“神様”が手掛けた12ドライバ「Roxanne Universal Fit」を聴く - AV Watch, ポータブルオーディオにも広がる「バランス駆動」って?――仕組みや端子の種類をまとめてみた - ITmedia LifeStyle, ヘッドホンのバランス端子がついに統一? JEITAが規格化「5極φ4.4mmプラグ」の詳細を聞く, P-2.5/4G 【2.5mm4極プラグ】 - オヤイデ店舗 オリジナル商品・限定商品, 【レビュー】イヤホンのバランス接続は本当に効果があるのか試してみた - 旧<ヘッドバンク, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=リケーブル&oldid=74102977, HD650用 - HD660S/HD600/HD580/HD565/HD545/HD535 などに対応. 引用: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%... イヤホンケーブルと言ってもたくさん種類がありますよねケーブルの材質でも音が変わります。音楽好きの方、音にこだわる方はイヤホンのケーブルであってもこだわります。多くのケーブルは銅が使われておりますが高音域の音質を良くするために銀がつかわれているケーブルもありますがもちろん銅より高価です。銅より銀の方が高価ではありますが音質が全く違ってきて電気信号の失われ方が違うため銅より銀を使った線の方が音が良いです。また、銅と銀があればもちろん金の製品もあります。電気信号ロスが最も少なくなるのが金ですね。ただ、金になるとものすごく値段も上がるためなかなか入ってこないです。また高価なこともあり金を材料としたものは一般的ではありません。, 引用: https://matome.naver.jp/odai/2139333713116700901, イヤホンケーブルのリケーブルとはどのようなことをいうのでしょうか?イヤホンケーブルのリケーブルとはケーブルの交換です。この交換をリケーブルと言います。ケーブルを交換する理由は音質を良くしたいということもありますが最近ノイズがよくのり聞こえにくいなどこのような時にもケーブルを交換した方がいいことがたくさんあります。ケーブル交換をすることで音質もアップします。このケーブル交換で音質は必ず良くなります。. 引用: http://www.mono-log.jp/archives/2017/02/nobunaga_o... オールジャンルの音楽に向いているといわれているケーブルです。元々は鬼丸というケーブルがありその鬼丸を改良したものです。一部プラグなどを改良して鬼丸の良いところはそのまま引き継いだケーブルとなっています。全体的にバランスが取れたケーブルであり高音域と低音域が特に優れているため中音域は少し物足りなさが感じるかもしれませんね。全体的な音質はかなり良いですのでおすすめです。ケーブルが太いため少しタッチノイズが起こることもありますがたびたび起こることでもありませんので気にならない程度だと思われます。ケーブルが若干太いという点が欠点ともいえるかもしれませんが考えようでは断線がしにくいという利点にもなりますね。. イヤホンケーブルを交換すると音質がよくなり音楽ファンの間では定着しているようです。イヤホンケーブルの材質などでも音が違ってきますが音を良くするためにリケーブルしようとしたときにどれを選択するべきか悩むと思います。イヤホンケーブルのおすすめをご紹介, マイク付きイヤホンとは名前の通りイヤホンにマイクまで内蔵されているアイテム。それも見た目がマイクというものが別についているというよりは、イヤホン自体にマイク付きとして合体されていたりもします。そんな主流になりつつあるマイク付きイヤホンをご紹介!, 自宅でテレビや映画鑑賞するのに便利なイヤホンやヘッドホン。特に、映画鑑賞は、テレビの音量の大きさを気にせず、存分に楽しみたいですよね?ということで、今回は、自宅で使えるおすすめのイヤホンやヘッドホンについて紹介していきます!, イヤホンイヤーピースに大きさや種類があるのことは知っていますか?イヤホンイヤーピースは人によりすぐに取れることがあったりすることが良くあると思います。またイヤホンイヤーピースの素材によっても音質が変わったりもします。そのイヤーピースをご紹介, Copyright (C) First Style, All Rights Reserved, 引用: https://www.fujiya-avic.jp/blog/?p=26252. 引用: https://www.amazon.co.jp/WiseTech-TR-SC1S-NOBUNAGA... 引用: http://www.wisetech.co.jp/brand/nobunaga/product/T... NOBUNAGA(ノブナガ) Labs TR-SE3の上位版のケーブルがNOBUNAGA(ノブナガ) Labs TR-SC1です。これは高級リケーブルと同じものですが価格が抑えてあるため入門初心者でも使えるイヤホンケーブルです。音のバランスがとてもよく聞きやすい音をだしてくれます。特に低音域は安定感抜群ですね。このケーブルに交換したら気付くと思いますがケーブルだけでここまで変わるのか?って本当に思ってしまうと思います。上位版ケーブルもおすすめです。. 引用: https://www.amazon.co.jp/ZEPHONE-EL-16-PINK-PARROT... ZEPHONEのEL-16は銅線ケーブルの中ではトップクラスの商品であり低音域が素晴らしい特徴があり銅線出せる音質が出されています。音質重視の方にはうれしいでしょう。しかし欠点もあります。欠点は音質を重視しているためケーブル自体が太いため取り回しが困難です。音質は申し分ないほど素晴らしいですが機能面、扱いやすさから見るとマイナス面が目立ちます。取り回しがこれで容易に出来れば最高のイヤホンケーブルになることでしょう。また低音も良いですが高温までも良くなってきていますね。. 専門店スタッフおすすめのリケーブル10アイテム! 実際にスタッフがすべて聴きましたので、装着感や音の傾向などもキチンと記載! リケーブル入門者におすすめなので、もちろん価格帯も抑え目でコスパの良いものを選びました! イヤホンリケーブル用のケーブルをこれまでに何本か作ってきました。 普段使いに全く支障なく、快適なイヤホンライフを送っているのですが、たまに・まれに・ふとした時に、2.5mm4極プラグが使えない時が出てきます。 引用: https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%80%E4%B8%8A%E7%B4%... 引用: https://www.amazon.co.jp/Songs-Audio-%E3%82%A4%E3%... このケーブルはSong's Audioのケーブル内ではトップクラスの優れた商品で高音域から忠音域にかけて抜群にクオリティが高くボーカルの質感が上がります。またどちらかというと女性ボーカルの曲が素晴らしくいい音で聞けることでしょう。またケーブルも細すぎることは無く太すぎることもなくで使いやすく作られていますがタッチノイズは多少出ることもあるようです。タッチノイズは毎回出ることではないようですので気になるほどではないようです。綺麗な音がきけるためボーカルが歌ってる息づかいまでもが聞こえてくるため目の前で聞いてるかのような臨場感がありおすすめです。. リケーブル (英・re-cable) とは、オーディオ機器のうち、ヘッドフォン・イヤフォンにおいて、音質改善効果を狙って、元から付いているケーブルを取り外して別のケーブルに取り替えることをいう[1]。, なお、据え置きオーディオ機器の場合は、スピーカーケーブルやラインケーブルは最初から普通に取り替えでき、リケーブルという呼び方はされない[1]。, 他のオーディオ機器と同様、信号線をグレードアップすることにより、音質改善・向上を狙ったものである。通常のヘッドフォン・イヤフォンケーブルは大抵の場合4N(純度99.99%)相当の無酸素銅 (OFC) が用いられるが、リケーブル用途としては、LC-OFC、PC-OCC、OFCでも6N・7N・8N相当のものが用いられたり、銀メッキ線、さらには純銀線や金線が用いられた製品も存在する。, なお、イヤフォン・ヘッドフォン側のコネクターや機器側のコネクターは様々なタイプがあり、主なブランドのケーブルは同じ線種の製品でもコネクター別に複数用意される。, 従来のヘッドフォン・イヤフォンは本体ハウジングとケーブルは直付けされているものがほとんどで、音質改善を目的としてケーブルを取替えすることは想定されていなかった。(一部製品で、断線等による補修目的でケーブルを取替えできるものは存在した), しかし、2000年代後半以降の実売数万円を超えるような高価格ヘッドフォン・イヤフォンが多く出回るようになり、さらにケーブルを取り外すことのできるヘッドフォン・イヤフォンの種類が多くなってきたことで、2011年ごろから「リケーブル」の単語および概念が認識されるようになってきた[1]。, アルティメット・イヤーズのSuper.fi 5 Proや10 Proなどは2006年の発売当初からケーブルの取外しができるようになっていた。これらは純正ケーブルを別のものに交換することによって飛躍的に音質向上を図ることができるため、[2]当初はDIYでケーブルの自作を行う者が現れた。当初はハウジング側の接続端子は自作・補修用に使える規格のものは出回っていなかったため、電子部品工作用のコンタクトピン等で代用された。後にNull Audioなどガレージメーカーからリケーブル製品完成品や接続端子部品が市場に出回るようになった。, 2010年代以前からカスタムIEMは当初から複数のメーカーで共通の2ピンタイプのコネクターがデファクトスタンダードとなっていた。ウェストン、アルティメット・イヤーズなどIEMを製造するメーカーが、ユニバーサル製品でも2ピンタイプのコネクターでケーブル接続できる製品を投入してきた。, 2011年にShureが本来はオーディオ用規格ではないMMCX端子をハウジング・ケーブル間のコネクターとして採用した製品を投入した。それを期に、他のイヤフォンメーカーからもMMCX端子によるリケーブル対応製品が多く投入されるようになった。しばらくするとサードパーティーからリケーブル製品が数多く発売されるようになり、2015年以降、さまざまなメーカー・ブランドの製品が出回っている。, ヘッドフォン・イヤフォンを接続する機器側は、通常は3極TRSコネクタを用いられているが、一部機器で回路のグラウンドが左右分離されたものは(いわゆる「バランス接続」に対応した)XLRコネクタや4極TRRSコネクタなどが用いられており、リケーブルすることによってそれぞれのコネクタに対応した機器に接続できるようになるメリットがある。バランス接続対応製品にリケーブルするメリットとしてはグラウンドを左右分離することによりチャンネルセパレーションが向上し、音場感の表現が向上することにある[4]。, 【第90回】「リケーブル」徹底解説! 基礎知識から選び方、聴き比べまで濃密レポート - Phile-web, 【BARKS編集部レビュー】UE TF10のリケーブル、Fiioとオヤイデ、どちらがいい?, 【レビュー】BAイヤフォン到達点!?