テレビ音声でBose®システムを再生するには、別途オーディオ接続が必要です。 「オーディオとビデオを接続する」を参照してください。 HDMIケーブルの一方の端をテレビのHDMIコネクターに差し込 … このサイトの使用を継続することにより、ターゲット広告の送信、SNS、データ分析、および当社サイトの利用履歴の分析などに当社がクッキーやその他のオンラインテクノロジーを使用することに同意したこととなります。当社が使用するクッキーの種類やクッキーの設定を変更する方法などの詳細についてはここをクリックしてください。, インテリアに溶け込むスタイリッシュなサウンドバー。優れた音響性能を実現する、ボーズ独自開発のドライバーを搭載。BOSE SOUNDBAR 500は驚くほどスリムなデザイン。テレビの下にすっきり収まる薄さで、再生するまでその存在に気づかないほどです。GoogleアシスタントとAmazon Alexa搭載で、音声操作が可能。, Bose Soundbar 500の細部までのこだわりが、あなたの生活を大きく変えるはずです。ボーズ史上最もスリムなボディから驚きのパワフルサウンドを再生。臨場感あふれるボーズサウンドが、部屋中を包み込みます。, ボーズのADAPTiQ自動音場補正により、部屋の特性に合わせてサウンドを最適化し、驚きの音響体験を実現します。, スピーカーの状態をライトバーに表示。音声認識中、処理中、応答中などの状態を、ライトバーに表示します。, サウンドバーの前後に配置されたカスタムデザインのマイクで、ユーザーの声を確実に認識。大音量で音楽を再生していても、あなたの声は聞き逃しません。, カスタムデザインのトランスデューサーを搭載。スリムなデザインで、クリアなサウンドを出力します。, 埋め込みポートに耐久性のあるスクリーンを採用。小さな開口部で迫力のサウンドを実現しながら、ノイズを軽減。スリムなデザインでノイズのない重低音を実現します。, テレビを見たいけど、他の人の邪魔をしたくないあなたに。Bose SimpleSync™テクノロジーにより、Bose Noise Cancelling Headphones 700とBose Soundbar 500/700をグループ化して、自分だけのリスニング体験が可能に。ヘッドホンで迫力のサウンドを聞きながら、サウンドバーの音量を小さくしたり、ミュートにしたり。独立した音量コントロールができるようになりました。, Bose Soundbar 500は、GoogleアシスタントとAmazon Alexa搭載。話しかけるだけで、音楽配信サービスにアクセスしたり、ニュースや天気予報なども確認できます*。しかし、音声アシスタントがどんなに優れていても、音声を認識できなければ台無しです。Bose Soundbar 500はマイク8つの独自アレイ構造。大音量で音楽を聴いていても、あなたの声を正しく認識します。また、音声認識中、処理中、応答中には、状態をライトバーに表示。ソフトウェアのアップデートで最新機能に対応。, *音声サービス(Amazon Alexa、Googleアシスタント)の対応状況や機能は、国・地域および言語によって異なり、ご利用いただけない場合があります。, 音楽をもっと楽しんでいただける機能も多数搭載。Wi-Fi、Bluetooth、Apple AirPlay 2対応なので、好きなコンテンツを、好きな方法で、ワイヤレスストリーミングできます。Spotify®、Amazon Music、Apple Musicなど、お気に入りの音楽配信サービスを検索できます。また、スマートフォンやタブレットからお気に入りの音楽を再生することもできます。お使いの機器に曲を保存していれば、Bose Soundbar 500で聴くことができます。, 無料のBose Musicアプリを使えば、検索が簡単にできたり、ラジオ局、プレイリストから音楽配信サービスへのシームレスな切り替えも可能。BOSE SOUNDBAR 500の操作も簡単。アプリからプリセットを設定して、お気に入りの曲にワンタッチでアクセス。説明に従って進むだけ、セットアップもシンプルで、様々な設定をカスタマイズできます。, Bose Soundbar 500だけでも、驚きの体験を感じていただけますが、さらに優れたリスニング体験を楽しむには、Bose Bass Module 500を追加して迫力の重低音を。さらにBose Surround Speakersを追加すれば、フルサラウンドを体感できます。, 迫力の重低音も本格サラウンドサウンドも楽しむベースモジュールとリアサラウンドスピーカーを追加, Bose Soundbar 500は、ボーズの新しいスマートスピーカー/サウンドバーシリーズの一つです。また音声アシスタント搭載で、話しかけるだけで数百万の曲にアクセス。Bose Musicアプリ一つで、全てをコントロール。お好きな部屋で、音楽、映画、テレビを臨場感あふれるサウンドで楽しめます。, 新しいサウンドバーを気に入っていただけましたか?あなたの体験を教えてください。#BoseSmartと@Boseを付けてInstagramに投稿、あなたの写真をシェアしましょう。, 付属のHDMIケーブルを使ってBOSE SOUNDBAR 500をテレビに接続するのが最もシンプルな方法です。テレビにHDMI-ARC端子またはHDMI-eARC端子があれば、そちらをお使いください。テレビにHDMI接続がない場合は、光デジタルケーブルを使ってBOSE SOUNDBAR 500とテレビを接続してください。, はい。Bose Soundbar Wall Bracket(オプション)を使ってサウンドバーを壁に取り付けることができます。, ADAPTiQはセットアップ手順の一環として、Bose Musicアプリを使って実行します。Bose Musicアプリをダウンロードし、セットアップ手順を開始すると、ADAPTiQを実行するようにメッセージが表示されます。最初のセットアップ手順でADAPTiQをスキップしたり、ADAPTiQを完了した後に部屋のレイアウトを大きく変えた場合は、アプリを開いて、再度ADAPTiQを実行します。ADAPTiQを起動し、アプリのメッセージに従います。, リモコンのBluetoothボタンを数秒間長押しします。モバイル機器がペアリングモードになっていることを確認し、一覧からBOSE SOUNDBAR 500を選択します。Bose Musicアプリを使ってモバイル機器とサウンドバーをペアリングすることもできます。, BOSE SOUNDBAR 500には、赤外線方式のベーシックリモコンが付属します。サウンドバーに向けてリモコンをお使いください。, 外部機器を操作するには次の2つの方法があります: HDMI-CECとIR (赤外線) です。サウンドバーでは、HDMI-CECを使って、接続機器(テレビ、Blu-ray Disc™プレーヤー、ゲーム機)の操作に対応します。その場合、事前にリモコンの設定をしなくても、サウンドバーのリモコンを使ってCEC対応機器の電源を入れるなど、主要な操作が行えます。また、ボタンを1つ押すだけで複数の機器が電源連動したり、テレビの入力切替がされたりします。ただし、機器がHDMI-CECコマンドに対応していない場合もあります。特に、ケーブルテレビや衛星放送受信機器は、HDMIコマンドに対応していないことがあります。なお、Bose Soundbar Universal Remote(BOSE SOUNDBAR 500のオプションアクセサリー)を設定すれば、HDMIコマンド非対応の機器も操作できます。, BOSE SOUNDBAR 500は、室内の反響を利用して拡がりのあるホームシアター体験を実現します。音響性能を最大限に発揮するには、左右の壁から等距離で、テレビすぐ前の中央にサウンドバーを配置してください。サウンドバーの前に物を置いたり、サウンドバーをキャビネット内に設置しないでください。音の拡がり感が制限される可能性があります。また、BOSE SOUNDBAR 500の側面に物を置かないでください。側面にはトランスデューサーが配置されています。, いいえ。ソースはすべてテレビに接続し、テレビとサウンドバーは1本のケーブル(HDMIまたは光デジタルケーブル)で接続してください。, はい。BOSE SOUNDBAR 500では、Bose Musicアプリやリモコンからプリセット再生できます。, Bose Soundbar 500はAmazon MusicやSpotifyなどの音楽配信サービスの音楽をWi-Fi経由で直接再生できます。Bose Soundbar 500は音声アシスタント搭載。Spotify、TuneIn、Amazon Musicなどを音声で操作できます。Apple AirPlay 2に対応し、Apple Musicにアクセスできます。Apple Music以外のサービスについては、Bluetoothを使ってサービスが利用可能な機器に接続してアクセスします。様々な音楽配信サービスおよび音声サービスに対応します。, 音声アシスタントは常に進化しているため、できることをすべて挙げることはできません。GoogleアシスタントとAmazon Alexa搭載のボーズスマート製品は、音楽の再生、スマートホームデバイスの操作、タイマーやアラームの設定、一般的な質問など、音声アシスタントの機能を幅広くサポートします。, 次の機能は、現在はサポートされていませんが、ソフトウェアの自動更新により将来的に利用可能になる予定です。Chromecastへの対応。ただし、GoogleアシスタントによるChromecast対応テレビの音声操作はサポートされています。, はい。BOSE SOUNDBAR 500、BOSE SOUNDBAR 700、BOSE BASS MODULE 500、BOSE BASS MODULE 700は、自由に組み合わせることができます(例: BOSE SOUNDBAR 700とBOSE BASS MODULE 500を組み合わせたり、BOSE SOUNDBAR 500とBOSE BASS MODULE 700を組み合わせたりできます)。なお、BOSE SOUNDBAR 500とBOSE SOUNDBAR 700のデザインや素材は、同じクラスの製品(BOSE SOUNDBAR 500とBOSE BASS MODULE 500)を組み合せることを想定しています。そのため、BOSE SOUNDBAR 500とBOSE BASS MODULE 500を組み合わせた方が、見た目の統一感がでます。, 80 cm (W) x 4.44 cm (H) x 10.16 cm (D) (3.18 kg), 当社が使用するクッキーの種類やクッキーの設定を変更する方法などの詳細についてはここをクリックしてください, Bose Soundbar 500の細部までのこだわりが、あなたの生活を大きく変えるはずです. このサイトの使用を継続することにより、ターゲット広告の送信、SNS、データ分析、および当社サイトの利用履歴の分析などに当社がクッキーやその他のオンラインテクノロジーを使用することに同意したこととなります。当社が使用するクッキーの種類やクッキーの設定を変更する方法などの詳細についてはここをクリックしてください。, アナログステレオ音声 : 最も多くの機器で使用可能な音声接続。左右のチャンネルを別々に接続します。, 光デジタル音声(推奨): 光ファイバーケーブルを経由してデジタルデータを光パルスとして伝送するデジタル音声接続。, 同軸デジタル音声(推奨): 75Ωの同軸ケーブル経由でデジタルデータを伝送するデジタル音声接続。, すでにオーディオ/ビデオ機器(CATV/BS/CSセットトップボックスやDVDプレーヤーなど)がテレビに接続されている場合は、それらを外さないでください。これらの機器のいずれかから5.1チャンネル音声信号を受信している場合は、その接続機器からの音声出力をテレビとCineMate® 1 SR system speaker arrayに接続する必要があります。, CineMate 1 SR digital home theater speaker systemは、テレビの内蔵スピーカーの代わりに使用するものです。テレビの内蔵スピーカーを無効にするには、テレビからの音声出力をCineMate systemの「TV Input」(テレビ入力)に接続します。テレビのほかに最大2台までのオーディオ/ビデオ機器をCineMate systemの補助入力(AUX)に直接つなぐことができ、これらの機器も最高の音質でお楽しみいただけます。, CATV/BS/CSセットトップボックスやDVDプレーヤーなどのすべての接続機器から映像と音声の両方がテレビに接続されていることを確認してください。, テレビで、選択した音声ケーブルの一方の端を対応する音声出力ジャックに差し込みます。, スピーカーアレイのグリル側を下にしてテレビ台のテレビの前に置き、「TV Input」(テレビ入力)端子の位置を確認します。, スピーカーアレイで、選択した音声ケーブルのもう一方の端を対応するジャックに差し込みます。, スピーカーアレイで、デジタル音声ケーブルの一方の端を対応するAUXジャックに差し込みます。, デジタルケーブルのもう一方の端を、音声ソース側の対応する音声出力ジャックに差し込みます。, 接続機器の再生中はCineMate systemが常にAUX入力音声と「TV Input」(テレビ入力)音声とを比較し、音質が優れている方の入力を自動的に選択して再生します。, HDMI®ケーブルを使って接続機器とテレビを接続している場合は、それ以上の接続は必要ありません。HDMI®ケーブルは音声と映像の両方の信号を伝送します。, 接続機器とテレビの接続に黄色のコンポジットビデオケーブルなどのHDMI®以外のケーブルを使用する場合、CineMate systemでその機器からの音声を再生するには、テレビとの間にアナログ音声接続を使用する必要があります。アナログ音声ケーブルは家電量販店で購入できます。テレビと接続機器の接続方法については、お使いのテレビに付属していたオーナーズマニュアルを参照してください。, フィードバックへのご協力ありがとうございました。他に何かございましたら、以下からお知らせください。, ご期待に添えず申し訳ありませんでした。ご意見やご要望がありましたらお知らせください。, Thanks, we appreciate the additional feedback you’ve provided, 当社が使用するクッキーの種類やクッキーの設定を変更する方法などの詳細についてはここをクリックしてください, CineMate® 1 SR home theater speaker system.