専門知識を持つ専属の美容師が丁寧に対応いたします。, 相談をご希望の方は、下記の「艶髪コンシェルジュ(Dearsご相談窓口)」を友だち追加していただき、普段お友達とお話するように、あなたの髪の悩みをご相談ください。, *相談は何度でも無料です。あなたの不安や疑問が解消されるまで、何度でもお気軽にご連絡ください。 もちろん事例の一つにすぎませんが、間隔を空ける事で頭皮の負担は確実に減らせます。, 「月に何回くらいなら」と決めずに、状態を見ながら担当美容師と進めていけると安心ですね。, 例えば、夏の暑い季節は、髪の中が熱でこもります。 シャンプーの回数も増えたりする事で、自然と頭皮をかく事がふえます。, 冬の乾燥する季節も同じ事がいえます。 その方は、月に3回施術をされているお客様でした。, カラーの回数を月3回を2回に減らしたところ症状の緩和が見られました。 どうも。いもづるです。今回は、カラーリングで頭皮がしみる原因や、痛い時の対処法などを言及していきたいと思う。日本の人口の半分以上の人がヘアカラーをした経験があり、特に女性だけで見ると7割ほどの人がヘアカラーをしているんだな。 頭皮は正常なときであっても、 皮膚の中への薬品や水分などの浸透率は、例えば手の平の4倍 ほど高くなります。 体中の皮膚の浸透率を平均1とすると、頭皮は3.5と言われているのです。 つまり頭皮はそれだけ敏感で繊細な皮膚だということになります。 技術を学んだ美容師が施術をすれば、カラー剤が顔に付いたり皮膚が染まるような事は防げます。, カラーによる頭皮トラブルが多い人ほど、相性の良い美容師を見つけて任せる事をお勧めします。, ディアーズでは、女性の髪のお悩み解決に少しでもお役に立てるよう、「髪のお悩み相談」をLINEにて承っています。, ディアーズに通われているお客様はもちろんのこと、そうでない方でも女性なら誰でも無料でご利用いただけるサービスです。, もちろん、ご相談後の無理な勧誘もございません。 頭皮を無意識にかく事が増えるので、角質を剥がし傷がつきやすくなります。, 夏や冬など季節の変わり目は頭皮が肌荒れを起こすのでカラーが染みやすくなるお客様が多いようです。, また、体調不良で頭皮のコンディションが整っていないときも同じように染みやすくなるので注意が必要です。, カラーの間隔が短く頻繁に行っているお客様が不安になられる質問が抜け毛や薄毛への影響です。, 抜け毛(薄毛)の原因は、殆どが加齢によるホルモンの影響です。 実はカラー時の刺激やかぶれ、ピリピリ感はすべてジアミンアレルギーが原因だ、というわけではないのです。, ※Laughfulで使用しているオーガニックカラーはジアミンがベースになっているカラー剤ですが、パラフェニレンジアミンは使用しておりません。(ジアミンアレルギーになってしまうリスクは大幅に抑えられています。), カラー塗布または放置時にピリピリ痛みを感じたりヒリヒリと熱く感じたり。経験したことがある方も多いかと思います。これはジアミンアレルギーではなくカラー剤そのものの刺激による「接触性の皮膚炎」。一般的に「カラーがしみる」と表現されるものです。, これはヘアカラーの中に含まれる“過酸化水素”が主な原因。1剤に含まれるアルカリ剤と2剤の過酸化水素が反応する際に起こる反応と、phの変動による刺激がピリピリした痛みを引き起こします。, また、頭皮に傷がある場合や日焼け、寝不足やストレスが原因で頭皮が荒れている場合もピリピリ感を感じやすいです。, カラーがしみやすいこと、お肌が敏感であることなどを担当の美容師さんに伝え、上記の対策を取ってもらうことが必要です。, カラー時には特に異常がなく、痛みも感じなかった。しかし数日後に痒みや腫れ等の異常が見られた場合、「ジアミン染料によるアレルギー性皮膚炎」の可能性があります。, 特に頭皮だけでなく、耳や顔、首など直接カラーが触れていない部分に症状がでることがあります。, 本来は病気の原因となる細菌やウイルスなどを排除するために機能しますが、時として体に害のない花粉やハウスダスト、食品などに過剰に反応してしまい、ヒスタミンという化学物質が大量に分泌され、アレルギー反応を起こします。, 今回の場合、先述した“ジアミン染料”によってアレルギー反応が起き、皮膚炎を引き起こしていると考えられます。, カラー剤(の中のジアミン)に触れた部分やその周囲に、かゆみや痛み、赤み、腫れといった症状が現れます。接触してから、1~2日後に症状が発症し、3~4日程度でピークを迎えるのが一般的です。我慢して無理に続けてしまうと呼吸困難や意識不明など、重篤な症状を引き起こすことがあるため絶対にやめましょう。, 一度ジアミンアレルギーの反応が起きてしまうと対策もできず、ジアミン入りのカラーリングをやめていくしかありません。発症させないためには、とにかくアレルゲンであるジアミン(特にパラフェニレンジアミン)を避けることが大切です。, とはいえアレルギーの発症を恐れてカラーすること自体をやめてしまうのは寂しいもの。白髪が気になる方もいらっしゃると思います。, Laughfulで使用しているオーガニックカラーはジアミン染料は含まれていますが、パラフェニレンジアミンは使用しておりません。(ジアミンアレルギーになってしまうリスクは大幅に抑えられています。), ノンジアミンカラー、ヘアマニキュア、ヘナのご用意もございますので、頭皮の状態やこれまでのカラー履歴、症状等を元にしっかりとカウンセリングをしてカラーリングの種類を決めていきましょう。, ピリピリとくる刺激は対策をすることはできますが、アレルギー性皮膚炎の場合は一度発症してしまうと治すことは困難です。特にパラフェニレンジアミンが原因のアレルギーの場合、アナフィラキシーショックの症状が起こることもあり、命の危険につながってしまうことも。, カラー後しばらく経って、軽い腫れぼったさや痒みを伴う場合は今後アレルギーになってしまう可能性があります。(もしくはもうアレルギー症状が出ている。), ジアミンアレルギーになりにくい処方のLaughfulのオーガニックカラーも、ジアミンアレルギーを発症してしまった方は使用できません。, また、一般にかぶれにくいとされる植物性染毛剤のヘナ製品も、パラフェニレンジアミンが含まれているものもあるので、選ぶときには注意が必要です。また、ノンジアミンカラーにしたからといって、アレルギーにならないとは限りません。ジアミン以外の化学物質が原因でアレルギーになってしまう可能性も0ではありません。, とはいえ、冒頭にもあるようにヘアカラーはお洒落の幅をグンと広げてくれる魔法のような施術。, 求める髪色に対してアレルギーリスクを減らし、刺激を最低限に抑え、髪に残留物を残さない。, 【スタッフヒストリー】成田明紀子 〜 余裕が持てずに苦しんだ過去を超え、美容師として届けたい価値 〜, 【スタッフヒストリー】安田悠人 〜常に感じていた「こうじゃない感」。美容師としてあるべき姿を求めて〜. 自己責任のセルフヘアカラーで頭皮が痛いとかかゆい思いをしても自己解決するしかないのは不安でしょう。, そこで、ヘアカラーで頭皮が痛い、かゆい人の理由と予防や軽減の仕方を経験からアドバイスします。, 頭皮がかゆい、痛いなんて経験がない人もいるでしょうが、美容院のヘアカラーであれ自宅でのセルフカラーであれ頭皮のトラブル経験を持つ人もいると思います。, 初めてのヘアカラーで頭がひりひりして痛い思いをして、今後の毛染めに躊躇している人も参考にしてください。, なぜ頭皮がヘアカラーで痛いのか、かゆくなるのか、どうすればひりひりしないのかを考えてみました。, ヘアカラー剤を頭皮につけると最初は何も感じないのですが時間が経つにつれて、ひりひり感が増してきて頭皮が痛いとかかゆいとなる事があります。, 美容院では、最初にしみないですかと聞かれますがその時はなんともないので大丈夫ですと答えますが、時間が経つにつれて違和感が現れて、でも最初に聞かれたときに大丈夫なんて言った手前頭皮が痛いのを我慢して帰ったという人もいるのではないでしょうか。, ヘアカラー(ここではアルカリカラーのお話です)で頭皮がかゆいとか痛い原因はその成分にあります。, 通常の正常な状態ならしみるなどトラブルにはなりにくいのですがその時の状態で痛い事があります。, ここで言うヘアカラーで頭皮がかゆいとか痛いというのはアレルギー反応の事ではありません。, 染まりに影響するのではと思うかもしれませんが、スタイリング剤をベタベタにつけていなければそのままでも染まりに影響は少ないです。, それよりもシャンプーで洗うときに頭皮に爪が当たったり、かゆいからと言って強くこすったりして少しでも傷がついたりするとしみる原因になります。, さらに、頭皮を覆う皮脂膜(俗に言う頭の脂です)がシャンプー剤で洗い流されるのでダイレクトにヘアカラー剤が付くことによりしみる事、痛いことがあるのです。, 髪の毛の染まりが心配ならぬるめのお湯で流すとかシャンプーも髪の毛につけて流すくらいの優しいシャンプーをするのがオススメです。, ヘアカラーがしみやすい人は染める2日から3日くらい前から頭を洗わないのも良いと思います。, 頭皮にシャンプー時に爪で傷が付いていても治るし(もちろん目に見えない感じない程度の極小の傷です)、皮脂も出ているので刺激から頭皮を守ってくれるはずです。, 乾燥肌の人や、やむなくシャンプー直後にヘアカラーをしなければならない上に肌の弱い人は検討の余地があるでしょう。, サロンなどでヘアカラーを塗布した後に加温をされる事がありますが、薬剤は温度が上がるほど反応が促進されます。, 染める時間短縮になりますが、刺激も強くなるので温まってしみるとき、痛い時には、臆せずに美容師さんに少ししみてヒリヒリしてきたと告げれば加温なしで処理してくれるでしょう。, 明るさをあまり望まないなら、ヘアカラーの2剤を水で薄めたり、美容院なら%の低い過酸化水素の使用や低アルカリのヘアカラーでお願いする。. 半永久染毛剤は、染料を髪の表面にコーテイングして、一時的に髪の色を染めるという染毛剤で、2~3週間で次第にその効果は薄れてしまいます。, 市販のカラー剤には、このタイプのものが多くありますが、皮膚に付着すると、色が落ちにくいので、家庭で使用する場合には、注意が必要です。, 上記で分類した染毛剤のうち、酸化染毛剤を使用した際に、頭皮の痛みを感じる人は、意外に多くいます。 生理の前後や、風邪気味などといった理由で、体調がすぐれない時には、普段カラーをしても沁みないのに、痛みを感じることがあります。, また、体調が万全でも、激しい運動の後や、シャンプーの後だと、頭皮の毛穴が開いているので、カラー剤が頭皮に侵入しやすくなり、沁みて痛みを感じることがあります。 カラーで頭皮がピリピリ痛い|これってアレルギー? 印象や気分を変えたい時、白髪が気になり始めた時。 美容院や自宅で気軽にできるカラーリングは、お洒落の幅もグンと広がる魔法のような施術。 カラーの施術は、体調の良い時に受け、施術前に、自宅でしっかりシャンプーをしたり、スポーツジムにいったりするのは、控えるようにしましょう。, 某化粧品メーカーにて人材教育、美容家として全国で活躍。今までの知識、技術を生かし21年前に横浜にエステサロンオープン。多くの接客で一番感じた事は、肌トラブル、肥満、抜毛、薄毛の原因はストレスによる事が多く、その中で特に疲れの出やすい頭部に着眼。脳の癒しが美しさ、健康への近道と確信し、ヘッドエステ専門店「スカルプ スカル」をオープン。, 実は、毎日のシャンプーが美髪を作り出すのに最も大切だということをご存知でしょうか?, 東京都・表参道/南青山にあるヘッドスパ取り扱い店『 nex the salon(ネックスザサロン)』掲載開始しました。, 新潟駅・新潟/花園にあるヘッドスパ取り扱い店『 ailes hair salon(エルヘアーサロン)』掲載開始しました。, 静岡県・袋井/高尾町にあるヘッドスパ取り扱い店『 LUSTY(ラスティー)』掲載開始しました。, 店内がリゾート地みたいで、普段と違う空気が楽しめます!観葉植物と心地よいアロマの香りでとても安らぐ…続きを読む, ヘッドスパ初体験でしたが、とーってもよかったです! 店内はとても清潔感があって、スタッフの方も皆さん笑…続きを読む, デスクワークでガチガチになった肩もほぐしてもらいたかったので、肩のマッサージが付いている「頭皮重視脳ほ…続きを読む. 自宅でのヘアカラーや美容室・ヘアサロンでのヘアカラーでアレルギー症状(ジアミンかぶれ)のでたことのある人もいるのではないでしょうか?少しのかゆみだからと言って気にせずカラーを続けると思わぬ事態になることもあります。大事になる前に医師に相談しましょう。 休みの日は、趣味のバス釣りをしに琵琶湖に行ってます。, みなさんこんにちは!東京・名古屋・京都・大阪に店舗展開している大手サロンで12年経験を積み、2013年7月に堺にelfoをオープンさせていただきました。「すべてはお客様の笑顔の為に,人と人とがつながるサロン」をコンセプトに日々頑張っています。休みの日は、三人の子供と遊んだり、大好きなブラックバス釣りをしています。DIYも大好きでお店の小物を手作りしたりしています。お店にご来店の際は、チェックしてみてください。, 堺市三国ヶ丘のヘアーサロン【elfo】のオーナーしてます。 Copyright (C) 2020 髪質改善美容室Dears(ディアーズ):誰もが憧れる艶髪へ All Rights Reserved. 平日11:00〜19:00 平日11:00〜21:00 ヘアカラーすると頭皮が痛い しみるのは怖い. _営業時間らふる work:@elfo_hair 次に、過酸化水素水が配合されている2剤を髪の内部に浸透させ、化学反応を起こして色素を作ることで、髪の色を染めるのです。, その為、黒い髪を明るくすることも、白髪を黒くすることもできるのですが、鉄イオンとフェノールがおこす化学反応を利用する非酸化染毛剤は、黒系の色にしか染まらない為、美容室では、ほとんど使われていません。, ブリーチ剤は、過酸化水素水とアンモニアで髪の内部にあるメラニン色素を破壊して、髪の色を薄くするカラー剤で、強い刺激臭があります。 祝日10:00〜18:00其のニ _電話番号 「最近なんだか頭皮が痛い…」と感じたことはありませんか?頭皮の痛みは、季節的なものや仕事の疲れなど、原因は様々です。, 頭皮や髪の毛は、身体の変化やストレスによる影響を受けやすく、頭皮の痛みは体のSOSサインかもしれません。「そのうち治る」と後回しにすることは厳禁です。, 「なにかの病気かも?」「カラーのしすぎ?」と不安に思っている方は、しっかり原因を把握する必要があります。, この7つを大別すると、カラーリングや紫外線などによる『外的要因』と、湿疹や頭痛などの『内的要因』に分かれます。, 風邪や病気が頭皮の痛みを引き起こしている可能性もあり、重度の場合は病院で診てもらう選択肢も考えましょう。, ストレスなどの生活環境による影響、カラーやパーマなど薬液の刺激、シャンプーによる刺激など、痛みの原因は様々考えられます。, もともと肌が弱い方や、乾燥しやすい時期などは特に頭皮に気を遣わないといけません。以下に、頭皮の痛みを原因別に詳しく紹介します。, 頭皮神経痛は後頭部や頭頂部に起きやすく、後頭部だと『後頭部神経痛』とも呼ばれます。ストレスなどの精神的な影響が原因と考えられます。, 他にも、筋肉が頭皮を圧迫して起こる場合もあり、長時間のパソコン業務などで同じ姿勢を続ける方はなりやすいようです。, 近年はスマートフォンの普及で、長時間同じ姿勢でスマートフォンを使用していたことがきっかけで、頭皮神経痛になる方も多いとされています。, しかし、頭皮神経痛は「神経痛」なので、神経内科や脳神経外科に行くことをおすすめします。, イボやおできのような頭皮外部の炎症や感染とは異なり、皮膚科での対処は難しいのです。, 特に頭部の神経に関わる症状なので、「頭皮が痛い」と感じ、症状の特徴が頭皮神経痛に当てはまったら、すぐに専門医に診てもらいましょう。, 主な原因はストレスとされています。最近、環境の変化があってストレスを感じる方は、精神面のケアも視野に入れて治療してください。, 頭皮が痛いと感じて頭皮を触った際に、湿疹やおできが見つかることがあります。湿疹やおできは、頭皮の炎症の一種です。, 頭皮に凹凸があったり、ぶつぶつがあるので分かりやすい症状です。触ったり、髪の毛を動かしたりしたときの刺激により痛みを伴うのです。, 炎症が起きる原因で多いのは、毛穴の詰まりです。スタイリング剤などがシャンプーで落としきれてないことが毛穴のつまりを引き起こします。, シャンプー自体が合わないことも考えられます。洗浄力の強い石油系のシャンプーを使うと、頭皮への刺激が強すぎて炎症が起こることがあります。, シャンプーが合わない時は、頭皮への刺激の少ないアミノ酸系のシャンプーを使うと改善される可能性があります。, 美容室や自分でカラーやパーマなどをした後、頭皮が痛くなった場合は、薬液が合わなかった可能性が考えられます。, 特にカラーの場合は『ジアミン』と呼ばれる酸化染料が肌に合わずに炎症を起こしていることが多く、もともと肌の弱い方はアレルギー症状が出やすい成分です。, 一度でも痛みを感じたらすぐに使用をやめ、他のカラー剤に変えるなどの対処をした方がいいでしょう。, パーマ液は、あまり頭皮に痛みを発生させる成分は少ないですが、チオグリコール酸やアンモニア系の強い薬液を使用した後は痛みを伴うことがあります。, パーマ液で痛みを感じた場合も、今後同じ薬液は使わなければ、頭皮への痛みは改善されていきます。, 女性によくある頭皮の痛みの原因として、「きついヘアセット」が挙げられます。特にポニーテールやツインテールなど、結び方によって影響が起こるのです。, きつく縛ると、その部分が血行不良になり、頭皮の血流が悪くなります。主な症状はズキズキとした痛みで、偏頭痛に似ています。, 頭皮が一か所に引っ張られることで、血行が悪くなり痛みが出るのです。頭皮のコリとも言われます。, 男性だと「頭皮がこる」状態はイメージしづらいかもしれませんが、ロングの女性でよく髪の毛を結ぶ方に見られる症状です。, いつもきつく結んで頭皮に無理をさせるのではなく、たまには髪の毛をおろしてブローするなどのアレンジをすれば、頭皮のコリは改善されます。, 今まで痛みを感じたことがなかったのに、急に頭皮が痛くなった。そんな場合は、何かのアレルギー反応が出ている可能性があります。, アレルギーは突然発症することがあります。急に痛みが起きたのであれば、食べ物や薬、育毛剤など、何らかのきっかけでアレルギーを発症したと考えられます。, 最近になって、なにか変えたことはないか、新しい物を試したことはないか、などをよく思い出して原因を探す必要があります。, 特にカラー剤やパーマ液などの薬液によるアレルギーは重症化する恐れもあります。頭皮が痛い原因でアレルギーが疑われる際は、専門医に相談しましょう。, 主に5月から8月頃の紫外線が強い時期に頭皮がヒリヒリする症状がある場合は、紫外線の影響が考えられます。, 頭皮も皮膚の一部ですので、紫外線による日焼け(炎症)で痛みが生じるのです。日焼けは軽度のやけどや炎症に分類されるので、きちんとしたケアが必要です。, 肌がもともと弱い方や、色素が薄い方は重度になりやすいです。長時間日差しの強い屋外に出る際は、頭皮用の日焼け止めを使うなどのケアをしましょう。, 紫外線による頭皮の痛みを感じた場合、すぐに冷やすことも重要です。一般的なやけどと同じで、早めのケアが必要です。, 頭痛も頭皮の痛みの原因です。頭痛の原因は、風邪や肩こり、女性の場合は生理痛などが挙げられます。, 頭痛は通常、頭の内部で起こる症状ですが、神経は繫がっているので痛みが表面に伝播することがあります。このため、頭痛で頭皮が痛くなるのです。, 肩こりが原因の場合は、肩の表面の神経から頭皮に痛みが伝わることがあります。この時は、ピリピリとした痛みが特徴です。, 風邪や二日酔い、生理痛の頭痛なら、ズキズキ、ガンガンといった痛みが出ます。この鈍痛が頭皮に出ることがあるのです。, 頭痛が原因の頭皮の痛みなら、市販の頭痛薬などで痛みが和らぎますが、先ほど紹介した頭皮神経痛と症状が似ている面もあります。, 風邪の症状で頭皮の痛みが出ることはありません。しかし、風邪で免疫力の低下した結果、頭皮に痛みが出ることがあります。, 免疫力の低下による頭皮の痛みは、代表的な原因に毛包炎や帯状疱疹があります。風邪で免疫力の弱った身体に細菌やウィルスが感染して起こる症状です。, 風邪がきっかけで「頭皮が痛い」と感じたら、感染症を併発している可能性があるので、専門医の診断を受けることをおすすめします。, 頭皮は髪の毛が生える土台ですので、頭皮環境が悪化するとなかなか健康的な髪の毛は生えてきません。, 痛みやかゆみのような分かりやすい症状が出ている場合は、頭皮からのSOSサインだと思いましょう。, 別の言い方をすれば、頭皮環境を整えれば頭皮の痛みが治まり、脱毛を抑えて健康的な髪の毛を生やすことに繫がる場合があるのです。, 対処法はお金も手間もかかるわけではなく、やろうと思えば今日からでもできる内容です。, 一番簡単にできる対処法は、今使っているシャンプーを変えることです。特にドラッグストアなどで売っている安価なシャンプーを使っている方で、頭皮に痛みを感じている方は要注意です。, シャンプーの洗浄成分には複数の種類があり、安価なシャンプーはほとんどの場合、石油系の洗浄成分を使用しています。主に「ラウレス硫酸」や「ラウレル硫酸」と記載されているものです。, ただ、頭皮にも髪の毛にも適度な油分は必要です。泡立ちが良く、洗浄力が高すぎるシャンプーは頭皮に必要な油分も落としている可能性があります。, 頭皮の油分にはバリア機能の役割もあり、油分を取りすぎればバリア機能が失われてしまう危険性があります。, 石油系の洗浄成分を使用したシャンプーは避け、アミノ酸系のシャンプーを選びましょう。, アミノ酸系シャンプーはドラッグストアなどではあまり販売されていないので、美容室か、インターネットで購入するのが入手方法です。, シャンプーに「アミノ酸系」と書いているわけではなく、洗浄成分が「ラウロイルメチルアラニン」や「ココイルグルタミン酸」と記載されているものが多いです。, アミノ酸系洗浄成分は他にもあるので、専門知識を持ったプロの美容師などに聞けば、悩みに合ったシャンプーを教えてくれるでしょう。, 男性向けのおすすめシャンプーは。炭酸濃度8000ppmのSIMFORT(シンフォート)炭酸シャンプーです。, アミノ酸系で髪にも頭皮にも優しく、それでいて炭酸の力ですっきり洗い上げるシャンプーです。, センブリエキスやオウゴン根エキスなどの天然有用成分が7種類配合され、育毛効果も期待できます。, 炭酸は肌に適度な負荷をかけてターンオーバーを促進させる効果もあり、頭皮環境を整える面でもとても優れたシャンプーです。, 有用成分のなかにはボタンエキスなど頭皮の臭いを抑える成分も入っており、頭皮の臭いが気になる方にもおすすめです。, SIMFORT(シンフォート)はシャンプー&トリートメントですので、シャンプー後のコンディショナーなどは不要です。, 女性向けにオススメのシャンプーは、無添加の濃密泡石鹸シャンプーのサボンモーヴです。こちらもリンスやコンディショナーは不要です。, 各種メディアで紹介され、SNSなどでも口コミ多数、フランスのコスメ賞で大賞を受賞した話題の石鹸シャンプーです。, 髪の毛の根元に美髪成分を入れていく発想で、髪本来のハリ、コシを引き出してまとまりやすい美しい髪に仕上がります。, 頭皮環境を整えることで、頭皮の悩みで多いベタつき、臭い、かゆみなどを改善させるシャンプーです。, ブドウ種子エキスや海藻エキス、ナツメ種子エキスなどの保湿成分が多く含まれ、頭皮にしっかり潤いを与えます。「石鹸シャンプーはきしむのでは?」と不安な人でも安心です。, 頭皮が痛いなどの異常がある場合、頭皮環境を改善すれば痛みが緩和されることがあります。, 頭皮環境を改善するために望ましいのは、正しい生活習慣を心掛け、ストレスをためず、十分な睡眠をとってタバコやお酒を控えることです。, ただ、全てを実践するのは難しいところです。働いている方はもちろん、主婦や学生も日々いろいろなことに追われて、そこまで気が回らないものです。, できる範囲で無理なく対処をしながら、前述した頭皮環境を整える効果のあるシャンプーなどを併用するのが現実的です。, 自分で手軽にできる頭皮環境改善の方法は、頭皮マッサージです。頭部には多くの血管やツボがあり、それらを刺激して血行を促進させます。, 頭皮マッサージは血行促進効果のほかに、眼精疲労の回復やリラックス効果などもあるので、お疲れの方にも最適です。, 近年では家庭用頭皮マッサージ器なども販売されており、各種頭皮マッサージ用のアイテムも豊富にあります。, ただし、痛みの程度によっては、無理に自分ですると悪化する可能性もあるので、重度の場合はプロに施術してもらう方が良いです。, 頭皮マッサージの仕方はまず、頭皮を4つのブロックに分けます。前頭部、頭頂部、側頭部、後頭部の4つです。, 前頭部のマッサージは、両目の黒目から真上の生え際辺りに親指と人差し指をあて、つまむように押します。, 約2秒保ったら手を放し、これを頭頂部に向けて少し位置をずらしながら4セット行います。前頭部のコリをほぐすことで頭全体の血流を良くする効果があります。, 側頭部のマッサージは、手のひらを広げて人差し指と中指で耳を挟むように頭皮を押さえ、全ての指で頭頂部に向かってスライドさせます。, 4~5秒かけて頭頂部までスライドさせ、最後に頭皮を引っ張るように持ち上げます。これを1セットとし、8~10回ほど繰り返します。, 頭頂部のマッサージは、両手の親指の根元付近の間接を頭頂部に乗せ、頭蓋骨を挟むように中央に寄せます。, これを5回繰り返します。頭頂部がほぐれることで、前頭部や側頭部など頭全体が動かしやすくなります。, 最後に後頭部のマッサージは、手でグーの形を作り、テーブルにひじをつけて後頭部を押していきます。頭の重さを利用して押していく感覚で、後頭部全体をまんべんなくマッサージします。, 1ヶ所につき4回ほどを目安に行います。眼精疲労などを和らげる効果のある場所で、「痛気持ちいい」ぐらいの強さで大丈夫です。, 毛髪診断士が研究、開発したスカルプケアアイテムです。話題の毛髪新成分である「キャピキシル」と「リデンシル」が配合されています。, キャピキシルは、ミノキシジルの3倍の発毛効果が期待できるとされる新成分です。発毛成分の多くが副作用の心配があるなか、キャピキシルはその心配がないと言われているのが特徴です。, リデンシルは、スイスの原料メーカーが新たに開発した成分で、ミノキシジルの2倍の効果があると言われています。, 頭皮の血行を改善して効果を発揮するのではなく、発毛を命令する「バルジ領域」に働きかけて効果を促します。, 「キャピキシル」「リデンシル」に加え、「ピディオキシジル」などの各種有効成分を配合したものが、ALL ON SCALPです。, ピディオキシジルはミノキシジル誘導体とも呼ばれ、育毛効果が高く、副作用の心配もほとんどないと言われる注目の成分です。, 「全成分配合」と謳うだけあって、センブリエキスなど育毛効果の高い成分は全て配合しており、頭皮の乾燥、頭皮の硬化、髪の栄養不足、加齢による薄毛、血行不良、ホルモンの乱れなどの悩みにアプローチするアイテムです。, お客様満足度94.7%を誇るなど信用性も高く、実際に使った方が選ぶ育毛剤人気ランキングでも2019年度1位を獲得している育毛剤です。, 女性向けの頭皮用アイテムでは、新製法バージンプラセンタ原液の「天使のおまもり」がおすすめです。, プラセンタは、楊貴妃やマリーアントワネットが使用していたとされる美容成分で、効果は現代でも高い評価を得ています。, プラセンタには肌のターンオーバーを促進させる効果が備わっているので、顔に使ってシワなどのケアに使うのはもちろん、頭皮にも適しています。, 「10歳若見え」というキャッチコピーのように、頭皮のみならず、顔から頭皮まで肌全体に効果が期待できるアイテムです。, 頭皮用の日焼け止めもありますが、帽子で物理的に紫外線をガードすれば紫外線によるダメージを軽減できます。, 紫外線の強い時期は一番気温の上がる7~8月だけでなく、4、5、9月なども強力な紫外線が降り注いでいます。, 結ぶのが当たり前になると、髪の毛や頭皮に常に負担がかかり、頭皮にストレスとなります。, せめて自宅にいる時は髪の毛を結ばず、頭皮をリラックスさせる時間を作ることが大切です。, 特にお団子ヘアをしている女性は、頭に重りを載せているのと同じなので、頭皮を引っ張ることによる痛みと、肩こりからくる頭皮の痛みの両方が襲ってくる可能性があります。, ただ髪を下ろしただけでは頭皮にストレスがかかったままです。髪の毛自体へのダメージも残っています。, 髪を下ろしたら、頭皮マッサージやトリートメントなどで頭皮や髪の毛をケアしましょう。, 頭皮神経痛などの神経系の病気などのほかにも、毛包炎、帯状疱疹、接触皮膚炎など、頭皮に痛みが生じる病気は多々あります。, 「色々調べて実践したけれど、どうにも良くならない…」といった場合は、思いがけない病変が襲ってきているかもしれません。, どんな種類の病気でも、頭皮の痛みの原因で病気が疑われたら、日常生活で対処をしても改善しません。すぐに医師の診断を仰ぐべきです。, 神経内科や脳神経外科、皮膚科など原因と症状によって受診科は異なります。どの診療科に行ったらいいか分からない場合は、まず皮膚科を受診してください。, 頭皮の痛みはありふれているので、「よくあること」「いつものアレね」と、甘く見てしまうことが多いです。, しかし、ここまで紹介してきたように、頭皮の痛みの背景には神経痛や炎症、アレルギーなど様々な原因が潜んでいます。病気が疑われる症状もあるので、頭皮の痛みは体からのSOSと捉えましょう。, そこまで重症でないなら、シャンプーを変える、頭皮マッサージをする、頭皮環境を改善するなど自分でできる対策もあります。.