2010年01月02日 15:12, [1] さてさて、今週も「名探偵ポワロ 」ベストエピソード ランキング。 今朝も10:00から始まりましたが、フラワーアレンジメント展もあってtvの前に陣取るわけにはいかず、ビデオの飛ばし見。取りあえずランキングをメモ。 今日は、第13位~第8位を放送。 第2話「100万ドル債券盗難事件」/ The Million Dollar Bond Robbery, 第5話「マースドン荘の惨劇」/ The Tragedy at Marsdon Manor, 第7話「スペイン櫃(ひつ)の秘密」/ The Mystery of the Spanish Chest, 第8話「盗まれたロイヤル・ルビー」/ The Theft of the Royal Ruby, 第9話「戦勝舞踏会事件」/ The Affair at the Victory Ball, 第10話「猟人荘の怪事件」/ The Mystery of Hunter's Lodge, 第1話「エジプト墳墓のなぞ」/ The Adventure of the Egyptian Tomb, 第4話「なぞの遺言書」/ The Case of the Missing Will, 第5話「イタリア貴族殺害事件」/ The Adventure of the Italian Nobleman. 01月13日 20:35, [8] mixiユーザー 世界各国の上質なドラマをお届けする日本唯一のミステリー専門チャンネル。英国の本格ミステリーや北欧ミステリー、人気小説が原作の日本のミステリーまで、選りすぐりのミステリードラマを24時間放 … 01月03日 12:50, [7] さてさて、今週も「名探偵ポワロ 」ベストエピソード ランキング。 今朝も10:00から始まりましたが、フラワーアレンジメント展もあってtvの前に陣取るわけにはいかず、ビデオの飛ばし見。取りあえずランキングをメモ。 今日は、第13位~第8位を放送。 01月03日 01:18, [3] ©2020 Mystery Channel Inc. All Rights Reserved. mixiユーザー 「ミステリーの女王」と呼ばれる英国出身の推理小説家、アガサ・クリスティーの誕生日(9月15日)を記念し、女王が生み出した2大探偵、ミス・マープルとエルキュール・ポワロが主人公のドラマのベストエピソードを選ぶキャンペーンがaxnミステリーにて実施されている。 01月03日 00:24, [2] 「名探偵ポワロ」ベストエピソード 【動画:everybody loves agatha christie】 2016/09/21(水) 10:11am 今回の目玉は、視聴者投票によるクリスティーの大人気名探偵「名探偵ポワロ」のベストエピソード企画! 世界が愛した名探偵、エルキュール・ポワロ。2020年はアガサ・クリスティーの生誕130年を迎える。節目の年に、彼女が生み出した大人気シリーズ『名探偵ポワロ』ハイビジョンリマスター版の第1シーズンから第6シーズン(全45回)を放送。 01月15日 00:17. 『名探偵ポワロ』(めいたんていポワロ、原題:Agatha Christie's Poirot)は、1989年から2013年にかけて、イギリスのロンドン・ウィークエンド・テレビ(London Weekend Television)が主体となって制作した、アガサ・クリスティ原作、探偵エルキュール・ポワロ を主人公としたテレビドラマ。 初期は短編の映像化をメインに、短編を消化した後は長編に移行して制作された。, そのため原作全ての映像化が期待され、本作でポワロ役を演じたデヴィッド・スーシェ自身も前向きであったが、シリーズ中期以降、企画当初からのプロデューサーの退任や制作母体の変遷など苦難が続き、一時期は制作されない時期もあった(近年では2007年に予定されていた第11シーズンの放送が2008年にズレ込み、告知のあった『オリエント急行の殺人』を含む各エピソードも先送りされるなどしていた)。こうした困難を経ながらも、長年のファンの期待に後押しされるように、断続的に制作は続けられた。, そして2013年6月、第13シリーズをもってついにほぼ全て[注 2]の原作の映像化という偉業を達成。放映開始から24年目にしてシリーズ完結となった。, 最も原作に近いポワロとしばしば賞賛されるデヴィッド・スーシェの演技が良く知られている。スーシェは原作を徹底的に研究し[1][2][3]、多くの俳優に演じられてきた「名探偵エルキュール・ポワロ」のイメージを決定付ける名演を見せた[4]。, 原作においては部分的な登場であった助手のアーサー・ヘイスティングズ大尉(ヒュー・フレイザー)、スコットランドヤードのジェームス・ハロルド・ジャップ警部(フィリップ・ジャクソン)、秘書のミス・レモン(ポーリーン・モラン)をほぼレギュラーとして登場させることで、ポワロを取り巻く人間関係にドラマオリジナルのキャラクター性を加えられている。彼らのユーモラスな掛け合いもドラマ版ポワロの魅力として認識されており、2004年の第9シリーズ以降登場していなかったが、最終シリーズである第13シリーズにおいて再集結を果たした。またゲストヒロインを始めレギュラー以外の登場人物の年齢が原作より高めに設定されており、「大人のドラマ」という側面が強調されている。, 原作の「エルキュール・ポワロ」シリーズは第一次世界大戦直後の1920年代から時代が進んでいくのに対し、このドラマでは1930年代に概ね固定されている。特にジャロー十字軍(『ヒッコリー・ロードの殺人』)やフレッド・ペリーの全仏オープン優勝(1935年)などのエピソード(『ベールをかけた女』)が物語に絡められている事から、第二次世界大戦前夜の1930年代後半期が背景にされていると見られる[注 3]。, こうした時代設定を踏まえて、美術面などでアール・デコ風の世界観が作り出されており[注 3]、原作の持つ独特の雰囲気を演出することに成功している。, 日本ではNHKが1990年から日本語版の放映を開始。ポワロの吹き替えにはベテラン声優の熊倉一雄を起用し人気を博した。熊倉とスーシェの声質は必ずしも似ているわけではないが、その独特の語り口はスーシェ同様日本におけるポワロのイメージとして定着するに至った。スーシェ本人からも「熊倉の声が最もポワロの声によく似合う」とお墨付きをもらっている[注 4]。ヘイスティングスの吹き替えは第45話(『もの言えぬ証人』)まで富山敬が担当、富山の死後となる第47話(『エッジウェア卿の死』)から安原義人が新たに担当した。, NHKの日本語版はオリジナル版とは放送順が替えられていたり、放送時間の関係で数分のカットシーンが存在する(カットシーンについてはソフト化の項を参照)。またオリジナル版の後期シリーズでは使われていないオープニング・エンディング映像は、日本語版では短縮された形で使用され続けた。新作が作られる度に、版権処理や日本語化作業のためオリジナル版から1~3年程遅れて、主に海外ドラマ枠として年末年始や夏休みに放送されていたが、後期シリーズは衛星放送のみの場合が多かった。再放送も随時行われているが、近年ではAXNミステリーやシネフィルWOWOWといったCSでも放送されている。, 最終第13シリーズの日本語版初回放送に先立ち、ドラマ制作にまつわる秘話・最終収録に臨む想いなどをまとめた特別番組『さよならポワロ!〜世界が愛した名探偵・25年の軌跡〜』が放送された[注 5]。, イギリスにおいてリマスター版が制作されたことを受け、2015年10月24日よりNHK BSプレミアムにて『名探偵ポワロ ハイビジョンリマスター版』が放送された(カットシーンのない完全版仕様。第62話以降は本放送もハイビジョン制作のため、番組名はリマスター版とはせずに、本放送と同じものを放送)。ただし、NHKがBSプレミアムの最終話まで地上波版のオープニング映像をアップコンバート・流用したのに対し、シネフィルWOWOWの放送ではNHK版に準じつつ再制作されたタイトルロゴがみられる。NHKでの放映直前となる2015年10月12日にポワロの吹き替えを演じた熊倉一雄が亡くなった為、NHKの番組HPには追悼のコメントが記載された。, イギリスでの初回放送順に準ずる。なお作品間の時系列は不特定で、台詞を確認すると細かく前後していたりする。日本での放送日は初回放送日。, ※「NHK版吹き替え出演者」で1役2名記載の場合は2005年の完全版で敢行された追加吹き替え時の代役キャスト。, 放送当初から数社がVHSでの発売を行っていたが、これらは全て英語音声日本語字幕で、サブタイトルもNHK版には依っていなかった。, NHKの日本語版がソフト化されたのは2001年から2002年にかけてビームエンタテインメント(現ハピネット)より発売されたDVDが最初で、第47話まで発売された。ただし、NHK総合で放送された第49話までは放送時間の都合上カットシーンが存在したため、その部分のみ英語音声日本語字幕での収録だった。その後2005年に、〔演出:中村烈、翻訳:瀬尾明日香〕でNHK版と同じキャスト(ヘイスティングスは逝去した富山の後任の安原が担当、ゲスト側も一部を除いて同じ声優を起用)でカットシーンの追加吹き替えを行い、加えてNHKで放送された当時の映像(放送枠に合わせカット・編集された日本語版)も全話分収録、パッケージも一新した完全版が第49話まで発売された(旧DVDに収録されていない第48、49話のパッケージはリバーシブルになっており、裏返すと旧DVDのフォーマットに揃えることができた)。, 2007年には第9シリーズ第50~53話が、仕様は完全版ながらパッケージを旧版に戻した『ニュー・シーズン DVD-BOX 1』として発売されると、以降シリーズが制作される度にDVD-BOX化され、最終第13シリーズ収録の『同 DVD-BOX 5』まで発売された。なお、NHK BS2で放送されるようになった第50話以降はカットシーンは存在しないため、完全版とは明記していない。, また2011年にデアゴスティーニ・ジャパンから『名探偵ポワロ DVDコレクション』としてDVDマガジンが発刊(隔週刊行で1巻1作)。2013年7月9日発行の65巻で完結し2013年6月以降放送の最終シリーズは収録されていない。マガジンではあらすじ、原作との相違、作品の時代背景やクリスティの生い立ちの解説がなされ、レギュラー出演者へのインタビューとあわせた出演者紹介・ロケ地・撮影の裏話なども掲載されている。ただし収録されている吹き替えは〔演出:椿淳、録音・編集:恵比須弘和、翻訳:安本熙生、制作:高砂商事(CROSS-GATE)〕によりデアゴスティーニが新録したものとなっており、登場人物の項に記載のとおりNHKの日本語版とはキャストが異なる。また、ゲストキャラクターは何人かの声優が話数によって役柄を変えながら演じているため、キャストが重複している。, Blu-Rayディスクでのソフト化については、イギリスにおいてITVスタジオとAcorn Media制作によるリマスター版が発売され、2015年日本においてもそれを元にしたBOXが第49話まで発売された(NHK完全版仕様)。, ドラマ化に向かない小品や、他の原作と要素が被るもの、戯曲などは映像化されていない。, NHK初回放送時には「25年間ご覧いただき ありがとうございました」というテロップが最後に表示された。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=名探偵ポワロ&oldid=80328831, またイギリスでは、スーシェがこの作品について語った著書『Poirot and Me』や、上記以外のサウンドトラックCD、スーシェやフレイザーが朗読する原作のオーディオブック等が発売されており、これらは日本でも輸入品として購入できる。. mixiユーザー 01月03日 02:40, [6] mixiユーザー 『名探偵ポワロ』(めいたんていポワロ、原題:Agatha Christie's Poirot)は、1989年から2013年にかけて、イギリスのロンドン・ウィークエンド・テレビ(London Weekend Television)が主体となって制作した、アガサ・クリスティ原作、探偵エルキュール・ポワロ[注 1]を主人公としたテレビドラマ。, 原作を重んじた丁寧な作りが放映開始当初から支持を集め、「エルキュール・ポワロ・シリーズの映像化作品における決定版」といわれる本作は、 mixiユーザー 第1話「あなたの庭はどんな庭?」/ How Does Your Garden Grow? 1925年にレーヴンズクロフト夫妻が心中自殺をはかる。その13年後、オリヴァは推理作家大賞を受賞し、その授賞式でバートンコック・・・, ヘイスティングス、ミス・レモンのもとにエルキュール・ポワロ死亡の知らせが届く。手配したのは最近警視監に昇進したジャップ。・・・, ある日、ポワロのもとにオリヴァから電報が届く。至急、デヴォンにあるナス屋敷に来られたしという内容だった。現地に駆け付けた・・・, 大富豪ル・メスリエの邸宅でパーティーが開かれる。一見、華やいだ雰囲気が漂う会場であったが、パーティーの裏では別の計画が密・・・, スタイルズ荘は、かつて殺人事件の舞台となった場所だが、現在はラトレル夫妻が経営するゲストハウスとなっていた。ヘイスティン・・・, 第1話「コックを捜せ」/ The Adventure of Clapham Cook, 第3話「ジョニー・ウェイバリー誘拐事件」/ The Adventure of Jonnie Waverly, 第4話「24羽の黒つぐみ」/ Four and Twenty Blackbirds, 第5話「ダベンハイム失そう事件」/ The Disappearance of Mr.Davenheim, 第7話「安いマンションの事件」/ The Adventure of the Cheap Flat, 第8話「誘拐された総理大臣」/ The Kidnapped Prime Minister, 第9話「西洋の星の盗難事件」/ The Adventure of the Western Star, 第10話「スタイルズ荘の怪事件」/ The Mysterious Affair at Syles. mixiユーザー ミス・マープル&名探偵ポワロ ベストエピソードキャンペーン 英国が生んだミステリーの女王アガサ・クリスティー。9月15日の誕生日を記念し、彼女が生み出した2大名探偵“ミス・マープル”と“名探偵ポワロ”のベストエピソード投票を実施! 前へ 次へ シーズン13 // エピソード 5 第5話「カーテン~ポワロ最後の事件~」/ Curtain:Poirot's Last Case 次の放送日: 2020/12/30(水) 06:35pm スタイルズ荘は、かつて殺人事件の舞台となった場所だが、現在はラトレル夫妻が経営するゲストハウスとなっていた。ヘイスティングスは親友ポワロから招か れ、久しぶりにこの地を訪れる。ポワロとの再会を楽しみにしていたヘイスティングスだったが、出迎えたポワロは見違えるほど痩せ衰え、しかも車椅子に乗っ ており、ヘイスティングスは愕然とする。スタイルズ荘にはポワロ以外にも数名の滞在客がいた。, 第1話「コックを捜せ」/ The Adventure of Clapham Cook, 第3話「ジョニー・ウェイバリー誘拐事件」/ The Adventure of Jonnie Waverly, 第4話「24羽の黒つぐみ」/ Four and Twenty Blackbirds, 第5話「ダベンハイム失そう事件」/ The Disappearance of Mr.Davenheim, 第7話「安いマンションの事件」/ The Adventure of the Cheap Flat, 第8話「誘拐された総理大臣」/ The Kidnapped Prime Minister, 第9話「西洋の星の盗難事件」/ The Adventure of the Western Star, 第10話「スタイルズ荘の怪事件」/ The Mysterious Affair at Syles.