加えて2019年1月16日(水)の小変更により、販売の主力グレードである「sport」を新しいエクステリアデザインとするなど、さらにスポーティな魅力を増しました。 先日、VCDS を使ったコーディングを行なったのですが、自分へのメモがてら使い方のログを残しておきます。 目次 VCDSを使ったコーディング入門 (VW/Audi向け) - 1. どうも、Mです。 アウディのDセグメントであり、日本ではアッパーミドルセダンに属するアウディA4のマイナーチェンジの情報をキャッチしました。 ドイツ車のマイナーチェンジは毎年行われていますが、ボディカ... アウディ新型A4を日本で発売!外装と内装の変更点は?次期型には横置きエンジンを採用?, アウディA3がフルモデルチェンジ!新型は2020年初めに発表!日本発売は2020年夏頃になる?, 日本版テスラ!SONY(ソニー)の電気自動車「VISION-S」が車の常識をぶち壊す!, アウディ「A4」の限定車「black elegance」の特別装備を紹介してみた件!, LEDヘッドライト」「LEDリヤコンビネーションライト」「パーシャルレザー(運転席メモリー機能)」「バーチャルコックピット」となっています。, アダプティブクルーズコントロール」「アウディアクティブレーンアシスト」「3 ゾーンオートマチックエアコンディショナー」「ハイビームアシスト」「助手席電動シート」です。, アウディサイドアシスト」「アウディプレセンスリヤ」「アウディパークアシスト」「サラウンドビューカメラ」がなっていて、安全装備の拡充が図られています。, まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。, 【アウディA3】フルモデルチェンジ!新型A3の日本発売はいつ?2020年中の発表は?, メルセデスベンツ新型「Cクラス」2020年中に発表!プラグインハイブリッドも用意!. 準備・設定編 (このページ) VCDSを使ったコーディング入門 (VW/Audi向け) - 2. A4 Avant 40 TFSI      アンビエントライティング 2016年にフルモデルチェンジにより第五世代目となったAudi A4は、モジュラープラットフォーム「MLB evo」を背景とした高いダイナミック性能、予防安全システムのアウディプレセンス、そのほか高いデジタリゼーションやコネクティビティを持ったプレミアムモデルとして、高い評価を得てきました。 最新の自動車情報を発信するブログ~M's report~ All Rights Reserved. 今回そのsportグレード*2に、LEDヘッドライトや18インチホイール(8J x 18インチ:245/40R18)等を追加しつつ価格を抑えた特別仕様車「Meisterstueck」を設定致しました。グレードによる特別装備は以下の通りです。 2020-08-07. どうも、Mです。 2020年にアウディのDセグメントの人気モデルであるアウディA4がフェイスリフトされます。 これまでより更にワイドになるシングルフレームグリル、新しい意匠のヘッドライトを与えられ、... アウディのDセグメントモデルである「A4」の高性能バージョン「RS4」が早くもマイナーチェンジを迎えるようです。2019年1月に日本での発売が開始された「RS4」ですが、そもそも日本導入にかなり時間がかかってしまったということもあり、前期モデルは希少な存在になるかもしれませんね。とは言え、マイナーチ... どうも、Mです。 2018年6月21日、ドイツの自動車メーカー、アウディがコンパクトセグメントである、A1のフルモデルチェンジを発表しました。アウディのA1という車は、アウディでは一番コンパクトな車になります。... アウディA4が2020年にマイナーチェンジ!スパイフォトで変更点をチェックしてみた件!. Audi A4 Avant、Audi A3 Sedan、フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーランのカスタマイズ日記やパーツレビューを中心に、フォルクスワーゲン、アウディ、メルセデスベンツなどの欧州車の話題について、写真や動画を交えてお伝えしていくブログです。 ドイツのプレミアム自動車メーカーであるアウディのDセグメントモデル「A4」に限定車が登場しました。, アウディ「A4」は、フロントエンジンの前輪駆動車(FF)と四輪駆動(quattro)を採用するアウディを代表する車で、日本では1994年に初代A4が販売されました。, 現在ではアウディ「A4」と名称は変えられましたが、実は1972年に販売が開始された「アウディ80」後継機にあたるので、その歴史は約半世紀にも及びます。, アウディ「A4」のライバルには「メルセデスベンツ Cクラス」「BMW 3シリーズ」「レクサス IS」「ジャガー XE」「アルファロメオ ジュリア」「フォルクスワーゲン パサート」「ボルボ S60」など強敵が名を連ねています。, 平均車両本体価格が500万円前後ということあり、「走行性能」はもちろんこと、「デザイン」「機能性」「装備」「乗り心地」「ステータス性」「知名度」といった値段に見合う性能が求められる難しいクラスとなっています。, 今回はそんな激戦区に身を置くアウディ「A4」に設定された限定車「black elegance」の特別装備の内容とコストパフォーマンスについてご紹介したいと思います。, アウディの限定車「black elegance」には「セダン」とステーションワゴンの「アバント」の2タイプのボディ形状が用意されています。, 今回の限定車のベース車両はアウディA4のエントリーモデルである1.4リッター直列4気筒ターボエンジン(150PS)を搭載する「35TFSI Sport」です。, アウディA4「35TFSI Sport」の装備は、ベースグレードの「35TFSI」の装備に加え、, ラグジュアリーパッケージの内容は、「LEDヘッドライト」「LEDリヤコンビネーションライト」「パーシャルレザー(運転席メモリー機能)」「バーチャルコックピット」となっています。, アシスタンスベーシックパッケージの内容は、「アダプティブクルーズコントロール」「アウディアクティブレーンアシスト」「3 ゾーンオートマチックエアコンディショナー」「ハイビームアシスト」「助手席電動シート」です。, アシスタンスパッケージの内容は、「アウディサイドアシスト」「アウディプレセンスリヤ」「アウディパークアシスト」「サラウンドビューカメラ」がなっていて、安全装備の拡充が図られています。, 「夜間の視認性の向上」「先進性と安全性の向上」「快適性の向上」が図られた充実仕様となっていることがわかります。, ちなみに、これらのオプションは通常モデルでも装備できるものとなっているので、「blace elegance」ならではの装備ではありません。, 通常のアウディA4はシングルカーラー(ホワイト)のみのイルミネーションが装備されるのに対して、「black elegance」では特別装備として「マルチカラーアンビエントライト」が装備されます。, 「マルチアンビエントライト」では、30色の中からあなたの好きな色が選べるので、気分やシチュエーションに合わせていつでもイルミネーションの色を変えることが可能となります。(走行中は不可), まるでオシャレなバーに居るようなインテリアは、特別な日の演出には持ってこいではないでしょうか!, ちなみに、「マルチカラーアンビエントライト」はA4の上位モデルである「S4」と「RS4」でないと選ぶことが出来ないオプションとなっています。, 「blace elegance」の特別装備として純正のフロアマットが用意されています。, ちなみに、純正のフロアマットは約40,000円程するのでその分得したと思えばいいと思います。, とは言え、これをわざわざ「特別装備」と謳うのはいかがなものかとは思いますが・・・・。, グロスブラックで塗装された10スポークの18インチアルミホールは、この車が限定車であると主張できる唯一のパーツとなります。, 「オシャレは足元から」と言われるように、車もアルミのサイズとデザインが良ければカッコよく見えるものです。, まさに「blace elegance」という限定車に特化した特別装備であると思います。, 元々17インチなので、18インチアルミホイールとタイヤを買うとなるとどんなに安くても10万円、一流メーカーのホイールとタイヤともなれば40万円はくだらないのではないでしょうか。, そんなデザインセンスセンスと経済力が問われる足元を、メーカー厳しいテストをパスし認証を得たアルミホイールとタイヤで武装できるのであれば、これに勝るものはありません。, その仕様に「ラグジュアリーパッケージ」「アシスタンスベーシックパッケージ」「アシスタンスパッケージ」を付帯すると、, つまり、「セダン」も「アバント」も85,000円プラスで「マルチカラーアンビエントライト」「フロアマット」「グロスブラック10スポークの18インチアルミホイールとタイヤ」が手に入るというわけです。, 「フロアマット」だけでも約40,000円すると考えると、残りの45,000円で「S4」以上でしか装備できない「マルチカラーアンビエントライト」と特別装備である「グロスブラックの18インチアルミホイールとタイヤ」が付いてくると考えると「blace elegance」がどれだけお得か分かるのではないでしょうか。, 正直「コストパフォーマンス」という意味で解釈すると、この「black elegance」は「最強」と言わざるを得ないでしょう。, アウディA4のエントリーモデルである1.4リッター直列4気筒ターボエンジンと搭載する「35TFSI Sport」のみの限定車となりますが、非常に魅力的な車であることがわかりました。, 通常モデルに85,000円の上乗せすることで「マルチカラーアンビエントライト(プライスレス)」「フロアマット(4万円相当)」「18インチアルミ+タイヤ(40万円相当)」が付帯する限定車は後にも先にもこの「black elegance」だけかもしれません。, とは言え、2020年にマイナーチェンジが行われる予定があるようなので、利益が無くても「付加価値」を付けて完売したいというメーカーの戦略もあると思います。, つまり、この時期こそアウディ「A4」を一番お得に買える時と捉えるべきなのではないでしょうか。, ちなみに、アウディA4「black elegance」は「セダン」「アバント」共に125台限定となっていますので、もしあなたがアウディA4の1.4リッターモデルの購入を考えているのであれば、今こそチャンスです。, ぜひ「black elegance」がいかに魅力的なのかを感じてもらえたらと思います。, 中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました! // ]]>, グレードをSラインパッケージにすると、ホイールのデザインがうねりのあるデザインに。, タイヤサイズは245/40/18インチで、私のA4は、コンチネンタルのスポーツコンタクトが新車装着されてます。, このタイヤはドイツのプレミアムタイヤで、初めて体感しますが、とても乗り心地の良いタイヤだと感じました。, そして、 2019年モデルからマフラーのデザインがディフューザータイプに変更されています。, それ以前のモデルは普通の丸型のマフラーだったので、ディフューザータイプになって迫力が少しだけ増した気がします。, 最近の車ではここがダミーになっていて、排気が下に抜けるデザインの車もありますが、A4に関してはダミーではないのでこれは良いですね。, フロントも2019年モデル以前と比べ、アダプティブクルーズコントロールセンサーの周辺のデザインが変更されています。, これは初期型モデルからですが、センサー横にはスリットが入り、エアが抜けるようにデザインされているのでこの部分もドアミラー同様、空力に効果があります。グリルもよく見ないと分かりませんが、横フィンのデザインに窪みが入り、2019年以前と比べると若干変化してるようです。, カーフィルムの濃度は担当営業さんに15%を勧められたのですが、暗すぎず明るすぎず適度にプライバシーを守れます。, 昔はフィルムは貼らない派だったのですが、最近は車内のまる見えが嫌になってきていたので今回は貼りました。, 私のモデルはFFなので、クワトロより出力が抑えられ、燃費効率を上げたミラーサイクルエンジンを採用。現行型から登場した新エンジンです。, 細かい所ですが、現行型のA4はエンジンルームのキャッチ部分がグリル側から車体側に変わったので、旧型から現行型に乗り換えられる方は少し開けにくさを感じると思います。, シートは電動で、丸いのはランバーサポートの調整。シートポジション調整部分が旧型ではメッキ加飾がされていたのですが、現行型では加飾が無くなっているので残念なところ。, 運転席のドアからもトランクを開けれます。言い忘れましたが、リアのトランク下に足を入れて引き抜くと自動でトランクを開けることも出来ます。, 丸いダイヤルを右斜め下に回せばミラーヒーターが起動。サイドミラーが曇ってる時や、雨でサイドミラーに水滴が付いて見えにくい時によく使います。, レクサスなどは長押ししなくても、一度押せば自動で戻るのでこの辺りは好みが分かれそうですね。, アンビエントライトも完備。オーバーヘッドコンソールの緑に光ってる部分は、緊急時に押すとコールセンターに繋がります。, 旧型ではオートホールド時に、足を離すとアイドリングストップが解除されてそこが不便でしたが、現行型は足を離してもアイドリングストップが維持されます。, フロントとリアに設置。ディスプレイは無く、映像はスマホにインストールしたアプリで確認出来ます。, 助手席グローブボックスにはETCとCD、DVD挿入口や、SDカードのスロットが2つと、真ん中がアウディコネクトのSIMカード。SIMカードはSoftBank製の物でした。, 旧型は重く質感が高かったのですが、現行型は開け閉めが軽く安っぽい感じで、この点は個人的には微妙です。, アウディコネクトはナビをネットワークに接続し、オペレーターに繋いで施設検索や予約手配などをしたり、マイアウディアプリをインストールすればスマホから車輌の施錠や解錠など様々なことができます。, 運転席からの眺め。メーター部分はバーチャルコックピットと呼ばれるデジタルメーター。, 2019年モデルからステアリング下部が直線的な、フラットボトムステアリングに変更されています。, バーチャルコックピットの表示切り替えは、ステアリングのビューボタンを押せばメーターを拡大。, ビューボタンの斜め上のボタンで車両情報や、音楽、電話帳などの表示切り替え。TVはA4だとセンターモニターが付いてる為、バーチャルコックピットでは見れません。, (アウディのTTはセンターモニターがない為、バーチャルコックピットでTVが見れます)。, 後席アームレストのドリンクホルダーは、少し変わった開き方。アームレストを開けば少しだけ小物も入ります。, リアドアはこのようにシンプル。旧型にはリアドアシルにもスカッフプレートが有りましたが、現行型には有りません。, トランク内部左右には小物入れと、荷物を固定するネットも付属。バッテリーはトランク下に。, エンジンのパワー感も車重が軽くなってる分こちらの方があるように感じますし、ドライブモードをダイナミックに設定すればさらに力強く走れます。, そして運転支援システムや安全装備に関しては、アダプティブクルーズコントロールとトラフィックジャムアシストはよく使います。, 特にトラフィックジャムアシストは渋滞時に低速で前の車に付いて行ってくれるのでとても助かりますね。, アウディプレセンスはたまに予期せぬところで作動するのでたまにヒヤッとしますが、安全の為に早めに作動してくれたと思えばよいのかと。, 「LIFE STYLE CHANNEL」運営者のヒロユキです。ブログを通じて、ライフスタイルをより豊かにするための情報を発信しています。レビュー記事多め。1児の父で妻と子育てに奮闘中。アラフォー間近の30代。, この車に乗り始めてから色々と分かってきたこともあるので、アウディA4の納車後レビューを, フォグランプはエンジンを切ると消えてしまうので、使う時は毎回スイッチを押さなければなりません。, 降車時にドアを開けようとした時、接近して来る車両がいるとオレンジ色に点滅して警告。. 今回はそんな激戦区に身を置くアウディ「A4」に設定された限定車「black elegance」の特別装備の内容とコストパフォーマンスについてご紹介したいと思います。 ... マルチカラーアンビエントライト. アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:フィリップ ノアック)は、エクステリアデザインや機能面を充実させた特別仕様車Audi A4 Meisterstueck*1を設定し、6月11日(火)より全国のアウディ正規ディーラー(126店舗、現時点)を通じて発売いたします。 Audi A4 Avant、Audi A3 Sedan、フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーランのカスタマイズ日記やパーツレビューを中心に、フォルクスワーゲン、アウディ、メルセデスベンツなどの欧州車の話題について、写真や動画を交えてお伝えしていくブログです。 8w(b9)a4にはアンビエントライト(インテリアライト)が至る所についています。 個人的に、8k(b8)a4の赤いアンビエントライトが気に入っていたので、b9の白いライトは何とかしたいところでした。 (ドア等の色変更は以前の整備手帳参照ください。 この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!, カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。, あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。, ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!, 「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!, あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。, 車好きが高じて自動車業界に就職しました。国産ディーラー、輸入車ディーラーで新車と中古車の販売に携わることで沢山の車と接してきました。どのスタッフよりも好奇心が強く、チャンスがあれば積極的に色々な車の試乗や観察を行うことが楽しみなアラフォー営業マンです。自動車保険に必要な保険募集人資格と自動車の査定に必要な査定資格を保有しています。. ライト ライトは運転席右側の送風口の下にあるスイッチを 回すことで設定できます。 通常は②オートモードに設定することを推奨いたします。 説明書 p64 トランク 説明書 p56 トランクを開くボタンは 運転席ドアのカップホルダー付近にあります。 給油口 ラッツ & アウディ 〜VW Audi ブログ〜 ☆☆☆. ∗2 :以降、sportグレードはMeisterstueckに置き換わります。, プレスリリースの発行をメールでお知らせします。配信をご希望の方は、下の「プレスリリース登録」をクリックしてメールアドレスをご登録ください。, 新型 Audi A5 / S5 Coupé, Sportback, Cabriolet, 新型 Audi A4 / A4 Avant / A4 allroad quattro / S4 / S4 Avant, ベース車両はAudi A4 / A4 Avantのsportグレード(35 TFSI / 40 TFSI / 45 TFSI). 2019年2月6日、ドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲン(以下VW)がVW「パサート」のマイナーチェンジを発表しました。VW「パサート」は世界で最も成功を収めたミドルクラスの車の一つと言ってもいい車です。初代パサートがデビューして45年という歴史を持ち、現在8代目となるパサートの累計販売台... 2020年にアウディA4オールロードもフェイスリフト!まるでA6のようだと話題に!. A4 Avant 45 TFSI quattro  5ツインスポーク スターデザイン18インチ アルミホイール [CDATA[ ラッツ & アウディ 〜VW Audi ブログ〜 ☆☆☆.               3ゾーンエアコンディショナー この車に乗り始めてから色々と分かってきたこともあるので、アウディA4の納車後レビューを外装と内装、各機能をオーナー目線から解説します!, こちらがオプションのマトリクスLEDヘッドライト。ライトを点灯していない状態ですが、デイライトなのでポジション部分は常時点灯。, すぐ真下の立て3本に光ってる部分がフォグランプになり、ヘッドライトと一体化。フォグランプの照射範囲は横に広くとても明るい。もちろんLEDのロービームも明るいです。, ただ、フォグランプはエンジンを切ると消えてしまうので、使う時は毎回スイッチを押さなければなりません。, 夜は見えにくい高速道路上の看板なども照らしてくれてとても見やすく、視界が確保されるので運転が楽です。, 続いて、普通はフォグランプがある位置にある丸い球体が、アダプティブクルーズコントロールのセンサーに。, さらに、降車時にドアを開けようとした時、接近して来る車両がいるとオレンジ色に点滅して警告。, //