「青色申告」なら最大65万円の特別控除が受けられます。その分、所得が少なくなるわけですから、税金も少なくなります。なので「青色申告」にしたかったのですが(^^; はい。「白色申告」のほうが手続きが簡略化されていてカンタンです。翌年からの「青色申告」に向けた練習と思って、「白色申告」で手続きしたんですけど、正直、こんなに税金が戻ってくるなんて思わなかったのでビックリです。, 今回、会社員のTさんがやった確定申告は、「開業届と青色申告申請書を提出」したうえでの「事業所得」の「白色申告」ということです。そして、税金が戻ってきたカラクリは経費の計上と損失通算の制度にあります。そのあたりのお話を伺っていきましょう。, 税金は【所得】に税率を掛け算して計算します。会社員の給与所得は【経費】を引き算できませんが、事業所得の場合はそれができます。この点で、給与所得より事業所得の方が、税金計算の面で優遇されていると言うことができます。, 実は、転売の副業は始めたばかりで、経費を引いたら初年度は赤字だったんです。本気でやろうと思ったので、セミナーに通ったりもしましたし。, わかります、わかります。副業を始めるとき、最初に諸経費がかかりますし、軌道に乗ってちゃんと利益を出せるようになるまで時間がかかりますからね。でも、その経費が戻ってくるなら安心して準備できますね。, あ、ちょっと待ってください! 経費が戻ってくるわけではないですよ?  でも、気持ちは分かります。会社員が「経費で落とせる」って言うと、「経費は会社負担だから、いったん自腹で払ってもあとで全額、会社から戻ってくる」っていう意味で言いますからね。でもこれは違います。経費分が全額、戻ってくるのではなくて、「税金が掛かる収入から差し引くことができる」ということです。勘違いしやすいので注意してくださいね。, ※※勘違いに注意※※ 経費が戻ってくるわけではありません。税金が掛かる「収入から経費分を差し引くことができる」だけです。, どんな費用が経費に計上できるかは、また今度お話しするとして、事業所得が赤字となったとき、会社員としての給与所得と「損失通算」できます。この制度がスゴいんです!, 「損失通算」とは、副業での赤字を給与所得からマイナスし、合計の所得を少なくすることができる制度です。, 会社員の給料から天引きされている税金は、副業の赤字分をマイナスする前の所得で計算されています。副業の赤字分を給与所得と「損失通算」すると、税金を計算する元となる所得が少なくなるため税金も少なくなります。税金を払いすぎていたことになるんですね。これが確定申告によって、本来の税額に計算しなおされ、払いすぎていた税金が戻ってくる(税金が還付される)のです。, 確定申告で税務署に提出する必須書類は●収支内訳書●確定申告書Bの2つです。個人事業主の確定申告は1年に1回、時期が決まっています。具体的な日程は年によって異なりますが、2月中旬から3月中旬が申告期間です。, だからと言って、その時まで何もしないでいいということではありません。1年間の収支を計算するのですから、日ごろから収支を記録しておく必要があります。この記録を1年分集計したものが「収支内訳書」です。, Tさんのように会社員が副業の「白色申告」をする場合は、この「収支内訳書」と会社から発行される「源泉徴収票」をもとに「確定申告書B」を作成します。, 「収支内訳書」と「確定申告書B」はいづれも、紙に手書きで作成し書面を提出… もできますが、やはり『e-Tax』が便利です。平成31年から利用手続きが簡素化され、より使いやすくなりました。, 私は、マイナンバーカードもICカードリーダーも持っていないので、「ID・パスワード方式」で手続きしました。開業届を提出しに税務署に行ったついでに「e-Taxの開始届出書」も提出し、一度で手続きを終わらせました。, 対面での本人確認があるので、運転免許証などの身分証明書があるとスムーズだと思います。手続きは5~10分くらいだったと思います。実は私、開業届を出しに行ったとき、「e-Tax」のことを知らなくて、窓口ですすめられたんです。それで言われるがままに手続きしたんですけど、税務署の方が親切に教えてくださって本当に助かりました。, それは心強いですね。なるべく丁寧に説明してもらうには、年末から3月末の忙しい時期を避けていった方がよさそうですね。, そうですね。会社員にとって税務署は、あまり馴染みのない場所ですから、私も行ったときはオドオドしちゃいました(^^; ちなみに、私が行ったのは9月ですが、税務署はとてもすいていました。, ぱっと見で引いちゃいますよね(^^; でも実は、大きな項目は3つしかないんですよ。とてもシンプルでカンタンなんです。, 中古品販売の仕入金額や手作りアクセサリーの材料費など、いわゆる「原価」です。売上より先に発生するので、仕入れたり作ったりしたものの、まだ売れていないものは在庫として残ります。「棚卸高」という欄がありますが、これは、在庫の原価額合計のことです。, 経費の種類(科目)によって欄が分かれていて、主な科目は印刷してあります。記載のない経費は、③-2の空欄に追記すればOK。日ごろの収支を記録していく際には、この科目ごとに分けて記録していくことが大事です。, 白色申告では青色申告にある特別控除はありませんが、その分、必要書類が簡素化されています。そこが白色申告のメリットでもあります。, 売上があったときに、売上高だけではなくその原価も記録しておくことがポイントです。レシートや領収書は原本を7年間保管してください。記録したからって、すぐに捨てちゃだめですよ(^^; それと、もし複数の事業をやっている場合ですが、収支内訳書はすべての事業の合計で記入します。事業ごとに別々に作る必要はありません。, なんだか私でもできるような気がしてきました!これから副業を始めようとしている人にとって、とても参考になるお話でした!やっぱり、実体験のある方のお話は違いますね(^_-)-☆, お役にたてて嬉しいです! 初めて「副業の確定申告」をやったのですが、21万円以上も税金が戻ってきて、驚くと同時に「これ、知らない人多いんじゃないかな?」って思ったんです。私の経験を皆さんにお伝えする機会をつくってくださって、こちらこそ、ありがとうございました。, 「開業届」は無料ソフトを使えばカンタンに作成できます。印刷してそのまま税務署に提出しましょう。ついでに、「e-Tax」の手続きをしておくと、インターネットで確定申告できて、とても便利です。, 下記の「無料で開業届を作成する」をクリックし、トップページにある「プロダクト」の中に「開業届作成サービス」があります。, 「給与所得」では【経費】が計上できません。「事業所得」では、かかった経費を【収入】から差し引きことができ、その分【所得】がすくなくなります。, 個人事業主の確定申告は、1月1日から12月31日までの1年間を計算期間とし、毎年2月中旬~3月中旬(具体的な日程は年によって異なる)に行います。提出する書類は「収支内訳書」と「確定申告書B」の2つだけ。, 『様々な格差を解消し 心豊かな人生を 多くの人とシェアしたい』をモットーに活動しています。合言葉はBe Happy☆, 【所得】が多いと税金も多くなり、【所得】が少ないと税金も少なくなります。ここまでは、カンタンですね。, この【控除】や【経費】の制度が、「所得の種類」によって異なるんです。なので、やっている「副業」の「所得の種類」がポイントになるというわけです。, 会社員の場合、会社から支払われるお給料も「所得」です。この給与所得にかかる「税金の計算」と「納める手続き」は、会社が行っています。だから会社員にとって、確定申告があまり身近ではないんですね。自分でやらないからピンとこない。でも、副業の場合はそうはいきません。自分で計算し、税金を納める必要があります。, というと、「難しそう」「めんどくさそう」と思うかもしれませんが、実はそうでもないようです。しかも、Tさんのようにきちんと確定申告をすれば戻ってきたはずの税金も、, 「事業所得」の赤字分を給与所得などの他の所得と「通算」できます。天引きで払いすぎてが税金が、確定申告によって戻ってくるのは、この「損益通算」制度のためです。, 利益がでたら確定申告をして税金を納めるのは当然の義務ですが、損失がでたときこそ、知らないと損する制度です。, これは、副業を始めた会社員Tさん(仮名)が、確定申告を行った際の実際の画面です。「還付される金額」つまり、, 服飾関係の企業にお勤めのOLさん。30代後半。お給料は、月に手取りで40万程度。リサイクルショップで家電などを仕入れて、インターネットで販売する副業を始めて1年。, 副業解禁になったので、何かやってみようとしているところ。確定申告については、ほとんど知識なし。, 『「事業所得」として申告すると、「雑所得」にはないオトクな制度が使えるようになる』, みんなそう思いますよね。でも、そうは簡単にいかないんです。何でもかんでも「事業所得」として申告できる, は、営利性・有償性・継続性・反復性があるか、精神的あるいは肉体的労力の程度や人的・物的設備があるか、また、社会的地位・生活の状況などを考慮して判断します。加えて、その事業が生活の糧となるものか、一般的に職業として認知できるかも判断材料となります。(国税局), 複雑そうに見える「収支内訳書」ですが、大項目は「収入」「原価」「経費」の3つだけ。「経費」は内容ごとに集計して記載するので、日ごろの収支の記録も、その内容ごとに整理して集計しておきます。, ライターのコウです。最後までお読みいただいて、ありがとうございます。「必要な人に必要な情報を、私なりに整理して分かりやすくお届けする」をモットーとしています。「確定申告」は難しそう、面倒くさそうと思われがちです。でも、ひとつひとつ紐とけば誰にでも理解できる制度です。知ることでオトクな制度も利用できるので、多くの方に知っていただけたらと思います。お役に立てたら嬉しいです。 Be Happy☆. 事業をしていると、当然のことながら浮き沈みは発生するものです。とくに開業して間もなくは、設備や備品など初期投資に出費がかさみ、すぐに黒字というわけにはいかない場合が多いでしょう。では、事業をしていて赤字になった場合、所得税はどうなるのでしょうか。, 所得がないのですから所得税を納税する必要はありませんが、白色申告と青色申告には、赤字になった場合において、大きな差があります。この、赤字が出たときの処理の違いは、節税にもつながるポイントですから、覚えておきましょう。, ここでは特に3つ目の青色申告と白色申告で異なる赤字の繰り越しについて見ていきます。, 青色申告では、事業所得に赤字(損失)が生じた場合、申告書を提出することで翌年以降3年間の「繰越控除」が認められます。ここでいう赤字の繰越控除とは、具体的にどのようなことなのでしょうか。, 例えば、前年が200万円の赤字で、当年が200万円の黒字だったとします。前年は課税所得がマイナスのため、当然のことながら課税されません。, 一方、当年は課税所得が200万円のため、その200万円に対して課税される、と思いきや、前年の損失分である赤字200万円を繰越せるため、「今年度の課税所得200万−前年度損失200万=0円」となり、今年の課税所得は「0」になります。当然、課税もされません。, ちなみに、3年間赤字が繰り越せるというのは、例えば1年目に赤字の額が大きく、2年目の黒字でも、3年目の黒字でも差し引き0にならなかった場合は、4年目(赤字から3年以内)にも1年目に出た赤字を繰り越して、黒字分から差し引きできるという意味です。, このように青色申告であれば赤字分を繰越して、実際の利益に準じた課税になります。しかし、これが白色申告では事情が違ってきます。, 白色申告の場合も、所得が0のとき、あるいは赤字が出たときは申告する義務はありません。上記の例で説明すると、青色申告と同様に前年の赤字200万円には課税されることはない、ということです。, しかし、次の年に黒字となった場合でも、前年の赤字を繰越して黒字所得と相殺することができないため、当年の課税所得200万円からは差し引かれず、そのまま課税されることになります。, 青色申告なら課税額0円、つまり所得税を支払わなくても済むのに対して、白色申告なら課税所得200万に課税されるため、「200万(課税所得)×10%(税率)−9万7,500(控除額)=10万2,500円(所得税)」がかかることになります。, ただし、白色申告においても、変動所得や被災事業用資金の損失に限っては、損失を繰り越すことが認められています。, 変動所得というのは、原稿料や著作権使用料のほか、漁業やのりなどの養殖など、その年によって大きく変動する可能性がある所得のことです。また、被災事業用資産の損失というのは、災害などによって、棚卸資産や事業に使っている固定資産が被害を受けた場合の損失のことを指します。, 青色申告をする人が、今年度の事業所得などに損失が生じた場合、前年も青色申告を提出していれば、前年分の所得に対する税額から還付を受けることができます。去年は黒字で所得税を払ったけれど、今年は赤字で損をしました、ということになれば、去年に支払った所得税からそれ相応の金額を戻してもらえるのです。, ただし、損失の繰戻しに関しても白色申告者には適用外となります。損失の繰り越しについては「青色申告の損失申告による赤字の繰り越し」を参考にしてください。※ 掲載している情報は記事更新時点のものです。, 税理士法人ゆびすい 創業は70年を超え、税務・会計はもちろんのこと経営コンサルティングや法務、労務、ITにいたるまで、多岐にわたる事業を展開し今では4500件を超えるお客様と関与させて頂いております。 TOP 副業解禁となり、さっそく副業を始めたものの赤字。そんなとき、「確定申告」によって税金が戻ってくることがあるんです!。そこで、実際に「副業の確定申告」で20万円以上の税金が戻ってきた会社員Tさんに、いろいろ教えていただきました。 }()); 明細データを自動で取得し、自動で仕訳。手作業を大幅にカットして、確定申告をラクにできます。. 副業が赤字!でも・・・「確定申告で20万以上の税金が戻ってきた」, これは、副業を始めた会社員Tさん(仮名)が、確定申告を行った際の実際の画面です。「還付される金額」つまり、 戻ってくる税金が21万円以上 ということです。, ●えっ?!どういうこと?!●副業で税金が戻ってくるの?●ネットで不用品を売るのも副業?●確定申告はしないといけないの?●どうしてなの??, 当然の疑問ですよね。会社員にとって「確定申告」は、あまり馴染みのない存在。都内の某企業に勤める私自身もその一人です。せいぜい医療費控除を受けるために、やったことがあるくらい。, 働き方改革が話題になる中、副業を認める企業が増えているという話はよく耳にします。利益が出たなら確定申告して税金を納める必要があるんだろうな... くらいの感覚でした。確定申告で税金が戻ってくるとは、どういうことなのか?!, そこで! 副業の確定申告を行って、実際に21万円以上の還付金を手にしたTさんに、いろいろとお話を伺ってきました。, 「知らなかった」「知っておいてよかった!」と思う情報ばかりです。ぜひご覧ください。, これ、ちゃんと答えられる人は少ないんじゃないでしょうか。大きな声では言えませんが、私もその一人です。会社員の場合、通常は給与天引きで税金を納めています。納める税金を自分で計算したり、直接納めたりすることがない。手にするお給料は税引き後なので、税金を納めている実感が持ちにくいため、関心も薄くなってしまうのではないでしょうか。, 皆さんは「確定申告」について、どんなイメージをお持ちですか?●自営業の人がやるもの●フリーランスの人がやるもの●医療費控除を申請したいときにやるもの●ふるさと納税したらやるもの●副業で利益がでたらやるものどれも間違いではないと思います。が、「自分には関係ない」って思ってないですか?でも、もしあなたが会社からのお給料以外の収入があるなら、知らないために損していることがあるかもしれないんですよ?! とくに、●最近、副業を始めた●副業をやってるけど利益は出てないという人は、要注意です。おおいに関係あります!, そもそも確定申告は、1年間の収支から税金を計算して申告する制度です。「そんなことは分かってる」と言われそうですね(^^;では、【例えば会社員が副業をやっていて、その副業が赤字のとき、確定申告によって給与天引きされていた税金が戻ってくる可能性がある】と言ったらどうですか?もちろんこれは、法の抜け穴でもなんでもなく、正式な制度に基づく正当な手続きによるものです。と言うと、なんだか難しそうですが、そんなことはありません。副業で利益が出たときは、確定申告して税金を納める必要があり、それをやらないと罰則があります。ところが、副業が赤字のときは、確定申告をしなくても罰則はありません。きちんと手続きすれば戻ってきたはずの税金も、戻ってこない。だけ。知ってる人はやっているってことなんですね。つまり、知らない人は損してるってことなんです, Tさんは、「副業の確定申告で21万円以上の税金が戻ってきた」そうですね。働き方改革で副業に注目が集まってますので、「副業に関する税金のことを知りたい」って人、多いと思うんです。ですので、今日はいろいろ教えてください。よろしくお願いします!, まず、副業について教えてください。Tさんは会社員ですよね?どんな副業をやってるんですか?, 最初は「副業」なんで大げさなつもりはなかったんです。友達からネットで不用品を売ってるっていう話を聞いて、私もやってみようかなと。読み終えた本などを出品してたのですが、けっこう順調に売れて。それで不用品の処分ではなく、「売る目的で買ってそれを売る」つまり「転売」をやるようになりました。, それとブログもやっていて、アフィリエイト広告も貼ってます。時々報酬が発生してるんですよ!, 【収入】は売上など「入ってきた金額」、【所得】は収入から「経費などを引いた残り」と思ってください。そして税金は、この【所得】にかかります。, そこがポイントです。今回私が「副業の確定申告で税金が21万円以上戻ってきた」のは、, と言うことは、事業所得なのか雑所得なのかもポイントってことですね! いよいよ核心に迫ってきた感じ。でも、だんだん難しくなってくるような気もする…, 大丈夫!ひとつひとつ順を追って整理していけば、難しくないですよ。税理士を目指すわけではないので、必要なことから理解していけば充分です。分かってくると、とてもおもしろくて、楽しくなりますよ。, 「事業所得」と「雑所得」は何が違うのか。結論はズバリ、『「事業所得」として申告すると、「雑所得」にはないオトクな制度が使えるようになる』です。詳細はのちほど説明しますが、ポイントは3点です。, ②最大65万円の「青色申告特別控除(あおいろしんこく とくべつこうじょ)」が受けられる, いづれも「雑所得」では使えない制度です。そして、Tさんが「副業の確定申告で税金が21万円以上戻ってきた」のは、 この①の制度によるものなのです。, じゃあ、「雑所得」で申告しても意味ないじゃないですか?! 私もアフィリエイトの収入を「事業所得」として確定申告したいです!, みんなそう思いますよね。でも、そうは簡単にいかないんです。何でもかんでも「事業所得」として申告できるわけではないんですよ。やっている「副業」が「事業」として認められる必要があるんです。, 事業所得としての副業は、営利性・有償性・継続性・反復性があるか、精神的あるいは肉体的労力の程度や人的・物的設備があるか、また、社会的地位・生活の状況などを考慮して判断します。加えて、その事業が生活の糧となるものか、一般的に職業として認知できるかも判断材料となります。(国税局), 毎月コンスタントに仕入をして、売上をあげています。有料のセミナーに参加して、ノウハウを勉強したりもしました。本気でやるために、『開業届』も提出しました。, 個人事業を開業したことを税務署に申告するための書類で、正確には「個人事業の改廃業届出書」と言います。出さなくても罰則はないのですが、屋号で銀行口座がつくれたり、詳しい説明はここでは省きますが、開業届が出てないと「青色申告」はできません。ただ実際に開業届を出してみると、『個人事業主として開業した!』という自覚が持てて、モチベーションがあがりました。その部分が大きかったように思います。, 気持ちの問題… ですか。たしかに、大事かもしれませんね。私もやってみようかな。どうやればいいんですか?, インターネットの無料ソフトを使って、提出書類つくればカンタンですよ!書類は、事業を営む営業所所在地の管轄税務署に提出します。自宅で行う副業なら、住所の管轄税務署になります。, 窓口で書類を提出するだけですから、すぐ終わります。私の場合、申請だけなら5分もかからなかったです。, そうなんです。難しいことなんて何もなくて。しかもその時に、税務署の担当者の方が確定申告のやり方なども教えてくださいました。税務署での相談は無料ですから、使わない手はないですよね。税務署によっては予約制のところもあるようですけど、私が行ったときは予約の必要もなく、その場でいろいろ相談にのってもらえました。, 費用も掛かりませんし、「副業で確定申告」の第一歩として、開業届を出しましょう! 同時に、インターネットで確定申告ができる「eーTax」の利用手続きも済ませておくといいですよ! これについては後でまた、お話しますね。, 「確定申告」とは、1年の「所得」にかかる税金を計算し、税金を納めるための手続きです。個人の場合、計算期間は、1月1日から12月31日までの1年間。申告期間は、2月中旬から3月中旬までの1か月間で、具体的な日程は年によって異なります。, 副業による所得があるなら、それにかかる税金は、自分で計算して、自分で納めなくちゃいけない。その手続きが「確定申告」ということなんですね。会社員は税金は給与天引きですから、税金の計算なんて、あまり気にしたことがなかったです。, そうですよね。でも実は、給与所得より事業所得の方が、税金計算の面で優遇されているんです。コレ、副業やるならゼッタイに知っておくべきですよ! というより、知らないともったいないです。「副業で確定申告」のために必要なことだけ理解すれば充分なので、ちっとも難しくないですし、「お金」のことをきちんと考えるきっかけにもなると思います。, そうか! すべてを理解しようと思わなくていいんですね。ネットで調べたり、参考書を読んだりしても、漢字ばかりの難しそうな単語が並んでいて挫折しちゃうんですけど、Tさんの実体験にもとづく「ここがポイント」というところだけを学べばいい… Tさん、ありがとうございます!!. 確定申告には白色と青色の二種類があり、それぞれ特徴が異なります。どんな人が白色申告に向いていて、どんなメリットがあるのでしょう?書き方もきになるところです。この記事では、個人事業主やフリーランスが白色申告をする上で必要な知識をご紹介していきます。 var num = String(Math.floor( Math.random() * 5 )); > 「顧問先さまと共に繁栄するゆびすいグループ」をモットーとして、お客さまの繁栄があってこそ、ゆびすいの繁栄があることを肝に銘じお客さまのために最善を尽くします。 白色申告で確定申告をしている人は注意が必要です。白色申告と青色申告では確定申告の際に赤字の取り扱いとその赤字の取り扱いが異なっているのです。しっかりと、白色申告の赤字について理解して青色申告への移行をしていきましょう。 document.getElementById("boxzilla_wh_basic_to_app_" + num).style.display = "block"; ビジネス・仕事 1.白色申告には特別控除がないが、青色申告には特別控除がある 2.白色申告の専従者控除では家族への給与全額を経費として計上できないが、青色申告の専従者給与では給与の全額を経費として計上できる 3.白色申告では赤字の繰り越しができないが、青色申告では赤字の繰越ができる 副業 「白色申告で赤字になったけど、税務署に提出しても平気?」「収支内訳書は赤字にしないほうがいいの?」このような疑問にお答えします。正しい内容であれば、確定申告書は赤字で提出しても大丈夫です。どうせ赤字になるなら白色申告よりも青色申告のほうが有利ですよ。 お客様第一主義に徹し、グループネットワークを活用することにより、時代の変化に即応した新たなサービスを創造し、お客様にご満足をご提供します。. 確定申告の際に提出する書類は多いのですが、「白色申告」より「青色申告」の方が、よりオトクな制度が使えるんです。なので「青色申告」したかったのですが、必要な届けを出すのが遅くなってしまって、初年度はそれができなかったんです(^^; 「青色申告」を行うには、開業届と合わせて「青色申告承認申請書」を提出します。この申請書は事業開始から2か月以内、もしくは1月1日から3月15日までに提出しなければなりません。期限を過ぎた場合、青色申告できるのは翌年からになります。, 私は副業を始めたのが4月1日だったのに、開業届と青色申告の申請書を出したのが9月になってしまって。それで初年度は「白色申告」になったんです。ちなみにこの「青色申告承認申請書」も、先ほどの無料ソフトで同時につくれます。. この制度は、青色申告書である確定申告書を提出する事業年度に欠損金額が生じた場合(以下、この事業年度を「欠損事業年度」といいます。)において、その欠損金額をその事業年度開始の日前1年以内に開始したいずれかの事業年度(以下「還付所得事業年度」といいます。)に繰り戻して法人税額の還付を請求できるというものです。 ただし、この制度は、清算中に終了する各事業年度の欠損金額、解散等の事実が生じた場合の欠損金額及び中小企業者等の各事業年度において生じた欠損金額を除き、平成4年4 … 法人でも個人でも、開業してまもない頃はなかなか黒字にならず、利益がマイナス──つまり赤字になることがしばしばあります。赤字の取り扱いは、確定申告の際に青色申告と白色申告のどちらを選択したかで大きく異なります。, 確定申告で青色申告を選択した場合、赤字が出ても損失(赤字)の繰り越し、または繰り戻しによる税金の還付が受けられます。赤字の繰り越しとは「赤字が発生した年の次の年から3年間まで所得から赤字の金額を控除できる制度(=繰越控除)」で、大きな節税効果が期待できます。, 白色申告の場合は、被災時などを除き、この赤字の繰り越しができません。白色申告でも、赤字だからといって無申告だと銀行の融資が受けられなかったり、国民健康保険料の算定に不利だったりと、さまざまなデメリットが発生します。この記事では、赤字が出た場合の青色申告と白色申告の処理の違いと無申告の場合のデメリットについて、具体的な例を挙げてご紹介します。, 赤字の場合、所得に対してかかる税金(所得税)は発生しません。これは青色申告でも、簡易簿記(*1)で済む白色申告でも違いはありません。しかし、青色申告を選択すれば翌年以降に黒字が出た場合でも、所得金額から前年度までの損失(赤字)を差し引いて最終的な課税対象額を計算できます。, 白色申告の場合、地震や台風で店舗が被災したなど一定の場合を除き、赤字を翌年以降に繰り越すことはできません。, また、繰越控除とは逆の「欠損金の繰り戻し」──つまり、今年度の赤字を前年度の黒字から差し引いて、前年度に支払った税金の一部を還付してもらえる制度も青色申告のみを対象としています。こうした点から、青色申告を選択したほうが節税対策上のメリットが大きいのです。, 青色申告は事前に青色申告承認申請書を税務署に提出しなければならない、複式簿記による帳簿つけが必要、などの義務がありますが、税制上のさまざまな特典を受けられます。個人事業で赤字が出た場合、翌年以降3年間、この赤字を事業年度の所得から控除できる「純損失の繰り越しと繰戻し」の制度もそのひとつです。, 青色申告の損失(赤字)の繰り越しを次のような具体的な黒字、赤字の数字を例にわかりりやすくご説明します。, ある青色申告者の個人事業が、このような数字になりました。所得税計算は、基本的に1年ごとの所得に対して計算されます。従って、それぞれの年の所得に対して一定の算式を用いて所得税額を計算していきます。, 2年目については所得、つまり儲けがありません。200万円の赤字ですから、所得がないということでその年については税額がないことになります。そして青色申告の場合、それでは終わりません。2年目に計上された200万円の赤字について、翌年に繰り越すことができるのです。, 3年目は600万円の黒字が出ています。しかし、2年目に出た200万円の赤字が繰り越されて600万円から差し引かれ、400万円の所得に対して税金を計算ことになるのです。この損失(赤字)の繰り越しは青色申告の大きな特典となっています。, 損失(赤字)の繰り越しが大きな効果を発揮するのは開業当初です。通常、開業したばかりというのは商売が中々上手くいかない状態。2~3年継続して、ようやく黒字経営になるような事例も珍しくありません。そのときに青色申告を選択していれば、実際に黒字が出るようになったときに前年以前に計上された損失(赤字)を繰り越し、その年の所得を減少させることができます。所得が減少することで、節税ができるのです。, 繰り越せる期間は翌年以降の3年間に限定されています。特に開業当初に関していえば、3年以内に黒字を達成することができれば、開業当初の損失(赤字)が活きてくることになります。, 白色申告は青色申告のように損失(赤字)の繰り越しができません。仮に損失(赤字)が計上されたとしても、その年で切り捨てられることになります。下記の例でいえば、3年目に計上された600万円については、600万円のままで税金計算をしなければならないのです。, 白色申告においても、変動所得や被災事業用資金の損失(赤字)に限って損失(赤字)を繰り越すことができます。変動所得とは、印税や原稿料、作曲料、著作権使用料のほか、漁業や養殖など、その年によって大きく変動する可能性がある所得のことです。また、被災事業用資産の損失(赤字)は、棚卸資産や事業用固定資産が被害を受けた場合の損失(赤字)を指します。, 特に開業当初に白色申告にしてしまっているケースでは、大損をしてしまうことが珍しくありません。繰り返しになりますが、商売というのは始めたばかりのころは上手く儲けが出せないものです。ですので、できれば開業と同時に青色申告の適用を受け、しっかりと損失(赤字)の繰越が有効活用できるような体制を整えておくことがとても大切です。, 青色申告に関しては損失(赤字)について繰り戻しをすることもできます。下記の例でいえば、2年目に計上された200万円の損失(赤字)について、1年目に計上された400万円の黒字に対して前年に遡って相殺することができるのです。, 1年目はその時点において400万円の所得に対して税金を支払っていますから、改めて200万円の所得に対する税額を計算し、その差額(払いすぎになっている部分)は還付をしてもらえることになります。, 税法上、所得金額が基礎控除額である38万円以下の個人事業主は確定申告不要とされています。損失(赤字)の繰り越しや税金の還付を受けるためには、確定申告が必須なので青色申告者はたとえ赤字であっても忘れずに確定申告を行ってください。また白色申告者が無申告の場合にも、さまざまなデメリットが生じます。, 事業の拡大や資金調達のために銀行に融資を申し込むと、税務署の収受印がある3年分の確定申告書の写しを求められます。これは事業内容の推移を見て返済能力をチェックするためです。しかし、無申告の場合は所得証明となる確定申告書を用意できません。つまり、無申告だと借り入れの際、非常に不利になるということです。, 非課税(課税)証明書は市区町村が発行している所得金額や課税額の証明書です。この証明書に記載されているのは住民税の課税額です。非課税証明書は児童手当の申請や公立の保育所の入所申込などに必要ですが、無申告の場合は発行されません。無申告だとこうした各種手当の申請においても不利益が多々発生します。, 個人事業主は会社員とは違い健康保険料が企業と折半になりません。全額自己負担の上、均等割といって家族(加入者)1人1人にかかります。しかし、所得金額が一定の基準以下の場合は保険料の軽減措置が受けられ、負担が格段に軽くなります。しかし、無申告の場合、この軽減措置は適用されず保険料の算定が著しく不利になります。, このように無申告だとさまざまなデメリットが発生するので、青色申告・白色申告を問わず必ず申告するようにしましょう。なお非課税証明書の発行および国民健康保険の軽減措置は、確定申告をしなかった場合でも住民税の申告を行うことで適用が受けられます。詳しくはお住まいの各自治体にお問い合わせください。, 確定申告は個人事業主・フリーランス、さらに最近では副業で収入を得た会社員の方など、様々な方に関わりが深い一大イベントです。確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、対象者は期限までに書類を作成し納税をすることが義務付けられています。青色申告の方が税金の控除がかかるためお得ですが、事前に税務署への届出が必要なので、今年副業で思ったよりも稼げてしまったなど届出をしていない方は今年は白色で申告をすることになります。, 青色申告に比べると簡単と言われる白色申告ですが、書類作成に不安をお持ちの方は少なくありません。確定申告書類を作るには、手書き含めいくつか方法がありますが、お勧めは確定申告ソフトfreeeの活用です。, 確定申告ソフトfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に白色申告書類を作成することができます。, まずは基本情報の入力です。あなた自身の情報やお仕事(事業)の内容について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択します。各項目の横には「?」マークがついており、カーソルを当てると詳しい説明を見ることもできます。, 次に、白色申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。1年間の収支に関して画面の指示に沿って○×形式で15の質問に答えていきましょう。, 有料のスタータープラン(月額1,180円)、スタンダードプラン(月額2,380円)はチャットで確定申告についての質問が可能。, スタータープラン(月額1,180円)に申し込むと白色申告に必要な書類のプリントアウトも可能。印刷して郵送するだけで確定申告が完了します。, マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!, 税務署に行かずに確定申告を終わらせるなら、電子申告(e-Tax)がおすすめです。freee電子申告開始ナビ(無料)について詳しくみる, 確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。, 税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要ですが、確定申告ソフトのfreeeを活用すれば、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができ、その費用も月額1,180円です。余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。, 個人事業主が事業を行い、赤字になった場合の白色申告と青色申告の処理の違いについて紹介しました。開業したばかりで収入が不安定な個人事業主にとって、赤字の繰り越しや税金の還付を受けられる青色申告は大きなメリットです。逆に赤字だからといって確定申告をしないとと、デメリットが発生します。, 青色申告の適用を受けるためには青色申告者になる必要があります。青色申告の場合、複式簿記により記帳した帳簿を基に損益計算書および貸借対照表を作成し、確定申告書に添付しなければなりません。手書きやエクセルで帳簿を作成しようとすると膨大な手間がかかり、簿記や税金の知識が求められます。, そこでおすすめなのが確定申告ソフトfreeeです。確定申告ソフトfreeeには口座とソフトを連携させて自動で仕訳入力できるなど、便利な機能が搭載されています。質問に答えるだけで申告書一式が作成できるので、面倒な確定申告も簡単です。節税による経営安定化のために、確定申告ソフトfreeeの導入をぜひご検討ください。, 白色申告ソフト freeeなら、面倒な白色申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!.