Oracleの場合、SQLを実行する際は SQL*Plus を利用します。 このSQL*Plusは実行時にSQLファイルを引数として渡すことができます。 つまり、 SQLファイルをバッチで作成し、作成したSQLファイルをSQL*Plusに渡してあげればよい わけです。 What is going on with this article? バッチ実行時に「ORA-00257:アーカイブ・エラーです。解除されるまで内部接続のみにしてください。」が表示される。。僕が遭遇したこのエラーですが、解決方法は簡単でしたのでご紹介しておきます。 僕のプロフィールはこちら  アーカイブ・エラーと... 本ブログの管理者。 仕事などで得た知識をメモ代わりに書いていきます。 ), ( SQLPLUS @"%~f0" と指定すると自分自身をSQLファイルとして実行します; バッチファイルとして実行する部分はSQL*Plusにとって無視できるようコメント行になるようにします SQL*Plusの入力SQLは以下のコメント形式があります 以下のサンプルの場合、メインのバッチ処理から呼ばれる1つ目の処理は正常終了し、2つめの処理で異常終了するのが確認できます。 あと、以下の箇所を直せば動作確認できると思います。 sqlplus ユーザ/パスワード@接続文字列. 3 Help us understand the problem. はじめに. . 8 概要 バッチファイルから  SQL*Plusを起動し、実行結果をバッチファイルに戻す方法。 ※1レコード、1カラムのみ はじめに バッチ処理を作っていて、下記の様な制御が必要になりました。 ------------------------------------... 概要 CentOS7 にDockerをインストールし、SSH接続できるDockerコンテナを作成した話。 はじめに python のflaskが動く環境をDokerで作ろうとしました。 こちら を参考に、コンテナを作成しようとしたのですが、Dockerのバージョンが古く、D... 概要 /etc/Nginx/Nginx.conf にてclient_max_body_size 10m; を指定しているのに、1MB超のファイルをアップロードできない。 ↓ /etc/Nginx/conf.d/hogehoge.conf のserver 内を修正した... バッチファイルから  SQL*Plusを起動し、実行結果をバッチファイルに戻す方法。, ( ), Windows+Oracle batから SQL*Plusを実行し、SELECT結果をbat内の変数に設定する, CentOS7にDockerインストール → SSHでログインできるコンテナを作成, Nginx httpディレクティブで指定したclient_max_body_size が無視される. Windows. 一方、SQLPLUSの入力文としては、1行目は行コメント、2~6行目まではブロックコメントになるので、7行目のSQLが実行されます. 自分の中でかなり薄まっているとは思いますがWebへ還元したいです。, var hiduke = "2016年12月26日月曜日" SQL*Plusでは、SQL*PlusのSTARTコマンドを使用してファイルを実行した場合と同様に、引数がスクリプトに渡されます。ファイルに拡張子が指定されていない場合は、SET SUFFIXコマンドで定義された拡張子が使用されます。デフォルトの拡張子は、.sqlです。 Why not register and get more from Qiita? By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away. ・ 行の途中に--があると、行末までコメントとなります 「IT」「旅」「環境」に関する情報を発信中。, 新プログラミング言語『Zero』を開発しました! 本サイトの記事数は「589」!!. ・ 行頭にREMと記述すると、その行はコメント行となります メインのバッチ処理 バッチからSQLを実行する流れ. ), ( 4 Oracle また、^が行の途中にあると次の行も併せて1行として処理されます, バッチファイルとしては、1,2行目がコメントとなるので、3,4,5行と順に実行し、5行めのEXITで終了します SQL*PlusでSELECT文を実行し、その結果をbatで取得する方法を書いています。またその応用としてbatファイルで日付・時刻計算をする場合にSQLを使うと簡単に実装できますよという事をお伝えしてい … ), ( 1 7 そんな疑問をお持ちのあなたへ、今回はバッチからSQLを実行する方法をご紹介したいと思います。, つまり、SQLファイルをバッチで作成し、作成したSQLファイルをSQL*Plusに渡してあげればよいわけです。, 40行目の「exit」は記載しないとSQL*Plusが終了しないので忘れないように!, SQLファイルはSQL*Plusで使用するために一時的に作成しただけなので、処理終了後は削除します。, 特に、バッチでファイルを作成するなど様々な処理が行えるので、バッチをうまく活用することで自由自在となります。, バッチ実行時に「ORA-00257:アーカイブ・エラーです。解除されるまで内部接続のみにしてください。」が表示される。。 僕が遭遇したこのエラーですが[…]. document.write(hiduke) ほとんどのArm IPが試し放題でスタートアップは年会費無料!?Arm Flexible Access, OracleのSQL*Plusをバッチファイルで実行するとき、SQL文が書かれたファイルのパスを指定します, そこで、Windows環境でバッチファイルとSQL文を一つのファイルにできないかということ, バッチファイルとして実行する部分はSQL*Plusにとって無視できるようコメント行になるようにします, you can read useful information later efficiently. バッチファイルから SQL*Plusを起動し、実行結果をバッチファイルに戻す方法。 ※1レコード、1カラムのみ. 2 ), ( ), ( バッチファイルを実行するときにコマンドライン引数を指定するには次のように記述します。 複数の引数を指定する場合は区切り文字として半角スペース(他にもあり、後程説明します)で区切って記述します。 コマンドライン引数で渡された値は、バッチファイルの中で %1 ~ %9 という特別な記述を使って取り出して使うことができます(最大で9個の引数を参照できます。10個目以上の引数を使う場合は「バッチファイルで10個以上の引数を使う」を参照してください)。1番目の引数は %1 、2番目の引数は %2 … ・ /*と*/に囲まれた部分はブロックコメントとなります, 一方、バッチファイルでも行頭のREMはコメントとして扱われます システムエンジニア。 559) SQLPlus の接続エラー(Re5:バッチで実行するSQLファイルにパラメタを与える方法) SAKU 2003/08/20(水) 09:32: ふぇむ様 教えて下さい。 以前ふぇむさんが書き込みされた 下記の内容に、私もハマリました。 書かれている通り行ってみたのですが うまくいきません。