企業に書類を提出する際は、添え状を付けましょう。添え状を付けるのは書類提出の際の大切なマナーであり、添え状なしで提出すると、マナー違反となって印象が悪くなるため注意が必要です。添え状とは、企業へのあいさつや提出する書類の種類、枚数などを示した書状であり、礼儀的な意味合いだけではなく実用的な意味もあります。, 添え状を付けることで提出書類の不備や間違いなどを防ぐことができ、より確実に書類のやり取りができるでしょう。添え状は就活だけに限ったマナーではなく、社会人になってからも必要になることが多いです。添え状の作成方法や注意点を知り、正しいマナーを身につけましょう。, 添え状は実用的な側面もあることから、記載すべき項目は決まっています。記載漏れがあると、単に失礼になるだけではなく、添え状としての機能を失ってしまう可能性もあるため注意しなければなりません。せっかく同封しても必要な項目が記載されていないと意味がなく詰めが甘いと判断され、マイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。詳細な記載項目まで把握して、不備や間違いのない正しい添え状を作成しましょう。, 日付は添え状の右上に記載が必要で、書類の中でも最も上部に記載する項目です。日付は西暦と和暦どちらを使用しても構いませんが、年月日まで全て記載しましょう。また、添え状内で他にも年月日を記す必要がある場合は、それらとも西暦、和暦を合わせておきます。間違えないためには普段から使い慣れている方を使うことが大切ですが、細部までこだわるなら同封書類で用いた表記と同じものに揃えるのがおすすめです。, 履歴書やエントリーシートを同封しているなら、年月日を記載する項目が含まれているため、それと表記を合わせておくとより間違いがなくていいでしょう。添え状に記載する日付は、作成日ではなくポストに投函した日になるため、これも間違えないよう注意が必要です。, 宛先は添え状の左上、日付よりもやや下の位置に記載します。宛先では企業名、部署名、分かっている場合はチームや個人名など細かい点まで記載しましょう。宛先は分かっている範囲で構いませんが、できるだけ詳細まで指定することが大切です。, また、宛先の省略は避けましょう。全て正式名称で書かなければなりません。株式会社を(株)とするなど、省略の表記を用いるのはNGです。宛先の最後には敬称が必要です。敬称は最終的な宛先がグループなら御中、個人なら様となり、これも正しく使い分けるようにしてください。, 署名は添え状の右中央部のやや上あたりに記載する項目で、日付と宛先よりも下の位置にくるよう調整しましょう。自分の情報が企業の宛先よりも上にきていると失礼にあたり、全体的なバランスも悪く不格好にみえてしまいます。署名では郵便番号からの住所や大学・学部・学科名、氏名、連絡先などを記載します。, 連絡先は電話とメールの両方を記載しておきましょう。就活中は書類に限らず、企業と連絡のやり取りをすることも多く、連絡先を正しく提示するのは大切なことです。企業によっては添え状に記載された連絡先を使って、学生にコンタクトを取るということもあります。署名はマナーはもちろん、実用的な意味合いが強いため、忘れず記載することが大切です。, 添え状では、いきなり本題から口火を切るのはNGです。最初に導入のあいさつ文を記さなければなりません。あいさつ文は拝啓で始まり敬具で占めるのが基本です。この形は崩さないようにしましょう。拝啓の後はひとつ開け、時候のあいさつをします。時候のあいさつとは「○○の候」のように時期によって異なるため、書類提出のタイミングに合わせて変えましょう。, 1ヶ月のうちでも、上旬、中旬、下旬で使用するあいさつの内容が違うため、細部までチェックして、その時に合うものを選ぶことが大切です。また、時候のあいさつを調べるのが面倒なら、「時下」としても構いません。時下はいつの時期でも使える万能なあいさつのため、覚えておくと便利でしょう。, あいさつ文の後には、「記」と記載して、その下に同封する書類のリストを書きます。同封書類は箇条書きで記す必要があります。何が何枚入っているかまで表記しましょう。例えば履歴書と健康診断証明書の2つを提出するなら、履歴書1枚、健康診断書1枚と表記する必要があります。提出書類によっては、枚数が増えることもあるため、1枚でも枚数を記載しなければなりません。, 同封書類の記載する順番は特に決まりはありませんが、重要度の高い書類から上に書くのが一般的です。履歴書、エントリーシート、健康診断書の3つを提出するなら、選考に関係する履歴書やエントリーシートを上に書くのが普通でしょう。同封書類を全て記載した後は、以上と書いて締めます。, 〒111-2222

添え状テンプレート:内定先への入社用書類 内定承諾書や雇用契約書・労働条件書 などを提出する時に使える内容です。 見本では枚数を正確に書き添えていますが、枚数をひとまとめにして「1部」「1通」でも問題ありません。 Email Shukatsu.com(右寄せ), 拝啓 時下貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。この度貴社選考の情報を拝見し、応募させて頂きました。 | ただし、例文をそのまま流用するのはNGです。採用担当者に「手を抜いている」とみなされ、熱意がないと判断されるリスクがあります。特に志望動機・自己PRを書くパートでは自分なりのアレンジを加えてください。, 送付状・添え状には、書き方以外にもマナーがあります。注意すべきポイントは、受け取り手である採用担当者に配慮し、管理しやすいよう工夫をすること。相手の立場に立って考えるのが大切です。どれほど立派な内容でも、マナーを守れていなければマイナスの印象を持たれることがあるので注意してください。, 送付状・添え状は1枚にまとめるのが鉄則です。志望度の高さや熱意を伝えたいからといって、2枚、3枚と書き連ねることは、送付状の目的を考えたときにふさわしいとはいえません。, 用紙にはA4サイズを使いましょう。ほとんどのビジネス文書がA4サイズで作成されるため、採用担当者にとって確認・管理のしやすいサイズだからです。また、ビジネス文書なので、手書きではなくパソコンで作成することをおすすめします。Wordを使い横書きで作りましょう。フォントはWordに入っている一般的な書体(明朝体やゴシック体)がよいでしょう。奇抜な書体や色を使って、送付状を採用担当者へのアピール材料にするのは得策ではありません。ビジネスマナーを守ることを優先してください。, 送付状・添え状は応募書類の一番上に重ねてください。目的である「誰が」「何を」「どれくらい」送ったかを伝えるということを考えると、採用担当者が封筒から書類を出して、最初に目にする書類でなければいけません。送付状、履歴書、職務経歴書などの応募書類という順番になるよう重ねて提出しましょう。上下を他の書類と合わせ、逆さまにならないように注意してください。, 送付状・添え状でよくあるNG例が、定型文だけで味気ないもの、自己PRや志望動機が長すぎて送付状・添え状としてふさわしくないもの、希望条件など書くべきではない内容を書いてしまっているものです。以下の例文を確認しながらNG理由を理解し、注意して作成しましょう。, 「送付状」「添え状」などという言葉を使ってインターネットで検索すると、たくさんのテンプレートが出てきます。しかし、そのテンプレートをアレンジせずにそのまま使用するのはやめたほうがいいでしょう。, インターネットから入手できるテンプレートは、たくさんの人が使いやすいように定型文だけが記載されたものになっているのが通常です。定型文だけの送付状・添え状を送ってしまうと、応募に対する熱意が伝わりづらく、最悪の場合、「使い回している」「手を抜いている」などといったとネガティブな印象を与えてしまいかねません。, 「志望動機・自己PR」には、自分の経歴・スキルやその企業でなければならない理由などを盛り込み、しっかりと「その企業に入りたい」という思いを伝えましょう。, 長々と志望動機・自己PRを書き連ねてしまうことも、してしまいがちなNG例のひとつです。熱意を伝えることも大切ですが、あくまでも送付状・添え状は「誰が」「何を」「どれくらい」送ったのかを伝えるためのものです。志望動機・自己PRは短文でまとめましょう。目安としては3~4行、長くても5行に抑えるべきです。書きすぎると、送付状・添え状の役割を理解していないと思われ、逆効果になる可能性もあります。, 「東京勤務希望」や「17時までの勤務希望」といった就業についての希望条件を書いてはいけません。その条件がたとえあなたにとって絶対に譲れないものであったとしてもです。, 繰り返しになりますが、送付状・添え状は「誰が」「何を」「どれくらい」送ったのかを伝えるのが本来の目的です。それ以外の重要な伝達事項を書くものではありません。さらにここに記載すると、主張が強すぎると捉えられ、入社してからも要求が多そうという懸念を抱かせてしまう可能性も。就業上の希望条件は、履歴書の「本人希望欄」にのみ記載しましょう。また、退職予定時期など、送付状・添え状で伝える必要のないことも書かないよう注意してください。, 履歴書を企業に持参したり、面接官に手渡ししたりする場合は、送付状・添え状をつける必要はありません。送付状・添え状は、書類を対面で渡せないときに、受け取る人が中身を把握しやすいようにするための書類だからです。, 履歴書を手渡す場合は、口頭で中身の概要を簡単に説明するのがベター。「履歴書と職務経歴書をお持ちしました。よろしくお願いいたします」などと声をかけながら渡すといいでしょう。しかし、持参する際に送付状・添え状をつけたからといって評価が下がるということもありません。大切なのは、直接渡せない場合に、正しく記入された送付状・添え状をつけることです。それ以外の場合は、大きな影響はないと考えてよいでしょう。, 履歴書の送付状・添え状を作るときに、よくある疑問・質問をQ&A形式でまとめました。「これはどう書けばいいんだっけ?」「送付状・添え状、履歴書、職務経歴書をどの順番で入れるのが正しいの?」などと思ったときはすぐにチェックしてみてください。きっとあなたの疑問が解決されるはずです。, 【経歴】dodaで約12年間キャリアアドバイザーと人材紹介の法人営業に携わり、九州・中部・関東での勤務経験があります。現在は営業職の方を中心に転職支援を行っており、U・Iターン転職など地域をまたいだ転職のサポートもしています。【メッセージ】仕事とプライベートは密接に関連しているので、働く場所や働き方など、考えることがたくさんあると思います。また、自分の強みは何か?得意なことは何か?と迷いを感じていらっしゃることもあると思います。そのような悩みや迷いが解決できるような情報を提供させていただきます。, 利用規約 免責事項 | 書類送付の案内状・添え状・送り状の書き方とビジネスマナー。書類送付書・送付状・送付案内状とは請求書等の書類・資料の郵送やfax送信時に同封、添付するビジネス文書・書面。雛形と例文・文例・例・見本フォーマット・無料テンプレートを紹介。 お問い合わせ ®å‡ºäººæƒ…報を載せます。, ・ファックスの場合は、通信の途中で先方の紙切れや紙詰まりなどのトラブルで全部の書類の送信が完了しないケースがあります。, ・ファックス送信する文書の内容(説明)をここに書きます。, 5. FAX送信時の用紙サイズについて.

| 履歴書や職務経歴書を郵送するときに必ず同封する送付状・添え状の正しい書き方や使い方のマナーを、テンプレート・例文サンプルとともに詳しく解説しています。間違った方法で作成・使用された送付状・添え状はマイナスイメージにつながる可能性も。 以下提出書類になりますので、ご確認の上、何卒面談のご機会を賜りますようお願い申し上げます。敬具, 上記のテンプレートを参考に、実際に使用する添え状を作成してみましょう。使用する際には日付や宛先、署名欄などを変えるのはもちろん、あいさつ文も必要に応じて変更する必要があります。また、同封書類のリストも変更して、応募内容に合ったものを作成しましょう。, 添え状を送る際はいくつか注意点があり、それらを正しく把握することも大切です。注意点が守れていないと、正しい内容で記載されていても、間違いになって印象が悪くなってしまいます。マナー違反とみなされる危険性もあるため、扱いには慎重にならなければなりません。添え状は細かいポイントですが、だからこそみられやすく、評価に繋がりやすいです。注意点は細部まで理解して、余計なところでミスをしないよう、細心の注意を払って作成しましょう。, 添え状は白無地の用紙で作成しましょう。サイズはA4がおすすめです。色や柄付きの用紙を使ってしまうと、それだけで印象が悪くなり、記載内容に関係なくマイナス評価を受けてしまいます。添え状は単に内容さえ合ってればいいというものではないため、細部までフォーマルさを意識しなければなりません。, また、A4サイズが好ましいのは、もっとも扱いやすいサイズであり、かつ他の書類のサイズにも適合しやすいからです。添え状はそれ単体で送ることはなく、必ず別の書類に同封して送ります。添え状と提出する書類のサイズが違っていると、扱いづらく見栄えも悪いです。A4サイズならある程度の大きさがあってみやすくもあるため、サイズにも気を遣って作成しましょう。, 添え状を同封する際は、一番上にして封筒を綴じましょう。そもそも添え状はあいさつの意味もあり、最初に目にしてもらえないと本来の目的を果たせなくなってしまいます。また、同封書類に間違いがないかを確認するために、添え状をみながら中身をチェックします。, 確認書類の添え状が一番上にきていないと、一度全ての書類を改めてから、また不備がないかチェックすることになり、二度手間がかかって企業に迷惑です。添え状がすぐにみつからないと、「同封されておらずマナーが守れていない」という印象も与えかねないため、その点にも注意しなければなりません。同封する書類は一番上は添え状に、その下に添え状に記載したリストの順番で書類を重ねると、より分かりやすくて印象がよくなるでしょう。, 書類提出の際は添え状を付けることが大切ですが、これは郵送の場合に限られます。手渡しの場合は添え状は必要なく、あると邪魔になってマイナスの印象を与えかねないため注意しましょう。郵送時に添え状が必要なのは、面と向かってあいさつができないこと、一緒に中の書類を確認できないことなどが理由です。, 手渡しなら、渡す際にあいさつをすることができ、その場で確認して本当に不備がないかどうかもチェックできます。不要なものを入れて混乱を招くのもよくないため、わざわざ作成してマイナスの印象を与えてしまわないよう注意しましょう。就活中は添え状を使用するシーンは多いですが、必要な場合と不要な場合が明確に分けられているため、間違えないようにしなければなりません。, 志望動機の内容が薄いと、人事に採用されません。選考を突破するには、志望動機を作り込む必要があります。, そこで活用したいのが志望動機作成ツールの「志望動機ジェネレーター」です。このツールを使えば、簡単な質問に答えていくだけで、理想的な流れの志望動機が完成します。, 書類提出時に添え状を付けるのはマナーです。手渡しの際は不要ですが、郵送の際には添え状がないと書類の確認もしづらく、企業に不便もかけてしまうため注意が必要です。添え状に記載する項目は決まっており、必要なものを抜け漏れなく正しく記載しなければなりません。, 表記のルールも細かく決められているため、細部まで間違いのないよう、作成後は何度もチェックしましょう。スムーズに就活を進めるためには、一度テンプレートを作成するのがおすすめです。使いまわしができるようテンプレートを作成しておき、状況に合わせて少しずつ変えて使用することで、作成時間を大幅に短縮でき、スムーズに就活が進められるでしょう。, 自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。, 自己PRジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えるだけで理想的な流れの自己PRが完成します。無料でダウンロードして、人事を唸らせる自己PRをサクッと完成させましょう。, 就活の未来を提供するポート株式会社は一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマークを取得(登録番号:第17001426(04)号)し、個人情報の取り扱いについて適切な管理を徹底しています。, 就活の未来を提供するポート株式会社は、有料職業紹介事業者として厚生労働大臣の認可(許可番号 :13-ユ-305645)を受けた会社です。人材紹介の専門性と倫理の向上を図る一般社団法人 日本人材紹介事業協会に所属しています。, 当社は、東京証券取引所、福岡証券取引所の上場企業であり、主にインターネットメディア事業を運営しています。(証券コード:7047). Tel 111-2222-3333 東京都○○区○○ | 履歴書を郵送するとき、必ず同封する送付状・添え状。「誰が」「何を」「どれくらい」送ったのかを採用担当者に確実に知らせるためのものです。正しい体裁のものを同封すれば印象がアップする一方で、書き方を間違えればマイナスイメージになる可能性もあります。ここで紹介するポイントや例文を参考に、書類選考突破に一歩近づく送付状・添え状を作りましょう。, 履歴書を郵送するときは、送付状・添え状を同封するのがマナーです。その最大の理由は、「誰が」「何を」「どのくらい」送ったのかを採用担当者に示すため。採用担当者は日々たくさんの履歴書を受け取っています。その際、送付状があれば、採用担当者は差出人と中身の概要を把握しやすくなり、中身をひとつひとつ確認する手間を省くことができます。, さらに、送付状・添え状は「あいさつ」の役割を果たす書類でもあります。ビジネスでは、本題に入る前に季節や時事の話題を振り、場を和ませることがあります。履歴書を送る場合も同様で、送付状が本題に入る前のワンクッションとして働き、採用担当者にスムーズに履歴書を確認してもらえるようになるのです。, とはいえ、送付状・添え状をつけ忘れたとしても、面接まで到達すれば評価に直接影響することはありませんが、書類選考という序盤の選考プロセスでは「当たり前のことができる人か否か」をチェックされます。特に応募が多い人気企業では、担当者の裁量によって書類選考で相当数が落とされることになります。送付状・添え状を同封することはマナーであり、書類選考突破のセオリーです。必ず送りましょう。, 送付状・添え状に書くべきことは、「日付」「宛名」「自分の連絡先・氏名」「前文」「応募の経緯」「志望動機・自己PR」「面接の申し込み」「結語」「同封書類の一覧」の9点です。記載内容はもちろん、書く位置と順序にも注意が必要。ビジネス文書の作成ルールを押さえたうえで作りましょう。, dodaでは送付状・添え状のテンプレート・サンプルを用意しています。いちから作成する時間のない人はぜひご利用ください。

添え状を付けるのは書類提出の際の大切なマナーであり、添え状なしで提出すると、マナー違反となって印象が悪くなるため注意が必要です。添え状とは、企業へのあいさつや提出する書類の種類、枚数などを示した書状であり、礼儀的な意味合いだけではなく実用的な意味もあります。

サイトマップ 自分の会社に書類を送る際にも添え状はつけますが、書き方には結構迷いますよね。 他の会社へ送る際の添え状の書き方をまねたのではおかしな文章になってしまいます。 書類を送るのも、社内間、本社から支社へ、支社から本社へ、出張先や自宅から会社へなど様々です。 書類の種類だって ヘルプ.

内定承諾書や入社承諾書といった入社書類に同封する添え状(送付状)の正しい書き方をご存知でしょうか。この記事では、入社書類に同封する添え状の例文やテンプレ―トなどについてご紹介しています。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。 氏名○○ ○○