【ボルボ新型v90&v90クロスカントリー発売開始】価格&性能や試乗評価は? V70は間違いなくボルボ史に残る名車! ボルボV70の誤解されている点を調べて、まとめてみました。 664.0 【動画・土屋圭市が提案?若い人はRAV4を買え?!】伝説の5冠元RQ藤木由貴とモータージャーナリスト工藤貴宏が24分徹底解説!, その道のプロたちが”おすすめ”!これを買っておけば間違いなし!車の便利グッズや用品をご紹介, 「ネット通販の普及で以前のように大型家具を買って自分で運ぶようなことは少なくなった」. 万円, 328.0 ボルボ v90とよく比較されるライバル車は下記12種の車です。中古車の再販価値、流通台数、サイズ、燃費、装備ベースを基準として比較する場合、そのうち1種が負け、残りは引き分けとなっています。 V90, 694.0 2020.9.27, グレード: 近年のボルボはsuvにも注力しているが、ブランドを象徴する存在なのは、やはりステーションワゴンだろう。v90は、ボルボの最上級ワゴンであり、同ブランドのフラッグシップといえるモデルでもある。どんな性能と機能を備え、パワートレーンが用意されているか解説する。 マイカー, グレード: 169.8万円~228.1万円, 新車価格帯: 買取の際はノートのほうがV90より安く買い取られる可能性が高いと言えます。また、ノートのほうが高い値段で販売されるケースが多いです。, 共に人気では優劣つけるのが難しいです。 > 近年のボルボはsuvにも注力しているが、ブランドを象徴する存在なのは、やはりステーションワゴンだろう。v90は、ボルボの最上級ワゴンであり、同ブランドのフラッグシップといえるモデルでもある。どんな性能と機能を備え、パワートレーンが用意されているか解説する。 carview! カタログ (レビュー件数 32件), 新世代のボルボデザインが採用されたフラッグシップワゴン。美しさと機能性のバランスが生む、品格が漂うエクステリア。北欧の洗練を湛えながらスウェーデンの家を思わせるような開放感を与えるインテリアを備えたスカンジナビアンラグジュアリィモデルに仕立てられた。エンジンは、最高出力254ps/最大トルク350N・mを発生する2L直4ターボと、同320ps/400N・mを発生する2L直4ターボ+スーパーチャージャー。さらに、後者に34ps/160N・mの電気モーターを組み合わせた、プラグインハイブリッドが用意される。254psモデルはFF。ほかは4WDとなる。組み合わされるトランスミッションは、全車8速ATとなる(2017.2), ※一部、福祉車両の消費税について一部の福祉車両では消費税が非課税となります。非課税対象の福祉車両であるかどうかなど、詳しくは販売店、または各市区町村の税務署にお問合せください。, 新車価格 T5 モメンタム_RHD(AT_2.0) 「燃料残量警告灯(ガソリンランプ)」が点滅しても、あと50kmは走行できるって本当?, ポルシェに認められたネクセンタイヤ…オールシーズンタイヤ”エヌブルー4シーズン”を飯田裕子氏が徹底解説, 【2020年版】お金がなくても乗りやすい国産スポーツカーおすすめ10選!平均中古価格も掲載!, 自動車のプロやカー用品店店員がおすすめする洗車グッズ・道具・用品30選!これでもう迷うことなし!, 【プロが徹底解説】トヨタ 新型ハリアー(4代目)の内装・外装、荷室、装備、オプション、欠点を試乗レビュー, 自動車保険は「走行距離」によって保険料が変わるって本当?安くするためのポイントとは?, 自動車保険の運転者を本人・家族限定すると保険料は安くなる?「運転者範囲」と決め方を紹介!, 119.9万円から...大人気SUVのトヨタランドクルーザープラドの中古購入をおすすめする理由と評価, 【2020年版】プロもおすすめ!ドライブレコーダー 最強おすすめ29選!楽天・アマゾンランキングもご紹介. carview! 新車を購入する場合v90とeクラスワゴンでどちらを買うべきか悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。その解決策として走行性能、燃費、価格などの角度から2台を比べてみましょう。オトオクの中古車の相場表(2020年11月更新)を調べて、売却相場の査定参考にしましょう。 ヴォクシーのほうがV90よりも購入価格は安くなることが多いです。また中古車小売においては、ヴォクシーはV90より高価格で販売されています。, 共に人気では優劣つけるのが難しいです。 ボルボ新型v90を前モデルと比較すると、印象の変化が小さく抑えられていることがわかります。 ボルボはこれにより、ブランドで統一されたデザインをより広いユーザーにアピールしていきたい考えです。 マイカー, 速度を出さなければ、比較的16-17km(高速、郊外)での走行が可能。ゆったり走行になり、ロングドライブには最高ですかね。但し、都心部走行にはあまり利用したくないかな。ディーゼル車なので、満足していますが、妻が気に入り購入したけど、車体価格が。。のんびりと、この車で楽しもうかと思います。, afghan hound さん エスティマのほうがV90よりも購入価格は安くなることが多いです。また中古車小売においては、エスティマはV90より高価格で販売されています。, 共に人気では優劣つけるのが難しいです。 ボルボ v90とよく比較されるライバル車は下記12種の車です。中古車の再販価値、流通台数、サイズ、燃費、装備ベースを基準として比較する場合、そのうち1種が負け、残りは引き分けとなっています。 994.0 2017年式 Copyright © 2016-2020 車知楽 All Rights Reserved. 2020.8.11, グレード: 万円 近年のボルボはSUVにも注力しているが、ブランドを象徴する存在なのは、やはりステーションワゴンだろう。V90は、ボルボの最上級ワゴンであり、同ブランドのフラッグシップといえるモデルでもある。どんな性能と機能を備え、パワートレーンが用意されているか解説する。文・塚田 勝弘, 2017年2月に日本に登場した現行ボルボV90は、V70のバトンを受け継ぐ形でV90の車名が復活し、20年ぶりのV90としては2代目となるフルモデルチェンジで送り出された最上級ステーションワゴンだ。セダンのS90、V90クロスカントリーと共に、電動化やコネクティビティ、自動運転なども見据えて開発された新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー(SPA)」を採用している。同プラットフォームを使った、新生ボルボ第1弾として90シリーズ(S90・V90・V90クロスカントリー)が送り出されたことになる。, 伸びやかなサイドビューと、ボルボらしいクリーンなライン、フロントマスクが印象的なV90は、全長4,935mm×全幅1,880(1,890)mm×全高1,475mmという堂々たるボディサイズ。荷室容量は後席背もたれを立てた状態で560L、後席バックレストを前倒しすると、最大1,526Lまで拡大する。なお、先代にあたるV70は、575L-1,600Lだったので少し容量は減っているが、傾斜したリアゲート(リアウインドウ)などデザイン優先という理由もあるだろう。筆者が2017年にボルボ・カー・グループのデザイン部バイスプレジデントのジョナサン・ディズリー氏に伺った時には、「ネット通販の普及で以前のように大型家具を買って自分で運ぶようなことは少なくなった」という回答を得た。それでも、キャンプ・ウインタースポーツ・マリンスポーツ・ゴルフなど多くの荷物や大きな物を積み込む際でも容量不足はほとんど感じない。, パワートレーンは、ボルボの自社製エンジンである「Drive-E」と呼ばれる2.0L直列4気筒ディーゼルとガソリンエンジンを搭載。同エンジンに、過給器やモーターを組み合わせることで、グレードにあった動力性能を与えている。, 2.0L直列4気筒直噴ディーゼルターボの「D4」は、「Momentum(モメンタム)」、「Inscription(インスプリクション)」の2グレード構成。最高出力190PS/4,250rpm、最大トルク400Nm/1,750-2,500rpmというアウトプットで、1,770kgの車両重量を走らせるには十分なトルク感が得られるのが美点だ。また、スムーズな変速マナーが自慢の8ATとのマッチングも良好で、高速道路を使った巡航では非常に楽に加減速が可能。過給器は小型のターボと、高出力を得られる大型ターボの2つが搭載されていて、高回転域でのパンチ力もまずまず。JC08モード燃費は16.2km/Lで、大きなボディを考慮すると健闘している。高速道路を使う機会が多く、距離が延びる方に最適だ。なお、駆動方式はFFのみとなる。, ガソリンエンジンの「T5」は、2.0L直噴ターボが積まれていて、最高出力254PS/5,500rpm、最大トルクは350Nm/1,500-4,800rpm。「D4」よりも車両重量は30kg軽いが、50Nm低くなる最大トルクの差もあって低速域で湧き出るようなトルク感はない。それでもフロントノーズが軽く、フットワークは軽快。さらに、ターボの過給が始まれば意のままの加速を引き出すことが可能だ。高速巡航も苦にせず、街中や郊外でも扱いやすいパワートレーンなので、静粛性も重視する人に最適だろう。「T5」は、「Momentum(モメンタム)」グレードのみで、V90のエントリーグレードだが、同ワゴンの魅力は十分に味わえる。こちらも駆動方式は、FFになる。, 力強い加速とAWDによる高い機動力を備えるのが「T6」だ。グレードは、「T6 AWD Inscription(インスプリクション)」のみで、2.0L直列4気筒直噴ガソリンエンジンに、低速域を担うスーパーチャージャーと中・高速域で加勢するターボのダブル過給器を搭載する。最高出力320PS/5,700rpm、最大トルク400Nm/2,200-5,400rpmのスペックが示すとおり、どこから踏んでも湧き出るトルク感と、高速道路での追い越しも余裕でこなしてくれる。4WD化により車両重量は、1,840kgと「T5」よりも100kg重くなっているが、動力性能の面では重さによるネガはほとんど感じさせない。ワインディングでのフットワークは、軽やかとはいえないものの、適度な重さによる乗り心地の良さが美点だ。降雪地域の人はもちろん、スキーなどのウインタースポーツなどを積極的に楽しむ層に最適な大型ワゴンといえるだろう。, 最上級モデルとして君臨するのがPHEVモデルの「T8」。グレードは、「T8 Twin Engine AWD Inscription(インスプリクション)」のみとなる。「ツインエンジン」は、エンジンを2つ搭載しているのではなく、エンジンとモーターの組み合わせ。また、「T6」同様に、2.0L直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンには、スーパーチャージャーとターボが積まれている。最高出力は318PS/6,000rpm、最大トルクは400Nm/2,200-5,400rpm。リヤに搭載されるモーターは、240Nmのトルクを発生し、後輪を駆動する。つまりガソリンエンジンは前輪を、モーターは後輪を駆動する。システム合計で405ps/640Nmというアウトプットを得ていて、最もパワフルなパワートレーンになっている。なお電子制御リアエアサスペンション、ドライビングモード選択式「FOUR-C」アクティブパフォーマンスシャシーは、「T8」にのみ標準装備(ほかはオプション)で、しなやかな乗り味と、状況や好みに応じて、快適な乗り味や俊敏なフットワークを選択できる。なお、充電は普通充電のみで急速充電には対応していない。モーターによる航続可能距離は最大で40km、ハイブリッド燃費は15.0km/L。200Vの普通充電で、満充電までは約3時間となっている。, さて、ボルボの各モデルは、グレード間に当然ながら性能差や機能の差(先進安全装備は全車同等で標準化されている)はあるものの、ヒエラルキーを構築するのではなく、機能や装備などはニーズに応じて選んでもらうというスタンスを取っている。「最上級グレード=好みの乗り味」とは言い切れず、可能であれば気になるグレードを試乗してから選択したいところ。先述したように、エントリーモデルの「T5モメンタム」でもV90ならではの魅力を十分に享受できるだろう。, 自動車雑誌、モノ系雑誌の新車担当編集者を約10年務めた後に独立し、フリーランスライターとしても10年が経過。自動車雑誌、ライフスタイル雑誌、Web媒体などで新車試乗記事やカーナビ、カーエレクトロニクスなどの展開している。, 車内をとても快適にするおすすめカー用品・便利グッズ30選!【自動車のプロが厳選!】, 車のコーティング剤おすすめ27選【効果別での比較や選び方、カー用品店のおすすめ品をご紹介!Amazon、楽天の売れ筋ランキングも!】. D4 モメンタム_RHD(AT_2.0) 2018年式, 乗車形式: 利用規約 | V90は2016年、『V70』の後継モデルとして欧州で登場した全長4.9m級のフルサイズエステートだ。日本市場への投入は翌2017年。近似モデルにセダンの『S90』があったが、日本にはスウェーデンのヨーテボリ(イェーテボリ)工場でパイロット生産されたもののうち100台のみがデリバリーされ、S90が中国工場に移管された後はヨーテボリ製造のV90のみが継続輸入されている。ラージSUVの『XC90』で初採用された新世代プラットフォームで構成される。エンジンはガソリン、ディーゼル、プラグイ … 2017年式. ボルボ新型v90を前モデルと比較すると、印象の変化が小さく抑えられていることがわかります。 ボルボはこれにより、ブランドで統一されたデザインをより広いユーザーにアピールしていきたい考えです。 ボルボ V90のニュース、口コミ、レビューや実燃費情報、また自動車評論家やライターによる記事を数多く掲載。価格・グレードなどの諸元表から気になるグレード同士を比較することもできます。ボルボ V90の情報を探すなら、Yahoo!とカービューが運営する自動車総合情報サイト【carview!】 4.8/5.7/5.9 燃費(km/L) 7 排気量(cc) 1968~2921 乗車定員(名) 5/7 室内広さ(全長×全幅×全高)-ボルボ V90のカタログを見る; ボルボ V90の中古車を探す ご意見・ご要望 | 新しい車を購入する際にV90とEクラスワゴン、どちらを購入するか迷う方も多いのではないでしょうか?走行性能、燃費、価格などあらゆる側面から2台を比較していきます。, V90は1997年に発売されましたステーションワゴンです。現在、中古車販売サイトに流通しているV90の中古車の台数は約1,240です。月間で平均で約30台が成約しています。2020年の人気ランキングは全モデル中で504位です。, 比較対象のEクラスワゴンはステーションワゴンタイプの車で1993年に発売されました。現在、Eクラスワゴンの中古車の台数は市場に約5,910台流通しています。約90台が1ヶ月で成約しています。2020年におけるEクラスワゴンの人気ランキングは全モデル中504位です。, V90の買取相場は344.0~735.0万円、対するEクラスワゴンは302.0~509.0万円、最高値と最安値の幅がV90より大きいです。, V90は59.6~79.8万円、Eクラスワゴンは92.0~329.0万円です。2台とも価格帯は近いです。, 以上よりEクラスワゴンのほうがV90よりも購入価格は安くなることが多いです。また、Eクラスワゴンのほうが高い値段で販売されるケースが多いです。, V90中古車のもっとも売れている年式はデータ不足(データ不足台)、価格範囲はデータ不足万円、対してEクラスワゴンは年式は2010(411台)、価格範囲は118.0~299.9万円となります。V90の最多走行距离はデータ不足(データ不足台)、価格範囲はデータ不足万円、一方Eクラスワゴンは5〜6 万km(304台)、価格範囲は118.0~299.9万円です。, 代表的なグレード、V90 クラシックとEクラスワゴン E250 アバンギャルドの燃費性能について、下記にて比較してみます。, タンク容量は80リットル と 80リットル、JC08モード燃費が6.3km/L対15.5km/Lなので、理論上燃料が空になるまで走ると航続距離は504kmと1,240kmになります。Eクラスワゴン E250 アバンギャルドの場合、長距離旅行でもガソリンスタンドを探す必要はそこまでございません。, 2台ともundefinedが使われています。年間1万km走行した場合の燃料代は214,285円対87,096円となり、V90 クラシックはEクラスワゴン E250 アバンギャルドより127,189円の燃費が高くなります。, V90 クラシックの排気量のほうが大きくて、より最高速度や加速力を高めることができます。, V90 クラシックとEクラスワゴン E250 アバンギャルドともに現行モデルの駆動形式はFRです。, FR方式(フロントエンジン-リヤドライブ)はエンジンとトランスミッションが縦置きで、プロベラシャフトで後輪左右中央付近のファイナルドライブユニットに回転を伝達するのが一般的だ。FFより前後の重量バランスに優れ、加速時に荷重が増す後輪で駆動するため、大きな駆動力を発揮させやすい。駆動輪である後輪のサスペンションをシンプルな構造にできないため、車内スペースを奪いやすい。そのため、走行性能を高めたいスポーツタイプの車に余裕のある大きめの高級車での採用が多い。, 駆動形式は両車で異なります。V90 クラシックは直列6気筒DOHCでEクラスワゴン E250 アバンギャルドは直列4気筒DOHCです。, 直列エンジンは構造が簡単なために、メンテナンスにあまり手間がかからない、比較的軽量なエンジン。, 小回りが効くかの指標である最小回転半径を比べると4.8m対5.3mとなりV90 クラシックのほうが小回りが効きやすいと言えます。, ホイールベースは2770mm対2875mmでEクラスワゴン E250 アバンギャルドのほうが大きな室内空間を確保でき、直進安定性に優れています。, ※ 機械式駐車場判断基準:全高1,550mm*全長5,000mm*全幅1,700mm以下, 室内の容積は0.00m³対0.00m³です。乗車定員はそれぞれ7名対5名ですので、室内容積で割ると約0.00m³対0.00m³のスペースが1人あたりに割り当てられます。, EクラスワゴンはV90と比べると、長さと比べると、長さ0、幅0、高さ0mmです。Eクラスワゴンの室内空間のほうが大きいです。軽快な走りをするために気になる重量ですが、180kgほどV90が軽くなっています。, V90 クラシックとEクラスワゴン E250 アバンギャルドの安全装備と室内装備を比較してみます。, Eクラスワゴン E250 アバンギャルドが装備しているブレーキアシストは、ブレーキを踏む力が不十分な時にドライバーに代わりブレーキ力を強めてくれ、万が一衝突をしても衝撃を軽減し事故の被害を減らすことができます。, Eクラスワゴン E250 アバンギャルドが装備しているレーンアシストは車線から外れそうになると、ドライバーに警報が発せられるとともに一定の条件下で、ハンドルの動きを適切に制御する。, Eクラスワゴン E250 アバンギャルドが装備している車間距離自動制御システム(ACC)は前を走る車との車間距離を一定に保ちながら、一定の速度での走行を自動でしてくれる装置です。, Eクラスワゴン E250 アバンギャルドが装備している駐車支援システムはカーナビ画面を使って、車庫入れや駐車スペースへの駐車支援を行うシステムです。, Eクラスワゴン E250 アバンギャルドが装備している横滑り防止装置はカーブを曲がるときに車がカーブの外側へのふくらんだり、内側へ巻き込んだりする挙動を防止して安定した走行をサポートするシステムです。, Eクラスワゴン E250 アバンギャルドのほうが安全装備を多めにつけられています。, 人気・販売価格・燃費性能・走行性能・ボディサイズ・安全装備で2車種を比較していきましたが、4勝2敗0引き分けでEクラスワゴンが優勢となりました。ガソリン代を節約したい方なら、Eクラスワゴンをお勧めします。走りを楽しむ事を目的とした場合、V90をチョイスしたほうがいい。現車確認や試乗をしてみて納得するまで比較してください。その際に、このVSページを少しでも参考にして頂けたら幸いです。, あなたの愛車の情報を入れると、買取業者から無料で査定見積を受け取ることができます。.