古今東西のお笑い・漫才芸人の貴重な映像・音声を集積。 ある時、たいへんに美しく男嫌いで有名な芸者「お初」を乗せて船を出しますと、にわかの夕立。, 岸も見えないほどの土砂降りとなり、船を近くにもやって雨の止むのを待つことにします。, お初は、徳兵衛に中に入るように言い、二人で酒を呑み出します。 new! 俳優の窪寺昭さんが急死 43歳 落語メモです。前回分はこちら。 放送日:2017年04月02日午後02:00~午後02:30 番組名:日本の話芸 落語「お初徳兵衛」 演者:五街道雲助 演目:お初徳兵衛 dimoraの番組紹介より 【あらすじ】「船徳」として知られる落語の元の形で「お初徳兵衛 浮名の桟橋」の「馴れ初め」。   2018/07/06, 遊びが過ぎて勘当をされた若旦那の徳兵衛は、いつも世話をしていた柳橋の船宿に転がり込み、居候の身の上、そのうちに「船頭になりたい」と言い出す。 いまは立派な船頭になった徳兵衛は男ぶりがいいこともあって、柳橋芸者の間で人気者。 中島ヨシキ、伊東健人ら出演「僕ら的には理想の落語」放送決定! BL×落語の新感覚エンターテインメント, 春風亭正太郎、大名跡「柳枝」襲名へ決意「古典落語の魅力を伝えられる落語家に」来年3月、真打ち昇進, 「落語家って、夢が叶う仕事なんです」――柳家喬太郎のウルトラマン落語に懸ける思いとは? 【11月6日開催】, 立川談志とダンカン誕生 すべては「池袋のあの夜」から始まった【ダンカンの笑撃回顧録】, 桂雀三郎、2020年のサンケイホールブリーゼで『米朝一門落語会シリーズ2020「桂雀三郎独演会」』1日に落語6席に初挑戦, 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 音楽誌『burrn!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、芸歴29年の入船亭扇辰が披露した、現代の観客が感情移入しやすい『お初徳兵衛』について解説する。 ?」も、船の客を恐怖のどん底に陥れる名フレーズとしてよく使われる。, 古今亭志ん朝(3代目)の『船徳』も若旦那の描写が絶妙で、名演として評判が高い[2]。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=船徳&oldid=74285569. 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、芸歴29年の入船亭扇辰が披露した、現代の観客が感情移入しやすい『お初徳兵衛』について解説する。, * * *  勘当された大店の若旦那が船頭になって大失敗する『船徳』は、初代古今亭志ん生(幕末期の名人)作の長編人情噺『お初徳兵衛浮名桟橋』の発端の部分を、明治時代に初代三遊亭圓遊が滑稽噺に改作したもの。「昭和の名人」五代目志ん生は『船徳』ではなく『お初徳兵衛』の発端を一席ものとして演じ、倅の十代目金原亭馬生がそれを継承した。, その『お初徳兵衛』を入船亭扇辰が5月30日の独演会「噺小屋 皐月の独り看板」(国立演芸場)でネタ出ししたので聴きに行った。, 『お初徳兵衛』は、現代では馬生門下の五街道雲助が細部に工夫を凝らし、より人情噺らしく磨き上げている。扇辰が演じた『お初徳兵衛』も雲助の型を踏襲したものだった。, 道楽が過ぎて勘当された徳兵衛が行き場を失って途方に暮れていると(この運びは『唐茄子屋政談』に似ている)、馴染みの船宿の親方に声を掛けられ、居候することに。, 実家が夫婦養子を迎えると聞いて「もう帰る場所がない」と船頭になる決意をする徳兵衛。志ん生・馬生親子はここで『船徳』にある「親方に呼ばれた船頭たちが早合点する」場面を入れて笑わせるが、雲助はそれを省いて人情噺のトーンを維持、『船徳』で描かれた「未熟な徳兵衛が2人連れを乗せて悪戦苦闘したエピソード」を、滑稽味を完全に抜いてサラリと紹介する。扇辰の落ち着いた佇まいと端正な口調が、こうした展開に実によく似合っている。, 3年後には界隈で随一の船頭となった徳兵衛。四万六千日、お初という美しい芸者を連れた旦那2人が徳兵衛の客となり、彼らを降ろした後、お初1人を送り届けることに。にわかの大雨で舟を首尾の松に止める。「そこでは濡れるから」と徳兵衛を近くに呼び寄せたお初は、実は幼い頃、徳兵衛に恋をして「芸者になれば若旦那に遊んでもらえる」と思って芸者を志したのだと言う。, 切ない恋心を打ち明けるお初、「それは御法度」と拒みながらも、雷鳴轟く中、お初を抱き寄せてしまう徳兵衛……。2人がいい仲になるクライマックス、扇辰は持ち前の繊細な演技力でドラマティックに演じ、爽やかな余韻を残した。, テキストとしては雲助の台本にかなり忠実でありながら、扇辰は、古の江戸の香りを濃厚に漂わせる雲助の骨太な『お初徳兵衛』とは異なる、よりウェットな一席に仕上げていた。「お初が徳兵衛を口説く」場面のきれいさは扇辰ならでは。現代の観客が感情移入しやすいスマートな『お初徳兵衛』だ。芸歴29年の54歳、扇辰の円熟の境地を感じた。, ●ひろせ・かずお/1960年生まれ。東京大学工学部卒。音楽誌『BURRN!』編集長。1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。『現代落語の基礎知識』『噺家のはなし』『噺は生きている』など著書多数。. 演目:お初徳兵衛 第683回東京落語会から五街道雲助さんの「お初徳兵衛」をお送りします(2016年5月13日 東京・虎ノ門 ニッショーホールで収録したものの再放送)【あらすじ】「船徳」として知られる落語の元の形で「お初徳兵衛 浮名の桟橋」の「馴れ初め」。 良く知られたこの浄瑠璃から登場人物の名を借りて作られたのが と声をかけるが、「へえ。大丈夫です。この前は一人御客を川に落してしまいましたが、今日はそんなことはない。」「おい、冗談じゃないよ。」と大騒ぎ[注釈 1]。, ようようにして対岸についたが(岸まで着かず、客に川の中を歩いてもらうというやり方もある)、徳兵衛は心身ともに疲れてしまって「御客様。お上がりになったら、船頭一人雇ってください。」, もともとは「お初徳兵衛浮名の桟橋」という、近松門左衛門の『曽根崎心中』の登場人物の名を借りた長編の人情噺だったのを、明治期に初代三遊亭圓遊が発端部をアレンジし、当世風のクスグリを盛り込んで滑稽噺としたものである[1]。今日でも演者が多く、棹の使い方や櫓の漕ぎ方などの仕草によって、若旦那の生かじりの船頭ぶりも見ものである[2]。, 船徳は噺家の中でも人気のある噺であり、数種類の落ちが存在する。上記のように、船頭であるはずの徳兵衛が客に別の船頭を雇うように頼むものや、川岸近くで徳兵衛が艪を川に流してしまい、客は仕方なく川に腰まで入り、対岸までいこうとするがその客に徳兵衛がおんぶをしてもらおうとするものがある。瀧川鯉昇は、まず噺の序盤で徳兵衛は「質屋」の若旦那であると設定しておき、客が仕事を放棄してしまった徳兵衛を見て、「客も流した」と言ったところで落ちにしている。, 名人といわれた八代目桂文楽の十八番であった。文楽がこの噺を演じる際の「四万六千日(しまんろくせんにち)――お暑いさかりでございます」の一言は有名で、船宿の風俗や江戸の夏の暑さを描ききった名人芸をは高い評価を受けた[1]。橋の上から若旦那に知り合いが呼びかける「徳さん一人かい!? 死に行く身をたとふれば、あだしが原の道の霜」で始まる有名な道行の最後の段は「未来成仏うたがひなき恋の手本となりにけり」と結ばれ、お初と徳兵衛が命がけで恋を全うした美しい人間として描かれ … Copyright© ある日、売れっ子芸者のお初を乗せて吉原へ向かうが、途中、にわかの土砂降りに襲われ、船を岸につけてしばし休息することに。, 二人きりの時が流れる中、お初は「あなたのことを七年前から知っている」と意外なことを言い出す。 © Shogakukan Inc. 2020, 小林麻耶は「すごく頑張り屋さん」 TBS時代の先輩・吉川美代子アナ、契約解除騒動に釈然とせず. 2013 All Rights Reserved. Powered by WordPress & Lightning Theme by Vektor,Inc. 【落語チャンネル】ネット寄席 , そこへ落雷。驚いたお初は徳兵衛に抱きつく……, 「お初」と「徳兵衛」のカップルは近松門左衛門の浄瑠璃「曽根崎心中」から出ている。 その発端部分がこの一席である。この噺はさらに明治期に改作され、現行の滑稽噺「船徳」になっている。, - 第683回東京落語会から五街道雲助さんの「お初徳兵衛」をお送りします(2016年5月13日 東京・虎ノ門 ニッショーホールで収録したものの再放送)【あらすじ】「船徳」として知られる落語の元の形で「お初徳兵衛 浮名の桟橋」の「馴れ初め」。 technology. 固辞する徳兵衛に叔父は怒り、とうとう勘当を言い渡す。 その中身は商売などさせない、大阪から出て行け、付け払いで買った服の代金を7日以内に返せというものであった。 音楽誌『burrn!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、芸歴29年の入船亭扇辰が披露した、現代の観客が感情移入しやすい『お初徳兵衛』について解説する。 new! 古今亭志ん生(五代目) ●お初徳兵衛, ●船徳, あらすじ 小田原宿に現れた若い男。 色白で肥えているが、風体はというと、黒羽二重 …, この映像は、昭和43(1968)年7月3日に東京12チャンネル(現・テレビ東京) …, (サゲまであるスタジオ録音盤) 六尺棒(ろくしゃくぼう)は、古典落語の演目の一つ …, 『黄金餅』(こがねもち)は、古典落語の演目である。 自分の死後に財産が他人に渡る …, 横山町三丁目、栄屋という生薬屋のー人娘=お若。 年が十七で栄屋小町といわれる美人 …, 宿屋仇(やどやがたき)は上方落語の演目の一つ。「日本橋宿屋仇」とも言う。 東京で …, 『百年目』(ひゃくねんめ)は、落語の演目。 元々は上方落語の演目で、のちに東京に …, 付き馬(つきうま)は、古典落語の演目の一つ。 原話は元禄5年(1692年)に出版 …, 「大将、俥(くるま)差し上げましょうか」 「お前はそんなに力があるのか」 「いえ …. 演者:五街道雲助 少し酔いが回った様子のお初、実は昔、徳兵衛の姿を見て一目惚れ、   船徳(お初徳兵衛浮名桟橋)桂文楽・志ん生・小さん・志ん朝他【動画】 | 聴き比べ落語名作選, 中村仲蔵~三遊亭圓生・古今亭志ん朝・林家正蔵・古今亭志ん生・三遊亭圓楽・春風亭一朝【動画】, 芝浜~古今亭志ん朝・古今亭志ん生・柳家さん喬・柳家小三治・立川談志・三笑亭可楽・三遊亭圓楽・桂三木助・桂雀三郎【動画】. 落語, 落語メモです。前回分はこちら。 落語会:第366回NHK上方落語の会, 落語メモです。 放送日:2018年11月11日午後02:00~午後02:30 番組名:日本の話芸 柳家権太楼「家見舞」 演者:柳家権太楼 演目:家見舞 会場:東京・虎ノ門 ニッショーホール 公演日:2018年09月14日 落語会:第711回東京落語会, 落語メモです。 放送日:2018年04月08日午後02:00~午後02:30 番組名:日本の話芸 春雨や雷蔵「宮戸川」 演者:春雨や雷蔵 演目:宮戸川 会場:東京・虎ノ門 ニッショーホール 公演日:2018年01月19日 落語会:第703回東京落語会, 落語メモです。 放送日:2017年11月05日午後02:00~午後02:30 番組名:日本の話芸 落語「木乃伊取り」 演者:五街道雲助 演目:木乃伊取り 会場:東京・虎ノ門 ニッショーホール 公演日:2017年09月15日 落語会:第699回東京落語会, 広瀬和生のなぜ「小三治」の落語は面白いのか?第1章はロングインタビューで、小三治の落語観がほんのりと分かる。老境の小三治はあるがままの自分を楽しんでいるようだ。, ジェフリー・アーチャー「追風に帆を上げよ」を一気読み | 秋田ぐらし | 今速☆ニュース!, 映画「ザ・コール 緊急通報指令室」は94分を一気に見せる! | 秋田ぐらし | なんでも芸能ニュース!. 落語の各演目をギュッと千字に。わかりやすくて深い内容です。志ん生、志ん朝、さらに馬生。, 4月1日、新型コロナ専門家会議の会見を通しで聴いてみました。よくわかりました。私(古木)の理解する限りではこんなかんじでしたね。今はぎりぎりのところで抑えているが、ちょっと間違えればオーバーシュートも起こり得る瀬戸際状態。これまでは若い世代は軽くて高齢者が重症化すると言ってきたが、わかってきたのはオールジェネレーションで罹患して重症化し得る、ということ。ただ、クラスター潰しが次第にウイルスを捉え始めてきた。クラスター潰しやってるのはシンガポールと日本だけ。米国やイタリアではやってない。日本モデルとも言ってよい伝統芸だ。と、こんなところでした。テレビでのニュースとはニュアンスが異なっていたので驚きました。マスコミの金づるになるように加工された情報が飛び交っているんですね。一次情報の大切さが身に沁みました。ポリオ撲滅で実績豊かな尾身茂氏のことばは重く響きました。感染経路不明というのも蓋を開ければ、おおかたはフーゾク出入りのおっさんおばさん経由ということも明らかに。早い話が、フーゾク=3密、ということなんですね。疫学的な難題でもなさそうでした。そんなこんなで、ウイルス騒ぎは6月までには収まるのではないでしょうか。クラスター潰し、アンジェス開発のワクチンなどが功を奏してくる、ということですかね。とまれ、曙光が見えてきました。, そんなことはともかく。もしあなたが、恭順、逼塞、謹慎でごろごろ、だらだら無聊をかこつ日々ならば、「第620回TBS落語研究会寸評」からお読みください。高田裕史の冴えた批評は膝を打つこと三べん。ほかじゃ読めない、濃くて深い落語愛のこもった記事がお楽しみ。これも叡智、落語的叡智かもしれませんぞ。, NHK総合テレビの「私の秘密」に古今亭志ん生が登場したのは、昭和31年(1956)4月26日のことでした。, この番組は、「ジェスチャー」と並ぶ、平日夜ゴールデンタイムの人気クイズ番組でした。, 3人の知識人からなるレギュラー出演者(渡辺紳一郎、藤原あき、藤浦洸)と、各界からのゲスト出演者1人の計4人で解答陣を構成。, 毎回登場する2組の一般応募者について、世にも稀なるその珍体験の秘密を、司会者(高橋圭三アナウンサー)から与えられるヒントを元に各解答者が探り当てるというスタイルでした。, で、当夜の話題を、志ん生師匠が月刊誌『随筆』(産経新聞社)昭和31年7月号誌上の座談会でおもしろおかしく語っていました。, 座談会のメンバーは、徳川夢声、辰野隆、林髞、三遊亭円生、林家正蔵の面々。いやあ、ぜいたく。落語ファンにはたまりませんなあ。, 志ん生「その次に二十四、五のスポーツの選手みたいな男っぷりの人が出てきたんですよ」, 各人、あなたは船に乗ってしけにあったのかとか、自動車に衝突したのかとか、いろいろ質問をぶつけても、いっこうにわからない。結局、降参で種明かしとあいなります。, 志ん生「この人の兄さんという人は競輪に行って穴を当てた。穴が当たったてんで、ウーンとひっくり返って死んじまった。それでまわりの人が身元をしらべて、家までかつぎこんできた。『お宅の兄さんが競輪場でこんなことになりました』。するてえとおかみさん、おっかさんがみんなその変わり果てた姿をみて、ワーっと泣き出した」, 泣いてても今さら始まらないので、通夜をしている最中に、なんと当のその兄貴がご帰還。, 辰野「死んだと思った兄が、別に?」徳川「『そこつ長屋』通りだね」志ん生「そうなんです」, お通夜の席で、そそっかしい家族がその死人をひとえに兄貴だと思いこんで涙にくれている。, 志ん生「ただ親父がすぐ足の裏を見て『これはせがれじゃねえ』っていいました。顔をみてわからなくて、足の裏をみて、これはせがれじゃなっかろうといってるところに、兄貴が帰ってきた。兄貴は競輪場へ行かないてんだ(笑)。それじゃこの死んだ人は、どこの人だろうてんで分らなくなっちまった(笑)」, 志ん生「(番組の終わりに)死んだ人の写真を出してきて見せましたよ。見たら、その兄という人の顔と大変なちがいなんだな(笑)。似てねえんだよ。それが。『これはおまいさん似てないじゃないか、兄さんと』てわけだ。『それが似てたんですよ』てんですね」, 「私の秘密」は、初代司会者高橋圭三の「事実は小説より奇なり」という決めゼリフが流行語になるくらい評判になり、12年もの長寿番組になりました。, それにしても、こうディテールからオチまで落語とそっくりそのままとなると、事実どころか、これは落語好きの構成作者がヤラセで作ったんじゃねえかと、疑いたくもなりますな。ねえ、志ん生師匠。, ■本サイトで紹介する落語の演目は450席。演目ごとに、およそ千字のあらすじと知りたい知識を深くわかりやすく提供します。落語経由でこの国のディテールを覗いてみましょう。 下段の「落語演目の索引」ボタンから演目を探してください。落語を聴いていて生じた「?」にお答えします。耳に残った人名や言い回しを右の検索窓に入力しても項目が出ます。かゆいところに手が届いた情報、満載です。敬称略。, けしがからけりゃとうがらしはひっこむ【罌粟が辛けりゃ唐辛子は引っ込む】むだぐち ことば, そういやそうれんぼうずがぼってくる【そういや葬礼坊主が追ってくる】むだぐち ことば. 遊びが過ぎて勘当をされた若旦那の徳兵衛は、いつも世話をしていた柳橋の船宿に転がり込み、居候の身の上、そのうちに「船頭になりたい」と言い出す。 2018/7/23 ずっと徳兵衛のことを想っていたのだと告げます。, 近松門左衛門の「曽根崎心中」をもとに初代の古今亭志ん生が作った人情噺で、半月の興行の間、この噺を続き続きで演っていたと言います。, この「お初徳兵衛浮名桟橋」の徳兵衛が船頭の修行を始めた頃の話をふくらませて初代(実は三代目らしいですが)の三遊亭圓遊が改変したものが「船徳」です。, 志ん生の上手さは、この序段の最高に盛り上がるところで、「さぁ、どうしましょうねぇ」と客の緊張を一気に溶かしてしまう独特のとぼけた風情にあります。, サゲは「ここんとこ本が破けてわからねぇ」というものと、「お初徳兵衛浮名桟橋 序段でございます」といものがありますが、当然前者のほうが粋ですよね。, お初と徳兵衛のことを知った油屋九兵衛が策をめぐらし、徳兵衛とお初は心中に追い込まれます(中段), このあたりは、曽根崎心中の中で油屋の九平次が徳兵衛の金をどうしも貸してくれと言い、主人に返さなければならない金を貸してしまって心中へ向かうところを踏襲してるんでしょうね。, 親方が奔走して徳兵衛の勘当が解け、晴れて二人は夫婦になり、末永く仲良く暮らしたということになります。(下段), 志ん生のものでは、サラっと流されていますが、油屋の九平次が得意先の天満屋とお初を連れて浅草観音にお参りをして吉原へというのを、天満屋が吉原で昼遊びをして夜は柳橋にしようと予定を変えたことから、吉原へ別の芸者を連れて行くのは大変嫌がられる、というので一人船頭一人芸者はご法度とは言いながら、お初は船から上がらず、そのまま徳兵衛に柳橋まで送らせるといういきさつが語られます。, 夕立で船を止め、徳兵衛が船の中に入ってからについても、志ん生のものでは、お初が芸者の見習いをしている時に年始の挨拶に来た若旦那を見染めたということになりますが、, 雲助のものでは、お初が、徳兵衛の長屋に住み、徳兵衛にちょっかいをかけてばかりいたみすぼらしい子供であったことや、徳兵衛が柳橋で芸者と遊んでいると聞いたお初が、徳兵衛と仲良くなれるならと柳橋の芸者になったこと、男嫌いで通っているのも徳兵衛に操を立ててのことだったなどが語られます。. 落語『初天神』あらすじ・解説 hinemoto0930 2017年2月2日 / 2017年6月8日 こんにちは、アフリカ在住ブロガーのぴかりん( @ dujtcr77 )です。 落語の演目を解説するサイト。わかりやすくて深い内容。古木優と高田裕史が作成運営します。落語のあらすじを演目ごと千字に要約しています。450席を掲載。演目の成り立ち、わかりにくいことば、得意としてきた落語家、エピソードなどを説明します。 amzn_assoc_ad_type ="responsive_search_widget"; amzn_assoc_tracking_id ="wmtm-22"; amzn_assoc_marketplace ="amazon"; amzn_assoc_region ="JP"; amzn_assoc_placement =""; amzn_assoc_search_type = "search_widget";amzn_assoc_width ="auto"; amzn_assoc_height ="auto"; amzn_assoc_default_search_category =""; amzn_assoc_default_search_key ="お初徳兵衛 落語";amzn_assoc_theme ="light"; amzn_assoc_bg_color ="FFFFFF"; Copyright © 聴き比べ落語名作選 All Rights Reserved. 番組名:日本の話芸 落語「お初徳兵衛」 明治・大正・昭和・平成・令和の数々の芸人を、映像と音声で紹介します。, 勘当された徳兵衛は、一生懸命船頭の修行をして今や芸者は競って徳兵衛の船に乗りたいというほどの人気。 dimoraの番組紹介より, 【あらすじ】「船徳」として知られる落語の元の形で「お初徳兵衛 浮名の桟橋」の「馴れ初め」。「船徳」は滑稽ばなしだが、こちらは世話ばなし▽道楽が過ぎ勘当された若旦那・徳兵衛は、なじみの船宿で船頭をはじめ、売れっ子となる。ある日、芸者を乗せるが…, 編成の都合か、初回放送2016年07月31日の再放送です。よって、詳細はその記事をご覧ください。, NHK日本の話芸, お初徳兵衛, 五街道雲助 大丈夫かーい! 秋田ぐらし, 落語メモです。 放送日:2018年09月30日午後02:00~午後02:30 番組名:日本の話芸 柳家喬太郎「擬宝珠」 演者:柳家喬太郎 演目:擬宝珠 会場:東京・虎ノ門 ニッショーホール 公演日:2018年08月17日 落語会:第710回東京落語会, 落語メモです。 放送日:2019年05月05日午後02:30~午後03:00 番組名:日本の話芸 瀧川鯉昇「武助馬」 演者:瀧川鯉昇 演目:武助馬 会場:東京・虎ノ門 ニッショーホール 公演日:2019年02月15日 落語会:第716回東京落語会, 落語メモです。 放送日:2016年08月14日午後02:00~午後02:30 番組名:日本の話芸 落語「将棋の殿様」 演者:柳家小さん 演目:「将棋の殿様」 会場:東京・虎ノ門 ニッショーホール 公演日:2016年05月13日 落語会:第684回東京落語会, 落語メモです。 放送日:2015年08月23日午後02:00~午後02:30 番組名:日本の話芸 落語「お茶汲み」 演者:柳家小三治 演目:「お茶汲み」 会場:東京・虎ノ門 ニッショーホール 公演日:2015年06月19日 落語会:第672回東京落語会, 落語メモです。 放送日:2018年09月16日午後02:00~午後02:30 番組名:日本の話芸 桂南光「質屋蔵」 演者:桂南光 演目:質屋蔵 会場:大阪市 NHK大阪ホール 公演日:2018年07月05日 落語会:第387回NHK上方落語の会, 落語メモです。 放送日:2016年10月16日午後02:00~午後02:30 番組名:日本の話芸 落語「コテコテ劇場 男の花道」 演者:月亭八方 演目:「コテコテ劇場 男の花道」 会場:大阪市 NHK大阪ホール 公演日:2016年09月08日 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); あらすじ 女遊びに夢中になり親族会議で勘当され、女の元にしけこんだ若旦那の徳さん。 金が無くなり、追い出されてフラフラ歩いている所を船宿の親方が引き取った。 しばらく居候を決め込んでいたが、船頭にしてくれと親方に頼み、修行を始める。 この「お初徳兵衛浮名桟橋」の徳兵衛が船頭の修行を始めた頃の話をふくらませて初代(実は三代目らしいですが)の三遊亭圓遊が改変したものが「船徳」です。 浮名桟橋の徳兵衛は本気で三年間船頭の修行をしてお初と出会いますが、 落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい, 2013/12/15 船徳(ふなとく)は古典落語の演目の一つ。古今亭志ん生(初代)が作成したお初徳兵衛を初代三遊亭圓遊が面白おかしく、膨らました噺と言われている。 船徳(ふなとく)は古典落語の演目の一つ。古今亭志ん生(初代)が作成したお初徳兵衛を初代三遊亭圓遊が面白おかしく、膨らました噺と言われている。, 訳あって親元を勘当され、大川端にある船宿の居候となっている若旦那の徳兵衛だが、毎日が退屈なのと世話になっている船宿の親方の手前もあり、船頭にしてほしいと頼み込む。始め渋っていた親方だが、船頭たちも賛成してくれたので承知する。, だが、力の無い若旦那の事、一向にお呼びがかからない。夏の暑い盛り、浅草観音様の四万六千日の縁日に船頭が出払ってしまい、馴染みの客から声がかかる。心配する船宿の女房の心配もどこ吹く風と、徳兵衛は客を乗せて大川を渡ろうとするが失敗してばかり、客も「おい。大丈夫かい。」 人情噺「お初徳兵衛浮名桟橋」。