その意味は、, 上にも書きましたが、 とりとめのないの意味とは?例文や類語・言い換えは?羅生門ででてくる?「とりとめのない話~」ってたまに使ったり聞いたりしますね。あの有名な芥川龍之介の羅生門にもこの言葉が出ていたのでしょうか?その例文や類語・言い換えなど、 ①「雨の夜に~」は、「悪」の判断の合理的根拠にはならない。陰鬱に降り続ける雨に濡れる、荒廃した羅生門の上で、死人の髪の毛を抜くという異様な行為が重なって、感情的・情緒的に「悪」と判断た … 羅生門での「暇を出された」も「ひまをだされた」と読みます。 ただ、「暇を出す」は「いとまをだす」と読む場合もありますので、どちらでも間違いだとは言えません。 「暇を出す」の意味 「暇を出す」には、二つの意味があります。 とりとめのないの意味とは?例文や類語・言い換えは?羅生門ででてくる?「とりとめのない話~」ってたまに使ったり聞いたりしますね。あの有名な芥川龍之介の羅生門にもこの言葉が出ていたのでしょうか?その例文や類語・言い換えなど、ちょっと知っておくとためになるかも?!(笑), 「とりとめのない話~。」時々、何気なく使っている言葉ですが、どんな意味でしょうか。例文や類語、そして言い換えなど説明します。, とあり、「とりとめのない話」とは、何気ない会話、おしゃべりという感じでしょうね(笑)。, (話などの)要点やまとまり。多く打ち消しの語を伴って用いる。「話に~がない」「~のない話で申し訳ない」など。, で、同じように読みがちな「取り止め」は、一般的に「とりやめ」と読みます。 ・無目的な 羅生門を読んでいると、「ところがその主人から、四五日前に暇を出された」いう表現が出て来ます。, そこで、ここでは、「暇を出す」の読み方、意味、例文、そして類語について解説をしていきます。, ただ、「暇を出す」は「いとまをだす」と読む場合もありますので、どちらでも間違いだとは言えません。, ただ、「休みを与える」と言っても、半強制的に休ませるという意味で使われることが多いです。, もし、古文や小説で「暇を出す」という表現が出来たら、「解雇・クビ」あるいは「妻と離縁する」という意味であることが多いでしょう。, 残念ながら、下人は、長年に渡って仕えて来た主人からクビにされてしまった訳なのですね。, ただ、「暇を出す」は、古文や小説で見かけるぐらいで、最近では、ほとんど使われません。, ですから、「クビにする」という意味で、「暇を出す」といっても通じないことの方が多いでしょう。, もし、上司から「暇を出す」と言われたら、上司から慰労の意味を込めて、休みを与えられたと思う人がいるかもしれません。, 実際は、「お前に時間をやるから、しっかり反省してこい。」という叱責の意味が込められているケースがほとんどです。, 従業員や部下をクビにする時に、直接的にクビにするとは言わず、暇を出すという表現を使う場合があります。, ただ、「暇を出す」という言葉自体が最近は使われないので、意味がうまく伝わらない可能性もあります。. 羅生門で用いられる暇を出されたに関してですが、これは「ひま」でも「いとま」でもなく、音読みの「ケまたはカ」と読みます。 意味に関して分からなければまた補足にて質問してください。 『羅生門』を読んで、小説と戯曲(演劇)との、ある違いに気がつきました。 戯曲は、台詞しか書かれていない場合が多く、心理描写や行動は、大抵省かれています。気持ちや動きは、台詞をたよりに、役者や演出家が補って表現します。 暇/遑(いとま)とは。意味や解説、類語。《「いと」は「いとなし」の「いと」で休みの時、「ま」は間の意》1 用事のない時間。ひま。「休む―もない」2 一時的に休むこと。休暇。「三日ほどのお―を乞う」3 職務を離れること。辞職。また、解雇。 ①「雨の夜に~」は、「悪」の判断の合理的根拠にはならない。陰鬱に降り続ける雨に濡れる、荒廃した羅生門の上で、死人の髪の毛を抜くという異様な行為が重なって、感情的・情緒的に「悪」と判断た … ・たわいのない  etc. 最近の動向: “尾根歩き” を主とする 暇/遑(いとま)とは。意味や解説、類語。《「いと」は「いとなし」の「いと」で休みの時、「ま」は間の意》1 用事のない時間。ひま。「休む―もない」2 一時的に休むこと。休暇。「三日ほどのお―を乞う」3 職務を離れること。辞職。また、解雇。 羅生門の意味調べについては、宿題で出る場合がありますよね。 ただ、その中の言葉には辞書に載っている表現もあれば、載っていない表現もあります。そこで、ここでは、羅生門に出て来る表現の意味調べをして、まとめたのでご参考にして下さい。 趣味:読書 (古書にて) 羅生門の意味調べについては、宿題で出る場合がありますよね。 ただ、その中の言葉には辞書に載っている表現もあれば、載っていない表現もあります。そこで、ここでは、羅生門に出て来る表現の意味調べをして、まとめたのでご参考にして下さい。 意味を調べてみました! ・rambling(ぶらぶら歩く、散漫な、雑然とした) ・incoherent(つじつまの合わない、支離滅裂の)  彼は、しばらく足をとめて、車を通りこさせてから、また片目を地に伏せて、黙々と歩きはじめた。, 引用元:「偸盗」より~青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/), 何度も読んだ本でも、そういうのを目的に読み返してみるのもおもしろいかもしれませんね。, ねぇ~くろちゃん。くろちゃんって物知りだけど、「とりとめのない」って意味知ってる?, “の”と“も”の違いね。ぬまくん、よく気付いたわね。前ところで説明したけど、意味的には同じよ。一般的には「とりとめのない」って使うの。, そうなんだわん!芥川龍之介さんは「とりとめもない」が使いたかったんだわん。きっと・・・たぶん・・・, くろちゃん、今日もありがとわん!とりとめのない、よく意味がわかったわん。じゃあ~今からとりとめのない話をしながらお茶でも飲もうわん♪, あ~くろちゃん、行っちゃったわん。1人でお茶飲みながら、とりとめのないことでも考えて過ごすわん・・・, 彼は、しばらく足をとめて、車を通りこさせてから、また片目を地に伏せて、黙々と歩きはじめた。. 小さい頃、読んだ印象とは別ものに感じました。 当時は、暗く、恐ろしく、読み終えた本をパタンと閉じてしまった記憶があります。しかしこうして今、読み直してみると、深く心に沁み込んできます。以下に、作品のあらすじをまとめました。もちろんご存知でしょうが…。物語は、雨にふりこめられた下人が、行き所なく、羅生門で途方にくれている場面から始まります。, 四五日前に暇を出された下人は、喰うに困る状況、どうにもならない事を、どうにかする為には、手段を選んでいとまはない。選んでいれば、築土の下か、道ばたの土の上で、飢え死にをするばかりである。下人は一晩あかす場所はないかと辺りを見回す。すると幸門の上の樓へ上がる梯子が眼についた。上なら、人がいるにしても、どうせ死人ばかりである。この二三年、京都には、地震とか辻風とか火事とか飢饉とかいう災いがつづいて起こり洛中のさびれ方は一通りではない。羅生門の修理などは、元より誰も捨てて顧みる者がなかった。するとその荒れ果てたのをよい事にして、狐狸が棲む。盗人が棲む。とうとうしまいには、引取り手のない死体を、この門へ持って来て、棄てて行くという習慣さえ出来た。下人は、急な梯子を、一番上の段まで這うようにして上りつめた。見ると、樓の内には、幾つかの死骸が、無造作に棄ててある。下人の眼は、その時、はじめて、其死骸の中に蹲っている人間を見た。猿のような老婆である。その老婆は、女の死骸から長い髪の毛を抜きはじめた。下人の悪を憎む心は、勢いよく燃え上がった。下人は、老婆の腕をつかんで、ねじ倒した。「何をしているのだ」老婆は、烏のような声でとぎれとぎれに言った。「この髪を抜いてな、鬘にしようと思ったのじゃ」下人は、老婆の答えが存外、平凡なのに失望した。「成程な、死人の髪の毛を抜くという事は、何ぼう悪いことかも知れぬ。じゃが、ここにいる死人どもは皆、その位のことをされてもいい人間ばかりだぞよ。現に、わしが今、髪を抜いていた女などは、蛇の四寸ばかりづつに切って干したのを、干魚だというて、太刀帯の陣へ売りに住んだわ。わしは、この女のした事が悪いとは思うていぬ。せねば、飢死にをするのじゃて、仕方なくした事であろ。されば、今又、わしのしていた事も悪いこととは思わぬぞよ。これとてもやはりせねば、飢死をするのじゃて。」老婆は、大体こんな意味の事をいった。 下人は、太刀を鞘におさめて、冷然として、この話を聞いた。「では、己が引剥ぎをしようと恨むまいな。己もそうしなければ、餓死する体なのだ。」下人は、すばやく、老婆の着物を剥ぎとった。下人は、剥ぎとった着物をわきにかかえて、またたく間に梯子を夜の底にかけ下りた。下人の行方は、誰も知らない。, 本作には、下人や老婆を描くのに、多種多様な ≪ 獣 ≫ を比喩として使っています。, このような比喩は、下人や老婆の肉体や心理的状況が、人間以下の醜いものであることを現しているのでしょうが、あまりにも多用し過ぎている点に「何か別の意図があるのではないか」という疑いも生じてきました。 一方、《羅生門の丸柱にとまっている一匹のキリギリス》《下人のにきび》などの引用は、隠喩として効果的なので、作者は、比喩と暗喩の対比を楽しんでいたのかと感じました。, 『羅生門』を読んで、小説と戯曲(演劇)との、ある違いに気がつきました。 戯曲は、台詞しか書かれていない場合が多く、心理描写や行動は、大抵省かれています。気持ちや動きは、台詞をたよりに、役者や演出家が補って表現します。ところが小説は、設定も、登場人物の行動や言動、心理描写も含めてすべて、作家によって作られます。 特にこの『羅生門』という小説は、 下人の心理描写が、ことさら細かく動作に連動して書き込まれている点が、特徴的だと思います。 例えば、老婆が死骸をあさっている現場を初めて見た時には、, 「死体の女も、生前は食うために悪いこともしてきたし、自分もこうしなければ、餓死する身だ」という老婆の言葉をきっかけに、, と、連動しています。このような独特な表現方法のお陰で、読者は下人と一体化して、物語の世界観に入り込むことが出来るのではないでしょうか。, ※ これは、 旧GARADANIKKI (JUGEM) にアップした2012年09月07日 11:07付のコンテンツです。  hatenaへの引越しに伴い一日だけ先頭にアップし、後日 作成日へ以降する予定です。, 産地:東京(1958年物)ふたご座 デジタル大辞泉 - 暇の用語解説 - 《「いと」は「いとなし」の「いと」で休みの時、「ま」は間の意》1 用事のない時間。ひま。「休む―もない」2 一時的に休むこと。休暇。「三日ほどのお―を乞う」3 職務を離れること。辞職。また、解雇。ひま。    創作料理を作ること, garadanikkiさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog ・wandering(歩き回る、さまよう、放浪する) 雑談や世間話も同じような意味ですね。, 後の方でぬまくん、くろちゃんの二匹が話していますが、「とりとめもない」や「とりとめない」なども使いますね。意味は同じですが、一般的には「とりとめのない」を使用します。, 例えば「長々聞かされたけど、彼の話にはとりとめがない」の場合、否定的な意味で使われます。, 友人とコーヒを飲みながら、とりとめのない話をしていたら店員さんに何度も「他にご注文は?」と聞かれた。, 園バスに子どもを乗せて、ママ友ととりとめのない話をしていたら、気がつくと1時間たっていた。, とりとめのないことを考えながら、河川敷に寝転んでいたらいつの間にか夕方になっていた。, 英語ではどういう単語を使うのかなと思い、「取り留めのない」を和英辞典で探してみると、, などありました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 「暇を出す」は、現代社会では、ほとんど使われない慣用句なので、「暇を出す」と言われたら、喜んで良いのかの、悲しむべきなのか、分からずに戸惑う方もいるかもしれません。, また、羅生門に「暇を出された」と書かれると、下人は、主人から休暇を与えてもらったと勘違いする人もいるかと思います。, しかし、「暇を出す」はクビという意味で使われることが多いですし、「休みを与える」という意味で使われる場合も、ネガティブな意味であることが多いので、そう言われても、喜ばない方が無難です。, 長年の海外生活を経る中で、日本と日本語の魅力を再発見し、その魅力を伝えるため、サイトを立ち上げました。, 勤務している会社では、分かりやすい文章力が評価され、サイトコンテンツやメルマガを担当しながら、日々、言葉力に磨きをかけています。, また、有名な占い師に見てもらったところ、「あなたは啓示を受けながら文章を書く人だ」と言われた時もあります^^. 「とりとめのない(取り留めのない)」とは、”はっきりとした目的のない様子”ですので、 ・結論のない ・目的のない © 2020 言葉力~辞書よりもちょっと詳しく解説 All rights reserved. 『羅生門』を読んで、小説と戯曲(演劇)との、ある違いに気がつきました。 戯曲は、台詞しか書かれていない場合が多く、心理描写や行動は、大抵省かれています。気持ちや動きは、台詞をたよりに、役者や演出家が補って表現します。 ある日の暮方の事である。一人の 下人 ( げにん ) が、 羅生門 ( らしょうもん ) の下で雨やみを待っていた。 広い門の下には、この男のほかに誰もいない。ただ、所々 丹塗 ( にぬり ) の 剥 ( は ) げた、大きな 円柱 ( まるばしら ) に、 蟋蟀 ( きりぎりす ) が一匹とまっている。 その類語・言い換えとしては、 が挙げられます。 とりとめのないの意味とは?例文や類語・言い換えは?羅生門ででてくる?「とりとめのない話~」ってたまに使ったり聞いたりしますね。あの有名な芥川龍之介の羅生門にもこの言葉が出ていたのでしょうか?その例文や類語・言い換えなど、 | ・なんとなく 例えば、「とりとめのない話」ですと、「目的のない話、結論のない話、たわいのない話」など言い換えることができます。 ブログを報告する, 「恐怖が少しずつ消えていった。そうして、それと同時に、この老婆に対するはげしい憎悪が、少しずつ動いて来た。」, 「今まではげしく燃えていた憎悪の心が冷めてしまった。後に残ったのは、唯、或仕事をして、それが円満に成就した時の、安らかな得意と満足とがあるばかりである。」, 「平凡なのに失望すると同時に、又前の憎悪が、冷ややかな侮蔑と一緒に、心の中にはいって来た」. ・silly(愚かな、ばかげた、単純な、無邪気な), ピッタリくる感じはしませんが、なんとなく、ぼんやりした感じは表現されているような・・・とりとめのない感じですね。, 私が調べた辞書ではこのように書かれていましたが、会話とかになるとまた違った表現になりそうですね。, そこで、下人は、何をおいても差当り明日あすの暮しをどうにかしようとして――云わばどうにもならない事を、どうにかしようとして、とりとめもない考えをたどりながら、さっきから朱雀大路にふる雨の音を、聞くともなく聞いていたのである。, 夕闇は次第に空を低くして、見上げると、門の屋根が、斜につき出した甍いらかの先に、重たくうす暗い雲を支えている。, 引用元:「羅生門」より~青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/), しかしとりとめのない考えに沈んでいる太郎には、車の金具の、まばゆく日に光ったのが、わずかに目にはいっただけである。