⇒「環境設定」を開くと、以下のようなダイアログが開きます。, Fusionのメモリー使用を少し小さくするのと、デフォルトで「自動」となっているGPU処理モードを「OpenCL」に変更しました。, どの値で症状が改善するかはお使いのPCによって異なりますので、いくつかのパターンで試してみることをお勧めします。, 【Davinci Resolve】テキストや画像を自由に動かす(フレームイン/アウト), 【Davinci Resolve】モザイクをかける2つの方法(固定領域と追尾する複数領域). 無料ソフトなのにプロ並みの動画編集ができるということで、Davinci Resolveを使っている人も多いと思います。 私もそのひとりですが、通常の編集の時にはあまり気にならないものの、凝ったトランジションを使ったりusionなどの合成を行ったりすると、動きがモサっとして、プレビューが … こうなります。 (※2020/1/15 追記:Intel 環境でも症状が出ているようです。AMD 環境のせいとは限らない、という前提でお読みください。コメントありがとうございました。) 先日、AMD の第3世代 Ryzen「Ryzen 7 3700X」で PC パーツを刷新しました。 → マシンスペックが足りないと悩む前にDaVinci Resolveの再生パフォーマンスを上げるために試してみたい10のこと | Vook(ヴック), 「神戸ファインダー」は豊富な写真と動画で神戸の魅力を発信するブログ型情報ウェブサイトです。サイト運営者Akiが気になるカメラや関連機材についても国内外から情報を集め記事にしています。, 記事を気に入っていただけましたらSNSでシェアをよろしくお願いします。 はい、それはおっしゃるとおりです。レンダーキャッシュはタイムライン解像度で作成されます。, 申し訳ありません、記事に不備がありますね。「個別のクリップ」ならオリジナルの解像度でそのまま書き出せるんですが、「単一のクリップ」だと一度タイムライン解像度になってからそのあとデリバー解像度で書き出されるので、品質的に影響が出ることは否めないです──実際に目で見てわかるレベルかは別にして。だから書き出しの際にはタイムライン解像度を上げてから書き出していただけると心配が少なくなるのではないかと思います。, DaVinci Resolveで4KやRAWをサクサク編集 〜最適化メディアによるワークフロー〜, あなたは大丈夫? 〜DaVinci Resolveのマシン環境をめぐるよくある勘違い12選〜, クライアントからの無茶ぶり回避!円満に納品を迎えるための(秘)制作術〜緊急対応 怒りのデス・ロード〜, どうやってチームを作ったのか?クリエイターがチーム創りを考える【ビデオグラファーズトーク】Shuntaro篇. ... 愛用しているブラックマジックデザイン(BlackmagicDesign)のポケットシネマカメラ4K(通称ポケシネ4K・BMPCC4K)がアップデートでより使いやすくなりました。アップデートの内容やアップデート方法を紹介します。. 動画編集ソフト「DaVinci Resolve」(ダヴィンチ リゾルブ)を快適に使用するためにおすすめのキャッシュの設定をお伝えします。またストレージを圧迫しないようにキャッシュを削除する方法もメモしておきます。 さらにAmazonチャージを初めて利用すると1000ポイントもらえるキャンペーンが実施中!, 神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます!管理人のAkiはカメラが大好きな神戸っ子です。, 自分で撮影した写真や動画とともに神戸の魅力を発信しています。神戸のレジャー・観光・グルメ情報のほか、私が愛用しているカメラに関する情報もたくさん掲載しています。, A- 予算の範囲で一番高いカメラを買ってください。良いものは長く使えます。メーカーはどこでもかまいません。キヤノンの魅力については次の記事をご覧ください。, 70万円と4万円のカメラの違いは?キヤノンの全一眼レフカメラのスペックを比較・解説!, A- カメラで最も重要な機材はレンズです。キヤノン一眼レフカメラ用でコスパの良いレンズを次の記事で紹介しています。, キヤノン人気レンズTOP10【KissX7や80DなどCanonのAPS-C一眼レフカメラにおすすめ】, A- Amazonなどネット通販を活用すると安く買えます。お得な買い物方法については次の記事をご覧ください。, カメラを買うならどこがおすすめ?カメラ屋さんやネット通販で賢くお得に買い物する方法, お買い得なカメラ・レンズのセール情報まとめ【随時更新】期間限定キャッシュバックキャンペーンなど, 手持ちの要らない機材を売却してお金を工面するのも賢い方法です。お得な売却方法については次の記事をご覧ください。. DaVinci ResolveでAVCHD動画の編集をトライしてみましたが・・・ 2019年1月22日 2019年12月16日 【Davinci Resolveでスローモーション】動画の速さを調整する方法とキレイに見せるコツ, 【Davinci Resolve】作成したFusion(吹き出し)をテンプレート保存して、適用する手順, 【Davinci Resolve】プレビュー用のビューアでの拡大・縮小や移動を行う方法, 【Davinci Resolve】効果音を管理するサウンドライブラリの使い方やメンテ(再構築)方法. ダビンチリゾルブ/Davinci Resolve関連の記事はこちら 【初心者必見】 Fusionタイトル テンプレート集 3D title 編【DaVinci Resolve 16】 サンプル動画 【2020年版】DaVinci Resolveが重い&落ちるときに試したいこと11選 改訂版 Facebook、Twitter、YouTube、Instagramなどでも情報発信していますのでフォローよろしくお願いいたします。シェアとフォローは下のボタンからご利用いただけます。, つまりクレジットカードではなく現金で支払いをするだけでポイントが多くもらえる仕組みです。ギフト券という名前ですがもちろん自分の買い物に使うことができます。, さらにAmazonチャージを初めて利用すると1000ポイントもらえるキャンペーンが実施中!チャージを利用するだけで1000円分のポイントがつくのはとても嬉しいですね。もしまだギフト券を使ったことがない人はこれだけでももらっておきましょう。, Amazonでお買い物をするときはギフト券を利用すると最大2.5%のポイントがもらえてお得です! Save my name, email, and website in this browser for the next time I comment. どうも、やまみずです。 Davinci Resolveをしばらく使ってみましたが、グラボの性能がかなりポイントになります。 編集内容にもよりますが、グラボの性能が非力だと使い物にならないかも。 次亜塩素酸水生成パウダー(ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム)から安全に除菌水を作成!その作り方と濃度. Adobe Premiere Proの手ブレ補正機能ワープスタビライザーを使ってみる, SJCAM SJ8 Proを買ってみた!4K 60fps対応アクションカメラの実力は?, Adobe Creative Cloudをデジハリのプランに乗り換えたら解約料もかからず安くてお得だった, MSI GeForce GTX 1660 SUPER VENTUS XS OC グラフィックスボード VD7111, 玄人志向 NVIDIA GeForce GTX 1660Super 搭載 グラフィックボード 6GB デュアルファン GALAKURO GAMINGシリーズ GG-GTX1660SP-E6GB/DF, 複雑な編集をしなければ、GeForce GTX 1660 SUPERでも4K30pを編集できる. DaVinci Resolveを使っていて、再生するとカクついてしまう、思うようにパフォーマンスが出ない、ということがあります。マシンの買い替えを検討する前に、いくつか試してほしいことがあります。 うまくいけば、これが. Davinci Resolveのグラボ選び!4K動画を編集できるのはどれ? 2020年9月8日. 動画編集ソフト「DaVinci Resolve」(ダヴィンチ リゾルブ)を快適に使用するためにおすすめのキャッシュの設定をお伝えします。またストレージを圧迫しないようにキャッシュを削除する方法もメモしておきます。, 神戸ファインダーをご覧いただきありがとうございます。日頃DaVinci Resolveで動画編集しているAki(@Aki_for_fun)です。より快適に動画編集ソフトをつかうための「キャッシュ」の設定についてお伝えします。, キャッシュとは一時的なデータ保存のことです。DaVinci Resolveでは編集の際にキャッシュファイルをつくることで、動画の編集作業をよりスムーズに行えるようにできます。, 例えば動画にテキストを追加したり、クリップの切れ目にトランジションを入れたりすると、その部分は再生が重たくなりがちです。しかし、キャッシュファイルをつくることでその再生がスムーズに行われるようになります。カクカクしないので、自分の加えた編集がどのようになっているかを適切に確認出来て作業が捗ります。, 上のメニューから「再生」→「レンダーキャッシュ」と進み、「スマート」にチェックマークを入れます。, これであとはソフトが必要に応じてキャッシュファイルを作成してくれます。編集の際にパソコンが重たくなって困っている人はぜひ試してみてください。編集の快適さは様々な要因が影響しますが、キャッシュの作成である程度は改善してくれるはずです。, あとは同じ「再生」の項目から「最適化メディアがある場合は使用」にチェックを入れたり、「プロキシモード」を有効にすることでも処理が軽くなります。プロキシモードは編集で見ているメディアを簡易的なファイルに置きかえることで処理を軽くします。解像度が半分や4分の1に落ちますがカット編集程度であればあまり気にならないと思います。, キャッシュファイルは編集の際は役立つのですが、編集が終わったあとは特に意味のないファイルです。DaVinci Resolveの場合、PCのドライブのなかにキャッシュファイルがどんどんとたまり続けることになるので適当なタイミングでキャッシュを削除しましょう。, 削除方法は簡単で、主にふたつの方法があります。ひとつは先ほどと同様に上のメニューから「再生」を選択、そこに「レンダーキャッシュを削除」とあるのでここから任意のものを選びましょう。, もうひとつの方法は、キャッシュフォルダが保存されている場所を確認してエクスプローラー(MacならFinder)でキャッシュファイルを直接削除する方法です。, 上のメニューバーから「ファイル」→「プロジェクトの設定」へと進む(あるいはウインドウ右下の歯車マークを選択する)と、キャッシュファイルの保存場所を確認できます。, キャッシュファイルの保存されるフォルダを特定できれば、あとは普通のファイルと同様に削除することができる, ちなみに同じDaVinci ResolveでもFusion(フュージョン)での編集であれば、キャッシュはパソコンのシステムメモリやグラフィックスカードのビデオメモリなどの一時的な記憶装置に残ります。なのでFusionのキャッシュがいつまでも保存されることはありません。, 一方でカットやエディットページで作られるキャッシュは先ほど説明したようにドライブの中にフォルダをつくってたまっていきます。なのでたまに削除してやらないとストレージを圧迫してしまいます。時折キャッシュがたまりすぎてないか確認しましょう。, また逆に言うとストレージにキャッシュがたまる仕様なので、DaVinci Resolveの編集のためにメモリはあまり必要ありません。16GB程度あれば十分です。, ただし、DaVinci ResolveでもFusionの作業ではメモリに大きく依存します。もしFusionをつかって合成やCGを作りこむ場合はパソコンに32GB以上のメモリを搭載しておくことをおすすめします。, 以上DaVinci Resolveのキャッシュに関する話でした。快適に編集作業ができますように。, ブラックマジックデザイン公式のこちらの記事も参考になるかもしれません。