基礎編 keyence(キーエンス) plc kv-700 usbでパソコンに接続/読出 (kv-studio) キーエンス plc (今回の例 kv-700)のパソコンとの接続と読み出し方法を記載します。 三菱電機名古屋製作所 〒461-0048 名古屋市東区矢田南5-1-14 三菱シーケンサ テクニカルニューステクニカルニュース 適用機種 表 題 1999年 9月 No.PLC-D-308J 1/6 Windows版GPP機能ソフトウェアパッケージ,MELSEC通信支援ソフトウェア 解凍方法 1) ZIP対応の解凍機能のあるOSの場合, GX Developer Version 8 オペレーティングマニュアル(スタートアップ編), GX Developer Version 8 オペレーティングマニュアル(SFC編), GX Developer Version 8 オペレーティングマニュアル(MELSAP-L編), GX Developer Version 8 オペレーティングマニュアル(ファンクションブロック編), GX Developer Version 8オペレーティングマニュアル(ストラクチャードテキスト編), GX Developer Version 8 オペレーティングマニュアル(安全シーケンサ編), 動作環境において、Microsoft Windows XP (Service Pack 3以降)およびMicrosoft Windows Vista のOSサポートを終了しました。, 安全シーケンサ(QS001CPU)において、CC-Link IEコントローラネットワークのリフレッシュパラメータを64個まで設定できるように対応しました。, ユニバーサルモデルQCPUにおいて、シーケンサへの書込時にプログラムキャッシュメモリのチェックを行うように対応しました。, Ethernet診断のCOM.ERR.消灯機能において、二重化CPU待機系に対し下記の経路を用いて「系指定なし」で接続した場合に、COM.ERR.消灯が可能になるよう対応しました。, QSシリーズにおいて、CC-Link IE Field ネットワークに対応しました。, 下記理由により、同梱しているMELSEC Information Collectorを削除しました。, LシリーズCPUのSDメモリカードに対するICメモリカード読出/書込操作時のパスワード解除機能に対応しました。, QシリーズCPU/LシリーズCPUのPC読出処理において、プロジェクトと異なるPCタイプのデータを検出するように対応しました。, SFCプログラムにおいて、ジャンプ先ステップからジャンプ元ステップ(ジャンプステップ)を検索する機能に対応しました。, ラダー回路の変換において、ステートメント行のみが残る場合に下の回路と合わせてエラーチェックをするように対応しました。, プログラムのPCタイプ変更において、変換できないデバイス、命令が存在した場合に、メッセージを出す処理を追加しました。, シーケンサ内のファイル一覧の表示画面(PC読出、PC照合など)において、ファイル一覧をソートして表示できるように対応しました。, ハイパフォーマンスモデルQCPU、プロセスCPUとユニバーサルモデルQCPU間のPCタイプ変更処理において、マルチCPU用パラメータの「通信エリア設定(リフレッシュ設定)」と「マルチCPU間高速通信エリア設定」を互いに変換できるように対応しました。, ユニバーサルモデルQCPUにおいて、ユニット形名読出し命令(TYPERD(P)命令)を追加しました。, デバイス一括置換において、複数点のデバイスをラベルに置換できるように改善しました。, インテリジェントユニットのスイッチ設定において、設定値を選択式で選べる機能に対応しました。, クロスリファレンスウィンドウにおいて、ドッキングウィンドウとなるように改善しました。, 複数のプログラム画面に対し、一括で読出モード、または書込モードに移行出来るように改善しました。, プログラム画面において、読出しモードの検索ダイアログが前回の位置に表示されるように改善しました。, パソコン内の任意のフォルダにおいて、ICメモリカード読出・書込みを実行できるように改善しました。, リフレッシュパラメータの設定において、デフォルトのリフレッシュ範囲が変わる場合に警告を出すように改善しました。, PX Developerプロジェクトにおいて、ラベルを使用しないGX Developerプロジェクトの作成に対応しました。, ユニバーサルモデルQCPU Q10UD(E)H/Q20UD(E)HCPUに対応しました。, ユニバーサルモデルQCPUにおいて、立上り/立下りパルスのb接点命令やスケーリング命令などの便利な命令を多数追加しました。, ユニバーサルモデルQCPUにおいて、メモリカードによるCPUユニット交換の機能に対応しました。, ユニバーサルモデルQCPUにおいて、インデックスレジスタのローカルデバイス指定に対応しました。, ユニバーサルモデルQCPUにおいて、PCパラメータのAシリーズCPU互換設定を有効にしました。, CC IE Control診断において、診断画面上で他局のロギング画面を表示できるように改善しました。, CC IE Controlのパラメータ設定において、同一ネットワーク番号を設定できるように対応しました。, FX3GCPU, FX3U(C)CPUにおいて、C24経由CC-Link接続に対応しました。, QCPU(Qモード)において、RUN中書込実行時にラベルプログラムを書込むように改善しました。, 回路画面において、書込、読出、モニタ、モニタ(書込)の各モードへの切り替え時にカーソル位置が移動しないようにしました。, 回路画面において、モニタモードにした時に自動的に現在値モニタ行表示を表示する機能を追加しました。, 回路入力ダイアログにおいてコイル命令修正時に修正欄にノートを表示しないモードを追加しました。, ユニバーサルモデルQCPUにおいて、拡張データレジスタ/リンクレジスタに対応しました。, ユニバーサルモデルQCPUとハイパフォーマンスモデルQCPUにおいて、モーション専用シーケンス命令のPCタイプ変更に対応しました。, ユニバーサルモデルQCPUにおいて、ビットデバイスの拡張、“ZZ”表現による32 ビットインデックス修飾、実行条件付きデバイステスト、サンプリングトレース自動開始機能、プログラムメモリ一括転送の実行要否判定、スキャンタイム測定、外部入出力の強制ON/OFF、モニタ条件の設定、電源二重化システムに対応しました。, 二重化CPU、プロセスCPU、ベーシックモデルQCPUにおいて、CC-Link IEコントローラネットワークに対応しました。, 安全シーケンサ(QS001CPU)において、CC-Link Safetyパラメータに安全データ監視時間を設定できるように改善しました。, 安全シーケンサ(QS001CPU)において、CC-Link IE Controlパラメータを設定できるように改善しました。, 安全シーケンサ(QS001CPU)において、Ethernetパラメータを設定できるように改善しました。, ラベルプロジェクトの回路/リスト印刷(範囲指定あり)において、印刷開始ステップに1~77の任意の数値を入力した場合、プログラム先頭から印刷するように改善しました。, FX3U(C)以外のCPUからFX3U(C)CPUへの機種変更で、16ビット命令で32ビットカウンタを使用している命令を32ビット命令に変換できるように改善しました。, RemoteI/OのI/O割付設定のユニット詳細設定において、インテリユニットに対してH/Wエラー時CPU動作モードを設定できるように対応しました。, QJ71C24/QJ71CMOに接続するGOTトランスペアレント機能に対応しました。, ユニバーサルモデルQCPUにおいて、ローカルデバイスを使用しない設定をできるように改善しました。, QnPRHCPUのパラメータ設定において、CC-Linkパラメータを8枚まで設定可能としました。, パラメータ設定において、MELSECNET/Hリモートマスタ局のEND非同期設定に対応しました。, 二重化用増設ベース(Q65WRB形CPU・電源二重化システム用増設ベースユニット)に対応しました。, QCPUのパラメータ設定において、CC-Linkの局単位保証パラメータの設定に対応しました。, QCPUのパラメータ設定において、CC-Linkパラメータを8枚まで設定可能としました。, デバイステストにおいて、カーソル位置がワードデバイスの場合に、設定する値欄がアクティブになり、Tabキーにより設定ボタンに移動するよう操作性を改善しました。, FB定義において、サイズの制限を500ステップから2048ステップに拡張するよう改善しました。, GX Developerのプロジェクトにおいて、実機シーケンサへPC書込みを行ったときに必要となるメモリ容量を表示するように改善しました。, GX Simulatorに対するPC書込処理において、デバイスメモリの書き込み時に、書き込むデバイスの選択でX,Y,SM(特M),SD(特D)の選択して書き込めるように改善しました。, 回路表示において、行間ステートメント表示色の変更、回路行縮小表示、およびデバイスコメントの表示行数設定に対応しました。, ラダーロジックテストに対して、変換(RUN中書込)が実行できるように改善しました。, 回路、リスト、SFCウィンドウにて、マウスのホイール操作により、画面がスクロールされるように改善しました。(Windows 95, Windows NT4.0は除く), ラベルありプロジェクトにて、ラベルなしプロジェクトのプログラムデータをプロジェクトコピーできるように改善しました。, マルチCPUパラメータのリフレッシュ設定で、1~4各号機のCPUそれぞれに任意の先頭デバイスが設定可能になりました。, プロセスCPUでCC-LinkのリモートネットVer.2モードおよびリモートネット追加モードに対応しました。, ハイパフォーマンスモデスQCPU、プロセスCPUで電源二重化システム表示に対応しました。, サンプリングトレースのトレースデータ(設定+結果)格納先に標準RAMを追加しました, 接続先指定の選択において、GOT1000のUSBトランスペアレント機能を利用した接続を選択できるように対応しました。, MELSECNET/Hのパラメータの設定において、1局当たりの送信点数の上限を35キロバイトとするように対応しました。, パスワード、キーワードの入力処理において、入力文字をアスタリスク(’*’)で表示するように対応しました。, QCPUのネットワーク診断において、「各局CPU動作モード」、「各局ペアリング状態」、および、「各局CPU系状態」の診断機能を追加しました。, 二重化CPU(Q12PRH/Q25PRHCPU)のPC診断機能において、A系、B系両方の情報を表示できるように対応しました。, Ethernet接続時、またはシミュレータ起動時において、回路モニタの更新が遅い場合がある問題を解決しました。, シーケンサとの通信で発生するエラーコード(4006)に対応するメッセージを見直しました。, SW8D5C-GPPW-Jがインストールされているパソコンにインストールを行って下さい。, インストール画面にて表示される、”CD-ROMの・・・”のメッセージは、”ダウンロードしたフォルダの・・・”, 改善履歴はできる限り詳細に記載しておりますが、お客様の使用条件等により現象が記載内容と異なることがあります。, sw8d5c-gppw-j_506cフォルダの中のsetup.exeを実行します。, GX Developerのバージョンが8.100E以降の場合、他のMELSOFT製品にて8.99Dと表示される場合があります。. 設定・プログラミング製品 - MELSOFT GX Developer - MELSOFT GX Developer Ver.8, シーケンサプログラミングソフトウェア GX Developer Version8のアップデート版です。 シーケンサプログラミングソフトウェア GX Developer Version8のアップデート版です。 バージョン8.500W以降ではWindows 2000以前のOS※1に対応していません。 Windows 2000以前のOSにインストールする場合はバージョン8.119Z(旧バージョン)をご使用ください。 ※1:Windows® 2000、Windows® Me、Windows® 98、Windows NT® 4.0、Windows® 95 ※1:Windows® 2000、Windows® Me、Windows® 98、Windows NT® 4.0、Windows® 95, 任意のフォルダに、ファイルをダウンロードしてください。 バージョン8.505B以降ではWindows Vista / Windows XP に対応していません。 シーケンサなら三菱電機の melsec。お客様のニーズに合わせ、複数のシリーズ、ソリューションをご提案。高い信頼性と豊富な品揃えにより、お客様の生産現場に新たな可能性をご提供致します。 ーをご確認の上、同意いただける場合は、下の「クッキーの使用に同意します」ボタンを押してください。, 同意いただけない場合は、本画面より先に進むことができません。, また、同意いただいた後であっても、クッキーの使用を希望されない場合は、お客様のブラウザの設定でクッキーの使用を中止することができます。, 詳しくは、ここをクリックしてください。, 「クッキーの使用に同意します」. ダウンロードしたファイルを解凍すると、sw8d5c-gppw-j_506cフォルダが作成されます。 ーをご確認の上、同意いただける場合は、下の「クッキーの使用に同意します」ボタンを押してください。, 同意いただけない場合は、本画面より先に進むことができません。, また、同意いただいた後であっても、クッキーの使用を希望されない場合は、お客様のブラウザの設定でクッキーの使用を中止することができます。, 詳しくは、ここをクリックしてください。, 「クッキーの使用に同意します」. 三菱シーケンサ テクニカルニュース no.plc-d-491 5/5 (5) dinレール取付け時における側面寸法図 dinレール:th35-7.5fe, th35-7.5al, th35-15fe dinレ-ル奥行(d) 盤面 dinレ-ルアダプタ ベ-ス 5 th35-7.5fe, th35-7.5al:7.5 バージョン8.500W以降ではWindows 2000以前のOS※1に対応していません。 Windows Vista 以前のOSにインストールする場合はバージョン8.119Z(旧バージョン)をご使用ください。 PLC遠隔操作 監視 制御 ・本装置のUSBやシリアルポートが あなたのWindowsPCの USBやシリアルポートとして利用できます 海外に設置したPLCなど、 USBやシリアル接続された機器が、 あなたのPCから操作可能になります。