ご参考まで。 入札工事の保証金の科目は 何になるのでしょうか?今、振伝かいてるとこです。会社によって、利用している勘定科目が異なります。今までは、そのような取引は無かったのでしょうか?あれば、その科目にあわせることがいいと思います。一 根拠となるサイトがあると大変助かります。 前払金保証料(公共工事において請負契約締結後、一定の割合<請負金額の40%相当>を発注者より前払金として受け取れる)についてですが、当社では工事原価算入をせず、営業外費用に前払保証料という勘定科目がありそこに仕訳しています。しかし、昨年、経審を受けるさいに経営状況分析をする機関より前払保証料は工事原価に算入してくださいとの連絡を受け、原価算入しての数値で点数を算出されてしまいました。 è«–―費用(必要経費・損金)の整理, 決算整理―各論―売上原価の算定, 決算整理―各論―経過勘定項目, 決算整理―各論―期末商品の評価, 決算整理―各論―消耗品の整理, 決算整理―各論―貸倒引当金の設定, 決算整理―各論―その他引当金の設定, 決算整理―各論―減価償却費の計上, 決算整理―各論―有価証券の評価替え, 決算整理―各論―現金過不足の整理, 決算整理―各論―引出金の整理, 帳簿組織(記録・証拠)―記録―帳票, 帳簿組織(記録・証拠)―証拠―会計資料・証憑, 会計基準―企業会計原則―一般原則, 会計基準―企業会計原則―損益計算書・貸借対照表の共通の原則, 会計基準―企業会計原則―損益計算書原則, 会計基準―企業会計原則―貸借対照表原則, 会計に関する諸機関・組織・団体, 管理会計の基本―変動損益計算書, 管理会計の内容―予算管理―売上計画書, 管理会計の内容―予算管理―経費計画書, 管理会計の内容―資金計画・資金繰り, 経済主体―企業―分類―株式会社, 経済主体―企業―分類―非営利法人, 経済主体―企業―分類―非営利法人―一般法人, 経済体制―市場経済(資本主義の前提), マクロ経済―国富と国民所得―国富(ストック), マクロ経済―国富と国民所得―国民所得(フロー), マクロ経済―国富と国民所得―国民所得(フロー)―GDP, マクロ経済―金融―金融市場―役割―資金調達と資産運用, マクロ経済―金融―金融市場―証券市場―株式市場―株式, マクロ経済―金融―金融市場―証券市場―株式市場―株式―消却・併合・分割―株式分割, マクロ経済―金融―金融市場―証券市場―株式市場―取引, マクロ経済―金融―金融機関―中央銀行, マクロ経済―金融―金融機関―市中金融機関, マクロ経済―金融―金融機関―公的金融機関, 経済事象の相関関係・原因と結果・因果関係, 投資信託―分類―運用方法による分類―アクティブファンド, 投資信託―分類―運用方法による分類―インデックスファンド, 金融商品―株価指数・債券指数, 金融商品―不動産指数・商品指数, 各種テンプレートの無料ダウンロード. 〔借方〕普通預金○○○○/〔貸方〕雑収入○○○○ 事務所や店舗の賃貸借契約時に、賃貸人に敷金・保証金を支払った場合の会計処理について説明します。敷金は契約内容によって処理が異なりますので、賃貸借契約書をよく見てケースごとに仕訳を切る必要があります。契約で返還されることが確定している場合契約 事務所や店舗の賃貸借契約時に、賃貸人に敷金・保証金を支払った場合の会計処理について説明します。, 敷金は契約内容によって処理が異なりますので、賃貸借契約書をよく見てケースごとに仕訳を切る必要があります。, 返還されることが明らかにされている敷金は、預け金の性格を持ちますので、敷金または差入保証金などの勘定科目で資産計上します。また、消費税は課税対象外となります。, 【例】敷金500,000円のうち物件のクリーニング費用300,000円が差し引かれて返金された, 返還されない敷金は全額費用に計上することができますが、金額によっては期間按分する必要があります。, 20万円以上の敷金は税務上の繰延資産に該当しますので、契約時には長期前払費用として資産計上し、期末・決算時に償却期間で按分して取り崩します。, 経営者や個人事業主、経理担当者のための税務会計処理や社会保険手続き方法について紹介しております。 実務での「困った」を解決する情報を提供します。. よろしくお願いします。, 前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。 まず、今期は保証料(経費)の発生が全くない為、単に保証料(経費)の戻しとしてしまうと保証料の科目がマイナスとなってしまいます。 「公共工事等の受注にあたり、前受金を受領するために保証会社等に対して支払う保証料については、工事受注に関連して支出する直接経費であるとして工事原価に算入する場合と、その性質は前受金を受領するための一種の金融費用とみることができることから営業外費用として処理する場合、の両方のケースが実務上行われている。税法も2通りの処理を認めている(法人税基本通達2-2-5)。」