尾獣関連ならともかくオビトは後付けじゃないだろ 何でもかんでも逆張りするなよ. その場で相手の術を使いこなすのはカカシ自身のセンスじゃね? 1部で人気を博して打ち切りの心配がなくなったから外伝でオビトの伏線を描いてボスに仕上げたんじゃないかな, そもそも伏線だとしても、そんなにすごくないだろ。そんな初期から構成を考えてる訳ない~とかいうけど、自信があったら打ち切られない前提で作るもんじゃないの?どうせ打ち切り回避のためだけに動いててもグダるのがほとんどなんだし, あの時泣いてたのセリフからイタチとか扉絵やカカシの写輪眼持ちからオビトら辺のエピソードは確実に決めてあっただろ 以上, ナルト68巻の感想ネタバレ 後付けでも面白ければよい後付け 意見聞いて自分の考え修正出来る奴が一番偉いわ 【ハンターハンター】ネテロVS王の名バトルを再現した15万円フィギュアのクオリティwwwwww, 【朗報】神と人間を13vs13で戦わせる漫画「終末のワルキューレ」、ガチで人気が出てしまうwww, 強さ議論厨「悟空が最強で~」「一方通行が~」「いやワンパンマンが~」ワイ「はぁ・・・」, でもカカシが慰霊碑の前で機密レベルの独り言垂れ流すのはダメでしょ

カブトとゼツとカグヤは編集から言われて引き伸ばしとボルトのために

本来は如意棒振り回すパワー系っぽいし, 言うてミナトさんも使った人も使われた人も死ぬ

こういう熱狂的な信者が伏線すげーすげー騒ぐんだろうな, 伏線というより色々なもんを物語中にばらまいといて回収できそうなときに回収する方式だと思う そして雷切以上の攻撃力・速度があり遠距離攻撃だからカウンター食らう心配のない紫電も割とチート, カカシの強さを考える時になんで写輪眼が無かった場合を考えるんだよ。経緯はどうあれ写輪眼持ってるんだから込みで考えろよ。, その理屈で言ったら人柱力勢も尾獣からの借り物の力だから 斬りつけてからオビトだったのかとか容赦なく敵を殺しにいくし、躊躇うこと全くなく里のために自分を犠牲にしたりするし、結構合理的だし, あれはミナトが開発した術じゃなくうずまき一族代々伝わる秘伝忍術だぞ(ミナトがクシナに教えてもらった術的な説明ある), そもそも雷切単体が全忍術トップクラスの性能の技だからな

アホが読むと騒ぐであかんな。それを作者の技量のせいにするんだもんな

このとき、暁達は、すでに、我愛羅から一尾の尾獣を取り出している最中だった。

ナルト全巻の感想ネタバレあらすじ一覧メニュー他の漫画の感想もあります。, ナルト65巻感想ネタバレ、初代から4代火影が穢土転生で復活、初代火影柱間とマダラの幼少時代, ナルト62巻の感想ネタバレ、にせマダラ(トビ)の正体は「皹ひび」2012年10月4日木曜発売, ナルト61巻の感想ネタバレ、、穢土転生で蘇ったイタチと偶然であって合流した弟サスケとカブトとの闘い「兄弟、共闘!!」2012年7月27日発売, narutoナルト27巻 旅立ちの日 ナンバー 236話~ 244話 カカシ外伝 感想ネタバレあり, narutoナルト28巻 ナルトの帰郷 ナンバー 245話~ 253話 感想ネタバレあり, narutoナルト29巻 カカシVSイタチ ナンバー 254話~ 262話 感想ネタバレあり, narutoナルト30巻 チヨバアとサクラ ナンバー 263話~ 277話 感想ネタバレあり, narutoナルト31巻 託された想い ナンバー 272話~ 280話 感想ネタバレあり, narutoナルト32巻 サスケへの道 ナンバー 281話~ 289話 感想ネタバレあり, ナルト61巻の感想ネタバレ、、穢土転生で蘇ったイタチと偶然であって合流した弟サスケとカブトとの闘い, ナルト 27巻~ 32巻 ナンバー話~波風ミナト(のちの四代目火影)、カカシ、オビト(うちは) 感想ネタバレへ, コミックnarutoナルト 10巻~12巻 ナンバー82話~ ナンバー108話感想ネタバレ, ナルト最終巻72巻のネタバレあらすじまとめ、ナルトとサスケの運命は、ナルトとサスケ最終決戦とナルト 外伝 最終巻72巻の後の物語, ナルト62巻 感想ねたばれ、にせマダラ(トビ)の正体は「皹ひび」、イタチの別れ、2012年10月4日木曜発売, ナルト61巻 感想ネタバレ、穢土転生で蘇ったイタチと偶然であって合流した弟サスケとカブトとの闘い、ナルトの出番なし, NARUTOナルト60巻の感想ネタバレ、八尾のビーと九尾のナルト Vs. 6匹の尾獣たちの対決、人柱力, Chicken Soup for the soul(英語版) 心のチキンスープ感想、翻訳, ナルト 17巻~19巻 ナンバー 145話~ 感想ネタバレ 伝説の三忍の対面と戦い。.

一巻時点でオビトの存在が掲示されてたとか本気で言ってるならバカとしか思えん サスケ(まだそこまで強くない時)の使用時でも、尾獣玉直撃でさえ無傷の三代目雷影の頑丈さを受け継ぐ四代目雷影が雷遁の鎧を纏った状態に傷付けれる威力(雷影が一瞬でカカシの技と気付く) 伏線は張ってないよな 行き当たりばったり, サスケの心情や言動の意味もいちいち書いてなきゃ理解出来ないんかお前は 飛雷神で飛びまくりながら連続で螺旋丸を決める連続攻撃だから 自来也が言ってたあの術とか回収してないもんもいくつかあるし、ばらまいてる時はそれをどこでどういうふうに使うかとかは考えてなさそう, オビトの場合はカカシに目を託して潰れて死んだって話だったのに、それが実は生きてましたってかなり萎える展開をやったから仕方無い。 なおその後の盛り下がり, 真のラスボスとして登場したカグヤも初期から伝説の存在として名前だけでも出しとけばポッと出とか蛇足とか言われずに済んだのにな, とりあえず伏線張っといて回収の仕方は微調整って感じだろう narutoナルト 27巻~ 32巻 ナンバー話~ 感想ネタバレ narutoナルト27巻 旅立ちの日 ナンバー 236話~ 244話 カカシ外伝 感想ネタバレあり H 16年 48号~ 旅立ち サスケを連れ戻すことができなかったナルト達。ケガを負い負傷していたが、ほとんどケガも治りつつあった。 そして千鳥使用中サスケは雷影より速いミナト以上の速度の九尾チャクラナルトと互角のスピード引き出せる, 全忍トップクラスの速度と破壊力の攻撃しながら自分は相手の攻撃一切受け付けないという神威雷切というチート技使えるカカシに勝てる奴はいない 実質ミナト死なせたのカカシだよ, イタチ関連は後付けだが、オビトは構想最初からあった感はあるよな という時点でエドテン並みに卑劣やん, ミナトは結構卑の意志を正しく継いでる。ダンゾウとかヒルゼンよりよっぽど

【朗報】神と人間を13vs13で戦わせる漫画「終末のワルキューレ」、ガチで人気が出てしまうwww, 強さ議論厨「悟空が最強で~」「一方通行が~」「いやワンパンマンが~」ワイ「はぁ・・・」, 尾田先生「エネルが下界にいたら、ワンピースは1年で終わります(笑)」←これ(画像あり), ヒルゼンはヨボヨボ状態でも戦力になってたのはすごいと思うけどね もうちょっと明確に カカシの力の在り方はナルトのテーマ的には間違ってはいない, コピー忍者カカシの相手の印を見抜く洞察力は写輪眼由来のものだけど イタチは悪役でも実はいい奴でもどっちでもいいように進めて微妙にキャラがふらふらしてたし

サスケの目的は兄を殺す、一族の復興 好きだから庇ってるんだ~嫌いだから駄作者扱いしたいんだ~って, 色々種を蒔いといて面白くなりそうなところを育てて肉付けする まぁ本当のクソ野郎ならサスケが慕う兄貴ではなかったろうしね。, それいうと 「この慰霊碑には俺の親友の名前も刻んである」とか何とか言ってただけだろ 未だにオビトがミナトとクシナを死に追いやったのは納得しにくい .

設定はいくつものパターン用意してあって展開によってあの設定ここで活かせるかも!みたいな感じで組み立てられてるし、編集からボツくらう場合もあるしな, そう考えるとミステリー小説の「ノックスの十戒」が完璧に守られてる作品は本当に凄いと思う 暁のアジトは、岩山の洞穴を利用して、その入り口に大きな岩を置き、結界をはっていた。

形は違えどどこかでやるつもりだったのは確かだわ, そこらへんはキャラ設定辺りだしカカシというキャラが出来たときからオビトというキャラもいたと思う それがラスボスかどうかはまた別では?, とりあえず最初にカカシ関連のバックボーンとして設定してたのを

天才勢はちょっと修行するだけで簡単に覚えられるぞ, 螺旋閃光超輪舞吼参式

Enjoy the videos and music you love, upload original content, and share it all with friends, family, and the world on YouTube.

瞬間火力を出せる技じゃないだろうけど, 強さ=火影じゃないんじゃない? 黒幕まで決めていたか分からないけど, むしろ尾田がよく言われてる「これは伏線じゃなくて設定の先だし」と同じレベルで分かりきってたろ, カカシの片目の写輪眼の人物って設定をストーリーで活かすには、よくよく考えれば復活させて敵対させるくらいしかない, サスケがいる時点でカカシの写輪眼の件はかなり深く描くだろうと予測できるだろーに、、, 引用元:https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1547341763, こないだのワンピの尾田の家訪問する話で言ってたけど ゴールは既に決めてあってどうやったら面白くそこに行けるが重要らしい. たまたま名前を出してたキャラを思い出して後付けで活用しただけでしょ, 一応言っとくけど別に後付けを否定してるわけではないよ

かなりの書き込み量だったなあれ, 信者連中に袋叩きにされてるのがいるな ナルトの力が尾獣たちをも惹き付ける圧倒的コミュ力の賜物ってことでアリなら アホにも限度があるから気を付けろよ, サスケは作中で何度も何度も目的が変わってるし、そういう純粋で影響受けやすくて極端な性格なキャラとして描かれてるわけで、最初の目的から変わってんの、なんもおかしくないよ

8 : マンガ大好き読者さん ID:chomanga.

せいぜいカカシ外伝で親友との絡み見せてやろってぐらいで、ラスボスにしようと思ったのは完全に後付けでは。, 実際少年漫画のラスボスはシステム的に後付けになるのが基本だろう

連載前に大まかなストーリーの流れやキャラクターの設定を考えた設定集つくってるぞあいつは

RAVEの一話で終盤の展開の伏線あったり封神演義の単行本表紙くらいはっきりしてないとな, 伏線でもおってならんかったら独りよがりのツマラン奴だし ラスボスがブレブレで終盤はグダグダだった印象しかないけど, 伏線を認めたくないんだろと、これは後付けだからって言う不毛な争い…お前ら結局自分の意見しか聞かねーんだから、話し合っても無駄やろがい。議論するならお互いの意見を尊重しようね, 本当そやね 言うほどビーやオビトを瞬間移動だけだ倒せるか? 初期螺旋丸しか火力出せる技ないぞ. 思想、洞察力その他もろもろ含めて火影でしょ。現に大蛇丸は選ばれんかったし。, 木ノ葉丸が8代目になれるか分からんが、BORUTOに出てくる上忍にこれといった別候補もいないからな。ただ、木ノ葉丸はナルトの3つか4つ下ぐらいだから、ナルトが長期政権の場合は木ノ葉丸を飛ばして子供世代から次代の火影を選ぶ可能性もありえそうだけど。, そしてナルトのテーマは圧倒的な個の力で全てを支配するのが正しいのか

カカシは写輪眼で常にチャクラ垂れ流しになってた事によるスタミナ不足問題が解消されるから写輪眼失った後の方が強い, 引用元:https://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1563986019. ちゅーか大抵物語って起結はある程度構成は練ってるものやろ, ある程度長期連載させてもらったらそこまで考えるかもしれないけど 初期からなんで片目だけ写輪眼なんだ?もったいぶってないでさっさと設定開かせやって思うだろ普通, どこまで決めてたかはわからないが、イタチの裏切りがただの反逆じゃないとはそのシーンからよく言われてた。 返信. 後付け後付け言ってるヤツらはそんなに伏線を認めたくないのか, 世界中で売れてる作品の作者がバカ、それを見破る自分スゲー!ということにすれば、自分の世界ランキングが高いってことになるから、必死なんよね, 逆に、素直に褒めてる何千万の読者以下の、イジけた見識だってことになると、自分は本当はただの捻くれ者で世界に必要とされてないって事と向かい合わなくちゃならなち, 後付けでも伏線でも面白かったからいいわ

綱手はカブトを全盛期の自分以上と評価してて、自来也と大蛇丸はカブトをカカシと同じぐらいと評価してる ボルトになってもまだサラダちゃん

1巻くらいからあの時泣いてたとかサスケが言ってなかったか?, その君の脳内妄想もテンプレですな 十週打ち切りの可能性がある序盤からそんな先の可能性を考えるとも思えないんだけど? 極端な話ナルトが写輪眼を持っててもその場での術コピーは出来んやろ, 両眼万華鏡カカシ≧六道仙人モードナルト>ヒルゼン≧仙人モード柱間≧九尾化+仙人モードナルト>柱間>扉間 >九尾化ナルト>九尾化ミナト>仙人モードナルト>万華鏡カカシ>写輪眼無カカシ>ナルト>写輪眼有カカシ>ミナト>綱手って感じだろ, ヒルゼンは作者インタビューで柱間に勝てると言われてて、扉間が数多過ぎて対処出来ないと言ってるのを単独で対処してる 暁達は、追っ手が迫っていることに気づき、イタチと鬼鮫の分身を向かわせた。, カカシ班の前に現れたイタチ(ここでは分身?)。そして、ガイ班には、鬼鮫が現れた(分身?) 屍鬼封尽開発するくらい結構な卑劣側だからね?, 使ったら死ぬという術をいったいどういう過程で開発し得たか という話になるのでは・・・ ただ何でも伏線スゲースゲー言うのも違うと思うから, 別に伏線すげーってのも人の意見だろ なぜか伏線は後付けより凄いみたいな感じで語られるけど, まぁかなり序盤に写輪眼の元の持ち主がオビトなのは決まっていたんじゃないかなぁって思う

白戦でビビって自害しようとして

螺旋丸にせよ性質変化にせよ カカシ先生から止められてるし 一流漫画家はそれが上手い 1人しか産んでないよ

コレをなんとしてもやり遂げると言うてるが あとから拾っただけじゃろ, 尾獣とイタチは後付け感あるよな しかし、この分身達の陽動によって、我愛羅から一尾をとりだす時間を確保することができた。

返信. どこで打ち切りになるのかもわからないのにオビトまで考えてても無駄になっちゃう カカシのだってオビトとの絆を紡いだ結果ってことでアリなんじゃないの?, ナルトは才能がないから時間がかかってただけで

カカシ班、ガイ班は、それぞれ、チームの連携で、分身達を倒す。 最後に影響うけたのがナルトだから、一族と復讐のためでなく、贖罪と里のために働いてる, 漫画家は打ち切りと戦いながら設定というパズルを臨機応変に組み立てているから伏線すげぇってのは見当違いだと思うけどね 尾獣は設定そのものがふわふわしてる上、一尾の性格とかまるで違うし, カカシの友人って言うボヤッとしててどうにでも調理できそうな設定があったから再利用しただけだろ 心臓に呪印札仕込まれてたし… 名無しの読者さん 2019-01-16 06:17 . 大体最初の考えから抜けられないもんな, ペイン→オビト→マダラの構想は初期から感じられる 後付けされた感ある。それでも破綻しなかったのが一番凄い所だと思う, 1巻の時点ではオビトと言ってないよな?

ようやく、カカシ班とガイ班は、暁のアジトにたどり着く。 お前が後付けだって思っててもいいけどわざわざ絡んでくんな気持ち悪い, 連載まで行くまでの打ち合わせで、メインのプロット、主人公の最終的な目的やラスボスについて、なーんも決めないまま進めるわけねーだろ, 後からの変更はあり得るけれど、「死んだと思われていた忍びが実は生きていて敵になる」なんて程度の設定、ベタ過ぎるくらいなんだから、そんな「先に思いつくはずがない!」とか必死に否定するようなモンじゃない, 岸本のジャンプ流見て出直してこい

それと伏線は別もんだと思うんだけどな, 事前に計算されてたというけど、オビトになったりマダラになったりカグヤになったり 親友だったオビトをもうダメだとあの場に放置って結論に考えた”天才”が間抜けに見えるもの。, その体で当時から「まさかラスボスがオビトってパターンは無いだろ(笑)」と笑い話にはよくなってた。, さすがにオビトを後付けはないわ 名無しの読者さん 2019-01-16 10:26 . まぁここら辺は漫画や映像作品では再現難しいから小説だけの凄さになるんだろうけど, イタチ後付けってなんだ?

そこにいちいちこだわる奴の方が気持ち悪ーい, ナルトの終盤で一番盛り上がったのが正体がオビトだと判明した時という事実 ミナトって出自はどこなん? エリート家系ではなくない? 12 : マンガ大好き読者さん ID:chomanga >>8 この伏線回収されなかったな. それとも小さいながらも皆から力を借りて共存するのが正しいのかを問うてるので