ディスクユーティリティでは、Macのストレージデバイスのフォーマットとディレクトリ構造に関連するエラーを確認し、修復することができます。, 「ディスクユーティリティ」を使って一部のディスクの問題(複数のアプリケーションが突然終了する、ファイルが破損している、外部装置が正常に動作しない、コンピュータが起動しない、など)を解決できます。ディスクユーティリティでは、ディスクで発生するすべての問題を検出または修復することはできません。, ディスクを検証して修復するには、ストレージデバイス上の各ボリュームおよびコンテナで順にFirst Aidを実行してから、ストレージデバイス自体でも実行する必要があります。, そのディスクでもうすぐ障害が発生することを警告するメッセージが表示された場合は、データのバックアップを作成してディスクを交換してください。そのディスクは修復できません。, Macの「ディスクユーティリティ」アプリケーション で、「表示」>「すべてのデバイスを表示」と選択します。, ディスクユーティリティが開いていない場合は、DockでLaunchpadアイコン をクリックし、検索フィールドに「ディスクユーティリティ」と入力してから、ディスクユーティリティのアイコン をクリックします。, 注記: 起動ディスクまたは起動ボリュームをチェックする場合は、macOS復元でコンピュータを再起動し、「macOS復旧」ウインドウでディスクユーティリティを選択してから、「続ける」をクリックします。起動ボリューム(Macintosh HD)をチェックする場合は、データボリューム(Macintosh HD - Data)も必ずチェックしてください。, サイドバーでボリュームを選択してから、「First Aid」ボタン をクリックします。, 「First Aid」ダイアログで、「実行」をクリックして、画面に表示される指示に従って操作します。, サイドバーでコンテナを選択してから、「First Aid」ボタン をクリックします。, サイドバーでストレージデバイスを選択してから、「First Aid」ボタン をクリックします。, ディスクに問題が検出されなかったこと、またはディスクが修復されたことが報告されれば、検査は終了です。「詳細を表示」をクリックして、修復の詳細情報を表示できます。そうでない場合は、以下のいずれかを実行する必要があります。, 「エクステントアロケーションが重複しています」エラーが報告される場合は、複数のファイルがディスク上の同じ領域を占有し、その内の少なくとも1つが破損している可能性があります。影響を受けるファイルのリスト上の各ファイルをチェックする必要があります。リスト上のほとんどのファイルのエイリアスが、ディスクの最上位にある「DamagedFiles」フォルダに入っています。, 必要な情報がファイルに含まれている場合は、ファイルを開き、データが破損していないかどうかを調べます。, ディスクを修復できない場合、またはFirst Aidプロセスが失敗したと報告される場合は、ディスクまたはパーティションをもう一度修復してみてください。うまく修復できない場合は、できる限り多くのデータのバックアップを作成し、ディスクを再フォーマットし、macOSを再インストールしてから、バックアップデータを復元してください。, MacにFusion Driveがあるときに、点滅する疑問符または警告が表示される場合は、Appleのサポート記事「一部のMacのストレージオプションであるFusion Driveについて」のトラブルシューティングのセクションを参照してください。, ディスクの問題が引き続き発生する場合や、ディスクを修復できない場合は、物理的に破損している可能性があり、交換する必要があります。Macの修理方法について詳しくは、Macの修理方法または修復方法を調べるを参照してください。. サイドバーでディスクまたはボリュームを選択してから、「First Aid」ボタン をクリックします。. 突然外付けのHDDがマウントされなくなった。新しいMacBookに替えて以来、内蔵ストレージがHDDからSSDに変わって容量が減ってしまったので、映画関係の資料や音楽は専ら外付けHDDに保存している。何の気なしに資料を移そうとしてMacに繋いだら、マウントされない。 Copyright © 2020 Apple Inc. All rights reserved. 我が相棒『Macbook pro2016』。購入からまもなく2年。5年は使う!『Macbook pro2016』は「キーボード修理プログラム」の対象になっているけど、何らかの不具合があった場合のみ。自分は最初からキーボードカバー使っているし、何の不具合もナシ!5年後までに自分がレベルアップして、Macもレベルアップする!そんな決意で大事に扱っているつもりですが…。, そういえばちょうど1年前、MacのOSが「High Sierra」の時に若干異変があったのが、スリープ復帰時の砂嵐。毎回ではないのですが、スリープから復帰させる時に1秒ぐらい画面が砂嵐になりました。その時のメンテナンスは↓, Macではお馴染みのメンテナンス諸々ですね。これらを施したのですが全く改善せず。どこかに異常があるとも言ってくれないんですよ。, そんなこんなで砂嵐から解放されたのは数ヶ月後。OSを「Mojave」にアップデートしたのが良かった様です。その後は、ストレスなく快適!ホッ。, それが更に半年後、時々、ごくごく稀に、スリープ復帰時に黒い画面で固まる……。正確には超ダークグレーなんです。電源が入っていない訳ではないのです。しばらく待っても反応しないので、トラックパッドを押してやっと画面復帰。いや〜な感じです。, まずは、異常が無い事を確認したい、1年前と同じ様に。ディスクユーティリティでFirst Aid!Finderからディスクユーティリティを探すのはわかりにくいです。[ ⌘+スペース ]でSpotlightを開いて、「ディスク……」と入力していくのが簡単ですよ。, さて、きっと異常ナシでしょ?…ではありませんでした!!!Mac『First Aidで修復の必要な破損が見つかりました。』自分「いやいや、もう1回First Aidにかけたら修復されるでしょう、ポチッ。」Mac『もう1回試したけどやっぱり破損がありますよ。』自分「いつものメンテナンスで修復されるでしょう。セーフブート、OnyXでクリーニング、再起動……。もう1回First Aid」Mac『復元システムからFirst Aidを実行してください。』自分「…………。」, ディスクユーティリティでFirst Aidではなく、復元システムからFirst Aidですね?って何処?Appleのサポートページの手順で進めましょう。, Apple公式サイト『ディスクユーティリティユーザガイド』より『Mac で「ディスクユーティリティ」を使用してディスクを修復する』, 「macOS ユーティリティ」が復元システムと言われる場所なんですね。一旦電源オフにして、[ ⌘+R ]を押しながら電源ボタンを押して起動、ロゴが表示されたら手を離してOK。「Time Machineバックアップから復元」や「macOSを再インストール」という、いかにも復元システムっぽい画面が表示されます。, 一番下の「ディスクユーティリティ」に入って、「表示」から「すべてのデバイスを表示」させて、Macintosh HDにFirst Aidを施しました。1回目はやはり同じエラー。, ここのFirst Aidで修復できなかったら、ディスクの交換、データをバックアップしてOSの再インストールなど、結構致命的な損傷の可能性があるらしいです。もちろん、AppleCareには入っていますよ。持ち込みと郵送ならどっちが良いのかな?データが消えたら大変だな…。, 色々なパターンを考えながら、もう1回First Aid。緑色のOKマークが出ました、ホッ。「ファイルシステム検査の終了コードは0です。」0以外が異常なので、無事終了です。, これでスリープ復帰時の異常がなくなったかどうか?しばらく使い続けないとわかりませんね。時々メンテナンスはしているつもりです。まだまだ新品同様のつもりです。, First Aidという機能も手軽に診断できて、とっても便利です。他にも、Macは簡単なエラーならセーフブートで立ち上げるだけで修復されたり、メモリも自動で圧縮してくれたり、あまり考えなくても大丈夫なのが魅力。, それが、いざ「修復できません」と言われると、大変焦りました。日頃からもっといたわってあげる事にしましょう。, Apple, MacBook Pro, PCの便利機能, PCトラブル mutsunic, LIFE  ♪北海道・メス LIKE♪描く・寝る・創る LOVE♪Macbook pro, 一旦電源オフにして、[ ⌘+R ]を押しながら電源ボタンを押して起動、ロゴが表示されたら手を離してOK。, MacでMS Office、まずは無料の『Office Online』試してみては?, 『BUFFALO製Wi-Fiルーター』ファームウェア更新で忘れがちな自宅セキュリティ対策を, macOS Catalinaで『Android File Transfer』が使えている、いつの間に…⁈, ポイント交換でdポイント15%増量!無駄な買い物しなくてOKのキャンペーンって好き, Youmay防水ヘッドマッサージャーは頭も顔も全身も!頭痛持ちならオススメ度もアップ, 『iPadOS 14』を『iPad Air2(16GB)』にインストールはもう限界⁈.