(function(){for(var g="function"==typeof Object.defineProperties?Object.defineProperty:function(b,c,a){if(a.get||a.set)throw new TypeError("ES3 does not support getters and setters. これまでに何度か『炎症』について記事で書いてきましが、こちらの本を読むことでさらに炎症への理解が深まりました, まずは病気と炎症の関係性について書いていきます。後半で炎症を抑える方法について書いていきます。, 免疫システムはヒトが生きる上でなくてはならないシステムです。細菌やウィルスが体に侵入してくると、すぐさま敵を撃退するために免疫細胞が出動します。, 免疫細胞のマクロファージは、侵入した細菌を飲み込む際に大量の消化酵素を周辺組織に吐き出します。この消化酵素は細菌をやっつけるものでありますが、ヒトの骨や筋肉や神経細胞にとっても有毒なのです, ですから、多くのマクロファージが出動するほど、周辺組織の被害も大きくなってしまうわけです。例えて言うなればこれは戦争みたいなもので、強力な武器は敵に甚大な被害も与えますが、使い方・使う状況を間違えれば自軍にも被害を及ぼす可能性があるのです。, うつ病のような精神的な病気は「心の問題だ!」と言われていましたが、体の炎症がうつを引き起こしている可能性があるのです。実際、うつ病の人の血液を調べると炎症性の物質が多いのですよ。, ということが分かりました。うつ病になったから炎症性物質が増えているのではなく、炎症性物質が多かった人がうつ病になりやすい、というのがミソ。なんにせよ体内の炎症は押さえておきたいところなのです。, 慢性が起こる理由はまだはっきりとは分かっていませんが、免疫システムが過剰に反応しているのが原因と言われています。慢性炎症が重篤な病気を引き起こす流れは以下の通り↓, 脂肪は単なるエネルギー貯蔵庫ではありません。脂肪も1つの臓器みたいなものでして、様々なホルモンを分泌しています。, 適正な体脂肪であればOKなのですが、体脂肪がありすぎると炎症を起こす物質(TNF–αなど)が分泌されます。ですから体脂肪は適正値を保っておきたいところ。具体的には以下の通り↓, 科学的に最強の食事と言われるのが『地中海式の食事』です。(ちなみに日本食は炭水化物と塩分が多すぎるため健康によくありません), 『地中海式の食事を食べる+避けておきたい食品は食べない』を実践してもらえれば、みるみる目標体重に移行するはずです, 余裕があれば抗酸化物質をたっぷり含む野菜をガシガシ食べましょう。私は野菜スープを作って効率よく野菜を摂取するようにしております。調理がめんどくさい!と思う方におすすめです↓, 運動が体にいいのは当然として、炎症にも効果があることが分かっています。2017年の論文によりますと、, まぁ運動が体にいいのは間違いないことなので、中強度の運動をしなくても、まずは歩くから始めたらいいと思います。, 食事も運動も大切なのですが、やっぱり睡眠も超大切です。こちらの記事を参考に、睡眠の質を高めるようにするといいかと思います↓, 体内の炎症レベルを知るためには、血液検査をして炎症マーカーを調べる必要があります。めんどくさいですね。, 「なんか体調がすぐれないなー」と感じたら、体内で炎症を起こしているっぽいですので、, Inflammation and exercise: Inhibition of monocytic intracellular TNF production by acute exercise via β 2-adrenergic activation - PubMed. (e in b)&&0=b[e].o&&a.height>=b[e].m)&&(b[e]={rw:a.width,rh:a.height,ow:a.naturalWidth,oh:a.naturalHeight})}return b}var C="";u("pagespeed.CriticalImages.getBeaconData",function(){return C});u("pagespeed.CriticalImages.Run",function(b,c,a,d,e,f){var r=new y(b,c,a,e,f);x=r;d&&w(function(){window.setTimeout(function(){A(r)},0)})});})();pagespeed.CriticalImages.Run('/mod_pagespeed_beacon','https://hapila.jp/inflammatory-reaction','bfgHp_XldL',true,false,'_d7tN7Ctkeo'); …, 足の付け根にしこりを見つけてしまうと、とても不安になりますよね。普段なかなか見える部分ではありませんが、お風呂や着替える際にひょんな事から気…. A condition in which a part of the body becomes red, sore and swollen because of infection or injury: (感染あるいは障害のために、身体の一部が赤みを帯び、痛み、腫れ上がる状態。)筆者訳, こちらも、広辞苑同様、何らかの原因により、身体に異常をきたして反応している状態ですね。, 広辞苑には、異物や異物化した組織の排除ともあるので、免疫についても調べてみましょう。, 生体が疾病、特に感染症に対して抵抗力を獲得する現象。自己と非自己を識別し、非自己から自己を守る機構で、脊椎動物で特に発達。微生物など異種の高分子(抗原)の体内への侵入に対してリンパ球・マクロファージなどが働いて特異な抗体を形成し、抗原の作用を排除・抑制する。細胞性免疫と体液性免疫とがある。. The body’s ability to avoid or not be affected by infection and disease: 炎症にせよ、免疫にせよ、英語の定義の方が、平易に書かれていて理解しやすいのではと思います。抗原の体内への侵入に対して、「特異な抗体」を形成し、抗原の作用を排除して抑制するしくみなんですね。, つまり、炎症反応とは、人体の正常な防御活動のことであり、異物が侵入してきた際に人体がその異物の悪影響を排除するーそんな役割を担っているのです。, 炎症という言葉、実はギリシア・ローマの時代までさかのぼることができる古い医学用語で、発赤、はれ、熱、痛みの4つを特徴とする病変のことを指します。現在では、これに動かすことのできない機能障害を加えて炎症の5徴候とも呼ばれています。, 炎症の原因は、物理的・化学的外力や微生物など、何らかの刺激に対して生体組織の示す一種の防衛反応とされています。まとめると、以下の3つを挙げることができます。, 機械的な外部からの圧力、あるいは、電気、紫外線、放射線、高温によるやけどや低温による凍傷など、一定以上の刺激が加わると、炎症の原因となることがあります。, 重金属や有機溶剤による中毒、酸またはアルカリなどによる腐食など、化学物質による障害が炎症の原因となるときもあります。, 細菌や真菌、ウィルス、原虫、寄生虫など病原体の侵入によっておこる感染症もまた、炎症の原因になります。, 上記のような原因によって、人体の組織に障害が起きると、軽い変性から壊死に至る退行性病変が起きます。すると、破壊された細胞や血小板などから、ヒスタミンやロイコトリエンなどといったさまざまな化学伝達物質が放出されて炎症が引き起こされます。, 放出されたヒスタミンなどの化学伝達物質は、血管を拡張(炎症充血)し、血管壁の透過性を亢進(こうしんー神経や脈拍などが高まり進むこと)させます。そのために、白血球、特に、中性好性白血球が血しょうたんぱくとともに血管外に出る滲出が起きます。, このようにして、ヒスタミンなどの化学伝達物質の作用により、炎症細胞が炎症局所に集中し、集まった細胞から放出されるタンパク質分解酵素などによって炎症が拡大します。, 組織の障害が治ると、人体内では、残った有害物質や壊死した組織の除去、および、欠損した組織の修復作業が行われます。リンパ球は、免疫反応を通じて病原を排除し、中性好性白血球が処理しきれなかった病原体や壊死細胞は、マクロファージが貪食します。, そして、欠損した組織は、線維芽細胞や細網組織、細胞間組織の増殖が起こり、それによって作られた膠原繊維が欠損部分を埋めて修復します。, このような修復の過程で、除去された老廃物の運搬、あるいは修復に必要な栄養素などの運搬のために、毛細血管が構築されて肉芽組織が形成されます。修復が進むにつれ、毛細血管は徐々に減少していき、膠原繊維が増殖していきます。すると、肉芽組織にかわって瘢痕組織という繊維性組織に変性していくのです。, 血液検査を受けてCRP値を調べると、病状や進行状態を把握することができます。したがって、病気を確定する検査としてだけではなく、治療中にCRP値を調べて炎症反応の程度から病状の程度を知ることができます。, 通常の健康状態よりも少し高めの数値です。炎症の初期や病気の治癒中、あるいは風邪などの感染症の範囲内です。感染症などにより、一時的に数値が上昇する場合があるので、治癒後に再検査することもあります。, 炎症反応としては中間の数値であり、悪性腫瘍や心筋梗塞、関節リウマチなどの可能性がありますので、さらに検査が必要となります。, 重度の感染症や腫瘍、関節リウマチの進行が考えらえます。また、手術を受けて術後の経過観察時にも見られることがあります。, 細胞や組織の変性や壊死が見られても、滲出や増殖が生じていないような状態を変質性炎と言います。肝細胞の変性や壊死が見られるウィルス肝炎や火傷に見られる症状です。, 炎症を起こした部位の循環障害と血液成分の滲出に特徴があり、その滲出成分によって以下のような分類があります。, ほとんど血清(血しょうからフィブリンを除く成分)と同じような成分を滲出する炎症です。この場合、火傷のときに炎症となる水泡や虫刺されのあとの腫れ、アレルギー性鼻炎などがあてはまります。, 肺や胸膜、心外膜などに見られる多量の線維素(フィブリン)が溶液、または溶融状態から血しょうが分離して出てくる特徴を持つ炎症です。大腸粘膜に多く見られる粘膜の線維素炎に壊死が伴う場合、偽膜性炎と呼ばれています。, 膿瘍ー組織が欠損して新しく生じた空洞中に、好中球や壊死したかたまりである膿汁が含まれる状態を指します。, インフルエンザ肺炎などに代表される出血の著しい炎症のことを言い、赤血球の血管外への漏出によるものです。, 急性虫垂炎などが放置されて進行する壊疽の著しい炎症は、壊疽性炎と呼ばれています。嫌気性菌が感染して加わった特殊な壊死の形態のことを壊疽と呼びます。, 肝硬変や肺線維症などに代表される持続性の刺激に対して引き起こされる炎症反応です。線維芽細胞の増殖がその特徴であり、慢性炎症でよく見られます。, 結核や梅毒などに代表される増殖性炎の特異なもので、肉芽腫形成がみられます。結核菌や真菌など、処理が難しい特殊な病原体によって生じることが多いようです。, ここまで、炎症反応についてお話ししてきましたが、今まで疑問に思っていたことやわからなかったことが少しでもご理解いただけると幸いです。, 炎症反応の血液検査で判明するCRP値によって、体内の異常や病気の進行具合を知ることができます。また、CRP値により、病状などもまた、ある程度は診断できることがお分かりいただけたと思います。, この数値は、むしろ、体内に起こっている異常に対して、身体が正常に機能していることを表しています。, CRP値の数値が高い場合、体内で何らかの炎症反応を起こしています。したがって、その炎症反応によって出てきた血液中の成分を調べることによって、体内で起こっている病気や炎症を診察することができるのです。, 万が一、CRP値の数値が高い場合は、医師の診察を経て指示に従って、適切な処置を受けられるようにしましょう。, 大切なのは、このCRP値を押し上げる原因となっている炎症を引き起こしている病気の特定とその治療です。, 原因, 検査, 炎症反応, 症状, 種類