沖縄周辺8ヶ所のスポットであれば、沖縄県阿嘉島、与那国島、石垣島、恩納村山田ポイント、竹富島、座間味島、渡嘉敷島などを360°パノラマで見ることができます。 撮影カテゴリーやテーマ、場所については、グーグル側が設定している選択肢が多数あります。ビーチ・海岸、お店、砂漠、森林、史跡、ホテル・リゾート、山、博物館・美術館、大自然、環境保全、野生動物など。 このカメラにはレンズが15台あります。 専用のカメラを使い、10日間のダイビングで3,000枚以上の画像を撮影して作られています。, 出典: https://www.google.com/maps/about/images/treks/reef6-carousel.jpg, Googleストリートビューの画像を撮影するために必要なカメラは目的がしっかりしていれば借りることができます。主にプロの写真家や旅行者の他に、観光協会、非営利団体、政府機関、大学、研究機関などの組織の関係者の方に貸し出しをしています。 2010年から2013年は少し空きがありますが、おおよそ1年周期で撮影されていることがわかります。, 2010年にはまだスカイツリーが建設されていなくて、2013年にはもう道路の奥に見えるという違いが面白いです。 白い部分はまだグーグルカーで撮影がされていません。 この ストリートビュートライク は海外のバルセロナやパリなど、ヨーロッパの狭い路地を撮影するために開発されました。これなら車も建物もボコボコになる心配もありませんまた、画像撮影も手動で行うのではなく、ペダルを漕ぐことで自動で撮影するという仕組みになっています。 基本的に非営利な目的が想定されている印象です。地域振興やアートプロジェクトなどでも活用している組織なども多いです。, スマホの通常のグーグルマップのアプリでは現在地などのGoogleストリートビューを見ることができません。ですが、新しくアプリのGoogleストリートビューをインストールすれば見られるようになります。, スマホのGoogleストリートビューもパソコンと操作や感覚はほとんど一緒です。まずは俯瞰視点の平面地図で検索で探したりGPSで現在地の場所に移動します。 国別に見ることができて、上の画像は日本のものです。 前半分がボコボコになってしまっている車や、植木にめり込んでしまっている車の画像などがあります。 Googleストリートビューやネット上のトラブル画像を紹介します。, 一番悲惨なトラブルはやはり自動車の交通事故です。 地図を拡大していくと日本の都道府県単位やそれ以上に細かく見ることもできます。 研究として試作車を動かすという段階までは成功していると言われています。, しかし、実験で成功していても自動運転車の産業化に成功させるには10倍の労力が必要とも言われています。 当初の目撃画像によると、グーグルカーも地味な外装のプリウスなので、やはりグーグルカーのドライバーの募集だった可能性が高いです。, 2009年の募集要項にあるのと同じように、ドライバーの仕事内容は道路をくまなく入りまわる、ということです。 グーグルのストリートビュー専用車両が大分市の商店街を無許可で走行したとして、運転していた男性が道路交通法違反の疑いで摘発されました。 先月30日、大分市中心部の商店街で通行人のすぐそばを車が走行し、Uターンしている様子を防犯カメラが捉えていました。 しかし、人間のドライバーだからこそミスもあります。 Googleストリートビューの撮影をしているグーグルカーの仕組みや車種、目撃情報や現在地について紹介しています。グーグルカーの現在地はどこなのか、なぜグーグルカーはボコボコなのか、車種は決まっているのか、スマホ版Googleストリートビューなど。 日本にも野生動物が多数生息しています。都市部でも飼い犬や飼い猫と自動車の交通事故になる可能性もあり得ます。 この時計ボタンを押すとタイムマシン機能を使えます。 グーグルカーを使って現在地で撮った全方位の画像を集めることで、パノラマ写真を作れる仕組みになっています。, グーグルカーはただ何枚も画像を撮影するだけでなく、ウェブに載せるまでに撮影した画像を複数枚繋ぎ合わせることで自由に動かせる画像になっているという仕組みです。 ネットには数々のグーグルカーの事故写真がアップされています。 実際のグーグルカーの内部のセンターコンソールの部分には「頭上注意!車高2.5m」や「一時停止!!」「後方確認!!」などの注意を促すシールが貼られています。 最新の画像が2017年9月でその前が2016年2月、2015年4月、2014年6月、2013年7月、2010年1月と遡って過去の画像を表示できます。 オフィスに行ってそこから出発というわけではなく車がオフィスのような状態です。 ただし、グーグルだと分かるようには募集していません。, まだGoogleストリートビューが始まったばかりの頃は、アメリカの地方で1マイルにつき78セントという報酬でした。車とガソリン代は自費で撮影機材のみをグーグルが提供していました。あまり好待遇とは言い難い条件です。, 現在は業者に委託したりして、下請けの会社がグーグルカーのドライバーを雇っていることが多いようです。 繋ぎ目をよく見たら不自然なのはそのせいです。, 2017年にグーグルカーのカメラがアップデートされました。レンズの台数は7台に減り、AIによる画像認識や現在地の位置情報、お店の営業時間などを同時に記録できる仕組みになっています。 このタイムマシン機能はすべての場所で使えるわけではないので注意が必要です。, Googleストリートビューの時計ボタンを押してみると、新しく小さいウィンドウが表示されました。 関東から西は撮影が進んでいて東北はまだ撮影していない地域もあります。 Find local businesses, view maps and get driving directions in Google Maps. 普段行くような場所であっても車に乗れない場所も画像で見られるのが新鮮です。 他の車以外にも野生動物と交通事故になる可能性があるのでドライバーも大変です。人工知能による自動運転車も野生動物に対応するのも課題の一つです。 まだGoogleストリートビューになくてオススメしたい場所はぜひ活用できるアプリです。, 以上のように、Googleストリートビューの写真は地道に車や徒歩で集めた画像を使用している仕組みになっています。それでも、なぜあのような繋ぎ合わせた一つの画像になっているかは不思議です。ということで、グーグルカーの撮影と編集の仕組みを紹介します。, グーグルカーや各トレッカーの画像撮影には専用の360°全方位カメラを使っています。 アレ? 水中ストリートビューってそんなだったっけ? なんだかとてつもなくパワーアップしてる感。さっそく見てみると……すげぇぇえええええ! 移動できるぅぅうううう! 海ガメいるぅぅううううう!! グーグルカーはGoogleストリートビューを作成するために実際に画像を撮影している車の通称です。 グーグルカーの上部には360度のパノラマ写真が撮影できる全方位カメラが搭載されています。 人物の顔だけでなく、車のナンバープレートや住宅、暴力的な場面などにもボカシを入れています。グーグルに問題を報告することで、自分から住宅などにボカシを入れて欲しいと要望することもできます。, 出典: https://pbs.twimg.com/media/BkDJxtFCIAA5EtZ.png, 上の画像はグーグルカーに向かって手を振っている男性です。ボカシが入っていますが、それでも笑顔だと分かるような満面の笑みです。, 出典: https://pbs.twimg.com/media/B5hjYvxCYAAMmoM.png, こちらの女性は喜びのあまり、グーグルカーに向かってジャンプしてダブルピースのようなポーズを取っています。横の白い服の女性は知り合いにこっちに来るように促しているように見えます。生放送のテレビカメラを見つけた時のような反応です。, もし、グーグルカーに出会うことがあれば、その時は自分自身がGoogleストリートビューに載る可能性があります。 一般に車の自動運転が普及するのはまだまだ先かもしれませんが、グーグルカーに限ればドライバーなしの自動運転車が実現される可能性は高そうです。, 実は、グーグルカーは様々な場所で目撃されています。グーグルカーが撮影した画像にはよく人が映り込んでいます。それを利用して、目撃者の中には自分から映りに行くという人もいます。 その他にも文化的価値や歴史的価値のある場所や建物の撮影や、お店の撮影をする際にも貸し出しが許可されることもあります。申し込んだ際にはバックパック型のトレッカーかGoogleストリートビューアプリ対応の 360°カメラを借りることができます。申込みの際には、カメラの使用目的を細かく聞かれます。 Googleストリートビューの撮影をしているグーグルカーの仕組みや車種、目撃情報や現在地について紹介しています。グーグルカーの現在地はどこなのか、なぜグーグルカーはボコボコなのか、車種は決まっているのか、スマホ版Googleストリートビューなど。, みなさんグーグルカー(ストーリートビューの撮影車)をご存じですか? Googleマップでストリートビューが表示されない不具合や見れない時の対処法を説明していきま... iPhoneでストリートビューを見る方法はいくつかあり、iPhoneアプリのGoogleスト... Googleマップの更新頻度と地図のストリートビューの更新頻度と修正方法を説明します。Goo... http://j-town.net/images/2015/town/town20151105142330.jpg, https://4.bp.blogspot.com/-H9Nqnj2o4jo/VHZ8xz3d3cI/AAAAAAAANiY/rAYNWz89aZM/s1600/Okuhotaka.jpg, http://l-s.co.jp/indoorview/blog/wp-content/uploads/sites/3/2015/02/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88-2016-11-15-20.08.47.png, https://www.google.com/maps/about/images/treks/reef6-carousel.jpg, https://i.gzn.jp/img/2009/04/15/google_svcar/001_m.jpg, https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20130731%2F28%2F2826868%2F0%2F599x427x264c493467fc4d72c5b861d0.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r, https://pbs.twimg.com/media/BkDJxtFCIAA5EtZ.png, https://pbs.twimg.com/media/B5hjYvxCYAAMmoM.png, http://www.tabroid.jp/images/2012/111215_street_top.jpg, http://buzz-netnews.com/wp-content/uploads/2015/10/22fe94966ef2c4514a5f9191595e15db0bc95c711444392611-s_R.jpg, https://i0.wp.com/ailovei.com/wp-content/uploads/2016/08/37-17.jpg?resize=580%2C326&ssl=1, http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2015/02/001142.jpg, http://livedoor.blogimg.jp/himasoku123/imgs/a/d/ad3e63c1.jpg, https://sociorocketnews.files.wordpress.com/2014/09/the_most_bizarre_google_street_view_maps_ever_640_55.jpg?w=873&h=492, https://fundo.jp/wp-content/uploads/2014/09/tumblr_mz5603capd1robnmro1_400.jpg, http://i.gzn.jp/img/2012/08/30/google-street-view-photos/14_m.jpg. その仕事内容について調べました。また、AI(人工知能)を研究しているグーグルなので、自動運転車の技術も開発中とのことです。, 海外の場合はグーグルカーの運転手は時給制のアルバイトだという情報があります。 自分がGoogleストリートビューに載るということも逆手に取って、こういうサービスもあります。, ガソリンスタンドや神奈川県茅ケ崎のイオン、はたまた広島などでグーグルカーの目撃情報があります。 狭い道を車で走ることが多いからなのか、外観が変わる程度のボコボコな損傷は日常茶飯事のようです。, ボコボコの傷だらけになったグーグルカーです。白いガムテープのようなもので補修してあります。痛々しい姿です。, 出典: http://buzz-netnews.com/wp-content/uploads/2015/10/22fe94966ef2c4514a5f9191595e15db0bc95c711444392611-s_R.jpg, 上の画像は海外で撮られたもので右にロバが映っています。直後の別の画像ではグーグルカーがロバを轢いてしまったようで、哀れなロバが横たわっています。 また、成田ナンバーの車が多いことや、事故でボコボコになった車を見たという目撃情報も多いです。, 出典: https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20130731%2F28%2F2826868%2F0%2F599x427x264c493467fc4d72c5b861d0.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=0&qlt=80&res_format=jpg&op=r, Googleストリートビューにはよく人が映り込んでいますが、プライバシーに配慮して顔にはボカシが入れられています。 ボコボコのグーグルカーが目撃されるのはサービスが始まってから今まで変わっていません。 その時に提示されていた時給は1600円です。, 出典: https://i.gzn.jp/img/2009/04/15/google_svcar/001_m.jpg, 募集要項には、「全方向を撮影できるカメラを搭載したプリウスを与え、平日昼間都内の道路をくまなく走り回る仕事。」という記載もありました。 グーグルカーが今いる現在地を知れれば一番いいですが、さすがにそこまでは難しそうです。, グーグルカーにはドライバーが乗っていなくて自動運転で撮影する仕組みなのでは?という噂のような都市伝説のようなものありますが、車にはドライバーがちゃんと乗っています。 グーグルカー自体も珍しいですが、ここまでボコボコに損傷している車も珍しいので遭遇したらちょっとワクワクしそうです。, 前輪付近や後部座席のドアがボコボコに損傷した車も目撃されています。 撮影した画像はプライバシー関連以外は編集しないことから、Googleストリートビューにはこういった珍場面も公開されることがあります。。, 出典: http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2015/02/001142.jpg, アメリカであった事故では、Googleストリートビューの画像の撮影中のグーグルカーが路上にあった砂袋を避けようとして車線を越えたために後ろから直進してきたバスの側面に衝突したというものがありました。 Googleストーリートビューという名前ですが、撮影場所はグーグルカーが入れるような道路に限りません。 現在のようなグーグルマップデザインの車種になる前からボコボコでした。 自動運転車初の事故です。 決定的瞬間,Google MapやGoogle Earthのストリートビューで、色々なところを散策してみました。初めてお越しの方は、ブログ左のカテゴリーの一番上にある「はじめに」をお読み下さい。現在、当ブログに酷似した“sesaa”というドメインの偽ブログが存在しています。 グーグルカーの撮影の仕組みや屋内の撮影をどのように行っているかについても調べました。, Googleストリートビューのサービスが開始されたのは2007年5月です。グーグルカーでの撮影もその頃に始まったとされています。Googleストリートビューのサービス開始当初は国道や大通りなどのグーグルカーが通りやすい道だけを画像で見ることができました。, 出典: http://j-town.net/images/2015/town/town20151105142330.jpg, しかし、現在では一方通行や車が通れるぎりぎりの小道まで撮影をしていて、Googleストリートビューので現在地や地図で指定した場所を閲覧できるようになっています。狭い道や険しい道にもグーグルカーは挑戦していくので車体がボロボロという目撃情報が多数あります。, 上の画像は新宿西口の路地裏です。グーグルカーが入れる広さの道路です。始めて訪れる場所や建物、現在地、お店の外観をウェブ上で調べる時にとても便利です。実は、同じ場所でも定期的にグーグルカーが撮影し直しています。