適職とのマッチングを第一に考え、 実態としては、転職エージェントが選考の機能を担っています。, 西村あさひ法律事務所のような東京の人気企業、条件の良い優良企業の公開求人には応募者が殺到することが考えられるので、 また、東京事務所が東京都千代田区大手町にあり、立地で東京の企業選びをしたい人にとっても魅力的な会社です。, いい会社の解釈は人によって違うと言っても、 引用元:https://www.vorkers.com/company_answer.php?m_id=a0910000002WcfP&q_no=4, セクション制(というよりチーム制)で、基本一人ないし数人のボスのチームメンバーとして働くため、専門性が磨かれやすい一方、メンバーと合わなかった場合のリスクが大きい。 企業活動関連、ファイナンス取引関連、争訟関連、倒産・事業再生関連、知的財産関連、企業危機管理関連など各分野で質の高いサービスを提供しています。, また、個々の取り扱う案件において最高のリーガルサービスを提供し、法曹実務界のリーダーとして、論文・書籍の執筆、法曹教育、立法、政策形成への参画と、「法の支配を礎とする豊かで公正な社会」を実現したいと強く思っています。, 「法の支配を礎とする豊かで公正な社会を実現する」ことが最も重要な第一の理念であり、 「業績が好調」「待遇が良い」「働き方改革など社内環境が良い」 さらに、西村あさひ法律事務所の特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。 【企業研究 西村あさひ法律事務所】弁護士600名以上を有する日本一の法律事務所. 引用元:https://lawyers-info.com/2019/10/24/na/, 皆がプロフェッショナルとして仕事に全力を尽くしていて、ドラフティング能力・クライアントハンドリング能力など弁護士として必要となる能力を向上させることのできる環境であったと思います。 実は、西村あさひ法律事務所の中途採用の求人は非公開であることが多いのです。 もちろん、地方出身者でも不利になることはありません。, 転職サイトではあまり求人を見かけないと、不思議に思われるかもしれませんが、 それに対して、日本弁護士連合会の統計によれば、全国にいる弁護士の人数は2018年の時点で3万8,980人とされているので、四大法律事務所に在籍している弁護士は全体の4.6%ということになります。, 四大法律事務所に入所するためには、優秀な弁護士のなかでも、さらに選び抜かれた超エリートでなければなりません。 引用元:https://company-tsushin.com/report/2242, 社会常識が高いレベルで身につけられます。担当弁護士の役に立ち、感謝されるたびにやりがいを感じます。また、事務処理能力は高いものが身につけられると思います。 四大法律事務所は、一年目から1,000万円を超えますので、弁護士の中でも給与水準が高いことがここからも窺えます。, 四大法律事務所の給与水準はいずれもほぼ同じだといわれています。入所して5年目くらいまでの年収は、だいたい次のようになるとされています。, 四大法律事務所の役職別の年収を見てみましょう。 すべての口コミを閲覧するには 会員登録(無料) が必要です。ご登録いただくと、 弁護士法人西村あさひ法律事務所を始めとした、全60万社以上の企業口コミを見ることができます。 ・日本弁護士連合会「弁護士白書 2018」 四大法律事務所の弁護士は、 初任給でも 1200万円、 パートナーになれば、 億越えの高年収。 しかし、 労働時間は尋常ではありません。 朝の10時くらいから、明け方の2時3時まで勤務する人も多いです。 四大法律事務所に入所するのは非常に難関ですが、ブティック系法律事務所などで専門性を磨くことにより、中途採用されることもあります。 トランスレータ―(翻訳) 今回紹介した会社に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ無料上京相談で一歩踏み出しましょう! 四大法律事務所の弁護士は激務で過労死も . アソシエイトは、入所するとまず「ジュニアアソシエイト」からスタートし、数年で「シニアアソシエイト」となります。 そんな会社が優良企業だと思うのは、誰にとっても共通するのではないでしょうか。, そこで、このページでは、西村あさひ法律事務所はなぜ優良企業なのか解説していきます。, さらに、西村あさひ法律事務所の特徴や採用動向なども紹介しますので、就活の参考にしてください。, 東京の西村あさひ法律事務所は、日本最大規模の総合法律事務所として、 マンツーマンで質の高い求人情報をご提供します。, 法務・弁護士・弁理士等、法律領域トップクラスの転職サポート実績。企業法務や法律事務所、特許事務所の求人情報が豊富に掲載されています。, 転職者と求人側の現状や希望をコンサルタントが常に分析。適職とのマッチングを第一に考え、マンツーマンで質の高い求人情報をご提供します。, ・【弁護士のおすすめ求人】弁護士の転職限界説は〇〇歳?!30代・40代弁護士の転職事情とは, 東京、大阪、名古屋、福岡、北京、ホーチミン、ハノイ、シンガポール、ヤンゴン、バンコク, バンキング&ファイナンス、キャピタルマーケット、コーポレート/M&A、紛争解決、不動産、再編/破産, バンキング&ファイナンス、キャピタルマーケット、コーポレート/M&A、紛争解決、不動産、税務, バンキング&ファイナンス、キャピタルマーケット、コーポレート/M&A、知的財産、投資ファンド、不動産. 引用元:https://en-hyouban.com/company/10057294315/kuchikomi/g/, 福利厚生の中でも、有給休暇が消化しやすいという点が魅力的でした。秘書は似たような仕事をしているため、きちんと引き継ぎをすれば、お互い協力して休もうという文化があったため、有給消化は確実に行なっていました。 アンダーソン・毛利・友常法律事務所ってどんな会社? 引用元:https://www.vorkers.com/company_answer.php?m_id=a0910000002WcfP&q_no=8, 日本を代表する「四大法律事務所」西村あさひ法律事務所は、いわゆる国内有数の渉外系事務所です。弁護士の在籍数は日本一です。様々な分野で強い専門性をもった法律事務所が統合してできたこともあり、それぞれの強みを活用することで、総合的なリーガルサービスを向上させてきました。, 年収がとてもよく、やりがいもありますが、業務量はとても多く、勤務時間が遅くまでずれ込むこともあるでしょう。, ただ、それは誰もが知ることではあるので、西村あさひ法律事務所の「フロンティア精神」と「多様性」をもった弁護士を求めています。自分が就職・転職する先に何を求めているのかをよく考え、自分の就職・転職先としてふさわしいかどうかを考えることが重要になります。, 各分野の高度な専門知識をもった弁護士が多く在籍しているため、チームとして働くことでよい経験を積むことは多いです。しかし、大手法律事務所ならではの激務は西村あさひ法律事務所も例外ではなさそうです。, 弁護士が転職するならNO-LIMIT|弁護士の転職成功事例と採用動向・失敗しない転職のコツまで, 弁護士専門の転職支援サービスNO-LIMITとは|弁護士の転職・内定獲得におすすめの理由, 弁護士の転職エージェント、NO-LIMITのご利用ガイドです。無料登録から内定獲得までの詳しい流れをご紹介しております。, Outstanding Firm for Diversity & Inclusion: Chambers D&I Awards Asia-Pacific 2020. 法科大学院、司法試験、および司法修習で、常に優秀な成績をおさめ続けることが必要とされるでしょう。, 四大法律事務所の年収は、初任給で1,000万円を超え、パートナーになれば1億円以上を見込むこともできます。 また、平成29年賃金構造基本統計調査によれば、法律事務所や企業に勤務し、給与を受け取っている弁護士の平均年収は、1,029万円となっています。 引用元:https://www.vorkers.com/company_answer.php?m_id=a0910000002WcfP&q_no=8, いまどきありえないほどの昇給率の悪さ。数年前初任給の引き上げが行われたが、既存の所員に関する補填は一切なされず、嘆願を行なっても握り潰される始末。 いわゆる四大法律事務所とよばれる西村あさひ法律事務所について、採用や年収など様々な面から特徴をまとめました。今後のキャリアとして西村あさひ法律事務所をお考えの方はぜひ本記事をご覧ください。, 西村あさひ法律事務所は、「長島・大野・常松法律事務所」「森・濱田松本法律事務所」「アンダーソン・毛利・友常法律事務所」と並んで四大法律事務所と呼ばれている事務所の1つです。, 在籍している弁護士・外国弁護士数は、600名を超えており、弁護士在籍数は日本一の法律事務所です。, 国際的総合法律事務所として発展してきたため、いわゆる渉外系の事務所といえるでしょう。, このような西村あさひ法律事務所について、事務所の概要や、どのような弁護士を求めているのか、年収、口コミ等を紹介します。, 『手厚い転職サポート』をさせていただきます。内定を得ることだけをゴールにせず、転職後も気持ちよく働けることを大切にした、キャリア相談をモットーにしています。, 西村あさひ法律事務所は、1,966年設立の西村法律事務所と1,976年設立の松嶋法律事務所(後のときわ総合法律事務所)が統合した西村ときわ法律事務所と、1,977年設立の桝田江尻法律事務所(後のあさひ法律事務所)の国際部門が統合した事務所です。, 国内外の企業活動関連の法分野について広く取り扱っています。北京やハノイ、シンガポール、ヤンゴン、上海、ジャカルタ、香港等にも事務所を有するという国際的な業務に注力するという特徴も有しています。, 西村あさひ法律事務所は、日本でも有数の渉外系事務所として発展してきたため、多彩な業務分野を取り扱い、主に企業の広範なニーズに対応しています。, M&A関連の案件や、コーポレートガバナンスや株主総会、その他一般企業法務を含むコーポレート関連の案件、ファイナンス系の案件や不動産、事業再生・倒産関連の案件、争訟業務や知的財産関係の案件、危機管理、独占禁止法、税務、労働・人事、国際関係法務等の案件を取り扱っています。, 西村あさひ法律事務所は様々な分野で強い専門性をもった法律事務所が統合してできた法律事務所です。それぞれの強みを活用することで、総合的なリーガルサービスを向上させてきました。, さまざまな法律の分野で高度な専門知識をもった弁護士が多く在籍しているのが西村あさひ法律事務所の大きな特徴といえるでしょう。, 就職、転職にあたって、就職・転職先の法律事務所がどのような採用傾向を有しているのか知っておく必要があります。西村あさひ法律事務所は、どのような弁護士を求めているのでしょうか。, を基本理念として掲げています。クライアントへの最善のアドバイスの提供はもちろんのこと、西村あさひ法律事務所ではさらにその先を目指しています。上記の基本理念を実現するために「フロンティア精神」と「多様性」を重要視しています。, 「フロンティア精神」とは、法律事務所としては前例のない事業等に積極的に取り組んでいこうという姿勢を意味します。「多様性」とは、専門分野のみならず、パーソナリティの面での多様性も意味し、そのような多様な人材が一体となって案件に取り組んでいくということを意味します。, 西村あさひ法律事務所はこのような理念に共感する方を求めています。求めている人物像がわかりやすい分、自分に向いているかどうかを判断しやすいといえそうです。, 西村あさひ法律事務所では、コーポレート分野、知的財産・ITの分野に関心のある方や、大阪・名古屋・福岡での勤務に関心のある方、アジア地域での法務に関心のある方を中心として、中途採用を行っています。, コーポレート分野については、60期代だけでなく、70期代も募集しています。その他の分野については、語学力、海外留学経験のある方等を中心に募集しています。, また、その他の分野についても、応募を受け付けているので、西村あさひ法律事務所の公式ホームページ上にある採用情報のページから、人事課のメールアドレスを調べて問い合わせてみるとよいでしょう。, 先述の通り、西村あさひ法律事務所は、「フロンティア精神」と「多様性」を重視しています。, そのために、司法試験合格者向けに事務所訪問が開催されています。西村あさひ法律事務所が自分に合っているのかを感じることができます。こういった機会を活用するとよいでしょう。, 西村あさひ法律事務所の公式ホームページ上にある採用情報のページにて、応募システムにアクセスしてアカウントを作成し、在学中の成績証明書や司法試験の成績通知書等の必要書類をアップロードする必要があります。, もっとも、西村あさひ法律事務所はいわゆる「5大法律事務所(または4大法律事務所)」であるため、おおまかな年収についての情報は口コミサイトなどで様々な意見が散見されます。, 一般的に、5大法律事務所のパートナー弁護士であれば、年収は数千万円~数億円になると言われています。またアソシエイト弁護士であっても大手事務所なら初年度から年収1,000万円は超え、10年勤めれば5,000万円といわれており、大手口コミサイトでは、西村あさひ法律事務所の年収について以下のような経験談が掲載されています。, 厚生労働省の『賃金構造基本統計調査』によると、弁護士の平均年収は約1026万円であることから、比較的高額な収入を得ている弁護士の全体的な平均年収と比較しても、西村あさひ法律事務所の年収は突出していると言えるでしょう。, 西村あさひ法律事務所は、弁護士資格をお持ちの方で、コーポレート分野に関心のある方や、知財/IT分野に関心のある方、大阪・名古屋・福岡での勤務に関心のある方、アジアでの勤務に関心のある方を中心に、意欲のある方を募集しております。, 西村あさひ法律事務所は日本最大規模の法律事務所です。求められる知識やスキルは高度なものであるといえます。転職をしたいならアピールできる高度な法律の知識やスキルがあることが必要であると考えられます。, 履歴書、職務経歴書等の必要書類をご準備の上、西村あさひ法律事務所の公式ホームページ上にある採用情報のページから、応募システムに登録することで応募するか、弁護士向け転職エージェントの利用で転職でエントリーが可能です。, まずは、現在勤務している法律事務所、官公庁等を退職する理由を明らかにすることが重要になってきます。これが明らかになっていなければ、自分がどのような転職先を求めているのかはっきりとせず、その転職先が本当に自分に合ったものといえるのか疑いが残ってしまう可能性があります。, そして、西村あさひ法律事務所の理念、雰囲気、特徴等を十分に理解することが必要です。前提として求められるのは「フロンティア精神」と「多様性」です。, また、西村あさひ法律事務所は、公式ホームページ上の採用情報のページにて、司法試験合格者へのメッセージや現在働いている複数の弁護士のインタビュー等が掲載されています。一度目を通しておくことをお勧めいたします。, 年収や福利厚生も重要な要素です。これらについては、公式ホームページ上では公開されていませんが、知り合い等のツテがある場合には情報を入手しておくのが良いでしょう。, 西村あさひ法律事務所には、様々な口コミが寄せられています。あくまで一部の例ですが、ご紹介します。, ブランド力、組織力で言えばナンバーワン。スター弁護士が多くチームとして統率が取れている。ビジネスへの感度が最も高い大手だと感じます。悪口を言われやすい事務所だけど、サマーとかに行くと最も印象が変わると思います。なのでロー生、学部生の皆さんはクラークに行って判断することをお勧めします。 東京の西村あさひ法律事務所は、日本最大規模の総合法律事務所として、 引用元:https://lawyers-info.com/2019/10/24/na/, 組織が大きく、クライアントとの距離を近くに感じることが少ない。勤務時間が長いことや、業務の方向性の裁量が狭く、取締役会の承認を得るための作業をさせられている感が強いという問題点がある。 弁護士秘書 西村あさひ法律事務所は、「長島・大野・常松法律事務所」「森・濱田松本法律事務所」「アンダーソン・毛利・友常法律事務所」と並んで四大法律事務所と呼ばれている事務所の1つです。 在籍している弁護士・外国弁護士数は、600名を超えており、弁護士在籍数は日本一の法律事務所です。 引用元:https://lawyers-info.com/2019/10/24/na/, 忙しすぎて皆ピリピリしがちなので本来は温和な性格のはずの人もキツい発言をしてしまう等、人間関係の綻びが出てしまうのが個人的には耐えられなかった。言われているほど変人が多いわけではなく、人間的にも良い人が多いと思うのだが、そんな良い人がキツい人にならざるを得ないくらい厳しい状況がたまに起こる。 引用元:https://lawyers-info.com/2019/10/24/na/, ある程度能力がしっかりした弁護士の中で鍛えられるため、ファーストキャリアとして良い選択肢であることは間違いない。弁護士は勿論、パラリーガルや秘書も優秀。 西村あさひ法律事務所は、ビジネス法分野を中心とする複雑かつ高度な専門性を要する法律業務の各分野で、最高レベルのリーガルサービスを提供する国際的総合法律事務所です。 もし四大法律事務所に転職する希望があれば、転職エージェントに相談してみるのも良いでしょう。, 【関連ページ】・【弁護士のおすすめ求人】弁護士の転職限界説は〇〇歳?!30代・40代弁護士の転職事情とは ・日本弁護士連合会「弁護士白書 2017」, 転職者と求人側の現状や希望をコンサルタントが常に分析。 それと比較して、四大法律事務所の一年目の年収ははるかに高額です。 この基本理念を支えるものは、「フロンティア精神」と「多様性」です。, 「フロンティア精神」とは、弁護士・法律事務所として前例のない分野、活動を開拓するという気概です。, 「多様性」とは、多様かつ優秀な大勢の弁護士が有機的に結合し、一体として案件処理、業務遂行に当たり、最高のリーガルサービスを生み出しています, 2010年のベトナム・ホーチミンオフィスの開設以来、日本の法律事務所として初めて海外オフィスの設立を本格的に進め、現在では海外に11の拠点を有し、勤務する弁護士、外国法弁護士の数は60名を超える規模となっています。, 西村あさひ法律事務所に所属している弁護士は600名を超え日本一であり、下記のホームページに掲載しています。, 西村あさひ法律事務所の沿革は、1966年12月故西村利郎弁護士が、西村法律事務所を設立し、1976年3月に松嶋英機弁護士が、松嶋法律事務所(ときわ総合法律事務所の前身)を設立しました。, 1977年11月には、桝田江尻法律事務所(あさひ法律事務所の前身)設立し、2004年1月に、企業法務、金融法務、国際法務などに豊富な実績を有する西村総合法律事務所と事業再生・倒産法務で有数の実績を誇るときわ総合法律事務所が統合し、西村ときわ法律事務所となり、2007年7月西村ときわ法律事務所とあさひ法律事務所(国際部門)が統合して現在の西村あさひ法律事務所となっています。, 2010年4月には、北京事務所開設、2010年10月にはホーチミン事務所開設、2011年8月にはハノイ事務所開設、2012年1月にはシンガポール事務所開設、2012年8月には、弁護士法人西村あさひ法律事務所設立し、大阪事務所・名古屋事務所開設いたしました。, 西村あさひ法律事務所の業務分野は、M&A、コーポレート、ファイナンス、リアルエステート、事業再生/倒産争訟です。, 同事務所は、「法の支配」を礎とする豊かで公正な社会を実現するため、最高のリーガルサービスを提供し、日本における法律実務発展のリーダーとなるとの基本理念のもと、日本だけでなく、国際的な視野を持ってアジアを含む世界的にも最も高い評価を受ける事務所となる目標を掲げています。, 転職は自己実現の場として、自分自身と事務所と社会の成長のため、共に働きたい人を転職者として採用いたします。, 弁護士資格がなくても、 四大法律事務所のアソシエイトとして、入社一年目の年収は1,000万円を超えるとされます。パートナーになれば1億円以上を見込めるともいわれています。 対象者を絞り込んだ上で求人情報が開示されるのが普通です。, 最後に、西村あさひ法律事務所への就職・転職をめざしたい方や、この業界についてもっと詳しく知りたいけれど、どうすればいいか分からないという人に. 引用元:https://www.vorkers.com/company_answer.php?m_id=a0910000002WcfP&q_no=1&category=766c4f7a#report_list_top, 秘書は全員女性なので、女性を伸ばしていこう、活躍する場を与えていこうという雰囲気はあります。研修体制もしっかりしているので、新卒として入るとマナーを学べます。 といったスタッフ職でも、経験者の中途採用はもちろん、一部の職種では法学部や法科大学院生対象の新卒採用が実施されています。, 自分の知識や経験が、どの職種に見合っているか不安な方は、転職サイトや転職エージェント経由で応募すると良いでしょう。, 会社への提言としては、入社のステージに合わせた色々な働き方に対応できるようなキャリアパスを用意していかなければいけないという意見がありました。, 日本一の法律事務所だけあって、働いている他の仕事に対する意識と社会に貢献しているという意識がとても高い状態を保った集団であり、転職してキャリアを積むには転職者としての理想的な環境があると思いました。, 日本一の弁護士事務所だけあって、転職して報酬が良い仕事を選択できる裁量があり、色々な案件の中から選択できるという事と、転職者のキャリアパスになるという点が印象的でした。, さて、西村あさひ法律事務所は最近、中途採用に力を入れているのをご存知でしょうか。 ・パートナー弁護士、アソシエイト弁護士って、どういうこと?, <参考>・厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査」 四大法律事務所においては、弁護士は、共同経営者である「パートナー」と一般所員である「アソシエイト」に大きく分けることができます。 ※弁護士数などは2018年の時点での情報です。, 四大法律事務所に入所するのは、非常に狭き門となります。 既卒や第二新卒で上京して、東京の人気企業に就職したいと思っている皆さん。 パラリーガル(企業法務/金融法務/事業再生再編法務/争訟) 文書・PCオペレーター 四大法律事務所の年収は? 入社一年目で1,000万円を超えることも! - 四大法律事務所の年収は? 入社一年目で1,000万円を超えることも!に関するページ。法務領域に特化した求人検索。MS-Japanが運営する法務・弁護士・弁理士等、法律領域トップクラスの転職サポート実績のリーガル … ワークライフバランスという面では、弁護士は個人事業主であり、出勤の必要はなく自宅で仕事ができるため、自由な時間は十分あった. ・日本で最強の弁護士事務所は、どこ?ケース別で紹介! この記事では、四大法律事務所の役職ごとの年収、四大法律事務所それぞれの特徴、および四大法律事務所に入所するためにはどうすれば良いかについてご紹介します。, 四大法律事務所は、一年目から年収1,000万円を超えるとされます。パートナーになれば、1億円以上を見込めるともいわれています。, 四大法律事務所以外の法律事務所は、一年目の年収が400万円~600万円となるのが一般的です。 四大法律事務所に在籍する人数は、2018年時点の合計で1,800人となります。 さらなる事業拡大のため、即戦力となる人を求めており、中小企業出身者にも入社のチャンスがあります。 転職人気企業ランキングで上位に入っている, 西村あさひ法律事務所は、平均年収が約480万円(スタッフ職、転職口コミサイトより)と、業界内でも高い水準で知られています。