重複したデータを削除して、一通りのデータを取得するときの方法をご案内します。 もちろん元のデータの状況にもよりますが、一般的な方法です。 たまに勘違いされるのは、組み込みのクエリにあります[重複クエリ]です。 こんにちは!システムエンジニアのオオイシです。 sqlのdistinct(ディスティンクト)をご存知ですか?distinctの使い方を覚えると、select文の実行結果の重複レコード(データ行)を1つにまとめることができます。 この記事では、 distinctとは distinctの使い方 googletag.pubads().enableSingleRequest(); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_sidemiddle02_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565198822157-0').addService(googletag.pubads()); pbjs.que=pbjs.que||[]; googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_ctc02_adsence', [300, 250], 'div-gpt-ad-1566564559478-0').addService(googletag.pubads()); insert into product values (5, 'Keyboard', 'Black'); googletag.defineSlot('/21812778492/blog_728x90_common_overlay', [728, 90], 'div-gpt-ad-1584694002281-0').addService(googletag.pubads()); アメリカのOracle社が開発・販売しているデータベースで、 googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_sidetop01_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565330658303-0').addService(googletag.pubads()); var googletag = googletag || {}; DBOnline ©2006-2019 Buzzword Inc.. All Rights Reserved. 侍エンジニア塾は上記3つの成功ポイントを満たすようなサービス設計に磨きをかけております。, 「自分のスタイルや目的に合わせて学習を進めたいな」とお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。, システムエンジニア歴15年のオオイシです!好物は Java と Ruby。プログラミング、システムアーキテクトからマネジメントに到るまでなんでも食べます。 Oracle, SQLでデータを取得した際に、重複しているデータを削除して表示したいことが度々あります。そんなときに役立つのが「GROUP BY句」または「DISTINCT」です。, ↑の結果では組が表示されていますが、同じ組が重複して表示されているため何組まであるかは自分で見て判断しなければいけません。それは非常に効率が悪いので、重複をなくして表示してみましょう。, GROUP BY句は列を指定することで、その列でデータをグループ化することができます。, GROUP BY句はWHERE句の後、ORDER BY句の前に書かなくてはいけません。もちろんWEHRE句などがない場合はFROM句の後に書いてあれば大丈夫です。, ここで注意点が1つ。GROUP BY句を使用した場合、SELECT句で指定できる列はGROUP BYで指定した列しか使えません。つまり、GROUP BYで学生表の組を指定した場合、SELECT句で組しか指定することができないのです。, GROUP BY句には複数の列を指定することもできます。その場合、指定した列の値の組み合わせによってグループ化され、表示されることになります。, 実はGROUP BY句は、重複を削除するために使うことはあまりありません。 googletag.pubads().collapseEmptyDivs(); // fixed01のWORKSが不定期なため共通処理とする oraclesql入門トップに戻る取得したデータの重複を削除して表示するsqlでデータを取得した際に、重複しているデータを削除して表示したいことが度々あります。そんなときに役立つのが「group by句」または「distinct」です。例え [email protected] まで連絡頂けると幸いです. 大量の重複データを削除する場合は、クエリを使う方が簡単です。 まず、データベースで クエリを使って重複レコードを探します 。 注: この記事で説明する方法は、 Access web アプリ には適用されませ … 2017/7/11 OracleSQL入門トップに戻る 算術演算子を使ったデータの計算 SQL Developerとは、Oracleが無料で提供... OracleSQL入門トップに戻る googletag.defineSlot('/21812778492/blog_300x250_common_fixed01_adsense', [[300, 250], [336, 280]], 'div-gpt-ad-1565194485392-0').addService(googletag.pubads()); ・update setステートメントのsql ・delete ステートメントのsql ・inner join 内部結合のsql ・left join 左外部結合のsql ・right join 右外部結合のsql ・insert into ステートメントsql ・select distinctで重複を削除sql ・selectステートメントsql ・sqlをdaoで使う ‚é, EVBA‚Ńe[ƒuƒ‹‚âƒNƒGƒŠ‚̃ŒƒR[ƒh‚ðƒGƒNƒZƒ‹‚É“ü—Í, “Á’è‚̃tƒB[ƒ‹ƒh‚Ì’†‚Ńf[ƒ^‚ªd•¡‚µ‚Ä‚¢‚éê‡¤SELECT•¶‚Ì‚Ý‚Å‚Í. googletag.enableServices(); insert into product values (4, 'Mouse', 'Black'); その経験を通してプログラミング学習に成功する人は、「目的目標が明確でそれに合わせた学習プランがあること」「常に相談できる人がそばにいること」「自己解決能力が身につくこと」この3つが根付いている傾向を発見しました。 2017/8/19 データベースを排他モードで開く権限があるかどうか: をクリックしてファイル >開く、データベースを選択します。横の矢印をクリックして] をクリックして開く排他モードで開く. 一番重要なのは、忘れずにデータベースをバックアップすることです。削除済みのレコードを復元する唯一の方法は、バックアップから復元する方法です。削除操作によって、関連テーブルのレコードも削除される場合があります。, 注: バックアップから復元するには、元のファイルを閉じて名前を変更し、バックアップ コピーが元のバージョンの名前を使えるようにします。元のバージョンの名前をバックアップ コピーに割り当て、Access でそれを開きます。, [作成] タブをクリックして >クエリのデザインでテーブルの表示] ダイアログ ボックスで、レコードを削除するテーブルをダブルクリックします。, アスタリスク (*) をダブルクリックして、すべてのテーブル フィールドをクエリ デザイナーに追加します。, 削除するレコードを識別するために使うフィールドを追加します。たとえば、顧客が倒産した場合、その顧客の未決の注文をすべて削除する必要があります。そのレコードのみを検索するには、デザイン グリッドに [得意先 ID] フィールドと [注文日] フィールドを追加します。, [抽出条件] 行に抽出条件を追加することもできます。たとえば、倒産した顧客の [得意先 ID]、および顧客の注文が無効になる日を追加します。, [デザイン] タブの [実行] をクリックします。クエリにより、削除するレコードが返されたことを確認します。, デザイン ビュー ] をクリックし、[デザイン] タブの [削除] をクリックします。アクセス削除クエリを選択クエリを変更するには、デザイン グリッドの下部に表示する行を非表示におよび削除する行を追加します。, 削除クエリを実行する前に、* (すべてのフィールド) 列の [削除] 行のいずれかの抽出条件列に、[開始] と [場所] が表示されることも確認する必要があります。, 詳しくは、次の 2 つのテーブルを比較し一致ないレコードを検索を参照してください。. }); SQLのDISTINCT(ディスティンクト)をご存知ですか?DISTINCTの使い方を覚えると、SELECT文の実行結果の重複レコード(データ行)を1つにまとめることができます。, DISTINCTとは、SELECT文の実行結果の重複レコード(データ行)を1つにまとめるための便利な構文です。, 例えば、従業員テーブルに「姓、名」の項目があるとして、同姓同名が複数行ある場合にDISTINCTを使うと次のように1レコードになります。, このように、DISTINCT を使うと重複レコードを1つにまとめることができました。, 次に、SELECTが複数の列のときにDISTINCTを使うとどのようになるか解説していきます。, SELECT文で複数列の検索結果が得る場合にDISTINCTを使うと、レコード(データ行)単位に重複行がまとめられます。, 従業員テーブルの「姓(last_name)と名(first_name)」を検索する例について、DISTINCTを使わない場合と使う場合の2つを比較したサンプルコードを確認してみましょう。, このように、「姓(last_name)と名(first_name)」の2列で同じレコードは1レコードにまとめて表示できることが確認できました。, 次に、DISTINCTした結果のレコード件数を調べる方法について解説していきます。, DISTINCTして検索したレコード件数を数えるためには、件数を数えるCOUNT関数を併用します。, SELECTする列が複数の場合は、列と列が1つになるように繋いだ上で、DISTINCTで重複を除きます。, 従業員テーブルの「姓(last_name)と名(first_name)」をSELECT文で検索し、DISTINCTしたデータ件数を数えるサンプルコードを確認してみましょう。, はじめに、COUNTを使わずにCONCATして列をつなぎ合わせた結果を見てみます。, このように、複数列の場合でもDISTINCTで重複を削除して件数を数えることができました。, 今回はSQLのDISTINCTについて解説しました。DISTINCTは、SELECT文の重複レコード(データ行)を1つにまとめる便利な構文です。, DISTINCTはSQLを利用する上でよく使う構文なので、ぜひ習得してみてはいかがでしょうか。そして、DISTINCTの使い方を忘れてしまったらこの記事を確認してくださいね!, 当プログラミングスクール「侍エンジニア塾」では、これまで6000人以上のエンジニアを輩出してきました。