ーがくいんこくさいぺっとそうごうせんもんがっこう), ビッグツリースポーツクラブチーãƒ, 宇都宮(うつのみや)ブレックスU15, 第(だい)74回(かい)国民体育大会(こくみんたいいくたいかい)栃木県代表(とちぎけんだいひょう)チーãƒ, 西(にし)が岡(おか)小学校(しょうがっこう) 6年(ねん) 岡澤 恋(おかざわ こい)さん, 作新学院(さくしんがくいん)小学部(しょうがくぶ)6年(ねん)小潟(おがた)愛実(まなみ)さん. 2010年 - 幼稚園、小学部、中等部とともに、学校法人船田教育会から系列の学校法人作新学院(旧、学校法人作新理容美容専門学院)に運営が移管された。情報科学部ビジネスサイエンス科とコンピュータサイエンス科を統合し、商業システム科へ科名変更。 作新学院高等学校(さくしんがくいんこうとうがっこう)は、栃木県宇都宮市一の沢一丁目にある高等学校。, 日本最大の規模と卒業生を持つ大規模校であり、ピークの1991年には4部[1]3学年合わせて約1万人の在校生がいた。長年、同一敷地内に別学の男子部・女子部を設置していたが、2003年、二つの部を統合し、「総合進学部」を設置した。現在、英進部、総合進学部、情報科学部の3部で、約4千名の在校生を擁する日本一の生徒数を誇る学校である。敷地内に幼稚園・小学部・中等部・高等部がある。高校の分だけで、10以上の校舎、3つの体育館、3つのグラウンドを持つ[2]。校名の「作新」は、黒羽藩14代目当主大関増徳(増式)の開設した藩校「作新館」に由来する。藩校の「作新館」は、15代目当主大関増裕の海軍奉行時代の部下であった勝海舟も影響を与えたと言われている[3][4]。廃校になった作新館の名称を継承したのは、直接的な関係は無いが、創立者の船田兵吾と黒羽藩士(栃木県議 )小山田辯助が懇意であったことによる。設立においては、田中正造らの協力があった。なお、「作新館」は実質的には、黒羽藩家老職、風野家屋敷跡隣地にある大田原市立黒羽小学校に引継がれている[5]。2010年4月、学校法人船田教育会から分離し、学校法人作新学院の経営する学校となる。, 3つの部(2014年のカリキュラム改編で英進部内で「トップ英進部」が分割される)に別れ、それぞれが全く異なった教育課程を持っている。授業の相互乗り入れ、単位互換等はない。また、原則として転部や転科は行われない。, 硬式野球部・軟式野球部・自転車競技部・ボクシング部・弓道部・柔道部・ラグビー部などが強豪として知られる[6]。, 1990年1月17日、男子柔道部員(当時17歳)が、投技を受けた最中に相手が体勢を崩したため受け身がとれずに頭を強打、脳内出血が原因で3日後に死亡。これを受けて同部は第12回全国高等学校柔道選手権大会県予選会を棄権した[7]。, 春の甲子園は10回、夏の甲子園は15回出場している[8]。獲得した全国タイトルは、計4回(選抜1回・選手権2回・国体1回)を誇る。, 1958年に夏の栃木県大会決勝で宇都宮工を破り、第40回全国高等学校野球選手権大会に初出場する。同大会で選抜優勝校の済々黌[9]や高松商を破るも[10]、準決勝で板東英二擁する徳島商に接戦の末に敗れる[11]。この年の11月、野球部員による不祥事が起こり、レギュラー部員2名が退学処分となった。また学校として「1959年春のセンバツに推薦されても辞退する[12]」との方針を固めた。, 1962年には第34回選抜高等学校野球大会に出場し、八木沢荘六・加藤斌を擁して選抜初優勝[13]。同年夏の第44回全国高等学校野球選手権大会では、八木沢が欠場したものの、加藤が一人で投げ切って選手権初優勝[14]。史上初の甲子園春夏連続優勝を成し遂げた[8]。, 1973年には第45回選抜高等学校野球大会に出場し、江川卓が60奪三振(大会記録)等の活躍で準決勝まで進むが、広島商に敗れる[15]。同年の第55回全国高等学校野球選手権大会に出場したが、2回戦で銚子商に延長12回の末、押し出し四球で敗れた[16]。, 2000年の第72回選抜高等学校野球大会には21年ぶりに出場し[8]、ベスト8進出[17]。, 2009年の第91回全国高等学校野球選手権大会に出場。初戦で敗れたものの夏の甲子園に31年ぶりの出場を果たし、名門復活を予感させた。, 2011年には第93回全国高等学校野球選手権大会に出場し、福井商[18]・唐津商[19] ・八幡商[20] ・智弁学園を破り49年ぶりの夏ベスト4を達成した[21]。, 2012年、第94回全国高等学校野球選手権大会に出場。この大会もベスト8に進出した。8月18日、野球部員が8月10日に宇都宮市内で当時15〜17歳の少女4人に乱暴したり、 現金を奪ったりするという凶悪な強盗強姦致傷事件を起こしていたことが発覚[22]。ただし、大会中であったこともあり出場停止にはならなかった。, 2013年、第95回全国高等学校野球選手権大会に出場。栃木県勢としては初の3年連続出場を記録し2019年現在までに9年連続の出場を果たしている。, 2016年、第98回全国高等学校野球選手権大会に出場し、今井達也・入江大生を擁して54年ぶり2回目の優勝を果たした。[23], 2017年、第99回全国高等学校野球選手権大会に出場。盛岡大学附属高等学校に対し初戦で黒星を喫し、夏2連覇ならず。, 1993年に発足。獲得した全国タイトルは、全国高校最多の計17回(選手権9回・国体8回)を誇る。, 全国高校軟式野球選手権大会には、2008年から5年連続出場など2012年までに26回出場[25]し、9回全国優勝している[26]。また、国体高校野球競技でも8回優勝している。, 2019年3月の時点では全国高校総体優勝から20年以上離れており、その中で監督の暴言、パワーハラスメントが発覚した。監督は3月18日、出勤停止1年の処分を受け、前監督だった父親のコーチ職解任も決まった[27]。, 130周年(2015年)に情報科学部の東館を解体し、そこの跡地に建設された。2017年完成した。コンビニエンスストア(ヤマザキショップ)、カフェ、自習室、資料展示室がある。自習室には、タブレットPC(Microsoft Surface pro)が40台ある。, 1885年、船田兵吾らによって、私塾「下野英学校」として設立された作新学院は、大正末期~昭和初期の一時期を除いて、船田家による家族経営が続けられてきた[31]。, 『作新学院硬式野球部 栄光の100年史』作新学院硬式野球部100年史出版実行委員会編、2003年, 『平成18年度栃木県高等学校総合文化祭演劇研究大会パンフレット』栃木県高等学校文化連盟演劇部会・栃木県高等学校演劇研究大会実行委員会編, “作新・今井決勝で最速152キロ「優勝なんて奇跡」 - 高校野球 : 日刊スポーツ”, https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1698521.html, https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/217238/3, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=作新学院高等学校&oldid=80351259, 旧男子部・女子部にあった普通科以外の学科(商業科・情報科・電気科・電子科・美術デザイン科)を統合して.