「うちの家の屋上は大丈夫かな?」とご心配されている方が多いので、屋上防水の劣化による雨漏りのご紹介と直し方を業界していきたいと思います。, 抑えコンクリートは、コンクリートの下に防水層がありますので、多少の雨水が入っても防水層がカバーしてくれているので、大丈夫なのですが、10年ぐらい経過してくると、コンクリート下の防水層が劣化によりダメになり、雨漏りの原因に繋がります。, その他、なるべくコンクリート層(表面)で水が下に入らないようにすることもとても大事です。, クラック(ひび割れ)はコンクリートの劣化や日々の建物の揺れ地震が原因で起こします。, ※クラックはコンクリート質を改善し、クラック(ひび割れ)を直すSクリートクラック工法という最先端の工法で直せます。, 目地(エラスタイト)の役目は、建物の日々の揺れや地震の揺れなどでコンクリートが割れないように簡単に言いますとクッションの役割をしてくれています。, ※目地(エラスタイト)を撤去し、シーリング材を入れることにより直せることができます。, 屋上防水で一番雨漏れの原因が多い排水溝(ドレン)は、改修用ドレンという材料を使って直すことが可能です。, ウレタン防水は、塗膜をはり膜厚をつけることによって外部からの水の侵入を防ぐ工法です。, ウレタンという性質上、紫外線に弱く劣化が進みますと膜厚が減少しし雨漏りの原因に繋がります。, その他、雨漏りの原因につながる症状は、クラック(ひび割れ)や塗膜の浮き等で水が入ってしまうケースがございます。, ウレタン防水のクラックは、大きいと素地から一緒に塗膜層も割れてしまうケースと、素地のクラックにでき塗膜層が破れるまでは行かないクラックがあります。, 塗膜の下にクラックが入りますと暑い日に水分が水蒸気として上がってきてしまい、塗膜したに溜まった水がクラックに流れて雨漏りを起こす可能性がございます。, 防水シートの劣化により、破れ・剥がれ・浮き・シート下の水分溜まり等が発生し雨漏りに繋がります。, 湿気や水蒸気が上がってきたか、もしくは水が入ってしまっているため、逃げ切れなくなった水分が防水シートの浮きに繋がり雨漏れに繋がります。, 他にも様々な屋上防水からの雨漏り事例はございますが、大まかに上記のような事例がほとんどです。, 雨漏りは、屋上防水だけではなく、色々な原因でおこりますので事例をご紹介していきます。, 東京を中心に埼玉・神奈川の建物を保護し、できる限り長持ちさせる屋根・外壁のリフォーム塗装で、, お住まいをもっと美しく、安心快適にするお手伝いする株式会社レイティスホームは、お客様とのつながりを大切にしています。 カーポートの雨漏りの原因が、台風などの災害で屋根材が破損したことによるものなどの場合は、火災保険で修理費用が補償される場合もあります。火災保険の契約内容によりますが、もし、適用されそうならば、一度、保険会社に確認をしてみると良いでしょう。 カーポートから雨漏り(水漏れ?)がするんだけど、何が原因かわからない...修理方法があったら教えて欲しい... と悩みを抱えている人の「カーポートの雨漏り原因と修理方法」がわかる記事になっています。, 記事を読み終えると、カーポートの雨漏りの原因がわかり、どうやって修理・直せばいいのか理解できるはずです。, 毎年60件以上の外構工事をおこない、今まで多種多様なカーポートを1,000基以上施工した経験があります。, などで、最初の「設置業者のコーキング忘れ」は悪気はなく手抜き工事でもないので、連絡すればすぐにやってくれます(当社でもたまにあること...申し訳ありません)。, この記事では2番目と3番目について、雨漏りが発生する原因5つと修理方法(DIYでもできる)を紹介し、本格的な修理をしたいときの「業者の探し方」も合わせて解説していきます。, コーキング材の劣化によりひび割れができ、その隙間から水が漏れてしまうのが原因です。, カーポートは屋外でいつも雨風・紫外線にさらされるので、長い年月がたつと劣化するのは仕方ありません。, ポイントは「以前のコーキング材をきれいに取り除くこと」で、残っているとコーキング材がうまくくっつきません。カッターを使って、丁寧に取り除きましょう。, コーキング処理した場所は見えないので、テープで養生する必要はなく、指で平らにならせばOK!, コーキング材にはコーキングガンが必要で、すぐには壊れないので買ったほうがいいです。コーキング材は長期保存できなくしかも安いので、少ししか残らなかったら捨てましょう。, 秋にいっせいに落ちる葉っぱが主な原因で、カーポートの近くにシンボルツリーなどの庭木があったら要注意!, ゴミが溜まっているのがわかったら、バケツを用意してからドレインエルボ下側のフタを開けましょう。知らずにフタを開けると「ドバッ!」とごみが落ち、体にゴミが当たり服を汚してしまうので注意しましょう。, 上画像は中が見える「スケルトンエルボ(三協アルミのオプション)」で、透明になっているのでゴミのたまり具合が確認しやすくなります。, パネルを抑えるための「ゴムパッキンや緩衝材」が劣化し、パネルの継ぎ目(つなぎ目)から水が漏れるのが原因です。, これもコーキング材同様、カーポートは屋外でいつも雨風・紫外線にさらされるので、長い年月がたつと劣化するのは仕方ありません。, 緩衝材とは、母屋とパネルの間につけるもので、やや硬いプラスチック製のクッション材です。, 新しいカーポートならメーカーに問い合わせればいいですが、古いカーポートだとゴムパッキンと緩衝材を自作する必要があります。, ホームセンターに行って同じぐらいのサイズのものを探し、繰り返し合わせてみるしかありません。, 屋根パネルの劣化・台風や積雪による破損などによって、パネルが壊れて雨が漏れるのが原因です, 最新のカーポート屋根パネルは、劣化しにくく強度も高いです。しかし昔の塩ビ波板は、劣化しやすく強度も高くありません。, カーポートパネルはいつも紫外線にさらされるので、長い年月がたつと劣化するのは仕方がないです。新しいカーポートだったら、メーカー保証を確認しましょう。, カーポート下とカーポート外の温度差により、空気中の水蒸気が冷やされ水になり、それが折板屋根の下に付着します。それが水滴となって下に落ち、雨漏りのようになります。, 上画像のように、寒い日の朝に窓につく水滴、冷たい飲み物に水滴がつくのと同じ原理です。, 対策としては、「ペフ」という結露軽減材(スポンジのようなもの)を貼り付けた折板屋根を選ぶことです。しかしデメリットがあり、10年もすればそのペフが劣化しはがれてしまいます。, 折板屋根は雪が多い地域にぴったりのカーポートですが、結露はあきらめ「積雪対策だけできる」と割り切ったほうがいいでしょう。, 火災保険の基本保証にはカーポートは含まれませんが、オプションの「風・雹・雪災」をつければ損害がカバーできます。, なぜなら、カーポートが壊れる原因は「台風などの強風と積雪による重み」だからです。カーポートを設置予定の方は、このオプションは絶対に外せません。, しかし保険が使えるのは「20万円以上の損害」で、修理だけだと20万円に届かないことがほとんどです(つまり無料で修理できない)。, いずれにせよ、業者に見積りをしなければなりません。そこで便利な「火災保険代行サービス」を紹介します。, 火災保険の保険金でカーポートの撤去ができるので、自己負担金は0円(つまり無料)です。, ただし保険金が下りなかったら工事はできませんが、それまでの費用は一切請求されないのでご安心を!, この火災保険代行サービスを利用すると、カーポートと一緒に建物の被害も合わせて調査してくれます。もし被害があれば、それに応じた保険金請求が可能です。, 例えば、「屋根材(瓦やスレート)・雨樋・外壁の破損」などです。とくに屋根は上へ登ってみないと、どうなっているかわかりません。「屋根から変な音がする・雨漏りがする」と気がついたら、一緒に調査してもらいましょう。, カーポート修理業者=外構業者なので、あなたの近くの外構業者を探して依頼しましょう。, そんな方は以下のページをご覧になってください。「カーポート歴20年のプロ」がおすすめする商品をまとめました。, この記事では、雨漏りが発生する原因5つと修理方法(DIYでもできる)を紹介し、本格的な修理をしたいときの「業者の探し方」も解説しました。いかがだったでしょうか?, ちょっとした修理ならDIYでもできるので、安全に注意しトライしてみてください。どうにもならなくなったら、専門業者を探して修理してもらいましょう。, すぐ下の関連ページで「カーポート工事の無料見積もり・カーポートの修理・カーポートの撤去解体」を解説したページリンクを貼っておきます。, 以上、【カーポート】雨漏りの原因5つと修理方法【DIYでの直し方も教えます】…という話題でした。, 現在の位置:ホーム > カーポートまとめ > 【カーポート】雨漏りの原因と修理方法, 「クローバーガーデン埼玉」が運営するサイトで、当社は「外構エクステリア工事・庭づくり」専門業者です, シンボルツリー人気ランキングTop10+おすすめ13種【1位の庭木はどれかな?】, オープン|クローズ|セミクローズ|カリフォルニア|シンプルモダン|南欧風プロバンス|ナチュラルモダン|洋風|和風・和モダン|カジュアル, 門まわり・門柱|庭ガーデンまわり|駐車場・車庫|塀・囲い・境界|アプローチまわり|玄関まわり(ポーチ・階段)|花壇まわり|テラスまわり, 塗り壁・ジョリパット|タイル|ブロック塀|レンガ|石張り舗装|カーポート|ウッドデッキ|フェンス|角柱|機能ポール|サイクルポート|立水栓・水道|テラス屋根・パーゴラ|シンボルツリー(植木)|物置|コンクリート、門扉、表札、インターホン、ポスト、照明、芝生、砂利、舗装. お隣で建てられたカーポートが何らかの法律に触れている根拠があるのであれば